NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2016年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新製品の受注

明日は問屋さんの受注会。

b0177760_033238.jpg

新製品を受注します。



今回受注する新製品の一つはコレ。

b0177760_053213.jpg

『wobble shad Ninja 4"』


作っては直し、作っては直しのテストを繰り返し
ようやく受注できるところまで漕ぎ着けました!

wobble shad Ninjaシリーズも現在発売中の3インチ、
間もなくリリースになる2インチ、そして満を持しての4インチの登場で
サイズラインナップが揃いつつあります。

シリーズ共通の『ストロングウォブルアクション』は
4インチサイズになることでさらに拡大。

水中での実際の動きはコチラの動画をご覧ください。


ちなみに今回の『Ninja 4"』で
始めてラインナップに加わるカラーが2色あります。

分かりますか?




そしてもう一つの新製品はこちら。

b0177760_0261490.jpg

『Dorop Shot SLIM』

追加ウエイトで14gと18gをリリースします。

だけど単純な追加ウエイトではなく、
ヘビーデューティ仕様でラインナップに加えます。



一体何がヘビーデューティ仕様なのか・・・?






詳しくはまた次回。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-29 23:34 | NOIKEの仕事

ガシラとタケノコメバル

昨日も夜な夜な発売前の『wobble shad Ninja 2"』を持って海へ出撃です。

バスタックルでも気軽に始められる海のライトゲーム。
最近ちょっとハマってます。


先日はタケノコメバルの入れ喰いでしたが、
違う魚も釣りたいので今回は少し場所を変えてみました。

b0177760_1312785.jpg

ここではガシラ(カサゴ)の入れ喰いでした。

ただゆっくり巻いてるだけでジャンジャカ釣れます♪

ちなみに『wobble shad Ninja 2"』はブラックバス用に開発したワームです。



ひとしきり釣ったので前回の場所に行ってみると・・・


b0177760_13164342.jpg

やっぱりタケノコメバルです。

ここでもやっぱりNinja 2"のタダ巻きで入れ喰いでした♪

クドいようですが『wobble shad Ninja 2"』はブラックバス用に開発したワームです。



ガシラとタケノコメバルは似たようなカタチの魚ですが
こうして見比べると全然違いますね。

ラージマウスバスとスモールマウスバスの違いって感じでしょうか?

どっちもカタチが怪獣っぽくてカッコイイので大好きな魚です。


怪獣っぽいカタチというか、マッチョな感じのカタチというか、
自分の琴線に触れる魚のカタチってどこか共通したものがあります。

スラっとしたカタチの魚もスマートな感じでイイんですが、
あまり釣りたいと思わないのは何故なんだろう?

おそらく自分の体型からくるコンプレックスじゃないかと思います・・・。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-28 14:21 | 釣りの事
そう言えば世間では3連休だったんですね。

西日本釣り博に出展したりしていたのですっかり忘れていましたが、
3連休の最終日は休みが取れたので久しぶりに淀川でオカッパリしてみました。
といっても、釣り博で疲れ過ぎて昼過ぎまで寝ていましたが・・・


b0177760_0294658.jpg

とりあえずここ最近のビッグフィッシュパターンである
水深のある岸際のカバーを『TEXAS kemkem』+『Donkey BOO』で撃ってみましたが
減水の影響からなのか反応がありません。


そこで『強化新型kemkem』+『wobble shad Ninja 3"』にチェンジして
この時期安定釣果が見込めるリップラップを探ってみるとあっさり答えが出ました。


b0177760_0383779.jpg

しばらく見ないうちに淀川のバスは形が変わったようです・・・。



というワケで淀川は早々に切り上げて海へ向かいました。




間もなくリリースになる『wobble shad Ninja 2"』

バス用に開発したワームですが、
海のライトゲームでも使えないことはないハズ。


BITEGUTSシリーズのワームは徹底的にマテリアルに拘って作っているので
Ninja 2"はライトゲームでもボッコボコに釣れるんでは?

そんな淡い期待を持って海に向かいましたが、
答えは3投目で返ってきました。


b0177760_0544894.jpg

ちょっと目つきの悪いお魚です。



b0177760_0555886.jpg

つぶらな瞳のお魚も釣れます。

最初はガシラ(カサゴ)かと思っていましたが
調べてみるとタケノコメバルのようです。
ガシラにしては黒っぽいなぁと思っていたんですよねぇ。



b0177760_144283.jpg

この日は『#49 バブルガム』が特に反応が良かったです。

海ってやっぱりこういう感じのカラーがイイんですかね?



b0177760_1163743.jpg

チビッコサイズも懸命にアタックしてきます。

大きなサイズは釣れませんでしたが
バスでは久しく味わってなかった「入れ喰い」を堪能できました♪


『wobble shad Ninja 2"』は海のライトゲームでも爆釣!

