NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:お気に入り( 230 )

転ばぬ先の・・・

釣りにおいてラインというのはとても重要なアイテムです。

ラインは新品の状態が最も性能を発揮するので
釣行ごとに巻き換えるのがベスト。

っていうことは重々承知なんですが、
勿体なくてついついケチってしまいがちになります。

そしてケチったあげく、眠れない夜を過ごすハメに・・・。



b0177760_314433.jpg

そんなワケで買ってきました。

ケチって使いたくないので徳用の300m巻き。

スピナーベイトやクランクベイト、アラバマ系リグ等の巻きモノの釣りや
最近良くやる『wobble shad 3"』のリアクションヘビーDSの釣りには
適度に伸びのある『FC SNIPER』が私のお気に入り。

基本性能が非常に高いロングセラー商品です。



そして、ワームやジグ等を使ったボトムの釣りには絶対コレ!

b0177760_3261749.jpg

超高感度で抜群の強靱性を誇る『Shooter』


私が良く行く淀川では根掛かりしやすいストラクチャー周りを狙うことが多いので
ラインに掛かる負担はかなり大きいフィールドだと思います。

冬になると巻きモノかリアクションの釣りがメインになってくるので
必然的に『FC SNIPER』を使うことが多くなりますが、
一年を通して使用頻度が最も高いのは『Shooter』の9lb.〜14lb.

私の中では信頼度No.1のラインです。


でも、どんなに信頼のおけるラインでも
ケチって何度も使っていれば当然性能は落ちてしまうワケで・・・。


ラインをケチると痛い目にあいます!!



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-12-20 03:55 | お気に入り

I have a pen.

冬になると無性に使いたくなる黒いワーム。

昔から黒いワームって好きなんですが、
特に冬場は黒いワームの使用率が高くなります。


何故冬に黒いワームが良く釣れるかというのは・・・




・・・何故なんでしょうか?



個人的には多分こういう理由だろうというのがあるんですが、
まだまだ妄想の域のような気がするのであえて多くは語りません。

とりあえず妄想に過ぎないかもしれませんが、
誰が何と言おうと私は冬になると黒いワームを使いたくなるんです!



しかし残念ながら、BITEGUTSシリーズには
黒いワームのラインナップはかなり少ないという現実・・・。

『kemkem shad』の『#43 ブラックレッド』、
『Yabby』の『#24 ブラックブルー』と『#43 ブラックレッド』、
『Mighty Mama!!』の『#122 マダムクロー』。これだけしかありません。



無いものは作るしかない!
ということで、取り出したのは1本のペン。

b0177760_082765.jpg

釣具屋さんで売っているワーム用のマーカーです。



b0177760_142448.jpg

用意するワームは先日リリースされた『Mighty Mama!!』のオリカラ2色



b0177760_0161922.jpg

背中側を黒のマーカーで塗ってみました。



b0177760_0171221.jpg

『Mighty Mama!!』のブラックサファイアが完成!

なかなかイイ感じです♪



b0177760_021466.jpg

さらに『#99 ヨドガワカメレオン』にも塗ってみました。

これもなかなかイイ感じ♪


『#99 ヨドガワカメレオン』は水に入れると色調変化で蛍光色っぽく見えるので、
背中側を黒くすることでアクションさせた時の色のメリハリが際立って
リアクション効果が期待できるような感じがします。



ワーム用のマーカーを使ったお手軽チューニング。

色んなカラーが売っているので
自分用のカスタムカラーを作ってみるのも面白いですよ。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-11-30 00:40 | お気に入り

フットボールもあり!

