NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2017年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

wobble shad 7.5" の単色3色

発売中の『wobble shad 7.5"』。

先にツートンカラーがリリースされていましたが、
残りの単色も出荷を完了したのでボチボチ店頭に並んでいるころだと思います。

これでようやく全てのカラーが揃いました。


リリースが最後になった単色のカラーは以下の3色です。



b0177760_12581130.jpg

『#44 チャートリュース』

試作サンプルのテストでは、アクションの微妙な違いを確認しやすいように
ずっとこのカラーでテストを繰り返していました。

開発途中で作った動画も動きが見やすいようにこのカラーでしたね。

動画をアップした時はまだ7インチでテストしていましたが、
そこから更なるアピール力を追求した結果、製品版は7.5インチに落ち着きました。

テストサンプルの7インチの動画はコチラからご覧下さい。

この動画のアクションよりもさらにアピール力が強くなっているのが
製品版の7.5インチだと思っていただければ良いかと思います。




b0177760_13182812.jpg

『#48 クリアーワカサギ』

『wobble shad 2"』にラインナップされているこのカラー、
3インチと4インチには無いカラーなんですが、7.5インチではラインナップに入ってます。

うっすらと入っているパープルパールがイイ感じ♪

個人的にはこの『白い奴』の完成を一番楽しみにしていました。




b0177760_13550917.jpg


『#139 モーターオイル/ゴールド』

最近お馴染みのこのカラー。

wobble shad シリーズ全てのサイズにラインナップされているカラーなので
もちろん7.5インチでもリリースです。

伝統的な変色系カラーで、水の中に入れるとコケのようなグリーンに見えますが、
光にかざすと鮮やかなオレンジに見えるカラーです。

他のサイズだと光を通してボディ全体がオレンジに見えますが、
さすがにこのサイズだとボディの一番太い部分はかなりの肉厚で光を通さないので
ボディ後方からテール部分の厚みの薄い部分のみが鮮やかなオレンジに見えて
他のサイズのwobble shadとはちょっと違った見え方になって面白いと思います。




以上、最後の単色3色がリリースとなって、これで全てのカラーが出揃ったワケですが、
個人的にはこのワームを初めて使うなら『#44 チャートリュース』や『#48 クリアーワカサギ』、
『#144 ファイヤータイガー』などの派手目のカラーを最初に使うことをオススメします。

まずはこれらの目視しやすいカラーでスローリトリーブし、
リトリーブスピードとアクションの関係を掴んだ上で
他のカラーを使ってもらうのが良いかと思います。


このサイズのルアーは手前で泳がしただけでは本来のアクションを確認できないので
ある程度の距離を投げてアクションを見てやる必要があります。

距離にして10〜15mも投げれば充分ですが、
その距離でも見やすいカラーでないと動きが確認できません。
だから最初は派手目のカラーをオススメするワケです。


まずはスローリトリーブで巻いた時のウォブリングアクションを確認してみてください。
こんなにゆっくり巻いてもまだしっかり動くのかと思ってもらえるハズです。

特に琵琶湖などのナイトゲームで使う方は
明るいうちにこのアクションチェックを一度やっておくと
リトリーブスピードに迷いがなくなるのでオススメです。


専用タックルを組んだ方が快適に使えますが、
そうでなくてもMHやHクラスのロッドでも充分使えるので
まずは一度フィールドで投げてみてください。

皆さんの釣果報告を楽しみにしています。



ではまた。



[PR]
by waterlettuce | 2017-09-30 14:58 | NOIKEの仕事

鹿出没注意

水曜日ぐらいから親知らずが痛みだして
悲痛な面持ちでなんとか仕事をこなし、
土曜日歯医者に行こうと思ったら祝日で休診・・・。

祝日でも診てもらえる歯医者を探して処置してもらったので
今は何とか落ち着きましたが、健康ってホントに大切だと身にしみました。

毎日ちゃんと歯磨きしてるんですけどねぇ・・・。



そんな親知らずの痛みと格闘している時に飛び込んで来たニュース。


b0177760_23464865.jpg

淀川下流域に鹿出没です。

今日淀川に行ったスタッフによると
豊里大橋右岸側の河川公園は立ち入り禁止になっているようです。



b0177760_23501438.jpg

この場所は大桐ワンドでしょうか?


