NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Sui-Sui kemkem その2

今日もSui-Sui kemkem(以下スイケム)の話をします。

今回は色の話。

b0177760_0511470.jpg


画像はスイケムの入稿データ。黄緑と紺の2色印刷です。

私は基本的にNOIKEの仕事では
あまり色数を増やさないようにしています。

理由は単純、色数を増やす程コストが掛かるから。

kemkemやシンカー、フックなどの消耗品は
できる限りお客さんに買いやすい価格に設定したいので
釣果に関係しないコストはあまり掛けたくないんです。

いたずらに色数を増やして派手にするよりも
デザインを工夫した方が印象に残るパッケージが作れると思います。


スイケムで使用している2色のうちの
紺色はオリジナルのkemkemと同じ紺色。

今回私がこだわったのは黄緑の発色です。

パソコンのモニターではちょっとわかりにくい色ですが
スイケムで指定した黄緑はかなり鮮やかな黄緑です。

このパッケージが店頭に並ぶとキレイだと思いますよ。



NOIKEのパッケージを担当し始めた頃は
いかにNOIKEのノリをパッケージに反映して他社との差別化を図るか
というのがデザインや配色を考える上での最重要課題でした。

それが、丁度フックのパッケージを作った時ぐらいから
もう一つ考える方向が新たにプラスされました。

それはお店の事を考えた配色。



NOIKE商品も少しずつアイテムが増えていって
取り扱ってくれるお店も増えてきました。

嬉しかったのはkemkem関連の商品だけで固めて
コーナーを作ってくれたお店があったこと。

そのお店では他社のスモラバと分けて
kemkemやケムケムラバー、ケムケムヘッド、ケムケムハウスと
トレーラーのBITEGUTSのワームを集めてケムケムコーナーを作って
自作のPOPまで作ってくれてました。

これはかなり感激しました!

本当に嬉しくてお礼を言いたかったのですが、
自分からNOIKEのデザイナーだと名乗るのはあまりにも恥ずかしかったので
感謝の気持ちを込めてこっそり大人買いさせていただきました。

こういったNOIKEを応援してくれるお店のためにも
商品を並べて見た時に楽しくなる様な
デザインや配色を心掛けようと思いました。


例えばフックを例にすると
4種類あるフックの1、2種類だけ並べるより
4種類、各サイズ全て並べるとかなりポップな感じになります。

スイケムはkemkem、Wild kemkemと並べた時の
色の相性も考えて色を指定しているので
全種類並べてもらえると売り場にキレイな面ができると思います。

b0177760_36510.jpg


実は次に新しいkemkemが出る時は
何色のパッケージにするかはもう決めてあります。

この色が追加されたら売り場はもっと華やかになるという色ですが
そのイメージに合ったkemkemがリリースされるかどうかは
kemkemの産みの親の竹内プロ次第ですね。



そんな感じでパッケージの配色に関しては
商品が店頭で目立つということ意外に
それがたくさん並んだ時の店頭の雰囲気も意識しながら
決めるようにしています。

NOIKE商品をたくさん置いてくれるお店を
少しでも華やかにしたいというのが私の思いです。

もっとアイテムを増やしていって
華やかな面が少しでも増えればいいなと思います。



長くなりましたがこれでSui-Sui kemkemの話は終わりです。

今日はかなり長々と書いてしまってスミマセン。

何が私を長文に駆り立てたんでしょうか?

全くもって謎です・・・。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2010-07-01 03:25 | NOIKEの仕事