NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:お気に入り( 236 )

ジワジワきます・・・

淀川オカッパリの必需品『kemnpa』

b0177760_21204332.jpg

ノーシンカーリグ、ネイルリグ、ジグヘッドリグはもちろんのこと、
『TEXAS kemkem』や小型のチャターベイトなんかのトレーラーにも相性バツグン、
使い手の工夫次第で色んなリグに対応できる万能ワームです。


そんな『kemnpa』をこよなく愛するのがこの人。


b0177760_2125740.jpg

サムライ魚釣倶楽部の部長、デラックス★前田店長

ここのところ連日のように城北ワンドに出掛けては『kemnpa』で釣ってます。

ちなみに前田店長が淀川で『kemnpa』以外を使うことは
殆どないと言っていいくらい『kemnpa』を溺愛してくれています。


城北ワンドで『kemnpa』を使う場合、
ノーシンカーリグかネイルリグが基本になってくるんですが、
最近はアクションをさせずにボトムでステイさせていないと
喰ってこないそうです。

季節が進むに従って水温も下がってきているので
そういう釣りが効く時期になってきたなぁという印象ですね。


ちなみにボトムでステイさせてないと喰わない時っていうのは
ワームのマテリアルの差がモロに釣果に反映されます。

同じようなタイプのワームでもボトムで放置した時に喰うか喰わないかをバスが決めるのは
マテリアルが醸し出す存在感やニオイによるところが大きいと思います。

BITEGUTSシリーズのマテリアルの良さが最も発揮されやすいのが
このようなバスがセレクティブになっている状態です。



それにしても連日Facebookに上がってくる前田店長の釣果写真、
個人的にかなりツボです。

b0177760_2158212.jpg

ジワジワきます・・・。


ではまた。




明日は、ブンブン京都伏見店さんでオカッパリミーティングです!
b0177760_2243556.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2016-11-11 22:06 | お気に入り

中層フワフワ

今の淀川で数釣りに欠かせない『Smile worm Daddy』

b0177760_0521369.jpg

別に数釣り用のワームってワケではないんですが、
魚の多い場所でコレだけ投げとけば、とりあえずバスは釣れます。

スピニングタックルを使ったネコリグでボトムを舐めるようにズル引きして
ステイで喰わせるんですが、基本的にボトムを釣る釣り方なので、
何となくバスが浮いてるかなぁと感じた時は『kemkem』をフワフワさせて中層を釣ります。

ワンドや狭い範囲のスポットを釣る時は『kemkem』『WILD kemkem』等がいいですが、
本流エリアの例えばテトラ周りの魚を浮かして釣る時には私はコレを使います。


b0177760_1252631.jpg

『Sui-Sui kemkem』

キャタピララバーで水噛みが良いので中層スイミングに向いています。

トレーラーは『Redbee』が私のオススメ。

『kemkem』や『WILD kemkem』よりも
シルエットのボリューム感がある『Sui-Sui kemkem』には
『Redbee』がちょうど良く収まります。

『Sui-Sui kemkem』と『Redbee』のマッチ感は見ているだけで釣れそうです♪


b0177760_1524439.jpg

ボトムで喰わない時に中層をフワフワさせてやると
あっさり喰ってくることがあるのでぜひ試してみてください。


ではまた。



11月3日はフィッシングエイト3さんでY.B.Fミーティング
b0177760_920288.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2016-10-30 01:56 | お気に入り
以前のブログで紹介した『wobble shad 3"(Nnja 3")』のジグヘッドワッキー。

b0177760_1244797.jpg

セッティングが上手く決まると水中を滑るようにフォールしていきます。
(スライドフォールの動画はコチラからご覧ください)


九州のNOIKEフリークの方が発見したリグで、面白いので紹介させてもらったんですが、
セッティング結構シビアで決まらないと単なるスパイラルフォールになってしまいます。

ベストセッティングの問い合わせが多いっていう話を
考案者の方にしてみたところ、彼のブログで詳しく書いてくれました。

b0177760_1422336.jpg

キモはリマリックベントのジグヘッドを使うことだそうです。

『kemkem head』の場合、
#3サイズのkemkem head(普通のkemkem head)は向いていますが、
#2サイズはラウンドゲイプなのでこのリグには向かないそうです。

キーパー部分をカットして使うとのことですが、
彼のブログで詳しく書いてくれているのでコチラからご覧ください。


こうやって色んなリグで試行錯誤して
ワームのポテンシャルを引き出していくのって面白いですね。

私もブログで紹介していないリグがいくつかあるので
いずれまた詳しく書いてみようかと思います。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-09-28 02:12 | お気に入り

Basser No.299

今月号の『Basser』

b0177760_002937.jpg

特集は『スモラバなんて!! 大嫌い!!』。


皆さんスモラバ嫌いですか?