他の場所が立ち入り禁止になっているかどうかは定かではありませんが、
まだ鹿は捕らえられてはいないようですね。



b0177760_23511721.jpg

それにしてもこの鹿、どっから来たんやろ・・・。

鹿に罪はないですが、なるべく早く元の場所へお帰りいただければと思います。



オカッパリでヤブ漕ぎしてていきなり鹿と対面したらどうしよう・・・。

やっぱりシカトするのがいいんでしょうか? 鹿だけに・・・


とりあえず今は下流部右岸側ではオカッパリしない方がいいと思います。


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-09-24 00:02 | 日常の事

wobble shad 7.5" の第二便

wobble shad 7.5"の第二便のカラーがボチボチ店頭に並んでいる頃だと思います。

第二便のカラーは以下の3色です。


b0177760_23225327.jpg

『#132 セクシーブルーシャッド』

wobble shadの3インチと4インチにもラインナップされているカラーですが、
7.5インチのサイズ感になるとこのカラーはまさにハスですね。

例えば琵琶湖のハスパターンの時なんかに効果を発揮しそうなカラーです。




b0177760_23270819.jpg

『#134 ワカサギ』

このカラーもwobble shadの3インチと4インチにラインナップされているカラー。

こんなに大きなワカサギがいるのかってツッコまれそうですが、
ワカサギっていったらワカサギなんです!

異論は認めません!!




b0177760_23373977.jpg


『#136 シナモンブルーバック』

圧倒的な存在感のこのカラー。

このカラーもwobble shadの3インチと4インチでお馴染みのカラーですが、
このサイズになると存在感がケタ違いです!

何というか・・・とんでもない凄みというか、オーラーの様なものがあります。

ベイトに似せるというよりは存在感重視のシチュエーションで
使っていただければ良いかと思います。



第二便で出荷したカラーは以上の3色です。

これでツートンカラーは全て出揃いましたね。


残りは単色の3色ですが、近々工場から上がってくると思うので
上がり次第また紹介させていただきますね。

ちなみに私は単色の『#48 クリアーワカサギ』を心待ちにしています。




それと、webshopをされているお店の方から良く聞くんですが、
私のブログの背景を白く飛ばした商品画像が、webshopの画像として使いやすいそうです。

お店のwebページで使うのであれば
特に許可など入らないのでドンドン使っていただいて結構なんですが、
どうせならロゴの画像もあった方が良いかと思うので貼付けておきますね。

b0177760_00043294.jpg


カラーチャートの画像が必要な場合は
以前のこのブログの画像から使っていただければと思います。



というワケで、ようやくリリースした『wobble shad 7.5"』を宜しくお願い致します!


ではまた。



[PR]
by waterlettuce | 2017-09-19 00:14 | NOIKEの仕事

親指ボロボロ・・・

香川県の布教活動2日目。

今回も仕事の話は置いといて、釣りの話をメインに書きます。


b0177760_00311358.jpg

土曜日は雨のスタート。

台風が接近しているので朝イチの短時間でサクサクっと釣って
それから仕事するというスケジュール。

とりあえず宿泊先近くの野池に向かいました。



b0177760_00342285.jpg

早速釣り始めますがこの池もコンスタントに魚が釣れます。

昨日は20〜30匹釣りましたが、今日はどれくらい釣果を伸ばせるでしょうか?



b0177760_00381011.jpg

こんな感じの立ち木に絡めて釣ると良く釣れたので
『TEXAS kemkem』『Donkey BOO』の組み合わせで釣っていきます。



b0177760_00394021.jpg

こういう場所ではやっぱりこの組み合わせが使いやすいですね。

コンスタントに釣れますが、釣ったバスが全て歯が鋭いので
この池のバスはザリガニを良く喰ってるんじゃないかなぁと思っていたら・・・



b0177760_00441596.jpg

案の定、お亡くなりになったザリガニが沢山居られました・・・。


そうなればワームはコイツにチェンジです!


b0177760_00461774.jpg


爪の部分のイボイボが上の写真のザリガニとそっくりですね。

この組み合わせでザリガニが居そうな場所を狙っていくと・・・


b0177760_00503358.jpg

釣れます。



b0177760_00511034.jpg


釣れます!



b0177760_00515846.jpg

釣れ続きます!!


