NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

コスギさんのハンドル

忙しくてなかなか更新できなくてスミマセン・・・。

前回に引き続きコスギワークスのハンドルの事を書きます。



b0177760_421229.jpg

コスギワークスの『EZ HANDLE 82』。

デザインに関しては私も少し協力させていただいたので
コスギさんに代わってお話してみようと思います。




剛性感のアップと軽量化、更には82mmという
絶妙な長さがもたらす巻き心地が特徴の『EZ HANDLE 82』。

デザインに関してはオリジナルのリールを
更にレーシーなイメージにしたいということでした。

リールのハンドルをレーシーに見せるということで
真っ先に思いついたのがF1のサスペンション。


b0177760_424397.jpg

以前のブログで書いた事は
このハンドルのデザインを協力するからでした。

リールを車に例えるとハンドル部分は
まさにサスペンションにあたると思います。

だけどF1のサスペンションのデザインを
そのままリールに持ってきても無理があります。

F1のサスペンションはあくまでもデザインモチーフであって
重要なのはリール全体のデザインのまとまり感です。

言われなければ分からないけど、
言われてみればサスペンションに見えなくもないなぁ
というくらいがイイさじ加減だと思います。

b0177760_42843.jpg

コスギさんは本業での経験をいかして
かなりイイ感じのサンプルを上げてくれました。

その時点ですでにほぼ完成でした。

私はシマノのリールに合うようにラインの形を整えて
細かい部分をちょこっと直しただけです。

でもこのちょっとした修正っていうのが
結構キモだったりするんです。



例えばこのハンドルのデザインを
そのままダイワのリールに持ってきても
それなりにカッコ良くなるとは思いますが、
細かいラインをほんの少し調整することによって
さらにまとまった感じが出せると思います。

シマノにはシマノのデザインのトーン、
ダイワにはダイワのデザインのトーンというモノがあります。

同じデザイナーがデザインしたものじゃなくても
メーカーによってデザインのトーンがあるので
それを理解した上で線を引かないとバランスが悪くなります。

人間の目って意識しなくても
誰もが自然に心地よく見えるバランスってものがあって
どこをどう修正すれば良くなるかっていうのは
技術者の目で見るよりデザイナーの目で見た方がいいと思います。



やっぱりリールの主役はボディであって
ハンドルではないと思うんです。

だからハンドルだけカッコ良くても
付けた時のバランスが狂ってしまうようなら
それはあまり良いデザインではないと思います。

ハンドルのデザインをするとなると
どうしてもハンドルだけに気を取られがちですが
大事なのは全体のバランスなんです。

全体のバランスを損なわずに底上げするのがいいですね。




最近はこのようなアドバイスを求められる仕事が増えてきました。

コスギさんとは価値観が合う部分が多く仕事していて楽しいので
また何か協力できたらと思います。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2011-04-03 04:16 | 密かな仕事