NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

wobble shad 7.5" の単色3色

発売中の『wobble shad 7.5"』。

先にツートンカラーがリリースされていましたが、
残りの単色も出荷を完了したのでボチボチ店頭に並んでいるころだと思います。

これでようやく全てのカラーが揃いました。


リリースが最後になった単色のカラーは以下の3色です。



b0177760_12581130.jpg

『#44 チャートリュース』

試作サンプルのテストでは、アクションの微妙な違いを確認しやすいように
ずっとこのカラーでテストを繰り返していました。

開発途中で作った動画も動きが見やすいようにこのカラーでしたね。

動画をアップした時はまだ7インチでテストしていましたが、
そこから更なるアピール力を追求した結果、製品版は7.5インチに落ち着きました。

テストサンプルの7インチの動画はコチラからご覧下さい。

この動画のアクションよりもさらにアピール力が強くなっているのが
製品版の7.5インチだと思っていただければ良いかと思います。




b0177760_13182812.jpg

『#48 クリアーワカサギ』

『wobble shad 2"』にラインナップされているこのカラー、
3インチと4インチには無いカラーなんですが、7.5インチではラインナップに入ってます。

うっすらと入っているパープルパールがイイ感じ♪

個人的にはこの『白い奴』の完成を一番楽しみにしていました。




b0177760_13550917.jpg


『#139 モーターオイル/ゴールド』

最近お馴染みのこのカラー。

wobble shad シリーズ全てのサイズにラインナップされているカラーなので
もちろん7.5インチでもリリースです。

伝統的な変色系カラーで、水の中に入れるとコケのようなグリーンに見えますが、
光にかざすと鮮やかなオレンジに見えるカラーです。

他のサイズだと光を通してボディ全体がオレンジに見えますが、
さすがにこのサイズだとボディの一番太い部分はかなりの肉厚で光を通さないので
ボディ後方からテール部分の厚みの薄い部分のみが鮮やかなオレンジに見えて
他のサイズのwobble shadとはちょっと違った見え方になって面白いと思います。




以上、最後の単色3色がリリースとなって、これで全てのカラーが出揃ったワケですが、
個人的にはこのワームを初めて使うなら『#44 チャートリュース』や『#48 クリアーワカサギ』、
『#144 ファイヤータイガー』などの派手目のカラーを最初に使うことをオススメします。

まずはこれらの目視しやすいカラーでスローリトリーブし、
リトリーブスピードとアクションの関係を掴んだ上で
他のカラーを使ってもらうのが良いかと思います。


このサイズのルアーは手前で泳がしただけでは本来のアクションを確認できないので
ある程度の距離を投げてアクションを見てやる必要があります。

距離にして10〜15mも投げれば充分ですが、
その距離でも見やすいカラーでないと動きが確認できません。
だから最初は派手目のカラーをオススメするワケです。


まずはスローリトリーブで巻いた時のウォブリングアクションを確認してみてください。
こんなにゆっくり巻いてもまだしっかり動くのかと思ってもらえるハズです。

特に琵琶湖などのナイトゲームで使う方は
明るいうちにこのアクションチェックを一度やっておくと
リトリーブスピードに迷いがなくなるのでオススメです。


専用タックルを組んだ方が快適に使えますが、
そうでなくてもMHやHクラスのロッドでも充分使えるので
まずは一度フィールドで投げてみてください。

皆さんの釣果報告を楽しみにしています。



ではまた。



[PR]
by waterlettuce | 2017-09-30 14:58 | NOIKEの仕事
先日発売になった『wobble shad 4"』

全12色のカラーラインナップですが、
先にリリースしたのは単色4色とツートンカラー2色。

このブログでカラーをまだ紹介していなかったので、
今日は先行リリースされた6色のうち、単色の4色を紹介します。



まずはこのカラーから。
b0177760_0241668.jpg

『#01 グリーンパンプキン』


BITEGUTSシリーズのワーム全てにラインナップされているカラー。

今さら取り立てて説明するほどでもないメジャーなカラーですね。

個人的にはクリパン系のカラーは泳がして使うよりも
ボトムを意識した釣りをする時に使いたくなるカラーです。




b0177760_0372498.jpg

『#27 レインボースモーク』


『wobble shad 4"』で初めてラインナップに加わったカラー。

単色カラーの中では最もベイトフィッシュライクなカラーです。

スモークベースにブラックシードと
レインボーフレークを散りばめたカラーなんですが、
光の当たり方によってレインボーフレークが程良い感じで
チラチラと艶かしく輝きます。

魚に必要以上のプレッシャーをかけ過ぎないスモーク系のカラーは
オカッパリメインのアングラーにとっては重宝するカラーだと思います。




b0177760_0542929.jpg

『#54 ナイトバイオレット』


個人的に大注目のこのカラー。

このカラーも『wobble shad 4"』で初採用のカラーです。

ベースカラーは『Smile worm Mammy』などで人気のある
『#117 マッディグレープ』ですが、さらにブルーフレークと
極小のシルバーフレークを散りばめた銀河系カラー。

マッディグレープと同様に濁った水の色でも強いカラーですが、
名前の通りナイトゲームで使うのもアリです。



b0177760_134985.jpg

『#139 モーターオイルゴールド』


『Redbee』と『machobee』で取り入れたこのカラーですが、
wobble shad シリーズにも必ずラインナップされるカラーです。

見る角度や光の当たり方によってベース色の見え方が変わるこのカラー。

昔からある歴史の古いカラーですが最近は使う人が少ないような・・・。

今でも無くならずに残っているカラーということは
それだけ実績のあるカラーということなので、
食わず嫌いせずに使ってみることをオススメします。

色調変化の効果が出やすい
クリア〜ステイン系の水の色で使ってみてください。



以上が先行でリリースされている『wobble shad 4"』の単色カラー4色です。

先行リリースの6色のうちのツートンカラー2色は
また次回のブログでご紹介いたします。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-16 01:43 | NOIKEの仕事