NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

CB-200

昨日のブログで生野銀山湖の事を少し書いたら急に懐かしくなってきて、
当時よく使ってたルアーとか眺めていたら深夜になってしまいました。


あくまで個人的な思い入れの話ですが、
生野銀山湖と聞いて私が真っ先に思い出すのがこのルアー。

b0177760_0221367.jpg

LUCKY CRAFT社の『CB-200』


今から20年以上も前の話ですが、
当時の生野銀山湖でこのクランクを使って
爆釣した経験があります。

岸際にキャストして立ち木に絡めて巻いてくるだけなんですが、
今まで体験した事がないくらいボッコボコに釣れたんです。

立ち木という立ち木をランガンして、ひたすら釣りまくりました。

立ち木を抜けた瞬間の
ここぞっていう場所で喰ってくるあの感覚は
今でも忘れられないです。



b0177760_043296.jpg

特に良く釣れていたのがこのカラー。

他の色でも釣れましたが、この色は群を抜いて良く釣れたので
私の中では特に思い入れのあるカラーです。

その日のコンディションにうまくマッチしていたんでしょうね。



しばらく行っていない生野銀山湖ですが、
あの湖の独特の雰囲気は結構好きなので
機会があればまた行ってみたいですね。

さすがにクランクで爆釣っていうのは
今はちょっと難しいかもしれませんが・・・。


今、生野銀山湖に行くんだったら
やっぱり『wobble shad 2"』ですかね。

先日は若手が3位に入賞しましたが、今年のJB生野銀山湖 第1戦
NOIKEスタッフの八田プロが『wobble shad 2"』で優勝しています。

今の生野銀山湖のフィールド状況なら
オススメは間違いなく『wobble shad 2"』ですね。

だけど『CB-200』も意外に侮れないかもしれませんよ。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-07-20 01:44 | お気に入り