バスだけじゃなく海で使うのもアリアリです。

楽しすぎて深夜まで釣りしてしまいました・・・。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-23 01:29 | 釣りの事

西日本釣り博 2016

土曜と日曜に小倉で開催された西日本釣り博。

b0177760_2332873.jpg




NOIKEブースにお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

b0177760_239564.jpg




初日にNOIKEブースで『wobble shad Ninja 3"』を
ご購入いただいたお客様から釣果報告をいただきました。

b0177760_237643.jpg

早速イイのが釣れてますねぇ♪


様々なリグに対応可能なワームなので、
使い込んで持ち駒の一つに加えていただければと思います。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-21 03:03 | NOIKEの仕事

Sui-Sui Rubberで巻いてます

時間を見つけてコツコツ巻いてる自作のkemkem。


最近のマイブームはコレを使ったkemkemです。

b0177760_1304555.jpg

『Sui-Sui Rubber』


『Caterpillar Rubber』と『Fresh Rubber』を混ぜ合わせた
自作でkemkemを作るためのアイテムですが、これを使ってkemkemを作ると
製品版の『WILD kemkem』『Sui-Sui kemkem』の中間ぐらいのアピール度の
製品版にないkemkemをオリジナルで作ることができます。



b0177760_144438.jpg

『Caterpillar Rubber』のイガイガ感が
どことなくザリガニっぽくてイイ感じです♪

もちろんジグヘッドは『kemkem head』を使ってます。


スモラバってスカートの巻き方以前に用途に合わせたジグヘッド選びが最も重要。

今回はSEITEN『MC-63UL』を使ったベイトフィネスの釣りで使いたいので
ジグヘッドは『kemkem head #2』を使用しました。



b0177760_205880.jpg

ちなみにトレーラーは『kemkem Shad』『Yabby』
テールカットチューンを施した『WILD Goby』なんかを使います。


早春のバスって動きもまだ鈍いし、吸い込む力も弱いことが多いので、
魚の居場所さえ絞り込めていればこういったスモラバの釣りがハマることって
往々にしてあると思います。


吸い込みやすいコンパクトサイズでありながら
程良いボリュームがあるkemkemを使ったフィネスな釣り。

先週釣れた場所で今週は釣れないっていう時に
是非試してもらいたいです。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-17 02:24 | お気に入り

レッドフレークミノー

工場から『wobble shad Ninja 3"』が上がってきました。

b0177760_1537512.jpg

通常カラーではなく数量限定のカラーです。



b0177760_15381076.jpg

#140 『Red FK Minnow』

通常カラーを作っている段階で試していたテストカラー。

他のカラーとの兼ね合いもあってラインナップに加えなかったんですが、
良いカラーなのでボツにするのも勿体なくて数量限定で作りました。



b0177760_15434541.jpg

べリー部分の赤ラメが特徴の小魚っぽいカラーです。


来週開催の西日本釣り博でも販売しますが
数に限りがあるので売り切れの場合はご了承ください。

来週末は西日本釣り博の会場でお待ちしています。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-12 16:02 | NOIKEの仕事
毎年この時期になると淀川で爆発するリグ。

b0177760_0424086.jpg

『TEXAS kemkem』『Donkey BOO』のコンビ。

『TUNGSTEN Bullet Sinker』の1.8gを増設して使うっていうのがミソです。


どういった状態のバスをどのような場所で狙うかっていうのは
こちらのブログを参考にしていただくとして、
このリグの作り方について詳しく説明してみようと思います。
詳しく説明っていってもスゴく簡単なんですが・・・



用意するのはこの4点。

b0177760_116950.jpg

左から、『Trap Hook』の#1、『Sinker Stopper』のMサイズ、
『TEXAS kemkem』の3.5g、『TUNGSTEN Bullet Sinker』の1.8g。



b0177760_1203960.jpg
これらをこんな順番でラインに通していきます。




b0177760_1214311.jpg
そして合体。 以上です。



何故このリグがこの時期の淀川で効果を発揮するかというと、
シャローに上がった早春のバスは暖かくなったとはいえ
動きはまだまだスローであることが多いです。

そのためバイトに持ち込むまでの“間”が重要になってくるんですが、
カバーに絡めて誘うことができてスリ抜けの良い『TEXAS kemkem』が
カバーの中で“間”を作り出すために効果的。

