NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:バックスライドセッティング ( 1 ) タグの人気記事

バックスライドヤビー

三連休が終わりましたね。

最終日は予報通り雨降りだった大阪。

やっぱり日曜日に釣りに行っといて正解でした。 結局釣れなかったけど・・・



年明けから二回釣りに行って未だ初バスは釣れていませんが、今日も張り切ってブログの更新。

今回も色々使える『Yabby』について書いてみます。

ホントは昨日の続きで書く予定でしたが、思いのほか長くなったので二回に分けました。




今日の『Yabby』の使い方はコレ。


b0177760_01442398.jpg

バックスライドセッティングです。


おそらくやってる人は殆どいないと思われるバックスライドヤビーですが、
面白いようにスルスル滑っていきますよ!


作り方は至ってカンタン。

テール以外のパーツを全部取ってオフセットフックを逆刺しするだけ。



b0177760_01481594.jpg


お腹の部分にネイルシンカーを刺してやると重心が安定して投げやすくなります。

シンカーのウエイトはあまり重くするとスライドしにくくなるので、
NOIKEのTGネイルシンカーなら0.45gがベストかなぁと。


リグが小さいのでタックルは当然スピニングタックルで。

ラインも細ければ細い程、リグがラインに引っ張られなくなるのでよりスライドします。



このリグ、かなり前から気付いてて、たまに使ってたんですが、
私が良く行く淀川本流ではワームのボリューム感が少し足りなくて
活かせるシチュエーションがイマイチ見つけられませんでした。

城北ワンドとかなら結構使えると思うんですが・・・



淀川本流でバックスライド系が必要な時は他社のワームを使うか、
『Donkey BOO』を同じようなセッティングにして使うことが多かったです。

『Donkey BOO』のバックスライドセッティングも良く釣れるので試してみてください。



だけどスライド幅に関して言うと、『Donkey BOO』よりも『Yabby』の方がよりスライドします。


その理由はボディ形状。

b0177760_02044843.jpg


断面がほぼ真円の『Donkey BOO』に対して『Yabby』は扁平なので、
よりスライドしやすいボディ形状です。

上手く使えば同じスポットで延々スライドさせることも可能です。

だけどバックスライド系のワームってスライドし過ぎると逆に使いにくかったりもするので、
『Donkey BOO』を使うか『Yabby』を使うかはその時の状況次第ですね。



今まで淀川本流のオカッパリではあまり出番が無かったバックスライドヤビーですが、
今年はフローターの釣りを再開してみようと思っているので、このリグの出番は増えるかもしれません。

『Yabby』の扁平ボディはスキッピングもさせやすいので、
オーバーハングの下に滑り込ませたらかなり釣れそうだと思いませんか?

『Yabby』ぐらいのサイズのバックスライド系ワームってあまりないので、
使い方次第ではかなり釣れるリグだと思います。

是非一度お試し下さい!



ちなみにこのリグ、バスだけじゃなくてメバルも結構釣れますよ。

どういうスポットに滑り込ませるかは想像してみてください。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-01-09 02:44 | お気に入り