NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『Mighty Mama!!』のガツガツバイト!! その4

今日もしつこく前回のブログからの続きです。

これまで3回にわたって『Mighty Mama!!』について書いてきましたが、
いよいよ今日で最終回です。


b0177760_9482636.jpg

いつもワームのカラーが『グリーンパンプキン』ばかりなので
今日は『バマバグ』にカラー変更してみました。

『グリーンパンプキン』はワームの形状が出やすいので
撮影する時に便利なんですが、さすがにこればっかりが続くと
ブログの見た目が退屈ですよね・・・。


ちなみにこの『バマバグ』というカラー、
私の中では夏の実績カラーです。

夏場に『Mighty Mama!!』でデカイのを釣る時って
このカラーを使っていることが多いです。


b0177760_953613.jpg

『TEXAS kemkem』の『バマバグ』とも相性がイイです。

まぁ、同じ『バマバグ』同士なんで当然といえば当然ですが・・・。



スミマセン・・・
出だしからいきなり話が脱線して長くなりそうなんで
今日の本題について書いていきます。


今日は『Mighty Mama!!』の動きのこと。
特にこだわって作った爪の動きについてですね。



まずは全体の動きに関してですが、
『Mighty Mama!!』は必要以上の派手な動きはあえて抑えて作っています。

自然界に「私はエサですよ〜」ってアピールしながら動く生き物はいないし、
必要以上に動きが大きいとスレやすくなるっていう理由もあります。

しかしそうはいってもある程度は魚に気付いてもらう必要があるので、
フォール時にはヒゲの部分が少し動くようになってます。


b0177760_1030061.jpg
ちょっと変わった形状のこのヒゲが
左右に開いてトゥルルルル〜〜と動きますが
そんなに派手な動きではありません。

このヒゲのパーツ、最後の最後まで何度も作り直しましたが
最終的にはあまり動かし過ぎないセッティングに落ち着きました。


それよりもクロー系のワームで大事なのは
何といってもボトムに着いた時の爪の動きです。

b0177760_10583960.jpg

ボリューム感のあるこの爪の動きが
『Mighty Mama!!』の命と言っても過言ではありません!


ヒゲの部分も含めて全長7cm程度しかない小さなワームですが、
ボリュームのあるこの爪が重々しくデロンと動くことで
何度も喰い直す『Mighty Mama!!』特有のガツガツバイトを誘発させてるんです。


b0177760_11175942.jpg

ちなみにこの爪は外側と内側で厚みにかなり差があります。

外側はボリューム感たっぷりですが、内側の厚みは薄くなっています。

こういう形状にすることでボトムに着いた時に
爪が左右に広がろうとする動きが出ます。

ザリガニが爪を左右に大きく広げて威嚇するように
『Mighty Mama!!』も着定時に爪を左右にデロンと広げる動きをします。


そしてこのデロンとした動きを出すのに重要なのがこの部分。


b0177760_1295494.jpg

腕の関節部分の筋に入っている2カ所の切れ込み。

この切れ込みを入れてやることで爪がデロンと動きます。


『Mighty Mama!!』ぐらいの小ぶりなサイズのワームで
ポークのようなデロンとした動きを出すのって結構難しいんです。

このサイズのワームで良く動く爪を作ろうとすると
キビキビした爪の動きになってしまいがちなんですが、
『Mighty Mama!!』はボリュームのある爪を重々しくデロンと動かしたかったので
切れやすくなるのを承知の上で腕に切れ込みを入れています。

大型のバスほどこのデロンとした動きに反応するので
たとえ切れやすくなってもこの爪の動きに関しては譲れない部分があります。


普通に使っている分には問題ないですが、
スキッピングを多用したり、ややこしいブッシュ等に引っ掛けてしまうと
腕が千切れてしまうことがあります。

ネガティブな要素は商品をリリースする上では
極力排除したいですが、たとえ諸刃の刃になったとしても
より釣れるワームを作ろうというのがNOIKEの考えです。

この爪の切れ込みに関しては
強度と動きのバランスを何度も検証して製品化しました。



余談ですが、ザリガニは身の危険が迫った時に自ら爪を切り離し、
敵の意識が爪にいっている隙に逃げるという習性があります。

トカゲが尻尾を切って逃げるのと同じです。

だから『Mighty Mama!!』の爪が切れるのは
クローワームとしては逆にリアルなんじゃないかなぁとも思うワケです。

デカバスを釣った後の『Mighty Mama!!』が
こんな風になってたら、私としてはしてやったりです!!



長々と書いてきましたが、
『Mighty Mama!!』のガツガツバイトのお話も今回で終わりです。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。

特に腕の切れ込みに関しては誤解を受ける恐れもあるので
今まであまり書かないようにしていたんですが、
リリースしてから一年以上経って特にクレームなどもないので
皆さんそこは理解していただいているのかなぁと思い
今回詳しく書いてみました。

まぁ、普通に使う分には問題ないですし、
『Mighty Mama!!』の腕が切れてしまうような状況で使うために
『Donkey BOO』があるので使い分けていただければと思います。


魚のサイズを選ばない喰いごろのボリュームでありながら
デカバスを惹き付ける要素も持ち合わるように作った『Mighty Mama!!』。

独特のガツガツバイトを是非味わっていただければと思います。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-09-23 14:25 | NOIKEの仕事