NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー

<   2016年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

濁ってます

昨日は走る日でした。

b0177760_1552196.jpg

朝から張り切って走ります!




b0177760_157144.jpg

淀川は前日の雨の影響でかなりの濁りが入ってます。




b0177760_1575194.jpg

車を降りてちょっと見に行ってみました。




b0177760_234870.jpg

マッチャッチャです・・・。


一見釣れなさそうですが、
濁りが少し回復したら釣れるようになります。




b0177760_294890.jpg

コイツの出番ですね。




b0177760_210332.jpg

このカラーの効果が分かると
濁りをネガティブに思わなくなります。

釣り方のキモは週末のY.B.Fミーティングでお伝えします。

ピッチングのキャスト精度はそれなりに必要です。


ではまた。



今週土曜日はフィッシングMAX芦屋店さんでY.B.Fミーティング
b0177760_216893.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2016-08-31 02:23 | NOIKEの仕事

改めて告知です!

今週末の9月3日(土)はフィッシングMAX芦屋店さん
Y.B.Fミーティングを開催します。

b0177760_0241071.jpg

基本的には現状の淀川の傾向と対策を店頭アドバイスする
いつものY.B.Fミーティングなんですが、
今回は『淀川大明解MAP』の発売イベントでもあるので
つり人社さんとの合同ミーティングでいつもよりちょっとスペシャルです。



b0177760_040138.jpg

というワケで、フィッシングMAX芦屋店さんに
ミーティングの打ち合わせに行ってきました。

ブラックバスのグラフィックがインパクト大です。

お店全体が巨大水槽のようにも見えますね。



b0177760_0431586.jpg

『淀川大明解MAP』も発売中。

売行きも好調のようで一安心です。



b0177760_046439.jpg

でも、ミーティング当日に購入すると特典があります。

ご購入はミーティング当日までお待ちくださいというワケにもいかないので
すでに購入された方は2冊目の購入をご検討いただければと・・・。

宜しくお願い致します!!!


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-30 01:21 | NOIKEの仕事
つり人社さんから『淀川大明解MAP』がついに発売になります!

b0177760_32111.jpg

琵琶湖や霞ヶ浦などのメジャーフィールドが取り上げられてきたこの大明解シリーズ。
河川のフィールドがこのシリーズで取り上げられたのは淀川が初めてになります。

ようやく淀川も全国的なメジャーフィールドの仲間入りといった感じでしょうか?



数年前まではハイプレッシャーフィールドで「釣れない川」と言われ続けてきた淀川。

b0177760_3464855.jpg

釣れないと言われるその淀川を徹底的に調べ上げ、
ビッグバスの釣り方を確立させたこの人の功績は大きいと思います。

まぁ、あまり持ち上げるのも手前味噌な感じになるのでこれぐらいにしときますが、
今まで誰もやらなかったことをやったという実績は価値あることです。



b0177760_3522931.jpg

竹内に色々と教わりながら淀川に通っていくうちに
他のNOIKEスタッフもビッグバスを狙える様になりました。

こんなサイズのバスがゴロゴロ居る河川は日本全国で淀川ぐらいだと思います。



b0177760_4152552.jpg

この本にはNOIKEスタッフが現在知りうる全てのポイント情報が載っています。

竹内はいつも「バス釣りはまず場所ありき」って口癖のように言うんですが、
どんなに釣れるルアーでもただ闇雲に投げてるだけでは魚は釣れません。

魚の居る場所にその状況で効果的なルアーを入れてやることで
はじめてバイトを得られます。

そのためには釣りをする場所の地形を知っていることは大前提。

巻末のシーズナルパターンと合わせて読み込んで
MAPに載っているポイントを上手く活用してください。

淀川近辺の釣具店のNOIKEコーナーにある『Y.B.F REPORT』には
現状の淀川の魚の動きや釣り方をさらに詳しく載せているので
こちらも合わせて見ていただければと思います。
(Y.B.F REPORTは定期的にお店で開催されるY.B.Fミーティングでも配布しています)


ここまで詳細な淀川のポイントMAPは過去になかったので
皆さんの淀川釣行に必ず役立つと思います。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-29 05:04 | NOIKEの仕事

Y.B.Fミーティング in 芦屋

明日は問屋さんの売り出しがあるので
ひとっ走り搬入に行ってきました。

b0177760_0272074.jpg


そしてサクッと搬入を済ませた後はフィッシングMAX芦屋店さんへ。

お店に入るとポスターが貼ってありました。


b0177760_2358745.jpg

フィッシングMAXさんでは初開催のY.B.Fミーティングです!




b0177760_062285.jpg

今回はいつものY.B.Fミーティングにプラスして
まもなくつり人社さんから発刊される『淀川大明解MAP』
発売記念イベントでもあります。




b0177760_0134495.jpg

というワケで、ご購入特典として
空くじ無しのスペシャルくじ引き特典があります!




