NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バスだけじゃなくソルトでも圧倒的な釣果を誇る『wobble shad 2"』

b0177760_00414673.jpg

本来はバス用に開発されたワームですが、
フィッシュイーター全般に効くのでどんな魚でも良く釣れます。


私はバス釣りばかりでソルトの釣りは子供の頃に少しやったぐらいであまり経験がなかったんですが、
お客さんからこのワームがライトゲームで異常に釣れると教えてもらってからやるようになりました。

実際使ってみて納得でした。
投げてゆっくり巻くだけでメバルやガシラが面白いように釣れました。

経験の浅い私が使ってもこんなに釣れるんだったら、
確かに上手な人が使ったら異常なまでの釣果が出ると思います。


オーソドックスにジグヘッド単体で使う事がほとんどですが、
ジグヘッドはライトゲーム用のジグヘッドをアレコレ試してみました。

合わせるジグヘッドで操作性が変わってくるのがライトゲームの面白い所なんですが、
私の中で一番使用頻度が高いのがこのジグヘッド。

b0177760_00483697.jpg

バス釣りを長年やっているせいか、
ベージックなラウンド形状のジグヘッドが、使っていて一番しっくりきます。

フックサイズは8番か6番、ウエイトは釣り場とその日の状況次第ですが、
1/32oz(0.9g)を使う事が多いです。



b0177760_00485268.jpg

ライトゲーム用のジグヘッドってワームキーパーが付いていないものが多いですよね。

ソルトやフレーバーが入っていないライトゲーム用のワームだとそれでも問題ないかもしれませんが、
『wobble shad 2"』はソルトが多く含まれた高比重ワームなので、ワームキーパーはあった方がいいです。

必要最低限のこのワームキーパー、かなり気に入ってます。


それと、アイが大きめに設定されているのもイイですね。

老眼が進んだ40代半ばの私には、これぐらいアイが大きくないと夜はラインが通せません・・・。



b0177760_00490632.jpg

ワームカラーのローテーションは状況次第でもちろんやりますが、
基本はこの『#49バブルガム』を使う事が多いです。

理由は夜でも見やすいから。

『#01グリーンパンプキン』や『#103ダークレッド』などを使うと夜は見えにくいので、
キャスト時のロッドティップからの垂らしの長さの調節がやりにくいんです。

キャストごとにいちいち確認していると手返しが悪いので、
『#49バブルガム』や『#44チャートリュース』『#48クリアーワカサギ』などの
明るめのカラーでローテーションすることが多いです。

釣果的には他のカラーでも良く釣れる事は、今までの実績から良く分かってはいるんですが・・・。



b0177760_00493257.jpg

先日も仕事上がりに波止場ヘ行って入れ食いを堪能してきました。

持って行ったワームを1〜2パック使いきるまで釣って、
ワームが無くなったら帰るっていうのがいつものパターンです。



b0177760_00494602.jpg

この日はタケノコメバルとガシラのみでしたが、メバルも良く釣れますよ。

波止場の釣りなので尺越えサイズはなかなか釣れませんが、
今後はデカイのが期待できる釣り場にも行ってみたいですね。


『wobble shad 2"』を使ったソルトウォーターのライトゲーム、
ホントに面白いように釣れるので、是非一度試してみてください。

きっと病みつきになりますよ!


ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2017-11-19 02:10 | お気に入り

仕事上がりで淀川へ

昨日は少し早めに仕事を切り上げて淀川に行ってきました。


b0177760_12433195.jpg

ベタ凪の淀川。夕方は結構寒いです。防寒着持ってくれば良かった・・・

今週半ばから急激に寒くなった大阪。
水温計では計ってないですが、手で触れた淀川の水は結構冷たいです。



昨日は冬に向けてちょっと期待している釣りがあったのでそれを試してみたんですが、
季節的にちょっと早かったようで、ジュニアサイズのオンパレードになってしまいました。


