NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:淀川大明解MAP ( 5 ) タグの人気記事

発売中の『淀川大明解MAP』

b0177760_010231.jpg

おかげさまで結構売れているようです。

結構っていうか、予想以上に売れているようです。

ありがとうございます!


当初は淀川の近くのお店でしか売れないのでは?と思っていましたが、
予想に反して他府県のお店でも意外に売れているとか。

リバーバスの釣り方という部分では他の河川で応用できる部分も多い内容になっていますし、
年間を通してこれほどビッグバスの釣果が上がる河川は他に無いので、
単純にどんなルアーで釣っているのか興味を持って購入してくれる方も多いみたいです。

まぁ、どんなルアーかって、NOIKEのルアーなんですけど・・・


b0177760_024466.jpg

淀川大明解MAPでは、竹内がこれまで長期間に渡って調べ上げた
淀川全流域の内容を包み隠さず全て記載しています。

オカッパリでの釣りではまず分からない沖の地形変化や
各エリアの特徴などについてもかなり詳細に解説。

ここまで詳しく記載された淀川のポイントマップは過去にありませんでした。



b0177760_0424337.jpg

しかし、河川というフィールドの特性上、
巻頭の文章にもあるように、台風などによる大水の影響などで
地形が変化してしまうことはやむを得ない事実。

特にバンクに絡む倒木などのストラクチャーに関しては、
台風までいかなくても大雨などで流されたり位置が変わったりします。

河川なので、当たり前と言えば当たり前なんですが・・・。


現時点ではマップに記載されている内容から大きな変化は無いですが、
細かい部分では補足説明を入れた方が良いポイントも若干できてきました。

大きな変化ではないけれど、細かい変化を知っていることで
さらに的を獲たアプローチが可能となります。

その結果、さらに釣れるようになる。ハズです。


そんなワケで、前置きが長くなってしまいましたが、
Y.B.Fミーティングにお越しいただいた方にもれなく『淀川大明解MAP』の
アップデートサービスをさせていただくことにしました。

ミーティング参加時に『淀川大明解MAP』をお持ちいただければ、
ご希望により最新情報を書き記したシールを貼らせていただきます。

そして、現在良い釣果が出ているエリアのさらに詳しいスポットに関しても
補足説明を書き記したシールをご用意。

最新の淀川情報を入手したい方はY.B.Fミーティング参加の際に
是非『淀川大明解MAP』をお持ちください。


ではまた。



いよいよ明日はフィッシングエイトアネックスさんでY.B.Fミーティング
b0177760_134219.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2016-11-19 01:35 | NOIKEの仕事

向かい風の男

発売中の『淀川大明解MAP』

色んな釣具店で話を聞きますが、おかげさまで好評とのこと。

淀川近辺のお店では入荷してすぐに完売して
追加発注していただいているお店も多いようです。

ありがとうございます!!




そんな『淀川大明解MAP』に載っている写真の中で
特に私がお気に入りな最終ページのこの写真。

b0177760_0482191.jpg

向かい風の中、釣りをする男。




b0177760_0581847.jpg

さて、誰でしょう?







正解はまさかのこの人


ちなみに撮影したのは私です。



ではまた。




フィッシングMAX芦屋店さんでのY.B.Fミーティングまであと3日!
b0177760_171718.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2016-09-01 01:09 | お気に入り
つり人社さんから『淀川大明解MAP』がついに発売になります!

b0177760_32111.jpg

琵琶湖や霞ヶ浦などのメジャーフィールドが取り上げられてきたこの大明解シリーズ。
河川のフィールドがこのシリーズで取り上げられたのは淀川が初めてになります。

ようやく淀川も全国的なメジャーフィールドの仲間入りといった感じでしょうか?