ここから先はワンキャストワンバイトの怒濤のバイトラッシュでした!

『Mighty Mama!!』特有のガツガツバイトを思う存分堪能することができました。



b0177760_00553630.jpg

釣り過ぎて親指がボロボロです・・・。

今日も30〜35cmぐらいのヤングサイズがメインなので
親指の先の方ばかりがボロボロになってますが・・・。



だけど一応なかなかのグッドサイズも釣れてますよ。

釣ったのは私じゃなかったりするんですが・・・。




b0177760_00574893.jpg

久々に登場の大人の釣り人MK氏

昨日の私のFacebookの投稿を見て、
たまたまMK氏も香川県に来る予定だったそうなので
時間と場所を合わせて一緒に釣りを楽しみました。


以前はMK氏とも何度か香川に釣りに来ましたね。

あれは確か5年前ぐらいだったと思います。

その頃の思い出話をしながら久しぶりに二人で釣りを楽しみました。



b0177760_01160112.jpg

ちなみにMK氏が釣ったのは

MK氏と釣りをしたのはホントに久しぶりですが、
ずっとNOIKEのアイテムを使い続けてくれていたそうです。

ありがとうございます!



b0177760_01190559.jpg

MK氏はグッドサイズを釣りましたが、結局私はこのサイズの数釣りで終了。

朝イチからの3時間ぐらいの釣りでしたが、この日は40〜50匹ぐらい釣れました。


普段通っている淀川だと数釣りメインで必死に狙っても
さすがにここまで数を伸ばすことは難しいです。

香川の野池のポテンシャルはスゴイですね。



b0177760_01312385.jpg

持って来た『Mighty Mama!!』3パックを全て使いきりました。

『Smile worm Mamy』『Donkey BOO』『machobee』などでも釣りましたが、
この池は『Mighty Mama!!』の反応が圧倒的に良かったですね。



楽しい時間は過ぎるのがアッという間です。


b0177760_01354778.jpg

MK氏との再開を祝して二人でうどんを食べて、それから私は仕事に向かいました。




b0177760_01375577.jpg

台風前の強風で橋を渡るのがちょっと怖かったですが、
瀬戸大橋を渡って岡山周りで一仕事してそのまま家路に着きました。


そんな感じの今回の香川布教活動でした。


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-09-18 01:47 | 釣りの事

ムゲンヤング

金曜、土曜と香川県に布教活動に行ってきました。

b0177760_22453679.jpg

まぁ、布教活動に関しては以前のブログでも書いているし、
あまり詳しく説明する内容でもないのでそれ以外の事をメインに書いてみます。


香川県と言えば通称「うどん県」。

大阪人の私ですが、大阪の柔らかいうどんはあまり好きではありません。

うどんはやっぱりコシのある讃岐うどんが一番!


というワケで、昼食はうどんです。


b0177760_22505863.jpg

ココは有名店ですね。

7、8年前に一度来たことがあるお店ですが、その時はかなり待たされました。
今回は平日だったので待ち時間無しですんなり入店。


b0177760_22580484.jpg

やっぱりウマいですね♪

待ってでも食べたくなる格別なうどんです。



うどんで腹ごしらえをした後は夕方まで走り回ってお仕事です。

そして今日の仕事を終わらせて向かった先は・・・



b0177760_23045268.jpg

野池です。

せっかく香川県まで来たのに釣りしないなんてありえないです!
香川に来たらうどんと釣りはセットです!!

というワケで、時間も無いので早速釣り開始。


b0177760_23143335.jpg

釣れます!



b0177760_23145170.jpg

釣れます!!



b0177760_23150786.jpg

サクサク釣れます!!