これから水温が下がるにつれて効果的になってくるリアクションの釣り。

先日は『wobble shad 3"』のリアクションヘビーDSを試してみましたが、
他にはこんなルアーも使います。


b0177760_081694.jpg

フットボールジグ。


フッキング重視ならガードなしがいいですが、
オカッパリからだと根掛かりのリスクを減らしたいので
ガード付きのフットボールを使います。

吸い込みやすいコンパクトなボリューム感にしたいので
ラバーは自分で巻き直します。

使用するラバーはもちろんNOIKEのシリコンフレッシュラバー。


写真のジグはレギュラーカットの『#109 ダークブラウン/ブルーFK』と
『#110 グリパン/ブルーグリーンFK』を混ぜ合わせて巻いてみました。

ちなみにガードも『強化新型kemkem』で使用しているファイバーガードを使って
自分好みの硬さと角度になるように刺し直しています。

ジグはこうやって自分好みにカスタマイズするのが楽しいですね。



トレーラーは定番の『Migthy Mama!!』

b0177760_0295131.jpg

着定時にボワっと開くスカートのフレアと
デロンとアピールする爪でバスの本能を刺激します。



さらにクイックに動かして狙いたい時は『wobble shad 3"』

b0177760_0424764.jpg

強いウォブリングでボトムバンプさせて強制的にバイトさせます。


フットボールを使うか、リアクションヘビーDSを使うかは
その日のバスの状態とシチュエーション次第。

あれこれ試しながら喰い渋る低活性バスにリアクション攻撃を仕掛けます。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-11-26 01:09 | お気に入り
先日のブログで紹介したショップオリジナルのオリカラ2色。

画像が『Smile worm Mammy』と『Donkey BOO』だけでしたが、
昨日『Mighty Mama!!』を入手してきたのでご紹介します。


『Mighty Mama!!』は個人的に思い入れが強いワームなので
これを紹介せずしては夜も寝れません!

というワケで、早速ご紹介。


b0177760_23105991.jpg

手前が『#98 ヨドガワサファイア』。
奥が『#99 ヨドガワカメレオン』です。

どちらも『Mighty Mama!!』に良く合うカラーだと思います。



b0177760_23335895.jpg

光にかざすと明るいパープルに色調変化する『ヨドガワカメレオン』。

通称『赤コンニャク』と呼んでいます。



b0177760_23345412.jpg

同じ大きさに見えて実は風合いを出すために
微妙に大きさと高さを変えている爪のイボイボ。

このカラーだとディテールが分かりやすいですね。



b0177760_23373616.jpg

知ってる人は少ないと思いますが、
裏側にはNOIKEの家紋が刻印されてたりします。

まぁ、釣果には全く影響しないですが・・・。



b0177760_0361281.jpg

そして、待っていた人も多い『Mighty Mama!!』の『ヨドガワサファイア』。

このカラーのクロー系ワームは男の子なら必ずグッとくるはず!



b0177760_23555384.jpg

なぜなら、青いザリガニは実在するんです!

与えるエサや飼育環境によってアメリカザリガニは青くなります。

一時期はペットショップでかなり高値が付いていましたね。

ここでは具体的な飼育方法に付いては割愛しますが、
レアなカラーの青いザリガニは男のロマンです!!


b0177760_033761.jpg

『ブルーマロン』っていうロブスターもいますね。

まさに男のマロン! いや、ロマンです!!


b0177760_05255.jpg

男の子ならグッとくる要素が満載の『ヨドガワサファイア』の『Mighty Mama!!』。

このカラーで淀川マグナムサイズのロマンを追い求めてみてください!!


ちなみにこのカラーはイチバン・エイトグループさんのオリジナルカラーです。

すでに店頭に並んでいるので是非使ってみてください。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-11-22 00:18 | お気に入り

ジワジワきます・・・

淀川オカッパリの必需品『kemnpa』

b0177760_21204332.jpg

ノーシンカーリグ、ネイルリグ、ジグヘッドリグはもちろんのこと、
『TEXAS kemkem』や小型のチャターベイトなんかのトレーラーにも相性バツグン、
使い手の工夫次第で色んなリグに対応できる万能ワームです。


そんな『kemnpa』をこよなく愛するのがこの人。


b0177760_2125740.jpg

サムライ魚釣倶楽部の部長、デラックス★前田店長

ここのところ連日のように城北ワンドに出掛けては『kemnpa』で釣ってます。

ちなみに前田店長が淀川で『kemnpa』以外を使うことは
殆どないと言っていいくらい『kemnpa』を溺愛してくれています。


城北ワンドで『kemnpa』を使う場合、
ノーシンカーリグかネイルリグが基本になってくるんですが、
最近はアクションをさせずにボトムでステイさせていないと
喰ってこないそうです。

