NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:淀川 ( 140 ) タグの人気記事

淀川春爆第2弾の気配?

昨日は久しぶりに淀川に浮かびました。

b0177760_534984.jpg

朝からどんより曇っていて、いかにも釣れそうな雰囲気。

気温もそこそこ暖かいので釣り人も多かったですが、
釣り人の活性とは裏腹にバスのやる気はイマイチだったりするのがこの時期です。

季節の変わり目というか、バスのポジションが移行していくタイミングなので
上手く合わせられないと一日やってノーバイトってことも普通にあります。

とりあえず魚に触るだけならリップラップを丁寧に探っていくのが手堅いですが、
季節が進むにつれてパワーダウンしていくエリアなのでビッグサイズを狙っていくなら
これから良くなっていくエリアを意識して釣りをする必要があります。


というワケで、安定釣果のリップラップには目もくれず
ハイリスクハイリターンの季節を先取りしたエリアを重点的に狙ってみました。

ちなみにそれがどのエリアかはY.B.F REPORTのバックナンバーを見てもらえれば
そこにヒントが書いてあります。



b0177760_531105.jpg

使うリグは『wobble shad Ninja 3"』のダウンショットリグ。
5g〜7gの『Drop Shot SLIM』がオススメです。

これから良くなっていくエリアでの釣り方なので
今のタイミングでは基本的にバイトが少ないですが、
早めに動き出したビッグサイズだけに照準を合わせるなら
この釣りをやり切るのが良いと考えました。



b0177760_547154.jpg

ノーバイト地獄に耐えながら、何とか絞り出したビッグサイズ。

イメージ通りの釣り方で釣れると嬉しさも倍増です。



b0177760_60147.jpg

まだまだ本調子ではないのでキワドい掛かり方をしてました。

他にも何度かチャンスがあったんですが、
ミスの連発で残念ながらキャッチには至らず・・・。

ビッグサイズを量産するには釣り人側のミスを無くさないとダメですね。


この釣り方は来週辺りから徐々に良くなってきそうな気配がするので
釣行の際はY.B.F REPORTのバックナンバーのチェックと
『wobble shad Ninja 3"』をお忘れなく。

春爆第2弾がそろそろ始まりそうですよ。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-04-04 06:14 | 釣りの事

復活の狼煙?

昨日はスタッフ古川君と淀川に。

彼のバックシートで淀川に浮かぶのは久しぶりです。


しばらく釣りから遠ざかっていた彼ですが、
ようやく現場に復帰です!

これからまたビシバシ釣果報告をしてくれると思います。



b0177760_374526.jpg

そんな彼の復帰を祝うように魚が答えてくれました。


毎年恒例の春の場所に魚が入って来だしたので、
そろそろビッグチャンスがやってきそうな予感が・・・。

私も早くミッションを終わらせて
ビッグチャンスに備えたいと思います。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-02-29 03:21 | 釣りの事

淀川の水中堤防

淀川下流域に多く見られる
オカッパリでも人気スポットの水中堤防。


例えばコレとか、
b0177760_0322843.jpg




コレとか、
b0177760_0341870.jpg




こんなヤツです。
b0177760_0351295.jpg

色が変わっている部分、分かりますか?


比較的水がクリアな時や水位が低い時は見つけやすいですが、
そうでない時も注意深く見ればそこだけ波立ち方が違ってたりするので
水中堤防を見つけること自体はそれほど難しくはありません。

だけど水中堤防の場所は分かっていても周りの地形や前後の繋がりまで
しっかり把握している人って結構少ないと思います。

それが分かれば今よりもっと魚が釣れる確率が上がるハズ!


というワケで、現在この人が徹底調査しています。



沢山ある水中堤防の中でも良く釣れる場所には理由があります。

下流版の淀川マップでも水中堤防については紹介していますが、
もっとマクロな視点でこのエリアだけをピックアップした
淀川マップを作ってみてもいいかなぁと・・・。



b0177760_143674.jpg

「まだ秘密!」といって見せてくれませんが、
マップの入稿データ作るのは私なんで、秘密って言われても・・・。



ちなみにこの水中堤防を『テロップ』っていう人が多いですが、
おそらく『ケレップ』の間違いなんじゃないかと思います。

『テロップ』ってテレビで出てくる字幕のことですよね?