どうしてもスローな釣りになってしまうルアーなので
魚を探しながら釣っていくのにはあまり向かないですが、
居場所が絞り込めていれば喰わせの能力はピカイチです。

淀川だと城北ワンドに代表される各ワンドで使う印象が強いですが、
使い方によっては本流で使ってもデカイのが釣れます


昔、『kemkem』が初めてリリースされた時、
淀川本流のテトラ帯で使って1時間で20匹以上釣った経験があります。

あの当時は「みんながkemkemを使ったら淀川のバスが全部釣られてしまう!」って
真剣に思ってました・・・。

要はバスの居るポイントが絞り込めている状況で使ってこそ
効果を発揮するルアーってことですね。



バスの居るポイントといえば、
先日発売された『淀川大明解MAP』を元にした
実釣取材も載ってます。

b0177760_0592321.jpg

この記事で個人的にツボだったのが冒頭の竹内のコメント。

「それ言っちゃいますか!」っていう内容のコメントで
ちょっと面白いので是非読んでみてください。



今月号はスモラバ特集ということで
『強化新型kemkem』もちょこっと載ってます。

b0177760_115240.jpg

基本的に雑誌広告を打たないNOIKE商品が
誌面に取り上げられることは結構レアだったりします。



そんな感じで珍しくNOIKEが少し載っているBasser No.299。

No.299ってことは次は記念すべき300号ってことですね!!!


ちなみに私は『No.32』からの愛読者です。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-09-27 01:12 | お気に入り

向かい風の男

発売中の『淀川大明解MAP』

色んな釣具店で話を聞きますが、おかげさまで好評とのこと。

淀川近辺のお店では入荷してすぐに完売して
追加発注していただいているお店も多いようです。

ありがとうございます!!




そんな『淀川大明解MAP』に載っている写真の中で
特に私がお気に入りな最終ページのこの写真。

b0177760_0482191.jpg

向かい風の中、釣りをする男。




b0177760_0581847.jpg

さて、誰でしょう?







正解はまさかのこの人


ちなみに撮影したのは私です。



ではまた。




フィッシングMAX芦屋店さんでのY.B.Fミーティングまであと3日!
b0177760_171718.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2016-09-01 01:09 | お気に入り

CB-200

昨日のブログで生野銀山湖の事を少し書いたら急に懐かしくなってきて、
当時よく使ってたルアーとか眺めていたら深夜になってしまいました。


あくまで個人的な思い入れの話ですが、
生野銀山湖と聞いて私が真っ先に思い出すのがこのルアー。

b0177760_0221367.jpg

LUCKY CRAFT社の『CB-200』


今から20年以上も前の話ですが、
当時の生野銀山湖でこのクランクを使って
爆釣した経験があります。

岸際にキャストして立ち木に絡めて巻いてくるだけなんですが、
今まで体験した事がないくらいボッコボコに釣れたんです。

立ち木という立ち木をランガンして、ひたすら釣りまくりました。

立ち木を抜けた瞬間の
ここぞっていう場所で喰ってくるあの感覚は
今でも忘れられないです。



b0177760_043296.jpg

特に良く釣れていたのがこのカラー。

他の色でも釣れましたが、この色は群を抜いて良く釣れたので
私の中では特に思い入れのあるカラーです。

その日のコンディションにうまくマッチしていたんでしょうね。



しばらく行っていない生野銀山湖ですが、
あの湖の独特の雰囲気は結構好きなので
機会があればまた行ってみたいですね。

さすがにクランクで爆釣っていうのは
今はちょっと難しいかもしれませんが・・・。


今、生野銀山湖に行くんだったら
やっぱり『wobble shad 2"』ですかね。

先日は若手が3位に入賞しましたが、今年のJB生野銀山湖 第1戦
NOIKEスタッフの八田プロが『wobble shad 2"』で優勝しています。

今の生野銀山湖のフィールド状況なら
オススメは間違いなく『wobble shad 2"』ですね。

だけど『CB-200』も意外に侮れないかもしれませんよ。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-07-20 01:44 | お気に入り

ザリガニの季節

今日の大阪は朝からザーザーの雨です。

仕事上がりに夜のライトゲームに行こうと目論んでるんですが、
雨の海釣りはイマイチ気分が乗りません。

バス釣りだと今の時期は雨の方が釣れる気がして
むしろテンションが上がるんですが、海釣りって雨の日はどうなんですかね?