季節が進むに従って水温も下がってきているので
そういう釣りが効く時期になってきたなぁという印象ですね。


ちなみにボトムでステイさせてないと喰わない時っていうのは
ワームのマテリアルの差がモロに釣果に反映されます。

同じようなタイプのワームでもボトムで放置した時に喰うか喰わないかをバスが決めるのは
マテリアルが醸し出す存在感やニオイによるところが大きいと思います。

BITEGUTSシリーズのマテリアルの良さが最も発揮されやすいのが
このようなバスがセレクティブになっている状態です。



それにしても連日Facebookに上がってくる前田店長の釣果写真、
個人的にかなりツボです。

b0177760_2158212.jpg

ジワジワきます・・・。


ではまた。




明日は、ブンブン京都伏見店さんでオカッパリミーティングです!
b0177760_2243556.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2016-11-11 22:06 | お気に入り

中層フワフワ

今の淀川で数釣りに欠かせない『Smile worm Daddy』

b0177760_0521369.jpg

別に数釣り用のワームってワケではないんですが、
魚の多い場所でコレだけ投げとけば、とりあえずバスは釣れます。

スピニングタックルを使ったネコリグでボトムを舐めるようにズル引きして
ステイで喰わせるんですが、基本的にボトムを釣る釣り方なので、
何となくバスが浮いてるかなぁと感じた時は『kemkem』をフワフワさせて中層を釣ります。

ワンドや狭い範囲のスポットを釣る時は『kemkem』『WILD kemkem』等がいいですが、
本流エリアの例えばテトラ周りの魚を浮かして釣る時には私はコレを使います。


b0177760_1252631.jpg

『Sui-Sui kemkem』

キャタピララバーで水噛みが良いので中層スイミングに向いています。

トレーラーは『Redbee』が私のオススメ。

『kemkem』や『WILD kemkem』よりも
シルエットのボリューム感がある『Sui-Sui kemkem』には
『Redbee』がちょうど良く収まります。

『Sui-Sui kemkem』と『Redbee』のマッチ感は見ているだけで釣れそうです♪


b0177760_1524439.jpg

ボトムで喰わない時に中層をフワフワさせてやると
あっさり喰ってくることがあるのでぜひ試してみてください。


ではまた。



11月3日はフィッシングエイト3さんでY.B.Fミーティング
b0177760_920288.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2016-10-30 01:56 | お気に入り
以前のブログで紹介した『wobble shad 3"(Nnja 3")』のジグヘッドワッキー。

b0177760_1244797.jpg

セッティングが上手く決まると水中を滑るようにフォールしていきます。
(スライドフォールの動画はコチラからご覧ください)


九州のNOIKEフリークの方が発見したリグで、面白いので紹介させてもらったんですが、
セッティング結構シビアで決まらないと単なるスパイラルフォールになってしまいます。

ベストセッティングの問い合わせが多いっていう話を
考案者の方にしてみたところ、彼のブログで詳しく書いてくれました。

b0177760_1422336.jpg

キモはリマリックベントのジグヘッドを使うことだそうです。

『kemkem head』の場合、
#3サイズのkemkem head(普通のkemkem head)は向いていますが、
#2サイズはラウンドゲイプなのでこのリグには向かないそうです。

キーパー部分をカットして使うとのことですが、
彼のブログで詳しく書いてくれているのでコチラからご覧ください。


こうやって色んなリグで試行錯誤して
ワームのポテンシャルを引き出していくのって面白いですね。

私もブログで紹介していないリグがいくつかあるので
いずれまた詳しく書いてみようかと思います。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-09-28 02:12 | お気に入り

Basser No.299

今月号の『Basser』

b0177760_002937.jpg

特集は『スモラバなんて!! 大嫌い!!』。


皆さんスモラバ嫌いですか?