昔から淀川で釣りをしている人はみんな『テロップ』って言うので
何の疑いもなく私も『テロップ』って言ってましたが、
もしも間違ってたらかなり恥ずかしいので
NOIKEでは『水中堤防』っていう言い方で統一しています。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-02-18 01:37

爆風の中でのミッション

全国各地で春一番が観測された昨日。

爆風の淀川に浮かびました。

b0177760_229579.jpg

ミッション3日目です。


釣りをするにはかなり厳しい爆風ですが、
ミッションを遂行するためにはむしろこの爆風は好都合。

比較的風裏になるエリアで厳かにミッションを遂行していました。



b0177760_2462420.jpg

すると上流からドンブラコ、ドンブラコと何か流れてきました。


もしかして桃・・・。



b0177760_2464452.jpg

ボートでした。


係留していたボート部のボートが爆風で流されてしまったようです。


かなり困っているようなので助けてあげたい所なんですが、
前日の雨の影響で流芯部分は流れが強く、
さらに風がまともに当たっているので結構うねっています。

しかもエンジンではなくエレキ2機掛けのこの船で
ボートを引っ張って戻ってこれるのか・・・。

ちょっと厳しそうです。




b0177760_2561539.jpg

とはいえ、このままボートが流されていくのもマズイので
何とか救出を試みてみました。




b0177760_3121736.jpg

思ったよりもボートが軽かったので何とか引っ張れそうですが、
強い流れと爆風で船が進みません・・・。




b0177760_3173235.jpg

ちょっと時間が掛かりましたが無事にボートを救出できました。

先生に怒られずに済んで良かったですね。



b0177760_3231473.jpg

それにしても昨日の爆風は酷かったです。

こんな日はボートよりもオカッパリの方が足場が安定してるので
釣りがしやすいと思います。


今の私の操船技術ではこの爆風の中で
常に一定のボートボジションをキープして
丁寧に釣りをするのは至難の業。

自由自在にボートで釣りをするにはまだまだ練習が必要です。


そんな感じのミッション3日目でした。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-02-15 03:33 | 釣りの事

異文化交流

日曜日はロシアから来た友人と淀川に行きました。

b0177760_0303562.jpg

釣りがメインというワケではなかったんですが、
そこはみんなやっぱり釣り人なので・・・




b0177760_0325338.jpg

隙を見つけては釣りをしてしまいます。




b0177760_121633.jpg

そんなこんなでみんなで記念撮影。


違う国の人と一緒に釣りをすると
日本にはない発想や考え方に触れることができるので面白いですね。

異文化に触れることで魚釣りの本質みたいな部分を
再発見できることもあります。


まぁ、ロシア語は『ハラショー(хорошо)』ぐらいしか
分からないんですけどね・・・。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-02-09 01:23 | NOIKEの仕事

極寒の淀川

極寒の淀川に行ってきました。

b0177760_2084926.jpg

午後から爆風という予報だったので
ボートを出すのは諦めて今日はオカッパリです。



b0177760_20124037.jpg

寒過ぎてガイドが凍ります。

 

まともに釣りができません。



撃沈しました・・・。




ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-01-24 20:16 | 釣りの事
昨日は淀川に浮かびました。

b0177760_15572012.jpg

暖冬に伴って年末年始はビッグサイズが多数釣れた淀川ですが、
昨日は釣りはソコソコに魚探掛けのお手伝い。


b0177760_15583880.jpg

今年は真剣に淀川を釣り込むためにアルミボートを購入した若者。

まだ淀川のポイントを詳しく知らないようなので
私の知っている範囲でいくつかのポイントをレクチャーしました。

例えば同じように見えるテトラ帯でも
場所によってテトラの入っている範囲や組み方が違うので
しっかり魚探掛けして把握することが大切。


淀川マップで大まかなポイント解説はしていますが、
精度の高い釣りをするなら自分で魚探掛けして
ポイントを詳しく調べるしかないです。

釣りと平行して魚探掛けをすると
どっちつかずになってしまい効率も悪いので
一定の期間は釣りをしたい気持ちをグッと抑えて
魚探掛けに時間を費やした方がいいと思います。


春からの本格的なシーズンに釣果を上げるためには
冬の魚探掛けは必須作業です。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-01-18 16:18 | 釣りの事

Y.B.F REPORT vol.029&30

Y.B.F REPORTのvol.29と30が完成しました。

昨年は12月も良く釣れていた淀川。

年末ギリギリの大晦日の日までスタッフがビッグサイズを釣ってきたので
年をまたいでようやく完成しました。



b0177760_15484896.jpg

表面のトップはあと一歩でマグナムサイズだった59cmのスーパービッグ

長さこそロクマルに届きませんでしたがブリンブリンのナイスプロポーション。


河川でこのような個体が釣れるのが淀川のポテンシャル。

ここ数年で淀川はとても夢のあるフィールドになりましたね。




b0177760_15582596.jpg

そしてvol.30は2015年のビッグサイズをまとめた内容。

昨年はNOIKEスタッフ数名の釣果でロクマル5本を含め50upが94本出ました。

年間で平均すると4日に1本ぐらいの割合で
スタッフの誰かが50upを釣ってることになります。

まぁ、毎日フィールドに出ているわけではないので
確率的にはもっと高いんですが・・・。


河川でこれだけコンスタントにビッグサイズが出るフィールドは
全国的に見てもなかなか無いと思います。

今年も年始早々63cmのマグナムサイズが釣れているので
早速次のY.B.F REPORTに取り掛からないと!

