NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ネーミングとフォント その2

前回はNOIKEのアイテムごとのロゴについて
大文字を使うか小文字を使うかで
印象が変わってくるという話をしました。

今日は今までの事例を少し紹介してみたいと思います。



まずは『Smile worm Daddy』。

b0177760_1572577.jpg

単語の頭の部分を大文字にするのなら『worm』の『w』も
大文字にするのが普通ですが、あえて小文字にしています。

『Smile worm』は『Smile』っていう今までのワームでは
まず使わない単語を使うのが面白いと思ったので
『Smile』を印象づけようと思いました。

『worm』の『w』も大文字にしてしまうと
『Smile』の印象が弱くなってしまうので小文字表記にしています。

声に出して読んだ印象も『w』が小文字の方が近いと思います。

『Daddy』はワームのサイズを示す表記なので
分かりやすくするために『D』を大文字にしています。
(Smile worm Baby、Mammyも同様です)





次は『WILD Goby』。
b0177760_192231.jpg

『WILD Goby』は最初は『WILD』がなくて『Goby』という名前に
しようとしてたんですが、先に『Yabby』を発売していたので
ヤビーとゴビーで混乱するのを避けたい思いがありました。

そこでリブの感じがハゼにしてはちょっとワイルドなので
『WILD Goby』という名前になりました。

でも、ヤビーとゴビーっていう呼び名は
ヤン坊マー坊みたいでそれはそれで面白いです。

表記上は『WILD Goby』としてますが
呼び名は『ゴビー』と言ってくれればいいなと思ったので
小文字の天地に合わせた大文字の『WILD』で
少し印象を弱くしています。

『WILD』を大文字にしたのは、
その方がワイルドっぽい感じがするなぁと思った事と
大文字にすると『WILD』の天地が揃って
まとまり感が出るからです。





最後は『machobee』。

b0177760_1591810.jpg

本来なら単語の頭の文字は大文字にしたいので
上の『Machobee』の表記にするんですが
最終的に採用したのは下の『machobee』の表記です。

先に発売されていた『Redbee』のマッチョなタイプということで
『マッチョビー』という名前にしたので『M』を大文字にした方が
力強いがするんですが、色々悩んだあげく小文字の『m』を大きくして
大文字の大きさにした下の表記の方を採用しました。

理由は頭の文字が『m』の方が実際の商品のカタチに近いから。

『M』じゃなくて『m』の方が商品のリブの感じが出ます。
商品のカタチに近いロゴにした方が印象的に覚えてもらいやすいので
力強さの『M』か、商品のカタチに近い『m』かを迷って
『m』の方を選びました。

『machobee』のリブって
何となく筋肉っぽい感じもしますしね。



どうでしょうか?

大文字と小文字で結構印象が違ってくるって事が
分かってもらえたでしょうか?

NOIKEでは表記にいつも決まったルールがあるわけではなく
その商品に一番合った表記になるように
毎回数パターン作って検証しています。

皆さんは普段全く気にしない部分だと思いますが
作り手としては我が子に名前を付けて世の中に送り出すようなものなので
細かい部分でも気が抜けません。


久しぶりの長文で疲れましたが
次回もまだ続くのでお付き合いください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2012-01-18 02:37 | NOIKEの仕事