どうしてもスローな釣りになってしまうルアーなので
魚を探しながら釣っていくのにはあまり向かないですが、
居場所が絞り込めていれば喰わせの能力はピカイチです。

淀川だと城北ワンドに代表される各ワンドで使う印象が強いですが、
使い方によっては本流で使ってもデカイのが釣れます


昔、『kemkem』が初めてリリースされた時、
淀川本流のテトラ帯で使って1時間で20匹以上釣った経験があります。

あの当時は「みんながkemkemを使ったら淀川のバスが全部釣られてしまう!」って
真剣に思ってました・・・。

要はバスの居るポイントが絞り込めている状況で使ってこそ
効果を発揮するルアーってことですね。



バスの居るポイントといえば、
先日発売された『淀川大明解MAP』を元にした
実釣取材も載ってます。

b0177760_0592321.jpg

この記事で個人的にツボだったのが冒頭の竹内のコメント。

「それ言っちゃいますか!」っていう内容のコメントで
ちょっと面白いので是非読んでみてください。



今月号はスモラバ特集ということで
『強化新型kemkem』もちょこっと載ってます。

b0177760_115240.jpg

基本的に雑誌広告を打たないNOIKE商品が
誌面に取り上げられることは結構レアだったりします。



そんな感じで珍しくNOIKEが少し載っているBasser No.299。

No.299ってことは次は記念すべき300号ってことですね!!!


ちなみに私は『No.32』からの愛読者です。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-09-27 01:12 | お気に入り

向かい風の男

発売中の『淀川大明解MAP』

色んな釣具店で話を聞きますが、おかげさまで好評とのこと。

淀川近辺のお店では入荷してすぐに完売して
追加発注していただいているお店も多いようです。

ありがとうございます!!




そんな『淀川大明解MAP』に載っている写真の中で
特に私がお気に入りな最終ページのこの写真。

b0177760_0482191.jpg

向かい風の中、釣りをする男。




b0177760_0581847.jpg

さて、誰でしょう?







正解はまさかのこの人


ちなみに撮影したのは私です。



ではまた。




フィッシングMAX芦屋店さんでのY.B.Fミーティングまであと3日!
b0177760_171718.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2016-09-01 01:09 | お気に入り

CB-200

昨日のブログで生野銀山湖の事を少し書いたら急に懐かしくなってきて、
当時よく使ってたルアーとか眺めていたら深夜になってしまいました。


あくまで個人的な思い入れの話ですが、
生野銀山湖と聞いて私が真っ先に思い出すのがこのルアー。

b0177760_0221367.jpg

LUCKY CRAFT社の『CB-200』


今から20年以上も前の話ですが、
当時の生野銀山湖でこのクランクを使って
爆釣した経験があります。

岸際にキャストして立ち木に絡めて巻いてくるだけなんですが、
今まで体験した事がないくらいボッコボコに釣れたんです。

立ち木という立ち木をランガンして、ひたすら釣りまくりました。

立ち木を抜けた瞬間の
ここぞっていう場所で喰ってくるあの感覚は
今でも忘れられないです。



b0177760_043296.jpg

特に良く釣れていたのがこのカラー。

他の色でも釣れましたが、この色は群を抜いて良く釣れたので
私の中では特に思い入れのあるカラーです。

その日のコンディションにうまくマッチしていたんでしょうね。



しばらく行っていない生野銀山湖ですが、
あの湖の独特の雰囲気は結構好きなので
機会があればまた行ってみたいですね。

さすがにクランクで爆釣っていうのは
今はちょっと難しいかもしれませんが・・・。


今、生野銀山湖に行くんだったら
やっぱり『wobble shad 2"』ですかね。

先日は若手が3位に入賞しましたが、今年のJB生野銀山湖 第1戦
NOIKEスタッフの八田プロが『wobble shad 2"』で優勝しています。

今の生野銀山湖のフィールド状況なら
オススメは間違いなく『wobble shad 2"』ですね。

だけど『CB-200』も意外に侮れないかもしれませんよ。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-07-20 01:44 | お気に入り