NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

初心者のためのケムテキ講座

発売以来ご好評をいただいている『TEXAS kemkem』。

b0177760_282956.jpg

kemkemシリーズ特有の魚を誘うラバーと
カバーに対して根掛かりにくいテキサスリグとを合体させたアイテムです。

『TEXAS kemkem』に関しては以前にもこのブログで何度か書いているので
ココとかココを見ていただければと思います。


『TEXAS kemkem』を一度使っていただいたお客さんは
リピーターになってくれることが多いんですが、
パッケージに入っている状態だとイマイチどうやって使うものか
分からないお客さんもいるみたいです。

そこで今日は分かりやすく『TEXAS kemkem』を使った
リグの作り方についてお話ししてみたいと思います。

といっても、スゴく簡単なんですが・・・。




まずは、ウキ止めゴムを用意します。

b0177760_2371873.jpg

ウキ止めゴムはラインの太さに合わせたものを選んでください。




b0177760_242466.jpg

ウキ止めゴムをラインに通して、




b0177760_2421994.jpg

次に『TEXAS kemkem』を通します。




b0177760_24385.jpg

そして使うワームのサイズに合わせたフックを結びます。

オフセットフックを使うのが一般的ですが、
状況に合わせてストレートフックを使うのもいいと思います。




b0177760_2454211.jpg

最後にワームを付ければ完成です。

至って簡単ですね。


『TEXAS kemkem』のいい所はワームに合ったフックを自由に選べる所。

ヘッドとフックが一体になったものだと
使いたいワームに対してフックサイズが合わないことがありますが、
『TEXAS kemkem』ならワームに合わせて自由にフックが選べます。

また、針先がなまってきた時も
フックを取り替えるだけでいいので、繰り返し何度も使えます。

まさにいいトコ尽くめのアイテムです。




最後に、『TEXAS kemkem』をリグる時のワンポイントアドバイス。

b0177760_34720.jpg

『TEXAS kemkem』の重要なポイントの一つ、ラインアイホール。

これがあることによって、リグの一体感が増して
カバーへの入り方が安定します。

しかしラインの結び方によっては
このラインアイホールが活きてきません。


b0177760_394090.jpg

カットしたラインの先がこんなふうに上を向いてしまうと
ラインの先が邪魔をしてラインアイホールにピッタリと収まりません。


b0177760_3124565.jpg

こんな時はラインを切る前にもう一度アイに通して
ラインがアイの下から出るようにしてからカットします。

アイの部分までワームにねじ込んでも
使っていくうちにズレてきてワームからアイが
飛び出してくることがあるので、この方法はオススメです。



以上、初心者のためのケムテキ講座でした。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-04-21 03:29 | NOIKEの仕事