仕事終わりの短時間釣行でしたが、20〜30匹ぐらい釣って
ワームも無くなってきたので強制終了。

沢山釣れましたが釣っても釣っても30cm前後のヤングサイズ。

ビッグサイズを狙ってもうちょっと釣りしたかったんですが・・・。


b0177760_23141940.jpg

ちなみにメインで使ったリグは『TEXAS kemkem』『machobee』

先日の淀川で良い釣りができたリグですが、野池でも良く釣れますよ。

このリグの操作感が気に入っていて、最近使用頻度がかなり高いんですが、
根掛かりしにくいリグなのでオカッパリでもスゴく使いやすくてオススメです。



b0177760_23172117.jpg


バスはデカイのが釣れませんでしたが、ブルーギルはデカイのが釣れました。

久しぶりにこんなでっかいブルーギル釣ったなぁ・・・。


そんな感じの香川布教活動初日でした。



ではまた。





[PR]
by waterlettuce | 2017-09-17 23:37 | 釣りの事

ラインに助けられました

ズリズリに擦れたライン。

b0177760_01534156.jpg


先日の淀川実釣講習会の下見の時に
ビッグサイズを釣った時のラインです。


ちなみにこの魚です。


b0177760_21415412.jpg

たまにデカイの釣ったからって何度も載せるなよってツッコまれそうですが・・・。


この魚を釣った場所は足元から5mぐらい沖にコンクリートの段差があって
デカイ魚を掛けた時にそこにラインを擦られるとかなりの確率でラインブレイクします。

スピニングタックルだとひとたまりもありません。


ランディングのコツはコンクリートの段差を越える前に
魚に空気を吸わせて浮かせてから取り込むんですが、
この魚は上手く段差を乗り越えたと思って油断した瞬間に
段差の下にグイグイ入っていきました。

サイズがサイズだけにハンパなく引きました・・・。


スピニングタックルでフロロカーボンの5lb.だったので絶対切られると思いましたが、
ドラグを出して魚の突進に耐えて何とか引きずり出すことに成功しました。

段差の角にズリズリ擦られている感触が伝わってきたのと
魚のサイズを目視で確認していたので、さすがに万事休すかと思いましたが・・・。



ちなみにこの時巻いていたラインがコレ。


b0177760_03155982.jpg


淀川でビッグサイズを狙うには欠かせない
硬質フロロカーボンラインです。


淀川ではテトラやブッシュカバー等のストラクチャーを釣ることが多いんですが、
このラインはストラクチャー周りでビッグサイズを掛けた時に絶対的な安心感があります。

ズリズリに擦れてラインブレイク寸前のところでもう一段階粘ってくれます。

今まで何度このラインに助けられたことか・・・。



硬質フロロカーボンなので根擦れに強いだけじゃなく、
操作性と感度も抜群に良いです。

淀川でビッグサイズを狙うなら
フロロカーボンラインは『Shooter』を強くオススメします!


今回のビッグフィッシュを取り込めたことで
私の中でこのラインの信頼度がさらにまた上がりました。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-09-14 03:55 | お気に入り

9月の淀川実釣講習会

昨日はお得意様との淀川実釣講習会で私を含め6人で淀川オカッパリです。

b0177760_03524369.jpg

前日の下見ではその日の状況に上手くハメる事ができて良い釣りができましたが、
当日は当日で魚を探して釣っていかないとダメだという事は分かっていたので
まずは安定釣果の枚方大橋周辺からスタート。



