NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Daddyの新色

『Smile worm Daddy』に新色を2色追加しました。

b0177760_2310414.jpg

4サイズあるSmile wormの中で2番目に大きい
『Daddy』ということをより分かりやすくするために
シールも若干マイナーチェンジしてます。



b0177760_23251394.jpg

画像上の『#117 マッディグレープ』と
画像下の『#127 シェードブラウン』。

どちらもワンサイズ大きな『Smile worm Mammy』でリリースされているカラーで、
ある特定のシチュエーションを強く意識して作ったスペシャルカラーです。

まぁ、マテリアルが良いのでどんな状況で使っても普通に良く釣れますが・・・。



b0177760_2321442.jpg

『#117 マッディグレープ』はその名の通り
マッディな状況で効果的なグレープカラー。

パッと見ただけだと殆ど黒に見えるほどの濃い紫です。


濁りの入った状況ではナチュラルカラーよりも濃いカラーの方が
シルエットがハッキリするためバスに見つけてもらい易くなります。

シルエットが最もハッキリするカラーはブラックなんですが、
ブラックはシルエットが強調され過ぎて嫌がるバスもいます。

マッディグレープはシルエットをハッキリさせながらも程良く透けるので
魚に必要以上のプレッシャーを掛けず、喰わせ能力も持ち合わせています。

「濁った水にはマッディグレープ」

雨が降った後の数日は必ず持っていって欲しいカラーです。



b0177760_0265833.jpg

次は『#127 シェードブラウン』。

このカラーも名前の通りシェードに潜むバスに対して効果的なブラウンカラー。

マッディグループ同様、効果的なシチュエーションが分かりやすいカラー名です。


効果的なシチュエーションの一例として、
例えばテトラのシェードに潜むバスがいるとします。

シェードにいるバスは基本的に目線が上であることが多いので、
自分がいる水深よりも上を意識しています。

分かりやすく言うと上から落ちてくるモノや
自分の位置より上にいるベイトを狙ってるんです。


シェードブラウンは光にかざすと淡いナチュラルカラーになるので
警戒心を与えずにバスとの間合いを詰めるができます。

そしてストラクチャーのシェードに入った途端に
シルエットのハッキリする濃いカラーに変わります。

要するにフォール時は警戒心を与えずにナチュラルに忍び寄って、
バスの目の前で存在感のある濃いカラーに変化。

私がバスなら思わずリアクションバイトです・・・。

「忍びの名人シェードブラウン」

晴天時の日中など、バスがシェードを意識し出したら使ってみてください。



以上、『Smile worm Daddy』の新色2色を説明してみましたが、
この2色に共通するのは濃いカラーに見えて
実は透けるという要素を重視しているということ。

実際に光にかざすとこんな感じに透けます。

b0177760_1412158.jpg

濁った水の中で存在感を出しつつも水に馴染むように透けるマッディグレープと、
目線が上のバスに警戒心を与えないようにナチュラルに透けるシェードブラウン。

普通に使っても良く釣れるカラーですが、
特徴を理解して使うことで圧倒的な釣果が出せるカラーです。

効果的なシチュエーションに当てはめて使ってみてください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-10-20 01:41 | NOIKEの仕事