NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

kemkemのロゴ その2

kemkemの話の続きです。

今回はデザインの話というよりは、
それに至る前の背景の話です。
でもそれがスゴく重要なんです。

商品ができるまでのストーリーを理解しないと
デザインはやりにくいです。
逆にストーリーがしっかりしていると
自ずとデザインの方向性も見えてくるんです。

では、書いていきますね。



当時竹内プロと良く話していたのが
初心者にも釣り易いルアーが少ないという事でした。

たくさん釣りに行って、たくさん釣る事が上達の一番の近道なのに、
今のルアーって難しくなり過ぎているかもしれません。
プレッシャーとかで釣れにくいとか色々状況はあるんですけど
ルアーの方で釣りをややこしくしてしまっている部分もあると思うんです。

例えば、初心者の人が話題の新作ルアーを買って
一日釣りをしてボウズだったら、
バス釣りがちょっと嫌になると思います。

ましてやそれが子供だった場合
せっかくお小遣いを貯めて買ったルアーを
ロストしてばっかりで一匹も釣れなかったら
もうバス釣りをやめてしまうかもしれません。
最近はルアーも高いしね。

初心者が使っても良く釣れて、
キモがわかっている上級者が使うと更に鬼のように釣れる!
そんなルアーがいいルアーだということでした。

kemkemは結構それに近いルアーだと思うんです。

竹内プロは子供にも使って欲しいので、
販売価格は可能な限り抑えて
少しでも買い易い価格にしたいとのことでした。
だけどルアーのクオリティは落とせない。
パッケージにかかるコスト等を
最小限に抑えていかなければいけません。

そうやって竹内プロと何度もやり取りをしていくうちに
私の中でイメージが出来上がりつつありました・・・。


続きは次回です。

ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2009-07-11 01:44 | NOIKEの仕事