b0177760_03541025.jpg

サクッと釣っていただけました。



b0177760_04001159.jpg

安定釣果のSmile wormシリーズ。

魚が居ればとりあえずバイトがあります。




b0177760_04023726.jpg

何匹か釣れたので本命エリアに移動。

下見の時の魚がそのまま釣れるとは思っていませんが、
まずはこのリグで狙っていただきます。


b0177760_04054918.jpg

『TEXAS kemkem』+『machobee』

使えば分かるその操作性。

ウィードに引っかかる事なくスルスルとやさしくウィードをすり抜け、
ステイさせると『TEXAS kemkem』のスカートがフワっと広がります。

そのシルエットはまさにエビです。

足元のウィードで実際にレクチャーするとさらに良く分かってもらえました。


トレーラーの『machobee』はパーツが少ない分リグの感度が上がるので
ボトムの感触やウィードを抜けた感覚などが分かりやすいです。

エビになりきるイメージで集中して狙っていくと・・・



b0177760_04254060.jpg

釣れました。

とりあえずちょっと一安心です。


その後も小移動しながらビッグサイズを狙っていきますが、
残念ながらイマイチ釣果が上がらずタイムアップ。

皆さんお疲れ様でした。


今日はローライトで時折雨が降る状況だったので
魚がそれほどウィードに固執していなかったように感じました。

こうなる事は前日から予想はしていたので一応その対策もしてきたつもりでしたが、
この日は上手くフィールドの状況に合わせられませんでした。

不甲斐ない案内役でスミマセン・・・。



そんな感じの9月の淀川実釣講習会でした。


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-09-12 04:47 | 釣りの事

淀川実釣講習会の下見

明日は恒例になっているお得意様との淀川実釣講習会なので
淀川に下見に行ってきました。

b0177760_20191173.jpg

実は昨日もコッソリ行ってましたが釣果はショボかったです・・・。


毎回この講習会は私も含めて5〜6人でオカッパリで釣りをするので
比較的広いエリアで並んで釣りができるような場所で、魚のストック量が多く
なおかつタイミング次第でビッグフィッシュが狙えるような場所をチョイスするんですが、
そんな条件がいい場所って淀川でもそんなにあるもんじゃないです。

しかも移動は徒歩なので、いつもはなんだかんだで帳尻を合わせやすい下流域を選ぶんですが、
毎回下流域ばかりやるのもなんなので、今回は少し上がって中流域でやると決めてました。


それが土曜日の下見でのあまりの貧果に正直かなり焦りました。

お得意様にオススメできる釣り方が何も無いのは非常にマズイです・・・。


いつもはあまり使わない少ない脳みそをフル回転して必死に考えました。

それはもう、一休さん並みに考えました。


ポクポクポクポクポクポクポクポクポクポクポクポク

ポクポクポクポクポクポクポクポクポクポクポクポク・・・チーーン!



b0177760_20471831.jpg

釣れました♡

人間必死に考えれば何とか答えを絞り出せるもんです。

セルフタイマーの自撮りなので写真はあまり良く無いですが・・・。




b0177760_20485150.jpg

更に追加で釣れました。

ビッグサイズには届きませんがなかなかの良型。

セルフタイマーで一人で笑顔作って何やってるんだろう・・・。


続けて釣れると正解に少し近づいたような気になります。

似たような条件の場所を探して答え合わせをしてみることに。



b0177760_21021870.jpg

やっぱり釣れます。

セルフタイマー諦めました・・・。

これってもしかして今日のパターンなのでは?



b0177760_21041676.jpg

使っているリグは『TEXAS kemkem』『machobee』のコンビ。

これでウィードに絡めてズルズル引いてくるんです。



b0177760_21101292.jpg

またまた追加。

釣れるのはほとんど40cm以上のグッドサイズです。



なんでこの釣りに行き着いたかというと、
昨日と今日の前半は沖のハードボトムをこの時期定番のヘビキャロで狙ってたんですが、
釣れるのは全てキッズサイズばかり・・・。

