NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:淀川 ( 135 ) タグの人気記事

極寒の淀川

極寒の淀川に行ってきました。

b0177760_2084926.jpg

午後から爆風という予報だったので
ボートを出すのは諦めて今日はオカッパリです。



b0177760_20124037.jpg

寒過ぎてガイドが凍ります。

 

まともに釣りができません。



撃沈しました・・・。




ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-01-24 20:16 | 釣りの事
昨日は淀川に浮かびました。

b0177760_15572012.jpg

暖冬に伴って年末年始はビッグサイズが多数釣れた淀川ですが、
昨日は釣りはソコソコに魚探掛けのお手伝い。


b0177760_15583880.jpg

今年は真剣に淀川を釣り込むためにアルミボートを購入した若者。

まだ淀川のポイントを詳しく知らないようなので
私の知っている範囲でいくつかのポイントをレクチャーしました。

例えば同じように見えるテトラ帯でも
場所によってテトラの入っている範囲や組み方が違うので
しっかり魚探掛けして把握することが大切。


淀川マップで大まかなポイント解説はしていますが、
精度の高い釣りをするなら自分で魚探掛けして
ポイントを詳しく調べるしかないです。

釣りと平行して魚探掛けをすると
どっちつかずになってしまい効率も悪いので
一定の期間は釣りをしたい気持ちをグッと抑えて
魚探掛けに時間を費やした方がいいと思います。


春からの本格的なシーズンに釣果を上げるためには
冬の魚探掛けは必須作業です。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-01-18 16:18 | 釣りの事

Y.B.F REPORT vol.029&30

Y.B.F REPORTのvol.29と30が完成しました。

昨年は12月も良く釣れていた淀川。

年末ギリギリの大晦日の日までスタッフがビッグサイズを釣ってきたので
年をまたいでようやく完成しました。



b0177760_15484896.jpg

表面のトップはあと一歩でマグナムサイズだった59cmのスーパービッグ

長さこそロクマルに届きませんでしたがブリンブリンのナイスプロポーション。


河川でこのような個体が釣れるのが淀川のポテンシャル。

ここ数年で淀川はとても夢のあるフィールドになりましたね。




b0177760_15582596.jpg

そしてvol.30は2015年のビッグサイズをまとめた内容。

昨年はNOIKEスタッフ数名の釣果でロクマル5本を含め50upが94本出ました。

年間で平均すると4日に1本ぐらいの割合で
スタッフの誰かが50upを釣ってることになります。

まぁ、毎日フィールドに出ているわけではないので
確率的にはもっと高いんですが・・・。


河川でこれだけコンスタントにビッグサイズが出るフィールドは
全国的に見てもなかなか無いと思います。

今年も年始早々63cmのマグナムサイズが釣れているので
早速次のY.B.F REPORTに取り掛からないと!

Y.B.F REPORT vol.31もご期待下さい。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-01-11 17:02 | NOIKEの仕事

真冬の淀川マグナム

この冬は暖冬で例年よりも過ごしやすいですね。

皆さん釣りに行ってますか?

冬になるとさすがに釣り人も少なくなる淀川ですが、
実は今、淀川はちょっとスゴいことになってます。



昨日もスタッフがこんなバスを釣ってきました。

b0177760_045437.jpg

63cmのマグナムサイズ!!

去年の年末もこんなのが釣れてるし、その他50upが多数釣れてます。




b0177760_0505140.jpg

先日の作戦会議の効果がさっそく出ましたね。

リグはこの冬絶好調の『wobble shad Ninja 3"』の
ヘビーウェイトリアクションDS。

狙い所と釣り方を理解できているかどうかが重要です。




b0177760_0592064.jpg

それにしてもこの人、かなりヤルとは聞いていましたが
早速結果を出してくるところはさすがです。

参りました・・・。


男性スタッフもうかうかしてると2軍落ちにされるかも?

今年はスタッフ間の競争が激化することは必至です。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-01-09 01:36 | 釣りの事
昨日のブログで紹介したオカッパリ用のアラバマ系リグのセッティング。

あのセッティングは主にシャローエリアを狙う時に
使用するセッティングですが、今日は淀川のミドルレンジから
ディープレンジを狙うセッティングを紹介してみたいと思います。

ただでさえ根掛かりしやすいアラバマ系リグを
淀川の深い水深で使ったら根掛かって釣りにならないと思うかもしれませんが、
昨日紹介したセッティングを応用することで格段に根掛かりを回避できます。

