NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

遺伝子組換え?

好評発売中の『Donkey BOO』

私は主にTEXAS kemkemと組み合わせて使うことが多いです。

TEXAS kemkemは3.5gまでしかないので
それ以上の重さが欲しい時は普通のテキサスリグにしたり
パンチショットリグで使ったりするんですが、
テキサスリグにした時にいつも気になっていたことがありました。

b0177760_6104084.jpg

画像左が5g、右が7gのバレットシンカーと合わせた状態。

5gと合わせた時はシルエットがまとまってるんですが、
7gと合わせるとちょっとシンカーが大き過ぎる感じがします。

使う分には全く問題がないんですが
これでも一応デザイナーの端くれなので
リグのシルエットが美しくないものは使いたくなくない・・・。

7gテキサスで使うならもう少しサイズアップした
Donkey BOOが欲しくなります。


ということで、自作してみました。

b0177760_632486.jpg

用意するのは『kemnpa』と『Donkey BOO』。

kemnpaの裏側のスリット部分から下をカット。
Donkey BOOは腕のフラップの付け根部分でカットします。


b0177760_639297.jpg

そして二つを合体させたのがコレ。

kemnpaとDonkey BOOを組み合わせたので『Donkey kemnpa』。

いかにも釣れそうなボリューム感。
このままリリースしても全く問題ないくらい
全体のシルエットがまとまっています ♪


b0177760_647437.jpg

オリジナルのDonkey BOOと比較するとこんな感じです。

7gのバレットシンカーと組み合わせてみましたが全く問題ありません。
8.8gのシンカーでもキレイにまとまります。


作った瞬間「コレはキタ!」と思いました!

竹内プロも次の旧吉野川戦のプラクティスで使うために
せっせと自作してますね。

私は旧吉野川はもとより、淀川や琵琶湖でも使ってみたいと思います。



ところでこのワーム、ニコイチにして作るので
残ったパーツがちょっと勿体ないです。
b0177760_7283572.jpg
残ったパーツでこんなのも作ってみました。

これはこれでアリかも・・・。

ジグヘッドとかで使ってみたら釣れそうです。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-09-10 07:30 | お気に入り