NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

久しぶりの野池釣行

馴染みのお客さんと野池でオカッパリしてきました。

最近は釣り禁止の野池も多いですが、
今回は釣りOKの遠方の野池まで日帰り遠征です。


b0177760_21541407.jpg

普段は淀川釣行が多い私ですが、
今回はお客さんが良く知っている野池を案内してもらいました。



b0177760_21542684.jpg

朝早くから出発したんですが、目的地に着く頃には太陽はかなり高い位置に。

この時期は一番釣るのが難しい時間帯です・・・。



b0177760_21543722.jpg

最初に入った池は全体的にウィードが多い池だったので
フラップを全て取ってオフセットフックを逆刺しにした
『Donkey BOO』のバックスライドセッティングで
ウィードのポケットや壁に付いているバスを狙ってみました。



b0177760_21544797.jpg

キッズサイズがメインですが、短時間でかなりの数が釣れました。

ウィードの上に乗っけて、ヒョイヒョイっとアクションを入れて、
ウィードを抜けたルアーがバックスライドしてウィードの根っこに
滑り込んでいくイメージで使ってやると面白いようにバイトが出ます。


お客さんも同じぐらいのサイズを『kemnpa』のネイルリグで沢山釣ってました。

とりあえず全員安打で数も沢山釣ったので
サイズアップを目指して他の池も回ってみることに。



b0177760_21545857.jpg

いくつかの池を回って、ほとんどの池で魚を釣ることが出来たんですが、
釣れるサイズはキッズサイズからジュニアサイズがほとんど。

お客さんの話では過去にデカイのも釣ってるそうなんですが・・・。



b0177760_21551275.jpg

10匹釣ったら1匹ぐらいはちょっといいサイズが交じるんですが、
ビッグサイズには程遠いです。

日中の真夏の野池でビッグサイズを釣るのが簡単ではないことは百も承知ですが、
これだけ数が釣れるんだったら1匹ぐらいはデカイのを釣っときたいというのが釣り人の心情。

まぁ、数釣りは数釣りで私としては結構楽しかったりもするんですが・・・。


というワケで、私が真夏の野池で昔良く使っていたこのリグを久しぶりに使ってみました。



b0177760_21552201.jpg

『Smile worm』のネコリグ。

「別に普通やん」っていう声が聞こえてきそうですが、
セッティングと使い方にちょっとアレンジを加えています。

説明すると長くなるので次回のブログで詳しく書いてみようと思います。



b0177760_21553210.jpg

案の定、ジュニアサイズを釣りつつもビッグサイズに口を使わせることに成功!

真夏の炎天下でこのサイズが釣れたら大満足です。



b0177760_21554395.jpg

ちなみにお客さんとのダブルヒットでした。

空気読めない魚を釣ってしまったかもしれません・・・



b0177760_21555481.jpg

移動した次の池でもビッグサイズを追加!!

やっぱりこの釣り方、この季節の野池にハマってると思うんですよねぇ。




b0177760_21560325.jpg

長さ的にはビッグサイズですが、体型はスリムでした。

悲しいかな、私と比べると魚のスリムさがさらに引立ちます・・・。




そんな感じで今回は真夏の炎天下の中、楽しい釣りができました。

案内してくれたお客さんに感謝です!


b0177760_21561331.jpg

しかしかなり遠方の釣り場だったので自宅に帰ったのは午前4時過ぎ・・・。

次の日は睡魔との戦いでした・・・。




ちなみに今回訪れた野池は地元では結構有名な野池で釣り人もそれなりに居るんですが、
どの野池も釣り人のゴミが全く落ちていなかったです。

ここで釣りをする人が近隣への配慮も含めてマナーを守って釣りをしてきたからこそ
釣り禁止にならずに今でも釣りが楽しめるんだと思います。

こういう釣り場が無くならないように
野池で釣りをする際はモラルのある行動を心掛けたいですね。


ではまた。



[PR]
by waterlettuce | 2017-08-14 01:25 | 釣りの事