b0177760_12583871.jpg

使ったワームは『wobble shad 2"』

去年『wobble shad 3"』でやっていた冬の釣りを今年は2インチでやってみようかなと。




b0177760_13103345.jpg

『Smile worm Mammy』のネコリグでもレギュラーサイズを数本キャッチ。

新色の『#03 テナガシュリンプ』がイイ感じです♪



仕事終わりのチョイ釣りでしたが、数釣りが楽しめました。

もうちょっとデカイのを釣りたかったんですが、短時間釣行ということもあって
魚が固まっている深い所をメインにやったので、こういう釣果になりますね。


今週末は所用で釣りに行けないので、無理矢理時間を作って釣りしてみました。

どうしても、魚が釣りたかったんです・・・。


ではまた。






[PR]
# by waterlettuce | 2017-11-18 13:51 | 釣りの事
出荷準備が一段落ついたのでブログ書きます。


私がいつもブログで載せている背景を白く飛ばした商品写真。

webshopのお店がこの画像を使うので、新色などは一通り載せて欲しいと良く言われます。

先程出荷準備が終わった『Smile worm Mammy』の新色は
また改めて写真を撮ってから紹介させてもらいます。


というワケで、本日ご紹介するのは・・・


b0177760_01305655.jpg


画像手前から『#34 シナモンブルー』『#36 ブルーシュリンプ』『#118 モッシーパンプキン』

この3色が先日工場から上がってきて出荷済みのカラーです。


『#34 シナモンブルー』と『#118 モッシーパンプキン』は店頭在庫が無くなってきたので追加生産したカラーですが、
今回新色となるのは『#36 ブルーシュリンプ』ですね。

『#36 ブルーシュリンプ』に関しては以前のブログで詳しく書いているのでそちらをご覧下さい。


一応、webshop用に『#36 ブルーシュリンプ』単体の画像も載せておきますね。

b0177760_01415966.jpg



ボウズ逃れの最終兵器『Pintail Stick 3"』。

魚の居る所にコイツのノーシンカーをヒョイっと投げてやれば、かなりの確率でバイトしてきます。

コツは魚に直撃するんじゃなくて少し離れた所から近づけてやる事。

ウィードやブッシュ、ゴロタ石などブラインドになるものがある場合、
それを利用してやるとバイトの確率はさらに上がります。

ノーシンカーだけじゃなくダウンショットやジグヘッドなど色んなリグにマッチするので、
その時の魚の状態を見極めながら色々試してみてください。


新色の『#36 ブルーシュリンプ』も当然オススメのカラーなんですが、
個人的にぜひ試してもらいたいイチオシのカラーがコレ。


b0177760_02182629.jpg

『#118 モッシーパンプキン』


ウィードのある所でこのカラーを使ってみてください!

できればウィードに絡めて使うことを強くオススメします!!

リグはとりあえずノーシンカーリグから試してもらうのが良いかと思います。


使えば分かるその実力、『ウィードがあったらモッシーパンプキン』と覚えておいてください。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2017-11-14 02:36 | お気に入り

出荷ラッシュ

ここの所ところBITEGUTSシリーズの新色及び定番色の出荷ラッシュが続いております。

b0177760_22181411.jpg

本日工場から上がってきたのは『Smile worm Mammy』


ご注文をいただいている小売店さんごとに仕分け作業をしています。

明日には出荷したいので先を急ぎます!


ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2017-11-13 22:23 | NOIKEの仕事
前回のブログで紹介した『Donkey BOO』のNEWカラー
『#24 ブラックブルー』と『#36 ブルーシュリンプ』。

