NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
昨晩は仕事終わりでスタッフと電話ミーティング。

ヒートアップしたトークは明け方まで続きました・・・。

そのまま朝まで残りの業務を済ませ、
少し仮眠をとって昼からでも釣りに行こうと思っていたら、
目が覚めたら夕方でした・・・。


明日は所用で釣りに行けない事が確定しているので、
今週もまた釣りに行けない週末になってしまいました・・・。


無念です・・・。





そんな釣りに行けないストレスを物欲で紛らわせます。


b0177760_17464893.jpg


ライトゲーム用に導入してみました。


主に『wobble shad 2"』で楽しんでいるソルトのライトゲームですが、
今まで使ってたのはお古でいただいた15年以上前のバス用のスピニングリールだったので、
さすがに巻き心地にかなりゴリ感が出ていました。

それでも問題なく魚は釣れていたので別にイイかって思ってたんですが、
使っているうちに何となく『wobble shad 2"』のポテンシャルを
まだまだ引き出せていないような気がしてきました。

そんなワケで次回のライトゲームで使ってみたいと思います。



実は私、今年のファーストフィッシュをまだ釣ってません・・・。

最近は夜しか釣りに行く時間がとれないスケジュールになっているので
サクっとライトゲームでメバルやガシラを釣ってもいいんですが、
ファーストフィッシュはやっぱりバスで!という思いもあり、
なんだかんだでファーストフィッシュをこじらせたまま現在に至ります。

まぁ、毎年こんな感じなんですけどね・・・。


暖かくなって普通に釣れだしてからよりも、
やっぱり冬の貴重な1本で今年のスタートを決めたいんです!

でも、新しいリールも早く使いたいし・・・


まずは釣りに行く時間を確保する事が先決ですね。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-02-17 18:12 | 日常の事
『Yaby』『WILD Goby』に新色が加わりました。


b0177760_01363327.jpg

『#109 エビミソ』


このカラー自体は特に新しいカラーというワケではないです。
『Redbee』とか『machobee』には以前からあったカラーです。

最近では『Smile worm』シリーズや『kemkem shad』でもこのカラーを作りました。


『Yaby』と『WILD Goby』にはこれと良く似たカラーで
『#07 ザリミソ』っていうカラーがあったんですが、今後はエビミソの方でいこうかなと。

『#07 ザリミソ』は絶滅危惧種的カラーになる可能性が高いので、
ザリミソ好きな方は今のうちに買い占めといてください。

探せばまだ少しだけあると思います。


ちなみに『#07 ザリミソ』と『#109 エビミソ』の違いはコチラで説明しています。




とりあえずいつものようにwebshopの方が使いやすいように
『Yaby』と『WILD Goby』それぞれの画像を上げときますね。



b0177760_01492513.jpg

これが『Yabby』の『#109エビミソ』。



b0177760_01502821.jpg

こっちが『WILD Goby』の『#109 エビミソ』です。




というワケで、カラーの紹介はこれぐらいにして、
今日は『Yabby』と『WILD Goby』の使い分けについて簡単に書いてみたいと思います。

この2つのアイテムの使い分け、イマイチ理解されていない気がするので・・・。



まず『Yabby』の特徴は手と足のパーツ。


b0177760_02001554.jpg

小さなボディに多くのパーツが付いています。

パーツが多いという事はそれだけ抵抗感があるということなので、
丁寧なスローに誘う釣りに向いています。

ボトムでイゴイゴっと動かすようなイメージで使ってやるとよろしいかと思います。



それに対して『WILD Goby』はリングボディにパドルっぽいテールのみのシンプルな構造。


b0177760_02053131.jpg

このボディ、小さいですが水噛みが良いです。



b0177760_02082974.jpg

テーツには小さなブツブツ付けてます。

意外に芸の細かい作りをしてるんです。



b0177760_02100691.jpg

テールの裏側はV字の断面。

ここも凹凸を付けてしっかり水を噛むように作られています。

このテールにハサミを入れるチューニングは『WILD Goby』の定番チューニングですね。



スローに誘える『Yabby』に対して『WILD Goby』はクイックに誘ってやるような使い方がオススメです。


b0177760_02355325.jpg

パッケージのシールにも『クイックモーションベイト』って書いてあります。



クイックに動かした時に水を逃がしてスルっと動くんじゃなくて
リブやテールの凹凸がしっかり水を噛むので、ボディの周りの水を撹拌しながら動きます。

『WILD Goby』は緩急を付けたアクションで誘ってやると本領を発揮します。


水を掴んでピピッと動かして、止めた時は完全に「静」の状態。
これがバスの興味をそそるんです。

ハゼやゴリの動きをイメージしてもらうと分かりやすいでしょうか?

「Goby」って日本語で「ハゼ」っていう意味ですからね。



スローに誘う『Yabby』とクイックに誘う『WILD Goby』。

小さなスモールベイトですが、その日の状況に合わせて使い分ける事で
釣れる魚の数が大きく変わってきます。

スモラバのトレーラーとしてはもちろんの事、
ダウンショットやライトテキサスなど、色んなリグで使ってみてください。


ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-02-15 02:44 | お気に入り

釣りに行きたい!

海の向こうではBassmaster Elite Seriesが盛り上がってますね!