b0177760_015396.jpg

9月3日(土)は皆様お誘い合わせの上、
フィッシングMAX芦屋店さんに是非お越しください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-25 00:26 | NOIKEの仕事
開発中の『wobble shad 7"』の試作サンプルが上がってきました。

b0177760_150917.jpg

前回のプロトタイプは『#139 モーターオイルゴールド』で上げましたが、
今回は最近リリースした4インチで初採用した『#27 レインボースモーク』

試作サンプルのカラーでも完成に向けての様々な検証を行っています。



b0177760_1571093.jpg

4インチと比べてもその大きさの差は歴然。

これほどのジャイアントサイズでありながらも
専用ロッドを必要とせずに軽快なキャストが可能です。

ちなみに私達はミディアムヘビークラスの
『SEITEN C-611MH』をメインに使ってテストをしています。



早速竹内と2人でスイムテスト。

b0177760_291396.jpg

ボディ形状とテールの大きさに若干の変更を施しましたが、
前回サンプルと比較して格段にブラッシュアップされました。

前回サンプルでもかなりパンチのあるウォブリングアクションでしたが、
さらに2〜3割増のハイパワーウォブリング。

クランクベイトの様な硬い動きのウォブリングではなく、
どことなくなめらかというか、やわらかというか、
角の取れた感じのウォブリングなんですが、その動きはかなり激しく強いです。

例えるなら水の中を大きな団扇で強く扇いでいる様な感じですかね。

ワーム素材の良さを活かしたジャイアントサイズの
シャッドテールワームに仕上がりつつあります。


今日は泳ぎの確認だけのテストでしたが
さらに色んな条件で使い込んで改善点を洗い出します。

個人的には殆ど完成といっても問題ないぐらいの
動きが出ているように思うんですが・・・。


完成が待ち遠しいアイテムがまた一つ増えました。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-24 03:00 | NOIKEの仕事

まもなく発売!

つり人社さんから発売される『淀川大明解MAP』

b0177760_039473.jpg

いよいよ8月29日発売です!


全域の魚探掛けから始まって、各エリアの解説文やシーズナルパターンの解説、
あげくの果てにはポイント写真のキャプションに至るまで
淀川大堰より上流のエリアに関しては、ほぼ竹内が一人で原稿を書いてます。

おかげでNOIKEの業務にかなりのシワ寄せがあったことは言うまでもありません・・・。



そんなこんなでようやく発売になる淀川大明解MAPですが、
個人的にちょっとツボなのが、ビッグフィッシュの実績ポイントマーク。

おそらく皆さんが最も注目するであろうビッグフィッシュの実績ポイントですが、
このマークを入れることを竹内は当初反対していました。

実績ポイントを公開したくないというような理由ではなくて、
別の理由でマークを入れることを反対していたんです。


最終的にはある程度厳選してマークを入れることになりましたが、
ご購入された方には何故マークを入れることに竹内が反対したのか
その理由を考えてみると面白いかと思います。

ヒントは下流域です。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-19 01:41 | NOIKEの仕事
前回に引き続き『wobble shad 4"』のカラーのお話。

今日は先行リリースされた6色のうちの
ツートンカラーの2色を紹介します。


b0177760_23232126.jpg

『#134 ワカサギ』

ワカサギカラーって解釈の幅が広いというか
同じワカサギカラーでもメーカーによって色味が大きく違いますが、
NOIKE的なワカサギカラーはコレ。

画像ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、
背中にうっすらとパープルパールが入っているのが個人的にはお気に入り。


ちなみに『wobble shad 2"』にもワカサギというカラーがありますが、
2インチの方は単色のカラーとなっています。

2インチのワカサギは3インチのワカサギの
背中側のカラーを少し淡くしたようなカラー。

ツートンのワカサギが『#134』、単色のワカサギが『#46』。

ちょっとややこしいですが覚えてください・・・。




b0177760_042718.jpg

『#135 ライム/チャートリュース』

チャート系のカラーって関東の人はよく使うイメージがありますが、
関西の人は関東の人ほど好んで使わないような気がします。

ライムチャートは一般的にローライトコンディションで
効くカラーと言われていますが、
私は特に雨が降っている時に使って実績を上げています。

個人的な思い入れですが、何となくアマガエルっぽい色なので
雨が降ると使いたくなるんですよね。

昔からある実績カラーなので
関西の人も積極的に使っていただければと思います。



以上、2回に分けて『wobble shad 4"』の
先行リリース6色をご紹介しました。

残りのカラーに関しては工場から上がり次第
またご紹介させていただきます。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-18 00:36 | NOIKEの仕事
先日発売になった『wobble shad 4"』

