NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リアクションスマイル

先日の野池釣行で大活躍した『Smile worm』

4サイズあるSmile wormシリーズの小さい方から数えて2番目のサイズです。


b0177760_22114450.jpg

小さいサイズの『Smile worm Baby』、
大きいサイズの『Smile worm Daddy』や『Mammy』などありますが、
3.8インチのこのサイズがオリジナルの『Smile worm』になります。

奇抜な形状をしたストレートワームではないので
色んなリグに対応する応用範囲の広いストレートワームです。


で、先日の野池でビッグフィッシュを仕留めた時のリグがコレ。

b0177760_22135483.jpg
ネコリグです。

一見普通のネコリグなんですが、
前回の釣りでは狙い方をちょっと変えたかったので
ワームに差し込むネイルシンカーのウエイトを工夫しました。


b0177760_22243521.jpg

使っていたのはタングステンネイルシンカーの2.2g。

オリジナルサイズの『Smile worm』だと0.9gぐらいを使うのが一般的なので
2.2gは重過ぎると思うかもしれませんが、あえて重めのウエイトにしたっていうのがミソです。

実際、シンカーのウエイト調整と誘い方を変えたことで
使ってるワームは同じでも釣れるバスのサイズが一気に大きくなりました。


前回のブログを読み返してもらえば分かりますが、
前半はバックスライドセッティングの『Donkey BOO』や『kemnpa』のネコリグで
ジュニアサイズの数釣りを楽しんでいました。

その時、『Smile worm』のネコリグ(シンカーウエイトは0.9g)や
ダウンショットワッキーなんかも試していたんですが、釣れるのはやっぱりジュニアサイズ。

真夏の炎天下のビッグサイズってそんなに簡単には口を使ってくれないし、
スローに誘ってしまうと活性の高いジュニアサイズが先に反応してしまっていたので
あえてミスマッチな重めのネイルシンカーでリアクション気味に誘ってやることで
強制的にバイトに持ち込んでやろうと考えたワケです。

真夏の日中で水温も上がりきってホゲ〜〜っとなっているビッグサイズの鼻っ面に
突然リグを送り込んで強制的に口を使わせるイメージです。





b0177760_23461952.jpg

ちなみに2.6gのネイルシンカーは『Smile worm』のボディにはちょっと刺しにくいので
爪楊枝などを使って少し穴をあけてやるとキレイに刺すことができます。




b0177760_23470251.jpg

ボディの太さに対して2.6gのネイルシンカーはちょっと大き過ぎると思うかもしれませんが・・・




b0177760_23502931.jpg
意外にキレイに収まるんです!

これもこのネイルシンカーの特徴の一つです。


b0177760_23574190.jpg


NOIKEのタングステンネイルシンカーは刺しやすくて抜けにくい形状もさることながら
ワームに刺した時にシルエットを崩さない絶妙なバランスになっています。

細くすると長くなってワームが曲がらない部分が多くなってしまうし、
短くすると太くなってワームのシルエットが崩れるんですが、
その辺りのバランスを丁度いい具合に整えています。



話が少し脱線しましたが、このリグの使い方について説明します。


このリグは重めのネイルシンカーにしたことでフォールスピードが早くなります。
そしてフォールスピードが早いということは着底した時に
ストレートワームが「ボヨン」と震える動きも大きくなります。

この「ボヨン」という動きにバスは強く興味を持つので、この動きで興味を持たせておいて
スマイルワーム特有のユラユラとナチュラルにテールを振りながら倒れ込む動きでバイトに持ち込みます。


ヒョイヒョイっと持ち上げて、そこからバーチカルにストンと落として、
ボヨンとなった後にユラユラと倒れ込んだところでバイト!

『ヒョイヒョイ、ストン、ボヨン、ユラユラ〜・・・』この繰り返しです。

冬場のメタルバイブのリフト&フォールを
もっとナチュラルにした感じというと分かりやすいでしょうか。




そしてこのリグのもう一つの利点は飛距離を稼げるという事。


小さいサイズのストレートワームで空気抵抗が少ない上に
重めのネイルシンカーをセットするのでロングキャストが可能です。

オカッパリだとどうしても飛距離が欲しいときがあるので
通常のウエイトのシンカーよりも飛距離が出るのは大きなメリット。

しかしその反面、細いボディの『Smile worm』に重いシンカーを刺しているため
フルキャストを何度も繰り返すとワームが千切れやすいというデメリットもあります。


そこで私はフックをかなり深めに刺してワームが千切れるのを防いでいます。


b0177760_01031628.jpg



『Smile worm』をネコリグで使う時はリブの無いハチマキ部分がベストな刺し位置。

横刺しでもいいですが、縦刺しにした方がボディバイブレーションが出やすくなります。


ワームの消費を抑えるために収縮チューブを使う人もいますが、
動きが悪くなってしまうのであまりオススメしません。

Smile wormシリーズは1パックあたりの入り数が多いので(Smile wormで18本)
千切れそうだと思ったら付け替えるようにした方がトータルの釣果は増えると思います。



長文になりましたが、先日の野池釣行でビッグサイズを釣った
リアクションで使う『Smile worm』について詳しく書いてみました。

夏の釣りってどうしてもナチュラルな喰わせの釣りに頼ってしまいがちですが、
状況次第でリアクションの釣りも結構ハマリますよ。

良かったら参考にしてみてください。


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-08-15 01:42 | お気に入り