NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

使い比べてみました

先日入手したマイクロカスタムの『MC-S61UL』を使いたくて
早起きして近くの野池に行ってきました。

b0177760_1718718.jpg

オリジナルSEITENの『The kemkem』には2000番台のリール、
マイクロカスタムの『MC-S61UL』は一番手前のガイドが小さいので
1000番台のリールをセットしてみました。



どちらも同じ6.1フィートのULアクションのロッドなので
似たような感じだと思っている人も多いんじゃないでしょうか?

もしくは『The kemkem』の進化版が
マイクロカスタムの『MC-S61UL』だと思ってる人もいるかと思います。


結論から言うと2本は全く性格の違うロッドでした。



『The kemkem』は名前の通りkemkemを使うには最高のロッドで
水中のラインを摘んでいるかのように感じる繊細な喰わせのティップが特徴です。

もちろん、kemkem以外の色んなリグやスモールプラグにも使用できます。

独特の繊細なティップを活かした喰わせの釣りに向いていると思います。



一方マイクロカスタムの『MC-S61UL』は
リグの操作性と感度に重点を置いたロッド。

小口径ガイドを使うことでラインがよりブランクスに沿うので
操作性と感度、さらにロッドパワーが上がります。

積極的にリグを操作して誘っていくロッドですね。


『MC-S61UL』を今日一日使ってみた感想は、
ブレのないシャープなティップなので
ボトムやストラクチャーに接触した時のリグの状態が
スゴく分かりやすかったです。

どのくらい分かりやすいかと言うと・・・


b0177760_1853822.jpg

ザリガニがリグを掴んだのが分かるくらいの感度です。

ザリガニが多い池なのでこの感触は多分ザリガニやなぁと思って
あえてそ〜っと釣り上げてみました ♪

さすがはバイトガツガツBITEGUTS!
ザリガニもたまらずガツガツバイトです!!



スミマセン、ちょっと話が脱線しました・・・。



『MC-S61UL』は感度がいいだけじゃなく
リグを操作しやすいロッドです。

今日は野池で使いましたが
このロッドが一番チカラを発揮するのは
やっぱりダム湖かなぁと思います。

ダウンショットやネコリグで
岩盤をタイトに落としていくのって難しいですが、
このロッドならやり易いと思います。

単にコロコロ落としていくだけじゃなく
誘いながらダウンヒルで狙っていけるのは大きなメリットです。

次回のダム湖の釣行が今から楽しみです。



ちなみに今日の釣果は、
朝イチはkemkem+ケムケムシャッドを『The kemkem』で使って3本。
陽が上がってからはスマイルワームのネコリグ、
リングカーリー3インチのダウンショットを『MC-S61UL』で
ボトムをしっかりとる釣りで6本。

b0177760_19575297.jpg

サイズはどれもこれぐらいであまり大きなのは釣れませんでしたが
2本のロッドを使い比べることでかなり楽しめました。


オリジナルSEITENの『The kemkem』とマイクロカスタムの『MC-S61UL』。
それぞれに強い個性を持ったロッドなのでうまく使い分けていただければと思います。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2012-07-28 20:13 | 釣りの事