NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NOIKEのフック その3

今日もフックの話です。

やっとこさデザインの話をします。

頑張って一気に書いてみたいと思います。



パッケージをデザインする時にまず考えたのは
新しく発売するフックのシリーズなので
まずは店頭で目に留まりやすいデザインにする事。

そして一度使ってもらったお客さんが
また使いたくなるような信頼の顔になるようなものを
作ろうと思いました。


b0177760_12318.jpg


そこでNOIKEの家紋マークが目立つようにしました。

この家紋マークが信頼の証しです!!



それまではNOIKEのロゴをあまり前面に出していなかったので
NOIKEというイメージよりkemkemやケムケムハウスなどの
商品ロゴの印象の方が強かったと思います。

この家紋マークをもっと覚えてもらうことで
kemkemのNOIKEというイメージから
信頼のタックルを作るNOIKE、その代表商品として
kemkemがあるというイメージになればいいなと思います。





次に各フックの配色についてですが、
どの種類のフックかということが一目で分かるように
フックの種類ごとに色分けし、サイズも間違えにくいように
読みやすい太めの書体を使って大きく表示しています。

b0177760_1141288.jpg

『TrapHook』はトラップ=罠 なので怪しい感じの紫に。
『BabyHook』はベビー=赤ちゃん なので赤に。
『QuickHook』は素早いイメージで青に。
『SmileHook』は穏やかなスマイルのイメージで緑に。

そんな感じで色分けをしました。





パッケージのベース色に関しては
店頭で目に留まりやすいように黄色を使っています。

釣具店のフック売り場は、
特に量販店などでは小さなパッケージが
何種類も陳列されているのでどうしてもゴチャゴチャした
感じに見えてしまいます。

そこにシンプルなデザインの
黄色いパッケージが並ぶと目立つんです。

バス用のフックのパッケージは黒系や赤系のものが多いんですが、
黄色のパッケージの横に黒が並んでも赤やオレンジ系が並んでも
その色が引き立て役になって黄色の方が
印象に残りやすいという効果があります。

NOIKEフックを4種類並べて陳列してもらえると
黄色のゾーンとなって更に店頭での印象が強くなります。

b0177760_203128.jpg


もう一つ、NOIKEフックは値段に対しての入り数を
多めに設定しているので、黄色い台紙の方が沢山入っているのが
わかりやすいというメリットもあります。

NOIKEの明るくPOPなバス釣りというイメージからも
黄色という色はふさわしいと思いました。







そして最後に・・・いつものアレです ♪

このパッケージにもちょっとした遊びを入れています。



それは次回のお楽しみということで。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2009-11-19 02:26 | NOIKEの仕事