NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

SEITEN その1

釣りビジョンの『ギアステーション』で
ともいちプロのSEITENの解説が放送されています。
皆さんもうご覧になりましたか?

各モデルのアクションなどの性能面に関しては
放送を見ていただければ良くわかると思います。

そして番組でもほんの少し触れられていた
SEITENのロッドデザインについて、
デザイナーの私からお話ししてみたいと思います。


かなり思い入れがあるので、ちょっと語りますね。



まずはSEITENのネーミングの由来ですが
これはともいちプロも番組で紹介した通り
『晴天』の『SEITEN』です。
青空の下で楽しくバス釣りをしようっていう意味です。

バスロッドのネーミングは
例えばハンティングを連想させる様な攻撃的なものや
動物などをモチーフにした強そうなものなど
カッコイイ系のイメージのものが殆どだと思います。

実は私も以前はそういった
『このロッドを使えばデカバスが釣れそうな気がする』といった
イメージに魅かれ、好んで使っていた時期があります。

バス釣りにはそういった気分が高揚する様な
感覚というのは大事ですからね。

なのに何故『晴天』?
カッコよさのカケラもない、のんきなネーミング。
こいつらやる気あるのか?と思われるかもしれませんが
NOIKEはバリバリ本気です!
本気と書いてマジと呼んで欲しいくらいです!!



現在バス釣りをしている人は
20代後半から40代前半の人達が多く、
その中でも熱心に釣りに行っている人は
30代の人が多いと思います。
NOIKEスタッフも俗にいうアラフォー世代が多いです。

この世代の人達は10年程前のバスブームを経験しています。
入手困難なルアーやロッドを必死になって追い求めていた時代が
あったと思います。私もそうでした。

そうやってレアな道具を使ったり、
新製品が出る度に試したりしていく中で
本当にいいものと悪いものを判断する目が
しっかりできている人達なんですね。

その人達に対して今までと同じ様な
アプローチでいいんだろうか?
これまでのカッコイイ系のネーミングは
実はちょっと恥ずかしく感じているんじゃないのか?
そんなふうに考えました。

NOIKEスタッフが気持ちを込めて作ったロッドだから
NOIKEなりの価値観を提案できる様なネーミングにしたい。
そして何より自分達が使い続けたいネーミングがいい。

そんな想いで決まったネーミングが『SEITEN』です。

ロゴの下には『GOOD FISHING. GOOD DAY.』の文字。
『いい釣りができれば、いい一日になる』っていう意味です。

b0177760_172353.jpg


殺伐とした世の中だから
趣味の釣りの時ぐらいカラっと晴れやかに
楽しみたいじゃないですか。

NOIKEのバス釣りは明るく楽しいバス釣りです。
NOIKEらしいネーミングだと思うのですがどうでしょうか?


次回はSEITENのデザインについてお話ししたいと思います。

ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2009-06-10 01:10 | NOIKEの仕事