NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

仕事は人が作るもの

フィッシングショーOSAKAが始まりましたね。

私は別件の仕事が立込んでいて残念ながら行くことができませんが、
小規模ながらもスタッフの情熱が詰まったNOIKEのニューアイテムを
是非ともご覧いただけたらと思います。



そんな今日は普段の仕事のお話を少し。


昨日はとある金融機関の年間広告キャンペーンの全体会議がありました。

来週のプレゼンに向けて最後の調整段階の会議です。

広告代理店の方、CMの監督、CM製作プロダクションの方々、
CMの音楽担当の方、コピーライター、コンテライター、
そしてグラフィックのアートディレクターの私。

それぞれが個々に担当しているものを持ち寄って
最終の確認と微調整について意見を出し合います。


私はこのチームの仕事に参加させてもらうのは今回で二回目なんですが、
このチームはスタッフ全体の意思疎通が良くとれていて
個々のプロ意識も高く、一緒に仕事していてスゴくモチベーションが上がるんです。

お互いが自分の担当の分野や会社の垣根を越えて
一つのプロジェクトをより良いものにしていくために一致団結していく。

それって仕事をするうえであたりまえの事のようですが、
実際は個々の色んな思惑が絡んでくるので
本当の意味でそれができているチームは実は少ないような気がします。

言葉にするのは難しいですが、このチームはまとまり感というか
連携の良さというか、そういうのが絶妙なんですね。

このチームでならどんなに大変な仕事でも楽しんで良くしていける。
そんなまとまり感のあるチームなんです。

このチームの一員として仕事に関われていることを誇りに思います。


技術がどれだけ発達しても、結局は仕事って人が作るもの。

人と人との相性って仕事をする上で一番大切なのかもしれません。

個々のスキルがいくらあっても、
相性が悪かったらいい仕事にはならないですね。



同じような感覚は、NOIKEで仕事をしていても感じます。

スタッフはみんな釣りが好きで、NOIKEというメーカーを愛していて、
みんなで愛情を注いで作り上げた商品を使って釣りをすることに
一番の喜びを感じています。

お金とか名声とかじゃないんです。

このチームで商品を作り上げていくってこと自体が
すでに大きな喜びなんです。


沢山売って利益をあげることよりも
自分達が欲しいと思うものを純粋に追求していくっていう
モノ作りのスタンスなので、派手なプロモーションをしたり
広告に予算を割いたりはしません。

だから今年のフィッシングショーも
こじんまりしたブースになっていると思います。

だけど個々の商品はスタッフが情熱を注いで作った
内容の濃い商品だと自負しています。

今日からの一般公開日、是非NOIKEブースにお立ち寄りください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-02-02 03:31 | オモイノタケ