沖の釣りってサイズを選んで釣るのが難しいことは分かってるんですが、
思ったほどバイトも無いし、釣れてもキッズサイズばかりなのでこれは相当マズいなと。

何か方法がないかなぁと必死で考えていた時に
ギリギリ目視で見えるぐらいの水深のウィードに
頭を突っ込んで尻尾が出てるバスを発見したんです。

そのバスはアプローチをミスって釣り損なったんですが、
その一匹を元に自分なりに仮説を立てて狙い方を変えてみると
急にグッドサイズが釣れ出しました。

最近老眼で近くは全く見えませんが、遠くの魚が見えて良かったです・・・。


ウィードを意識しているシャローのバスは基本ヤル氣があるので喰わせやすいですが、
注意しないといけないのはリグをウィードに絡める時にウィードを揺らせすぎないこと。

だからワームは『machobee』なんです。


『Redbee』でもいいんですが、
『Redbee』だと飛距離が足りない場所のウィードも狙うので
『machobee』が使いやすかったです。

そしてウィードに絡めた時に少し誘ってやった方がバイト率が上がるので
『TEXAS kemkem』を使いました。

『TEXAS kemkem』と『machobee』の組み合わせ、
淀川のウィード攻略にはかなり使い勝手がいいですよ。

当然淀川以外でも使いやすいと思いますが・・・。



その後も良さげなウィードを片っぱしから狙っていったんですが、
単にウィードが生えているだけじゃなくて、
レイダウンが絡んでいたり近くにブレイクがある等、
複合的要素がある場所に生えているウィードはかなりの有望スポット。


そんな場所では・・・




b0177760_21415381.jpg

ビッグサイズが飛び出します!!

このサイズはさすがに自撮りはもったいないので人を探して撮ってもらいました。



b0177760_21434420.jpg

ベイトを喰いまくっているナイスプロポーションのキレイなバスでした。

手前のコンクリートの壁に擦られまくったんですが、ラインブレイクせずに何とか取り込めました。

『Shooter』巻いといて良かったです。



b0177760_21474850.jpg

その後も『TEXAS kemkem』と『machobee』の組み合わせで
グッドサイズを数本追加。もう完全に自撮りは諦めている・・・。

今日は完全にこの釣りがハマりましたね。


明日の講習会のこともあるので釣れたからといって同じ場所で粘らずに拾い釣りして回りましたが、
明日も同じように釣れてくれたらいいんですが・・・。

そんなにウマく事が運ばないのが魚釣りというものですよねぇ。


天気予報では明日は曇りの予報なので、
ローライトで魚がウィードから離れて動き回ってしまったら
狙いが絞りにくいのでかなり苦戦すると思います。



b0177760_21524613.jpg

一応そんなことも考えてジュニアサイズが固まっている場所も見つけておきました。


そんな感じで今日は上手くハメることができましたが、
明日は明日の魚を探して釣らないとダメなんでしょうね。


というワケで、明日に備えて今日は早めに就寝です。



ではまた。





[PR]
by waterlettuce | 2017-09-10 21:59 | 釣りの事
ようやくリリースになった『wobble shad 7.5"』。

初回リリースの4色はもう店頭に並んでいると思います。


リリース後よく聞かれるのが使用リグやフックサイズなどのベストセッティング。

今週末フィールドで試される方も多いかと思いますので
簡単にご紹介してみたいと思います。



紹介する前にまず最初に断っておきたいのは
ベストセッティングはフィールドの状況や狙い方によって変わってくるので
このセッティングがベストというのは一概には言い切れないということ。

最もオススメの使用例というのもその時の状況によって異なるので
これも一概に言い切ることはできません。

それに、そもそもこういうビッグベイトの釣りをやり込んでいる人は
例えば最初からフックが装着されているスイムベイト等でも
自分の使い方に合うようにフックを付け替えたり
ウエイト調節したりするのが当たり前になっているので
メーカーが薦めるセッティング例や最初から付いてるフックなんかは
ハッキリ言って彼らにとっては大きなお世話になることが多々有ります。

コストを掛けてまでお節介になるようなことは極力したくない。

というわけで、『wobble shad 7.5"』はリグのベースとなるワームのみでの販売です。


とはいえ、こういうセッティングで使ってくださいと
紹介して欲しいユーザーの方の気持ちも少なからず分かるので、
比較的カンタンに作れるリグと基本的なセッティングをご紹介してみます。



