NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

HILDEBRANDTのブレード

『SEITEN C-610M』がリリースされてから
スピナーベイトを使う機会が増えました。

もちろんリールはこの組み合わせで使ってます。


自社製品じゃないと釣れる気がしない病にかかっているので
最近はジグやワームの釣りが多いですが、実は巻きの釣りも大好きです。

中でも特にスピナーベイトが好きで
スピナーベイトなら一日中巻き続けても苦になりません。


シチュエーションによって使い分けるので
特にこのスピナーベイトがお気に入りってのもないんですが、
自分が好きな巻き心地にはこだわってしまうので
ブレードはあれこれ付け替えて試すことが多いです。


私のオススメのブレードはコレ。


b0177760_0453416.jpg

HILDEBRANDTのブレード。


スピナーベイトって色んなパーツのバランスの上に成り立っているので
ブレードを変えたからって全てが良くなるわけではないですが、
イマイチしっくりこないと感じるスピナーベイトでも
このブレードに換えると自分好みになることが多いです。

引き心地が重すぎず、それでいてブレードが回っている感覚が
掴みやすいスピナーベイトが私は好きですね。

ブリブリ回る感じよりカリカリ回る感じが好き。

そういうスピナーベイトをボトムやストラクチャーに
擦り付けて使うのが私が一番好きな使い方。


ちなみに『SEITEN C-610M』はボトムを感じる釣りにも向いていますが、
3/8oz前後のスピナーベイトやチャターにもドンピシャなロッドです。


ではまた。



b0177760_131077.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2015-07-15 23:05 | お気に入り