そして冬季オリンピックも開幕しています。

そんな3連休ですが・・・


b0177760_02500406.jpg

出荷業務に追われています・・・

『Yabby』『WILD Goby』のNEWカラーとレギュラーカラー、
『Donkey BOO』の在庫が少なくなってたカラーなども上がってきました。


他にはこのアイテム。


b0177760_02585736.jpg



このジグを開発したスタッフ本人が手巻きで巻いている為、あまり沢山の数を量産できませんが、
冬の間にコツコツ巻いたものが順次上がってきています。

特に関東エリアではかなりの人気アイテムで、
作ったら作った分だけすぐに売れてしまって在庫が持てないのが少しネックでもあります。

ピッチングでストラクチャーを丁寧に撃つスタイルのアングラーには
このジグの良さが分かってもらいやすいと思います。



と、そんな感じで出荷業務やその他の業務に追われているわけなんですが・・・


ここ数週間、全く釣りに行けていない!


そろそろ禁断症状が出始めています・・・



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-02-12 03:31 | NOIKEの仕事

除雪剤まみれ・・・

先週は問屋さんの売出しで少し遠方まで行ってきました。

雪道を走った事の無い私は道中が不安で、
今まで履いたことのないスタッドレスタイヤに交換したりと、
かなり慎重になってました。


b0177760_02064088.jpg

途中のSAで。

ノーマルタイヤの車なんて一台もいなかった・・・。



b0177760_02080159.jpg

結構雪が降った形跡があるし・・・。




b0177760_02084952.jpg

大阪ではほとんど必要ないですが、
やっぱりスタッドレスにしといて正解でした。




ただ、路面凍結注意って事は当然除雪剤を巻いているワケで・・・




b0177760_02095874.jpg

売出しを終えて大阪に戻ってきたら車は除雪剤だらけになってました・・・



b0177760_02121587.jpg

色の濃い車なのでかなり目立ちます。



b0177760_02125520.jpg

そのままにしとくと錆の原因になるのですぐさま洗車です!!




b0177760_02135741.jpg

これでもかってくらい洗車機3回通してやりました!!

もちろん下回りも入念に洗いました。



b0177760_02152780.jpg

頑張って洗車したのでピカピカです。

気に入っている車なので少しでも長く乗り続けたいです。



しかしこの後、小雨がパラついてきました・・・。


せっかく洗車したのに・・・。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-02-10 02:22 | 日常の事

新しいNOIKEスタッフ

フィッシングショーOSAKAが終わりましたね。

私は会場には行けませんでしたが、
SNS等で見ていると今年もかなりの来場客で賑わってたみたいです。


釣具業界では年明け早々の売出しからスタートし、
横浜・大阪のフィッシングショー、さらにまた売出しが続き、
それが終わってすぐ各地方でのフィッシングショー等が続きます。

この時期は各メーカーのスタッフはかなりの多忙を極めます。

別名『死のロード』とすら言われています・・・。


私も本日早朝から、次の売出しの場所へと向かいます。

その前にちょっと今期から新しくNOIKEに加わるスタッフ2名を紹介しておきますね。



まずはJB九州に参戦している彼。


b0177760_23534114.jpg

野村 友博

実は野村君とは結構前からの付き合いになります。

彼はHMKLさんのサポート選手なのですが、ソフトベイトに関しては
NOIKEのアイテムを良く使ってくれているのは知っていました。

確かロッドもほぼ全てSEITENで揃えてくれていたと思います。


昨年のトーナメントシーズン終了後、
NOIKEスタッフとして活動したいと彼から熱心なアプローチがありました。

正直、HMKLさんのサポートの事もあるので最初は遠慮していたのですが、
HMKLさんから了承を得たとの事なので、今期からNOIKEスタッフとして加わることになりました。

実際、HMKLさんのプラグはNOIKEスタッフの中にも愛用者が多いので、
HMKLさんとのダブルサポートならOKかなと。




そしてもう一人。


b0177760_00203157.jpg

吉原 瑛二

彼も昨年からJB九州に参戦しているトーナメンター。

私のブログにちょくちょく登場する九州のNOIKEフリークが彼です。

ちなみに昨日のブログに出てきた、熱心にメモを取っていたのも彼です。


彼とはひょんな出逢いがきっかけで2、3年前から親しくしているのですが、
YouTubeにこんな動画をアップしたり、普段の釣りをアップしたりと
以前から積極的にNOIKEをアピールしてくれていました。

ずっとNOIKEのアイテムを気に入って使い込んでくれているようで、
そんなにNOIKEのことが好きなら一緒に活動してみますかと、私が誘いました。

今後も定期的に動画をアップしていってくれると思うので、ぜひ観てあげてくださいね。




奇しくも2人ともJB九州の選手ですが、2人に共通しているのは
かなり前からずっとNOIKEのアイテムを使い込んでくれているという事。

長い時間使い込んでくれている人なら
NOIKEアイテムの良い部分をしっかり理解してくれていると思います。

スタッフの最も重要な役割はNOIKEアイテムの良さを多くのお客さんに伝える事なので、
どんなに釣りが上手でも使い込んで理解してくれている人じゃないとその役割は託せません。

彼らの活躍でNOIKEを愛用してくれるユーザーがさらに増える事を期待しています。


応援よろしくお願いします!!



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2018-02-05 01:10 | NOIKEの仕事