Y.B.F REPORT vol.31もご期待下さい。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-01-11 17:02 | NOIKEの仕事

真冬の淀川マグナム

この冬は暖冬で例年よりも過ごしやすいですね。

皆さん釣りに行ってますか?

冬になるとさすがに釣り人も少なくなる淀川ですが、
実は今、淀川はちょっとスゴいことになってます。



昨日もスタッフがこんなバスを釣ってきました。

b0177760_045437.jpg

63cmのマグナムサイズ!!

去年の年末もこんなのが釣れてるし、その他50upが多数釣れてます。




b0177760_0505140.jpg

先日の作戦会議の効果がさっそく出ましたね。

リグはこの冬絶好調の『wobble shad Ninja 3"』の
ヘビーウェイトリアクションDS。

狙い所と釣り方を理解できているかどうかが重要です。




b0177760_0592064.jpg

それにしてもこの人、かなりヤルとは聞いていましたが
早速結果を出してくるところはさすがです。

参りました・・・。


男性スタッフもうかうかしてると2軍落ちにされるかも?

今年はスタッフ間の競争が激化することは必至です。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-01-09 01:36 | 釣りの事
昨日のブログで紹介したオカッパリ用のアラバマ系リグのセッティング。

あのセッティングは主にシャローエリアを狙う時に
使用するセッティングですが、今日は淀川のミドルレンジから
ディープレンジを狙うセッティングを紹介してみたいと思います。

ただでさえ根掛かりしやすいアラバマ系リグを
淀川の深い水深で使ったら根掛かって釣りにならないと思うかもしれませんが、
昨日紹介したセッティングを応用することで格段に根掛かりを回避できます。

ちなみに先日のマクナムサイズもこのセッティングで釣りました。



淀川のミドルからディープレンジのアラバマ系リグで
活躍するパーツがコレ。

b0177760_8211786.jpg

NOIKEのタングステンシンカー『Drop Shot SLIM』です。



これをこんな風に取付けます。

b0177760_8263741.jpg

周りの4本のワイヤーの1つをジカリグセッティングにします。

ウエイトは主に5.2g〜10.5gを水深に合わせて使用。

『Drop Shot SLIM』の取付け方はスタッフの間で試行錯誤中ですが、
私は最小限のパーツでリグを作りたいので、今はこのセッティングにしています。


そして、ここからが最も重要なんですが、
このセッティングは単にウエイトを足して沈みやすくするというだけではなく、
リグを根掛かりしにくい姿勢にキープすることで
よりストレスなくディープを狙えるようにするという目的があります。



図で説明するとこんな感じ。

b0177760_8485144.jpg

主にジグヘッドで使用されるアラバマ系リグは
全て同じウエイトだと回転しやすいので下の2つを重くして姿勢を安定させ、
ジグヘッドのウエイトを重くすることでディープを狙うことが多いと思います。

その時のリグの姿勢は左の図のようになりますが、
淀川でこの姿勢のままディープを狙うと根掛かりが多発するので
昨日紹介したセッティングのように周り4本をオフセットフックにして
その内の一つをジカリグセッティングにしてやることで右の図の姿勢にします。

こうすることでボトムと接する面が少なくなり、
さらに根掛かりしにくい『Drop Shot SLIM』のジカリグが
一番下にくることになるのでスリ抜けが良くなります。

これをスピナーベイトのスローロールの要領で
シンカーだけが軽くボトムに触れるくらいのスピードでゆっくり巻きます。


ちなみにブレードに関しては
ディープを狙う時は浮き上がりを抑えたいので
ウィローリーフを使用することが多いです。



b0177760_106929.jpg

根掛かりの多い淀川のディープをアラバマ系リグで狙う時は
「×」ではなく「+」の姿勢で引くのが使いやすいです。


サッカーのフォーメーション風に言うと
「2-1-2」のフォーメーションを
「1-3-1」に変更するって感じでしょうか?

まぁ、別にサッカーに例えなくてもいいんですが・・・。



ではまた。

[PR]
by waterlettuce | 2015-11-19 09:54 | お気に入り