全12色のカラーラインナップですが、
先にリリースしたのは単色4色とツートンカラー2色。

このブログでカラーをまだ紹介していなかったので、
今日は先行リリースされた6色のうち、単色の4色を紹介します。



まずはこのカラーから。
b0177760_0241668.jpg

『#01 グリーンパンプキン』


BITEGUTSシリーズのワーム全てにラインナップされているカラー。

今さら取り立てて説明するほどでもないメジャーなカラーですね。

個人的にはクリパン系のカラーは泳がして使うよりも
ボトムを意識した釣りをする時に使いたくなるカラーです。




b0177760_0372498.jpg

『#27 レインボースモーク』


『wobble shad 4"』で初めてラインナップに加わったカラー。

単色カラーの中では最もベイトフィッシュライクなカラーです。

スモークベースにブラックシードと
レインボーフレークを散りばめたカラーなんですが、
光の当たり方によってレインボーフレークが程良い感じで
チラチラと艶かしく輝きます。

魚に必要以上のプレッシャーをかけ過ぎないスモーク系のカラーは
オカッパリメインのアングラーにとっては重宝するカラーだと思います。




b0177760_0542929.jpg

『#54 ナイトバイオレット』


個人的に大注目のこのカラー。

このカラーも『wobble shad 4"』で初採用のカラーです。

ベースカラーは『Smile worm Mammy』などで人気のある
『#117 マッディグレープ』ですが、さらにブルーフレークと
極小のシルバーフレークを散りばめた銀河系カラー。

マッディグレープと同様に濁った水の色でも強いカラーですが、
名前の通りナイトゲームで使うのもアリです。



b0177760_134985.jpg

『#139 モーターオイルゴールド』


『Redbee』と『machobee』で取り入れたこのカラーですが、
wobble shad シリーズにも必ずラインナップされるカラーです。

見る角度や光の当たり方によってベース色の見え方が変わるこのカラー。

昔からある歴史の古いカラーですが最近は使う人が少ないような・・・。

今でも無くならずに残っているカラーということは
それだけ実績のあるカラーということなので、
食わず嫌いせずに使ってみることをオススメします。

色調変化の効果が出やすい
クリア〜ステイン系の水の色で使ってみてください。



以上が先行でリリースされている『wobble shad 4"』の単色カラー4色です。

先行リリースの6色のうちのツートンカラー2色は
また次回のブログでご紹介いたします。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-16 01:43 | NOIKEの仕事

波止場で短期決戦

木曜日から今日までの3日間はお盆休みをいただいていました。

といっても、のんびりしている時間はなく、
奥さんの実家や私の実家に帰ったりしていたら
アッという間に終わってしまいました・・・。

釣りに行く時間など到底作れません。


しかし、奥さんの実家が比較的海に近い場所にあるので、
ほんの少しだけ波止場に寄らせてもらいました。

b0177760_23224277.jpg

奥さんと子供には近くの木陰で休んでいただいて、私はサクっと釣りします。

二人に「もう帰ろう」と言われるのが先か、私が釣るのが先かの真剣勝負!

デイゲームでの短期決戦なので、
とりあえず魚がいる確率が最も高いスポットを狙います。


b0177760_23335362.jpg

テトラの穴撃ち。

比較的水深のあるシェード部分にキッチリ落としてやると
かなりの確率でバイトがあります。

いつも淀川でやってるテトラ撃ちと基本は同じですね。


波止場の釣りでの定番『wobble shad 2"』
ガシラ数匹と、ウミタナゴをサクっと釣って撤収。

実釣時間はわずか15分でした・・・。(釣れて良かった・・・)


b0177760_23401559.jpg

初めて釣った『ウミタナゴ』。

こんな小さな口なのにしっかりフッキングしていたのでビックリです。

魚種を選ばない安定釣果の『wobble shad 2"』でした。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-13 23:56 | 釣りの事

校正

『淀川大明解MAP』

スタッフのブログやFacebookなどでも紹介しているので
すでにご存知の方も多いと思いますが、
つり人社さんから8月29日に発売になる完全版の淀川マップです。


校正が上がってきたので手分けして文字の校正をしています。

b0177760_0405274.jpg

老眼のオッサンにはキツいこの作業。

目がショボショボしてきました・・・。



b0177760_042124.jpg

城北ワンドの校正はウッチャンが担当。

隅々までシッカリお願いします。



b0177760_0445637.jpg

All Copywriting by Mitsushiro Takeuchi.

エリアごとの解説はもちろんのこと、
シーズナルパターンやタックル紹介、細かなキャプションにいたるまで
淀川大堰より上流のエリアは全て竹内が書いています。
(汽水域のエリアとバス以外の魚種に関しては別の方の担当です)


ちなみにこの本の私の仕事は
NOIKEの広告を作ったのと、オカッパリからのポイント写真を撮ったのと
たくさんあるポイント写真と釣果写真の整理をしたぐらい。

本のデザインに関しては別の方がされているので
私は裏方作業に従事しました。


日本屈指のビッグバスリバーである淀川を
ここまで詳しく書き記したMAP本は過去に例がないと思います。

書いてある内容は淀川のことですが、他の河川でも参考になる
川バス攻略の基本中の基本を学ぶことも出来ます。

発売までもう少しなので楽しみにお待ちください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-09 01:15 | NOIKEの仕事