NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

主役は釣り人 その1

ヤブコギBlogの方でも紹介されていますが
マイナーチェンジした『Otegala』から竿袋のカラーが変わっています。

b0177760_443265.jpg


今後生産されるオリジナルのSEITENシリーズに関しては
竿袋がグリーンからグレーに変更になります。


もともとはNOIKEのロゴのコーポレートカラーが深緑だったので
そのイメージで竿袋もグリーンを指定していました。

当初オマケで付けていたSEITENのステッカーやグリップエンドのロゴなど
NOIKEの竿の証しとしてコーポレートカラーのグリーンで統一していました。

おかげさまでSEITENシリーズも少ないながらも
コツコツとモデルが増えてきて
現在スピニング、ベイト共に3機種ずつ販売しています。

今後はマイクロカスタムも発売を控えていますし
スピニングの『Kotetsu』もテストが最終段階に入りつつあります。
更には長くテストを続けているグラスモデルもあります。


そろそろNOIKEブランドのSEITENというよりは
SEITENとしてのブランドの方が全面に出てきて欲しい所です。

マイクロカスタムのブランクスにNOIKEのロゴを入れなかったのは
実はそういう経緯もあったりします。


私の中でオリジナルのSEITENのデザインをしていたときから
ずっと考えていた事なんですが、マイクロカスタムのデザインをしてみて
更にその思いが強くなった部分があります。

それは『釣りの主役は釣り人』だということ。


今回竿袋にグレーを選んだのも若干それと関係があったりします。



前振りだけしといて次回に続きます。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2010-09-14 04:40 | オモイノタケ