普通のテキサスリグではなく、
スカート付きの『TEXAS kemkem』ってところに意味があります。

カバーの中で『TEXAS kemkem』のスカートが
ファ〜っとフレアしているところをイメージしてみてください・・・。

もう釣れましたね!


b0177760_1534991.jpg

比較的水深のあるバンクのカバーを狙うので
『TUNGSTEN Bullet Sinker』の1.8gを増設します。
流れが強い時は2.7gにすることも。

ただでさえスリ抜けの良い『TEXAS kemkem』のアタマに
ワンサイズ小さいバレットシンカーを付けることで先細り形状になり
カバーに対してのスリ抜けの良さにさらに磨きがかかります。



使うワームはスリ抜けが良く、アピール度の高い『Donkey BOO』。

b0177760_2214673.jpg

淀川のカバー攻略には欠かせないワームです。

パーツをたたんでカバーにスルリと侵入しつつ、
フラップとヒゲのナチュラルなアクションでアピールします。


この釣りにはSEITEN『C-611MH』がベストマッチ。

カバーから引っ張り出すのでフロロカーボンラインの14lbか16lbを使います。

b0177760_19444727.jpg

淀川のカバーといったら勿論このラインです。


早春の淀川で毎年好釣果を叩き出すこのリグ。

淀川以外の釣り場でも条件が揃えば
効果を発揮するので是非お試しください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-11 02:34 | お気に入り

ミッション4日目

昨日は淀川に浮かんできました。

b0177760_3525651.jpg

ミッションの日です。


これで4回目のミッション。

しかしなかなか上達しません・・・。


一部のNOIKEスタッフからはかなり揶揄されますが、
甘んじて受け入れるしかないです・・・。


ミッションに付き合ってくれているパートナーのためにも
練習あるのみです。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-07 04:31 | 釣りの事

べイトフィネスな2本

今日も日中はすごく暖かい大阪。

釣りに行きたくてウズウズしてますが、私はガッツリ仕事です・・・。

今日は良い釣果が出てるんでしょうね。



最近使う頻度が少なくなりましたが、時々無性に使いたくなる2本のロッド。

b0177760_16411912.jpg

SEITEN『MC-64L』『MC-63UL』


今では一般的になったマイクロガイドシステムをいち早く搭載した2機種。

いわゆるベイトフィネスロッドです。


べイトフィネスの定義って今でも何となく曖昧な印象があるんですが、
個人的にはSEITENシリーズの中ではこの2機種がベイトフィネスロッドだと思っています。


『MC-64L』は5g〜7gのスモールプラグを使った釣りで良く使います。

『MC-63UL』は『Smile worm Daddy』のネコリグや
『WILD kemkem』などのスモラバの釣りがメイン。

オリジナルの『kemkem』はスピニングタックルでの使用を前提としたジグフックなので
ベイトタックルでの使用には不向き。『WILD kemkem』もスピニングでの使用がメインですが、
一番手太い線径のジグフックを使用しているのでULクラスのベイトフィネスロッドであれば
上手くやり取りすれば何とか使えなくもないですね。


基本的に淀川本流での釣りが多いのでこの2本の出番は最近少ないですが、
淀川の各ワンドや野池での釣りがメインの方には応用範囲の広い便利なロッドです。

この2本は魚を掛けてからのやり取りがメチャクチャ楽しいんですよねぇ。


気が向いた時にいつでも使えるように
メンテナンスだけはいつもしっかりやってます。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-05 17:29 | お気に入り

ニンジャキャップ

『wobble shad Ninja』のキャップを作ってみました。

b0177760_20493915.jpg

ブラックとネイビーの2色。




b0177760_20471780.jpg

いつもの発砲プリントでモコモコしています。


今まで『Mighty Mama!!』とか『Donkey BOO』とかの
キャップやTシャツを作って欲しいという声はあったんですが、
ブランドロゴのキャップならいざ知らず、
ワームのキャップって受け入れてもらえるんかなぁという思いがありました。

でも、BITEGUTSシリーズのラインナップの一つという位置づけから
個々のワームがキャラ立ちして一人歩きするようになったら
それはそれで面白いような感じがします。

というワケで、今回試しに作ってみました。


好評なら他のグッズに展開したり、
他のアイテムでも作るかもしれません。

まずは今月開催される西日本釣り博で限定販売します。

もしかしたらレアアイテムになるかもしれないので
気になる方はぜひ手に入れてください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-04 21:35 | WaterLettuceの仕事