NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年 09月 14日 ( 1 )

ラインに助けられました

ズリズリに擦れたライン。

b0177760_01534156.jpg


先日の淀川実釣講習会の下見の時に
ビッグサイズを釣った時のラインです。


ちなみにこの魚です。


b0177760_21415412.jpg

たまにデカイの釣ったからって何度も載せるなよってツッコまれそうですが・・・。


この魚を釣った場所は足元から5mぐらい沖にコンクリートの段差があって
デカイ魚を掛けた時にそこにラインを擦られるとかなりの確率でラインブレイクします。

スピニングタックルだとひとたまりもありません。


ランディングのコツはコンクリートの段差を越える前に
魚に空気を吸わせて浮かせてから取り込むんですが、
この魚は上手く段差を乗り越えたと思って油断した瞬間に
段差の下にグイグイ入っていきました。

サイズがサイズだけにハンパなく引きました・・・。


スピニングタックルでフロロカーボンの5lb.だったので絶対切られると思いましたが、
ドラグを出して魚の突進に耐えて何とか引きずり出すことに成功しました。

段差の角にズリズリ擦られている感触が伝わってきたのと
魚のサイズを目視で確認していたので、さすがに万事休すかと思いましたが・・・。



ちなみにこの時巻いていたラインがコレ。


b0177760_03155982.jpg


淀川でビッグサイズを狙うには欠かせない
硬質フロロカーボンラインです。


淀川ではテトラやブッシュカバー等のストラクチャーを釣ることが多いんですが、
このラインはストラクチャー周りでビッグサイズを掛けた時に絶対的な安心感があります。

ズリズリに擦れてラインブレイク寸前のところでもう一段階粘ってくれます。

今まで何度このラインに助けられたことか・・・。



硬質フロロカーボンなので根擦れに強いだけじゃなく、
操作性と感度も抜群に良いです。

淀川でビッグサイズを狙うなら
フロロカーボンラインは『Shooter』を強くオススメします!


今回のビッグフィッシュを取り込めたことで
私の中でこのラインの信頼度がさらにまた上がりました。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-09-14 03:55 | お気に入り