どちらも青ラメが入ったカラーですね。


新色の2色をプラスすると『Donkey BOO』の青ラメのカラーは5色になります。

b0177760_00280605.jpg

画像左から『#09 グリパンブルー』『#24 ブラックブルー』『#34 シナモンブルー』
『#36 ブルーシュリンプ』『#127 シェードブラウン』

『#127 シェードブラウン』は緑ラメも混ざってるんですが、
ここでは一応青ラメカラーということにしておきます。


『Donkey BOO』の定番カラー14色のうち、およそ1/3が青ラメカラー。

かなり青ラメ率高いですね・・・。



というワケで、今日は青ラメが入ったカラーのアピールの強弱などについて
開発スタッフから聞いた話をもとに、ちょっと書いてみようと思います。


まず、上の『Donkey BOO』の5色をラメのアピール順に並べるとこうなります。


b0177760_00393828.jpg


左から青ラメの効果が強い順に並べています。


一番効果が強いのは『#34 シナモンブルー』。
ラメの粒は小さいですが量が多いので、点ではなく面で光るため
ラメのアピールはかなり強いです。

二番目の『#09 グリパンブルー』はラメの粒が大きいので、点でギラッと強く光ります。

三番目の『#127 シェードブラウン』は程良くチラチラとラメがアピールする感じ。

四番目の『#24 ブラックブルー』はラメの大きさは『#09 グリパンブルー』と同じですが、
青ラメの量はそんなに多くはないです。

そしてラメのアピールが一番弱いのは『#36 ブルーシュリンプ』。
このカラーは透かした時のブラックシードが特徴のカラーなので、ラメのアピールは少し控えめです。



ラメの効果の強弱で並べるとこういう順番になるんですが、
ワームカラーで大事なのはラメのアピールもさることながらやっぱりシルエットの強弱。

その日のフィールドの水の色に対して、
シルエットをはっきりさせた方がいいのか、ボカした方がいいのか。

ここが一番重要だと思います。



上の5色をシルエットの強弱で並べるとこういう順番になります。


b0177760_01301623.jpg

最もシルエットがハッキリ出るのが『#24 ブラックブルー』。
透明感のないブラックベースのカラーなので、最もシルエットが強く出ます。

二番目は『#127 シェードブラウン』なんですが、これはちょっと特殊なカラー。
光量の少ない所ではシルエットがハッキリ出るカラーなんですが、光にかざすと結構透けるので、
透けた時のシルエットの強さでいうと実は四番目ぐらいになります。

三番目は『#09 グリパンブルー』。オールマイティに使える中間の強さですね。

四番目は『#34 シナモンブルー』。ラメのアピールだと最も強いカラーですが、
シルエットの強さでいうと弱い部類に入ります。
青ラメの強いアピールと、シルエットが弱いナチュラルなベースカラーという
相反する効果を持ち合わせているのがこのカラーの特徴です。

最もシルエットが曖昧になるのが『#36 ブルーシュリンプ』。
ラメの強さもシルエットの強さも最も弱いのがこのカラー。
究極の喰わせカラーを目指して作っているので、アピールは最も弱く設定してあります。



シルエットの強弱で並べると一目瞭然ですが、
新しく追加した『#24 ブラックブルー』と『#36 ブルーシュリンプ』は
最もシルエットがハッキリ出るカラーと、最もシルエットが曖昧になるカラーをラインナップに加えることで、
カラーの面で『Donkey BOO』が効果的に対応できるシチュエーションの幅を持たせたということなんです。

売れそうなカラーを適当に作っているワケでじゃないんですねぇ。



以上、『Donkey BOO』の青ラメカラー5色を例に
ラメの強弱とシルエットの強弱で順番を付けてみました。

カラーチョイスに関しては、個人的にはシルエットの強弱を基本に考えつつ、
ラメの強弱も加味してカラーを選ぶというのが良いと思うんですが、
その日のフィールドの水の色や、メインベイト、季節や時間帯などによっても変わってくるので
最適なカラーチョイスは実際釣り場に立ってみないと分かりません。


こういう時はこのカラーっていう判断基準は
今までの経験と実績、そして強い思い入れですね。

カラーチョイスの正解は人に聞くより魚に聞いた方がいいと思うので、
色々使って試してみることをオススメします。

この記事を参考に、フィールドで色々試行錯誤してみてください。



ではまた。




[PR]
# by waterlettuce | 2017-11-09 02:59 | NOIKEの仕事