NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

間もなく発売『MC-68L』

間もなく発売される
SEITENマイクロカスタムの『MC-68L』を使ってみました。

b0177760_5503231.jpg

このロッド、サンプル段階から竹内プロが溺愛していて
ずっと試合に使っていたので、私は殆ど使わせてもらえませんでした・・・。

まともに使うのは今回が初めてです。


b0177760_432294.jpg

昨日釣りをしたのは淀川の本流。近くに釣り人は誰もいません。

多分釣れないだろうと思いましたが、やっぱり釣れませんでした・・・。

この時期の淀川本流は私には難し過ぎます。



まぁ、『MC-68L』の試し投げがメインだったので
私なりに使ってみた感想をちょっと書いてみたいと思います。


スタッフの間では通称『Mammy竿』と呼ばれているこのロッド、
さすがに『Smile worm Mammy』のネコリグには相性バッチリです!

キャストして良し、ピッチングして良し、リグの操作感も良し、
キャスティングロッドでMammyを使うならこのロッドがベストマッチです。

今までMammyのネコリグは『MC-68ML』で使っていて
少し違和感を感じてたんですが、このロッドならMammyがかなり快適に使えます。

MammyだけじゃなくてDadyも使いやすいですよ。


後は2.5gぐらいの軽めのケムテキ。
Yabbyと組み合わせて使ってみましたが
ピッチングが面白いようにスパスパッと決まります。

昼からの2時間ぐらいの釣りだったのであまり色々試せませんでしたが、
他にも相性の良さそうなリグが沢山ありそうです。


竹内プロの話では、テトラやゴロタ周りで使った時に
ラインブレイクを軽減させる使い方ができるみたいなんですが
今回は釣れなかったのでそれは体感できませんでした・・・。



その他の特徴として、このロッドは今までのマイクロカスタムとは
リールシートの形状が違います。

b0177760_5282414.jpg

『MC-68L』はFujiのECSリールシートを採用。

デザイン的には今までのACSの方が立体感があって私は好きなんですが、
ECSの方がよりコンパクトにしっかり握れます。

ACSに慣れているので最初は違和感がありましたが
しばらく釣りしてるとすぐに慣れますね。

ACSもECSもそれぞれに良さがあるので
今後はモデルによって使い分けていくと思います。


1月下旬に発売予定の『MC-68L』。
マイクロカスタムは大量生産ができないので
今回も少数の販売になりそうですが、
店頭で見かけた際は是非手に取ってみてください。

宜しくお願いします。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-01-13 05:48 | お気に入り