ちなみに先日のマクナムサイズもこのセッティングで釣りました。



淀川のミドルからディープレンジのアラバマ系リグで
活躍するパーツがコレ。

b0177760_8211786.jpg

NOIKEのタングステンシンカー『Drop Shot SLIM』です。



これをこんな風に取付けます。

b0177760_8263741.jpg

周りの4本のワイヤーの1つをジカリグセッティングにします。

ウエイトは主に5.2g〜10.5gを水深に合わせて使用。

『Drop Shot SLIM』の取付け方はスタッフの間で試行錯誤中ですが、
私は最小限のパーツでリグを作りたいので、今はこのセッティングにしています。


そして、ここからが最も重要なんですが、
このセッティングは単にウエイトを足して沈みやすくするというだけではなく、
リグを根掛かりしにくい姿勢にキープすることで
よりストレスなくディープを狙えるようにするという目的があります。



図で説明するとこんな感じ。

b0177760_8485144.jpg

主にジグヘッドで使用されるアラバマ系リグは
全て同じウエイトだと回転しやすいので下の2つを重くして姿勢を安定させ、
ジグヘッドのウエイトを重くすることでディープを狙うことが多いと思います。

その時のリグの姿勢は左の図のようになりますが、
淀川でこの姿勢のままディープを狙うと根掛かりが多発するので
昨日紹介したセッティングのように周り4本をオフセットフックにして
その内の一つをジカリグセッティングにしてやることで右の図の姿勢にします。

こうすることでボトムと接する面が少なくなり、
さらに根掛かりしにくい『Drop Shot SLIM』のジカリグが
一番下にくることになるのでスリ抜けが良くなります。

これをスピナーベイトのスローロールの要領で
シンカーだけが軽くボトムに触れるくらいのスピードでゆっくり巻きます。


ちなみにブレードに関しては
ディープを狙う時は浮き上がりを抑えたいので
ウィローリーフを使用することが多いです。



b0177760_106929.jpg

根掛かりの多い淀川のディープをアラバマ系リグで狙う時は
「×」ではなく「+」の姿勢で引くのが使いやすいです。


サッカーのフォーメーション風に言うと
「2-1-2」のフォーメーションを
「1-3-1」に変更するって感じでしょうか?

まぁ、別にサッカーに例えなくてもいいんですが・・・。



ではまた。

[PR]
by waterlettuce | 2015-11-19 09:54 | お気に入り
昨日はスタッフ古川君と淀川に浮かびました。

b0177760_7145251.jpg

若干久しぶりのボート釣りでの淀川です。


先日のY.B.Fミーティングでもお伝えしましたが、
最近の淀川はバスの反応が得られやすいレンジが二分されています。

安定釣果のディープレンジと一発狙いのシャローレンジ。
ミドルレンジはイマイチ反応が悪いです。

何メートルぐらいのレンジでどういった釣り方をするかというのは
Y.B.F REPORT vol.026に詳しく書いてあるので参考にしてもらえればと。



というワケで、前置きはこれぐらいにして昨日の釣果ですが、
やっぱりディープの釣果は安定してますね。

b0177760_7442721.jpg

こんな感じの魚がコンスタントに釣れます。

水温が下がってきて魚のいるスポットが固まり始めた印象です。

『Mighty Mama!!』『Donkey BOO』のジカリグや
『wobble shad Ninja 3"』のヘビーダウンショットなどで
ボトムを丁寧に狙うとレギュラーサイズからグッドサイスが
コンスタントにバイトしてきます。


隣でボコボコ釣っていく古川君を見てかなり羨ましかったんですが、
私は彼とは違う釣りをひたすらやり通しました。


b0177760_7544939.jpg

『wobble shad Ninja 3"』のアラバマ系リグ。

これから水温が下がっていくにつれて威力を発揮するこのリグ、
ベイトフィッシュを意識している魚に対しては効果バツグンです。


ちょこっと試しただけでボコボコに釣れまくるっていうことは
淀川の場合はなかなか難しいと思いますが、
ひたすら信じてやりきるとこんなバスが釣れます。

b0177760_875940.jpg

62cmのマグナムサイズ!

先日のY.B.Fミーティングで一発狙うならココって
お伝えした場所でやっぱり出ましたね。

ベイトフィッシュを喰いまくっているのでスゴいプロポーションでした。



b0177760_8121922.jpg

マグナムサイズになるとビッグサイズとは明らかに顔付きが違います。

見た瞬間にロクマルだとハッキリ分かりました。



b0177760_817621.jpg

やっぱり『wobble shad Ninja 3"』はイイ仕事します。

流れのある河川ではこのワーム特有のウォブリングアクションが効果的です。



この時期の淀川でこのサイズを狙うのは簡単ではないですが、
狙わないと出ないサイズであることも事実。

この釣りがハマった時の威力は凄まじいものがありますよ!!



