NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:残りの6色 ( 1 ) タグの人気記事

6色が先行でリリースされていた『wobble shad 4"』

ようやく残りの6色が上がってきました!


残りの6色は全てツートンカラー。

本来はもう少し早くリリースする予定でだったんですが、
なんだかんだで予定が狂ってようやくのリリース。

ツートンってどうしても作るのに時間が掛かってしまうんです。 スミマセン・・・。


でもまぁ、本格的に『wobble shad 4"』が効果を発揮する時期には
何とか間に合ったので良かったです・・・。

今週中には店頭に並ぶと思うので宜しくお願いします。




というワケで残りの6色をご紹介します。
b0177760_038348.jpg

『#129 オーロラコパーミノー』

地味目の背面色にキラリと光るコパーフレーク。

アユとかハスとかワカサギとか、
特に何かのベイトフィッシュをイメージさせるカラーではないけれど、
どこにでも居そうな、どんなシチュエーションにも
当てはまりそうなベイトフィッシュカラーです。


メインベイトが何かは分からないけれど小魚であることは確か。

そんな状況で使いやすいオールマイティなベイトフィッシュカラーです。




b0177760_05609.jpg

『#130 グリーンパンプキン/ブロッサム』

『wobble shad 4"』で初採用のカラーです。


定番の「#01 グリーンパンプキン」と
Yabbyのみにラインナップされている「#23 ブロッサム」の組み合わせ。

補色の関係にあたる組み合わせなので
お互いの色を引立たせるという効果がありますが、
それはあくまでも人間の目で見た時の話。

魚の目でどう見えているかは魚に聞いてみないと分かりませんが、
この色の組み合わせはハマると爆発するカラーでもあります。




b0177760_1342047.jpg

『#131 グリーンパンプキン/チャート』

ナチュラルさとアピールが融合した、いわゆる地味派手カラー。

3インチでも人気の高いカラーですね。


「#117 マッディグレープ」を使うほど濁ってはないけれど
少し濁ってるので若干アピール要素が欲しい。

そんな状況で使ってみてください。

このカラーの3インチで結構いい思いをしているので
個人的にはハズせないカラーです。



残りの3色はまた次回ご紹介します。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-09-14 02:00 | NOIKEの仕事