NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

『Donkey BOO』の青ラメカラー

前回のブログで紹介した『Donkey BOO』のNEWカラー
『#24 ブラックブルー』と『#36 ブルーシュリンプ』。

どちらも青ラメが入ったカラーですね。


新色の2色をプラスすると『Donkey BOO』の青ラメのカラーは5色になります。

b0177760_00280605.jpg

画像左から『#09 グリパンブルー』『#24 ブラックブルー』『#34 シナモンブルー』
『#36 ブルーシュリンプ』『#127 シェードブラウン』

『#127 シェードブラウン』は緑ラメも混ざってるんですが、
ここでは一応青ラメカラーということにしておきます。


『Donkey BOO』の定番カラー14色のうち、およそ1/3が青ラメカラー。

かなり青ラメ率高いですね・・・。



というワケで、今日は青ラメが入ったカラーのアピールの強弱などについて
開発スタッフから聞いた話をもとに、ちょっと書いてみようと思います。


まず、上の『Donkey BOO』の5色をラメのアピール順に並べるとこうなります。


b0177760_00393828.jpg


左から青ラメの効果が強い順に並べています。


一番効果が強いのは『#34 シナモンブルー』。
ラメの粒は小さいですが量が多いので、点ではなく面で光るため
ラメのアピールはかなり強いです。

二番目の『#09 グリパンブルー』はラメの粒が大きいので、点でギラッと強く光ります。

三番目の『#127 シェードブラウン』は程良くチラチラとラメがアピールする感じ。

四番目の『#24 ブラックブルー』はラメの大きさは『#09 グリパンブルー』と同じですが、
青ラメの量はそんなに多くはないです。

そしてラメのアピールが一番弱いのは『#36 ブルーシュリンプ』。
このカラーは透かした時のブラックシードが特徴のカラーなので、ラメのアピールは少し控えめです。



ラメの効果の強弱で並べるとこういう順番になるんですが、
ワームカラーで大事なのはラメのアピールもさることながらやっぱりシルエットの強弱。

その日のフィールドの水の色に対して、
シルエットをはっきりさせた方がいいのか、ボカした方がいいのか。

ここが一番重要だと思います。



上の5色をシルエットの強弱で並べるとこういう順番になります。


b0177760_01301623.jpg

最もシルエットがハッキリ出るのが『#24 ブラックブルー』。
透明感のないブラックベースのカラーなので、最もシルエットが強く出ます。

二番目は『#127 シェードブラウン』なんですが、これはちょっと特殊なカラー。
光量の少ない所ではシルエットがハッキリ出るカラーなんですが、光にかざすと結構透けるので、
透けた時のシルエットの強さでいうと実は四番目ぐらいになります。

三番目は『#09 グリパンブルー』。オールマイティに使える中間の強さですね。

四番目は『#34 シナモンブルー』。ラメのアピールだと最も強いカラーですが、
シルエットの強さでいうと弱い部類に入ります。
青ラメの強いアピールと、シルエットが弱いナチュラルなベースカラーという
相反する効果を持ち合わせているのがこのカラーの特徴です。

最もシルエットが曖昧になるのが『#36 ブルーシュリンプ』。
ラメの強さもシルエットの強さも最も弱いのがこのカラー。
究極の喰わせカラーを目指して作っているので、アピールは最も弱く設定してあります。



シルエットの強弱で並べると一目瞭然ですが、
新しく追加した『#24 ブラックブルー』と『#36 ブルーシュリンプ』は
最もシルエットがハッキリ出るカラーと、最もシルエットが曖昧になるカラーをラインナップに加えることで、
カラーの面で『Donkey BOO』が効果的に対応できるシチュエーションの幅を持たせたということなんです。

売れそうなカラーを適当に作っているワケでじゃないんですねぇ。



以上、『Donkey BOO』の青ラメカラー5色を例に
ラメの強弱とシルエットの強弱で順番を付けてみました。

カラーチョイスに関しては、個人的にはシルエットの強弱を基本に考えつつ、
ラメの強弱も加味してカラーを選ぶというのが良いと思うんですが、
その日のフィールドの水の色や、メインベイト、季節や時間帯などによっても変わってくるので
最適なカラーチョイスは実際釣り場に立ってみないと分かりません。


こういう時はこのカラーっていう判断基準は
今までの経験と実績、そして強い思い入れですね。

カラーチョイスの正解は人に聞くより魚に聞いた方がいいと思うので、
色々使って試してみることをオススメします。

この記事を参考に、フィールドで色々試行錯誤してみてください。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-11-09 02:59 | NOIKEの仕事