NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ワラワラハンプが・・・

私の好きな淀川のポイントで
通称『ワラワラハンプ』と言われる場所があります。


場所はココです。

b0177760_1335087.jpg

・・・と言われても何処か分からないですよね。

特に大きな目印も無いし
写真で見てもちょっと分かりにくいと思います。


豊里大橋上流の右岸側に大きな鉄塔が2本立ってるんですが、
その鉄塔の200mぐらい上流の場所です。

ここは沖に大きなハンプがあって、
水深3mから一気に6mまで落ちてるんです。

しかも周りはゴロタ石がいっぱい沈んでいます。


昔オカッパリで淀川に通い込んでいた頃に見つけたポイントなんですが、
当時はかなりヤブ漕ぎしないと入っていけないポイントだったんで
誰かとバッティングすることは殆どありませんでした。

良く釣れる場所なので結構通っていましたが、
オカッパリの釣りなので地形の変化は
何となく把握しているっていうレベルだったんです。

それが以前竹内プロと一日中魚探がけした時に見たら、
かなり変化のあるゴージャスな場所だっていうことがハッキリ分かりました。



b0177760_1475914.jpg

ちなみに強化新型kemkemのプロモーション映像
竹内プロが50upを釣ったのもこの場所です。

釣れたのは岸際のテトラでしたが・・・。


この場所は通年良く釣れるポイントなんですが、
特に私が良く釣っていた時期が真夏。
それもドピーカンの晴天で風も吹いてないような時。

どこのポイントも魚の活性が低いような時に
このハンプで何度もイイ思いをさせてもらいました。

『kemkem』で1時間に20匹ぐらい釣れたこともあります。

特大サイズが釣れるってワケじゃないんですが、
レギュラーサイズから40cm前後の良型が
コンスタントに良く釣れたポイントです。




そんな『ワラワラパンプ』なんですが・・・。


今年の大きな台風の影響で
ハンプが削れて無くなってしまいました・・・。

3mの落差のハンプが70cmになってました。

ハンプというよりただの『起伏』になってしまってます・・・。


周りのゴロタ石はまだ残っているので
それなりにバスが寄る場所ではあると思うんですが、
もう以前のようなゴージャスな場所ではなくなってます。

『ワラワラパンプ』から『ワラワラ起伏』に改名ですかね。



例の台風の影響で水の中の地形は結構変わってる所が多いです。
無くなったポイントもあれば、新たにできたポイントもあります。

今までの情報は一度リセットした方がいいかもしれませんね。


冬の間にまた竹内プロと徹底的に調べようと思うので
いい場所があればまたご紹介したいと思います。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2013-12-18 14:36 | 釣りの事