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2015-11-16 09:02 | 釣りの事
昨日のブログで少し書いた淀川のアラバマ系リグ。

b0177760_105513.jpg

トレーラーに付けるワームは『wobble shad Ninja 3"』がオススメです。


このワームはアラバマ用に作ったワームという訳ではないんですが、
開発を進めていくにあたって様々なリグで試した所
淀川のアラバマ系リグにベストマッチだということが判明。

力強いウォブリングアクションが
流れのある河川でのアラバマ系リグには有効です。



『Ninja 3"』のウォブリングアクションが最も分かりやすいのが
ノーシンカーリグとジグヘッドリグでの使用。

b0177760_1502984.jpg

アラバマ系リグでは主にジグヘッドで使用するので
『Ninja 3"』が5匹連なって泳ぐ様はかなり艶かしいですよ。


ヒュルヒュル動くテールアクションではなくて
ブリブリ動くウォブリングアクションって言うのがミソです。

流れのある河川では流れに消されない動きというのが
重要になってきます。



ではまた。




さらに詳しいお話は金曜のY.B.Fミーティングで。
b0177760_212013.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2015-11-12 02:03 | お気に入り
これから水温が下がってくると
ますます威力を発揮するアラバマ系リグ。

b0177760_050968.jpg

このリグは数年前にブレイクして
各社から軒並みアラバマ系のルアーがリリースされましたが、
今はある程度淘汰されてきた感じがしますね。



琵琶湖でのイメージが強いアラバマ系リグですが、
淀川などの河川でもその効果は絶大。

しかしウィードレイクの琵琶湖と淀川のような河川では
使いどころが違うので、琵琶湖セッティングのアラバマ系リグを
そのまま淀川で使用すると使いづらい部分があります。



さらに淀川ではオカッパリで釣りをする人が圧倒的に多いですが、
オカッパリとボートでもアラバマ系リグのセッティングは変わってきます。

ボート釣りでの琵琶湖セッティングのアラバマ系リグを
そのまま淀川のオカッパリで投げたら・・・

おそらく釣りにならないと思います。


使用するアラバマ系リグの本体は同じですが
琵琶湖には琵琶湖の、淀川には淀川の、
オカッパリにはオカッパリのベストセッティングがあります。


その辺のことをブログで書こうと思いましたが
かなり長くなりそうなので、やっぱり今日はやめときます。

詳しくは今週末のブンブンジュニア天王寺駅前店さんでの
Y.B.Fミーティングで直接お伝えできればと。


冬の淀川でビッグサイズを狙うなら
アラバマ系リグは大きな戦力になります。


ではまた。




金曜日はブンブンジュニア天王寺駅前店さんでお待ちしています。
b0177760_1255955.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2015-11-11 01:29 | お気に入り
シルバーウィークが終わりましたね。

天気も良く、絶好の行楽日和だったので
釣りに出掛けた方も多かったと思います。

b0177760_4405898.jpg

私はシルバーウィーク中も仕事でしたが、
日曜日の一日だけ淀川に浮かびました。



今の淀川は台風の影響も一段落してバスが活発に動き回るようになり、
数釣りが楽しめるようになってます。

b0177760_451317.jpg

普通に釣りをすればレギュラーサイズはたくさん釣れます。

場所さえハズさなければ『Smile worm』で二桁釣果も可能ですが、
この釣り方を続けてもビッグが混ざることは皆無。


ビッグ狙いの釣りは使うワームは同じでも狙い方が違います。

釣り方自体はそれほど難しくないですが、やり通すには精神力が必要。

レギュラーサイズのバイトが多いエリアは
ビッグサイズが出る場所じゃないって思えるかどうかが大切だと思います。


延々ノーバイトが続く0か100かの釣りですが、
やり通せば一日一回はビッグチャンスがやってきます。

但しそれをモノにできるかどうかは個人の力量次第。


今回は力量が足りませんでした・・・。 無念です・・・。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2015-09-24 05:34 | 釣りの事
今日はカスヤマエンヂニヤリングの粕山さんと淀川です。

b0177760_0132566.jpg

最近多忙でお疲れ気味の粕山さんですが、
水の上に浮かんでしまえばやっぱり釣り人・・・元気そうでしたね。



天気予報ではかなりの雨が降るとのことでしたが、
実際はそれほど雨が降らなかった今日の淀川。

b0177760_0182161.jpg

でも水の色はかなり濁ってました。





こんな水の色の時は・・・




やっぱりあのカラー・・・





b0177760_0252040.jpg


『#117 マッディグレープ』

『TEXAS kemkem』『Donkey BOO』の組み合わせ。



これでカバーを丁寧に撃っていくと・・・




b0177760_035362.jpg

ジュニアサイズから、



b0177760_035338.jpg

レギュラーサイズまでがコンスタントに釣れます。




粕山さんは『Smile worm Mammy』で釣ってます。

b0177760_03775.jpg

ちょっとスリムですがグッドサイズ。

やっぱり『Mammy』は釣れますね。



b0177760_0401111.jpg

私も『Mammy』でイイのが出ました♪



b0177760_0414226.jpg

カラーはやっぱり『マッディグレープ』

濁った水の色では抜群の威力を発揮しますね。

普通に使ってももちろん釣れますが・・・



そんな感じで『マッディグレープ』の威力を再確認した一日でした。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2015-08-30 23:52 | 釣りの事