夜までに雨がやむことを祈ります。



というワケで、話は変わって最近追加生産したワームのご紹介。

b0177760_1450513.jpg

『Mighty Mama!!』#103 ダークレッド

BITEGUTSシリーズの中でも
安定釣果で人気の高い『#103 ダークレッド』。

このカラーの『Mighty Mama!!』は長い間欠品していたので
店頭で見かけることも少なかったと思いますが、
満を持してのタイミングで追加生産しました。



b0177760_15552996.jpg

『Mighty Mama!!』のダークレッドはまさにザリガニそのもののカラー。

もちろん釣果も折り紙付きです。



ところでこういうクロー系のワームって
春に使う人が多いと思うんですが、私は年中使います。

子供の頃は学校から帰ったら毎日ザリガニ獲りしてましたが、
今ぐらいの時期から秋口までは沢山獲れたような記憶があります。

なので、個人的な思い入れとしては夏のクロー系ワームは全然アリ。


淀川でもアフター回復のこの時期のバスは
ザリガニやテナガエビ等の甲殻類がメインベイトになっているので
是非使ってみてください。

詳しくはY.B.F REPORTのvol.19にも載ってます。

b0177760_15555631.jpg



『Mighty Mama!!』を使うなら、リップラップやテトラ周りがオススメ。

『Mighty Mama!!』特有の何度も喰い直すガツガツバイトを味わったら
きっとヤミツキになりますよ。



ブログ書いてたらいつの間にか雨がやんでました。

夜のライトゲーム、決行できそうです。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-06-19 15:59 | お気に入り
最近親しくさせていただいている九州のNOIKEフリークの方から
こんなリグを教えていただきました。


b0177760_0273539.jpg

『wobble shad Ninja 3"』のジグヘッドワッキー。

ジグヘッドワッキー自体は目新しいリグではないですが、
『wobble shad Ninja 3"』を使うことで面白いアクションが出せるそうです。



b0177760_030394.jpg

こんな感じでリグるそうなんですが、
ジグヘッドを刺す位置と刺し方が重要みたいです。

刺す位置は画像を見ていただくとして、
刺し方は少し浅めに刺すのがいいみたいですね。



b0177760_0355241.jpg

セッティングが上手く決まると
水中を滑るようにフォールしていくようです。

淀川だったら橋脚周りなどの
水深のある縦ストラクチャーとかで効きそうですね。


実際の動画を見たい方はコチラから。

わざわざ動画まで作って紹介していただいて
本当にありがとうございます!


私も近々試してみようと思います。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-06-03 00:55 | お気に入り

ザクっぽいライト

最近ハマっている海のライトゲーム用に
ヘッドライトを購入しました。
b0177760_0312540.jpg

ZEXUS ZX-320“SAFARI”

どことなくザクっぽい感じがお気に入り♪



b0177760_0441634.jpg

こういうコードの部分とかまさにザクって感じですね。



説明するまでもないと思いますが、
ザクってもちろんこのザクのことです。

b0177760_059364.jpg

わざわざ画像を添付して説明するまでもないですね・・・。




b0177760_153984.jpg

こうして見るとまさにザクのモノアイって感じがして
ガンダム世代の私にはたまらないデザインです。




b0177760_1102199.jpg

うぉっ、眩しい!!


これで夜のライトゲームも快適に釣りができます。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-05-05 01:20 | お気に入り

Sui-Sui Rubberで巻いてます

時間を見つけてコツコツ巻いてる自作のkemkem。


最近のマイブームはコレを使ったkemkemです。

b0177760_1304555.jpg

『Sui-Sui Rubber』


『Caterpillar Rubber』と『Fresh Rubber』を混ぜ合わせた
自作でkemkemを作るためのアイテムですが、これを使ってkemkemを作ると
製品版の『WILD kemkem』『Sui-Sui kemkem』の中間ぐらいのアピール度の
製品版にないkemkemをオリジナルで作ることができます。



b0177760_144438.jpg

『Caterpillar Rubber』のイガイガ感が
どことなくザリガニっぽくてイイ感じです♪

もちろんジグヘッドは『kemkem head』を使ってます。


スモラバってスカートの巻き方以前に用途に合わせたジグヘッド選びが最も重要。

今回はSEITEN『MC-63UL』を使ったベイトフィネスの釣りで使いたいので
ジグヘッドは『kemkem head #2』を使用しました。



b0177760_205880.jpg

ちなみにトレーラーは『kemkem Shad』『Yabby』
テールカットチューンを施した『WILD Goby』なんかを使います。


早春のバスって動きもまだ鈍いし、吸い込む力も弱いことが多いので、
魚の居場所さえ絞り込めていればこういったスモラバの釣りがハマることって
往々にしてあると思います。


吸い込みやすいコンパクトサイズでありながら
程良いボリュームがあるkemkemを使ったフィネスな釣り。

先週釣れた場所で今週は釣れないっていう時に
是非試してもらいたいです。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-17 02:24 | お気に入り