数年前まではハイプレッシャーフィールドで「釣れない川」と言われ続けてきた淀川。

b0177760_3464855.jpg

釣れないと言われるその淀川を徹底的に調べ上げ、
ビッグバスの釣り方を確立させたこの人の功績は大きいと思います。

まぁ、あまり持ち上げるのも手前味噌な感じになるのでこれぐらいにしときますが、
今まで誰もやらなかったことをやったという実績は価値あることです。



b0177760_3522931.jpg

竹内に色々と教わりながら淀川に通っていくうちに
他のNOIKEスタッフもビッグバスを狙える様になりました。

こんなサイズのバスがゴロゴロ居る河川は日本全国で淀川ぐらいだと思います。



b0177760_4152552.jpg

この本にはNOIKEスタッフが現在知りうる全てのポイント情報が載っています。

竹内はいつも「バス釣りはまず場所ありき」って口癖のように言うんですが、
どんなに釣れるルアーでもただ闇雲に投げてるだけでは魚は釣れません。

魚の居る場所にその状況で効果的なルアーを入れてやることで
はじめてバイトを得られます。

そのためには釣りをする場所の地形を知っていることは大前提。

巻末のシーズナルパターンと合わせて読み込んで
MAPに載っているポイントを上手く活用してください。

淀川近辺の釣具店のNOIKEコーナーにある『Y.B.F REPORT』には
現状の淀川の魚の動きや釣り方をさらに詳しく載せているので
こちらも合わせて見ていただければと思います。
(Y.B.F REPORTは定期的にお店で開催されるY.B.Fミーティングでも配布しています)


ここまで詳細な淀川のポイントMAPは過去になかったので
皆さんの淀川釣行に必ず役立つと思います。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-29 05:04 | NOIKEの仕事

まもなく発売!

つり人社さんから発売される『淀川大明解MAP』

b0177760_039473.jpg

いよいよ8月29日発売です!


全域の魚探掛けから始まって、各エリアの解説文やシーズナルパターンの解説、
あげくの果てにはポイント写真のキャプションに至るまで
淀川大堰より上流のエリアに関しては、ほぼ竹内が一人で原稿を書いてます。

おかげでNOIKEの業務にかなりのシワ寄せがあったことは言うまでもありません・・・。



そんなこんなでようやく発売になる淀川大明解MAPですが、
個人的にちょっとツボなのが、ビッグフィッシュの実績ポイントマーク。

おそらく皆さんが最も注目するであろうビッグフィッシュの実績ポイントですが、
このマークを入れることを竹内は当初反対していました。

実績ポイントを公開したくないというような理由ではなくて、
別の理由でマークを入れることを反対していたんです。


最終的にはある程度厳選してマークを入れることになりましたが、
ご購入された方には何故マークを入れることに竹内が反対したのか
その理由を考えてみると面白いかと思います。

ヒントは下流域です。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-19 01:41 | NOIKEの仕事

校正

『淀川大明解MAP』

スタッフのブログやFacebookなどでも紹介しているので
すでにご存知の方も多いと思いますが、
つり人社さんから8月29日に発売になる完全版の淀川マップです。


校正が上がってきたので手分けして文字の校正をしています。

b0177760_0405274.jpg

老眼のオッサンにはキツいこの作業。

目がショボショボしてきました・・・。



b0177760_042124.jpg

城北ワンドの校正はウッチャンが担当。

隅々までシッカリお願いします。



b0177760_0445637.jpg

All Copywriting by Mitsushiro Takeuchi.

エリアごとの解説はもちろんのこと、
シーズナルパターンやタックル紹介、細かなキャプションにいたるまで
淀川大堰より上流のエリアは全て竹内が書いています。
(汽水域のエリアとバス以外の魚種に関しては別の方の担当です)


ちなみにこの本の私の仕事は
NOIKEの広告を作ったのと、オカッパリからのポイント写真を撮ったのと
たくさんあるポイント写真と釣果写真の整理をしたぐらい。

本のデザインに関しては別の方がされているので
私は裏方作業に従事しました。


日本屈指のビッグバスリバーである淀川を
ここまで詳しく書き記したMAP本は過去に例がないと思います。

書いてある内容は淀川のことですが、他の河川でも参考になる
川バス攻略の基本中の基本を学ぶことも出来ます。

発売までもう少しなので楽しみにお待ちください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-09 01:15 | NOIKEの仕事