NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

サイズを狙わなければいくらでも

土曜日はフィッシングMAX芦屋店さんでY.B.Fミーティングでした。

b0177760_1454752.jpg

お越しいただいた皆様、ありがとうございました!


ミーティングでお客さんと色々お話ししましたが、
皆さん口を揃えて言うのが「夏の淀川釣れません・・・」。


今年の夏はゲリラ豪雨はあるものの、まとまった雨が少なく
さらに減水傾向にあったので基本的にバスは
沖目にポジションをとっている傾向にあると思います。

先週月曜日の大雨も魚を岸に寄せるほどのパワーはなく
バスのポジションは沖のままっていう感じですね。

確かにオカッパリで釣るのは難しい状況かもしれません。



というワケで、日曜日は私も淀川に行ってみました。

天気予報では雨のはずだったんですが、メチャクチャ晴れてましたね。

ローライトで雨でも降ってきたら
結構釣れるかなぁと思ったんですが、甘かった・・・。


サイズは意識しないでとりあえず魚が釣れる可能性が
最も高い釣り方を探してみることにして鳥飼大橋からスタート。

b0177760_23533098.jpg

鳥飼大橋は淀川に架かる橋の中で最も橋の数が多いので
広範囲でシェードができます。

特に左岸側は岸際から変化に富んでいるので魚が寄りやすいです。


b0177760_0115579.jpg

キッズサイズですがサクっと釣れました。

橋脚周りでも手前のウィードでも何匹か釣って移動。



b0177760_023283.jpg

少し下って豊里大橋の下でもポロポロ釣れました。

写真はピンボケですが、キッズサイズです・・・。

夏の暑い時間帯は橋の下で釣りをするのが涼しくていいですね。



その後は比較的水通しのいい沖のハードボトムを中心に釣りをしましたが、
20cm〜30cmのバスならどこでも釣れますね。

中でも特にバスのストック量が多いと感じたのが
『淀川大明解MAP』76ページのテトラ沖のハードボトム。


b0177760_0434747.jpg

釣れます!


b0177760_0444093.jpg

釣れます!!


b0177760_0445928.jpg

釣れ続きます!!!


サイズはそんなに大きくないですが、
このエリアだけで20匹以上釣れました。

沖のハードボトムに魚が固まっているような感じです。



b0177760_0521982.jpg

使ったリグは『Ring curly 3"』のキャロライナリグ。

ゴロタに根掛かりしないようにシンカーは『Drop shat SLIM』を使います。


リグの操作はゴロタを感じながらズル引いて止めるの繰り返し。

止めた時にラインテンションを抜いてアタリが出るのを待ちます。

カーリーテールが自発的にユラユラ動くのでヘタにアクションさせず
ワームに仕事をさせるイメージで使ってもらえば良いかと思います。

夏場はやっぱりヒュルヒュル動くカリーテールが効きますね。



数釣りメインでキッズサイズからジュニアサイズまでを沢山釣りましたが、
このサイズがこれだけ釣れるということは
ビッグサイズを狙いにいく釣り方としては不正解ですね。

ビッグサイズを狙いにいくならノーバイト地獄に耐えながら
やり切るぐらいの覚悟がないと今の時期は難しいかもしれません。


とはいえ魚釣りの楽しみ方は人それぞれ。

釣果に苦しむ時は数釣りに徹してみるのも面白いですよ。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-09-05 01:44 | 釣りの事