NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『Donkey BOO』のレギュラーカラー

『Donkey BOO』のレギュラーカラー10色が揃いました。

やっとここまできました。発売まであともう少しです!


今日は各カラーの紹介をしてみたいと思います。



まずは定番のグリパン三兄弟。
b0177760_0572333.jpg

左から
『グリーンパンプキン』、『グリパンレッド』、『グリパンブルー』。

グリパンベースの定番カラーですが、
ベース色が同じでもラメの色で印象が大きく変わりますね。

TEXAS kemkem等と組み合わせる時も
ラバーの色との相性もあるので色々試してみて欲しいです。





次は比較的淡いトーンの3色。
b0177760_1102741.jpg

左から
『ウォーターメロン』、『テナガパープル』、『モッシーパンプキン』。

『ウォーターメロン』は言わずとしれた超定番色。

『テナガパープル』は見たまんまのエビカラー。
個人的に大注目のカラー。早く淀川で使ってみたいです。

『モッシーパンプキン』はボトムが砂地の場所に合うカラー。
枯れたアシやウィード等にも合いますね。





アピールの強い4色。
b0177760_132721.jpg

左から
『ダークレッド』、『スカッパノン/レッド』、『マッディグレープ』、『シナモンブルー』。

『ダークレッド』は最もファンの多いカラー。
意外にどんな水の色でも合うカラーです。

『スカッパノン/レッド』は一見『ダークレッド』と似ていますが
水の中に入れると違いが良く分かります。いかにも甲殻類って感じのカラーですね。

『マッディグレープ』は竹内プロのイチ押しカラー。
濁ったらとりあえず『マッディグレープ』を試してみて下さい。

『シナモンブルー』は最近良く釣れると評判のカラー。
青ラメが水中でギラッと光って妖しくアピールします。


以上、簡単ですが各カラーの説明をしてみました。

あともう1色、初回限定生産の『ライムチャート』がありますが、
それはまたの別の機会にご紹介したいと思います。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-06-04 01:59 | NOIKEの仕事