まずは最もシンプルなのはオフセットフックを使ったリグ。
b0177760_11345354.jpg

フックを刺すだけなので至ってカンタンですね。

フックサイズはメーカーによって微妙に違いがありますが、
7/0とか8/0ぐらいを目安に選んでいただければ良いかと思います。


ノーシンカーで使うかウエイト付きのフックを使うかは
狙うレンジなどで調整してください。

個人的にはウエイトの位置が決まっているウエイト付きフックよりも
状況に応じてネイルシンカーを刺して重さとバランスを調整した方が
自分にしっくりくるバランスが出せるのでオススメです。


b0177760_12011382.jpg

ボディの腹側のスリット部分にネイルシンカーが刺しやすいように斜めの突起を設けています。

スリットの一番前側からリブ1個飛ばしで計4つあるので
この突起をきっかけにネイルシンカーを刺すと刺しやすいです。

ベリー部にラメが多いカラーだとこの突起が分かりにくいですが、
ネイルシンカーの先でスリットをなぞってやると突起が見つけやすいです。

老眼の私はもうこの方法でしか突起を見つけられません・・・。


b0177760_12124292.jpg

使用するシンカーは刺しやすくて抜けにくい『TUNGSTEN Nail Sinker』がオススメ。

ワームがデカイため、あまり軽いウエイトを入れても効果がないので
2.6g〜3.5gを選んでいただければ良いかと思います。



それと『wobble shad 7.5"』で使うオフセットフックは
ねじ込み式のワームキーパーが付いたフックを選んでもらった方が良いと思います。


b0177760_12195666.jpg


『wobble shad 7.5"』はワーム単体だけで40g弱あるので
通常のオフセットフックでブン投げて使うとどうしてもワームがズレやすくなってしまいます。

ネジ部分がしっかりしたワームキーパーをねじ込むことでワームのズレは無くなります。



b0177760_12315905.jpg

ちなみにオフセットフックで使用する場合はスナップを使うと
ウォブリングアクションのキレがより良くなりますよ。

NOIKEの『Lure Snap』だと#2ぐらいがサイズ的には良いかなと。



b0177760_13013315.jpg

オフセットフック以外の使用例としては
スイムジグのトレーラーで使うのもオススメです。

選ぶスイムジグによってワームのアクションが変わってくるので
色々試してみると面白いですよ。


画像上のセッティングはダブルフックを背掛けにしたものなんですが、
パーツ点数が多いのと自作でちょっとした加工をしているため
説明すると長くなるのでまた別の機会に。


私はオカッパリがメインなので根掛かりのリスクが少ないオフセットフックを使うことが多いですが、
フッキング重視ならスイムベイトのようにトリプルフックを腹部に付けるセッティングが
最もフッキング率が上がります。

これも説明しだすと長くなるのでいずれまた機会があればご紹介したいと思います。



最後に、『wobble shad 7.5"』はFECO登録しているので
JB/NBCの大会で使用できます。

b0177760_13164085.jpg

これに出てくる魚って間違いなくキッカーフィッシュなので
一発逆転ホームランを狙うなら試合で使ってみるのもアリですよ。


長々と書きましたが、シャッドテールワームは使い方によって
様々なリグに対応できるのが強みなので、
その強みを最大限に活用して色んな使い方を試していただければと思います。

スローリトリーブで泳がした時に最も違いが分かるハズですよ。


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-09-08 13:33 | お気に入り

ヘタクソでした・・・

今日は淀川に行ってきました。

b0177760_22430557.jpg

近々お得意様の淀川講習会があるので
魚が釣りやすい場所を探して回りました。

ちなみに釣果から先に言っておくと、
デカイのは釣れてません。



b0177760_22431684.jpg

でも、魚が居る所を狙えばジュニアサイズはサクサク釣れます。




b0177760_22433556.jpg

『Smile worm』の『Mammy』や『Daddy』、
『Kemnpa』のネイルリグ等を使えば魚を釣るのは簡単です。


とりあえず魚が多い場所は何となく分かったので
後はひたすらコレを投げてました。

b0177760_22435482.jpg

しかし残念ながらチャンスを生かせず・・・。


私がヘタクソなのか、魚の喰い方がヘタクソなのか・・・。

まぁ、どっちもヘタクソだったってことなんでしょうね。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2017-09-03 23:12 | 釣りの事