NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2017年 08月 22日 ( 1 )

発売を目前に控えた『wobble shad 7.5"』。

b0177760_11164031.jpg

まだかまだかと首を長くして待ってくれていた人も多いと思います。

ホントなら今年の春に発売している予定だったのですが、
諸事情によりリリースが遅れ「結局いつ発売するねん!」とお客さんに聞かれる度に
心苦しい思いをしていました・・・。


しかし、ようやくその時がやってきました!

現在工場では鋭意生産中です!!



b0177760_11433491.jpg


早ければ今月中に全10色のうちの数色を出荷できると思います。

BITEGUTSシリーズのワームは工業製品とはいえ、一日で大量に生産可能なワームではない為
数色上がってきては出荷という段取りで、フルカラーが揃うのには少し時間が掛かってしまいますが・・・。

リリースするカラーに関してはこのブログでも随時お伝えしていきます。



b0177760_12334159.jpg


wobble shadシリーズで最大となる7.5インチサイズ。

画像下の3インチサイズと比べるとそのボリューム感の差は歴然。
イルカとクジラ、セスナとジャンボジェット、ガンダムとサイコガンダムくらい違います。



b0177760_13304772.jpg

例えとして的確かどうかは微妙ですが・・・



ある意味サイコガンダム級の破壊力、というかアピール力を持つ『wobble shad 7.5"』ですが
その最大の特徴は『スローに引いても最大級のウォブリングアクションを発揮する』こと。

ハッキリ言ってシャッドテールワームもこのサイズになると
普通に引けば大きなテールアクションでかなり強くアピールします。(サイズがサイズなので)

しかしサイズが大きくなるとそれなりの水の抵抗を受けないとテールが動かないので、
リトリーブスピードがスローになるほどテールの振り幅が小さくなって
弱々しいアクションになってしまいがちです。

『wobble shad 7.5"』ではビッグサイズのシャッドテールワームにありがちな
スローに引くとテールの振り幅が小さくなってしまう問題を改善すべく、
wobble shadシリーズの特徴はキープしつつ、ボディ形状を一から設計し直しています。


今月中には発売できそうなので、
まずはスローリトリーブでアクションの違いを体感いただければと思います。


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-08-22 15:44 | NOIKEの仕事