NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:淀川 ( 142 ) タグの人気記事

先日入稿した『淀川下流域 / 水中堤防帯ポイントMAP』が
もう印刷所から上がってきました。

b0177760_1325465.jpg

気を利かせて素早く対応してくれた印刷所の方に感謝です!


今週末の4/23(土)のフィッシングエイト3さんでの
Y.B.Fミーティングでご購入特典としてプレゼントするこのマップ、
内容に関してはミーティング当日のお楽しみにするとして
水中堤防帯のことを知らない方のために少し紹介してみたいと思います。



ここが水中堤防帯があるエリア。

b0177760_151456.jpg

足場も悪くないので比較的釣りはしやすいです。

このエリアは淀川流域でも大きく川がカーブしている場所なので
大雨後の激しい流れを弱めたり、淀川の氾濫を防ぐことを目的として
豊里大橋近辺から菅原大橋まで、大小様々な水中堤防が二十数カ所設置されています。



橋の上から見ると水中堤防の位置が良く分かります。

b0177760_2102778.jpg

うっすらと色が変わっている部分が水中堤防。

この水中堤防はゴロタ石を敷き詰めて作られているので
テナガエビやザリガニの格好の住処にもなっています。

淀川のバスのメインベイトはテナガエビやザリガニなので
水中堤防帯は必然的にバスのストック量が多いエリアになります。




b0177760_155587.jpg

豊里大橋左岸側の駐車場からのアクセスも良く、
車で淀川に来られた方も駐車場に車を停めてすぐ釣りができます。




駐車場から一番近いポイントで駐車場からの距離がこんな感じ。

b0177760_202230.jpg

メチャクチャアクセスいいです!




b0177760_2234083.jpg

ちなみに駐車場の横は淀川河川公園になっていてトイレも設置してあるので
家族で遊びに来たついでにちょっと釣りを楽しむっていうこともできます。


そしてこのエリアの一部は
チャプター大阪のトーナメントエリアにもなっています。

水中堤防帯の水深や周りの地形をここまで詳細に記したマップは今まで無かったので
大会に参加される方にとってこのマップは大きなアドバンテージになると思います。


これから淀川で釣りを始めてみたいという方も
チャプター大阪に参加する選手の方も
ぜひ週末のY.B.Fミーティングにお越しいただいて
マップを入手してください。


ではまた。



b0177760_244388.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2016-04-21 02:45 | NOIKEの仕事

いつもの感じ

昨日と今日は淀川で実釣講習会でした。

b0177760_012465.jpg

いつもお世話になっているお得意様の淀川研修のお手伝いということで
2日に分けて9名のお得意様に淀川の釣りをレクチャー。



b0177760_0172417.jpg

ボート班とオカッパリ班に分かれて
淀川の釣り方やNOIKE商品の特徴などをお伝えします。

ちなみにボート班は竹内、オカッパリ班は私です。



こういった実釣講習会って私は初めてで緊張しましたが、
ボート班の彼はいつもの感じで釣ってます。

b0177760_020279.jpg

普段通りの安定釣果。

いつもの感じで、いつものサイズ。




b0177760_0241563.jpg

そしていつものビッグ連発。

別に驚くことはありません。いつものことです。




b0177760_0264518.jpg

安定感バツグンの『Smile worm Mammy』

いつものリグです。




お得意様もグッドサイズを釣ってます。

b0177760_0285392.jpg

イイ感じです♪




b0177760_0295663.jpg

こちらのお得意様もグッドサイズ。




b0177760_031637.jpg

『Smile worm Mammy』に負けず劣らず
『wobble shad Ninja 3"』も活躍しています。





ところでオカッパリ班の方はどうかというと、
ボート班の釣果とは裏腹にかなり苦戦を強いられました。


おそらく講師のせいです。


講師って誰や!  あっ、私か・・・。




b0177760_0385136.jpg

苦戦しながらも何とか魚に触ってもらうことはできました。


とりあえず釣ってもらってホッとした気持ちと、
もっと釣っていただきたいという気持ちと、
そう言えば私が釣ってない!っていう気持ちが交差します・・・。



そんな私の複雑な気持ちなどつゆ知らず、
ボート班はさらにビッグを上乗せです。

b0177760_0492085.jpg

あわやマグナムサイズのスーパービッグ!!


まぁ、いつものことです・・・。




ここで私に有終の美を締めくくるビッグサイズが欲しいところ。

感動のフィナーレを向かえるためには
オカッパリでの私のビッグサイズが不可欠です。


ここで釣ったら非常にカッコイイ!


「さすがですねぇ、最後の最後においしい所持っていきますねぇ」と
お得意様に言ってもらえるに違いない!



プレッシャーを押しのけるポジティブシンキングで
無心にキャストを繰り返す私。


「ナイスキャストにバイトなし」


そんな格言が頭をよぎりますが、丁寧に丁寧に狙い続けていると・・・



ついに来ました!



待望のビッグバイト!!



上がってきた魚のサイズは!!!





b0177760_1113580.jpg


マ、マジか・・・。





まぁ、いつもの感じです・・・。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-04-13 23:22 | 釣りの事

淀川春爆第2弾の気配?

昨日は久しぶりに淀川に浮かびました。

b0177760_534984.jpg

朝からどんより曇っていて、いかにも釣れそうな雰囲気。

気温もそこそこ暖かいので釣り人も多かったですが、
釣り人の活性とは裏腹にバスのやる気はイマイチだったりするのがこの時期です。

季節の変わり目というか、バスのポジションが移行していくタイミングなので
上手く合わせられないと一日やってノーバイトってことも普通にあります。

とりあえず魚に触るだけならリップラップを丁寧に探っていくのが手堅いですが、
季節が進むにつれてパワーダウンしていくエリアなのでビッグサイズを狙っていくなら
これから良くなっていくエリアを意識して釣りをする必要があります。


というワケで、安定釣果のリップラップには目もくれず
ハイリスクハイリターンの季節を先取りしたエリアを重点的に狙ってみました。

ちなみにそれがどのエリアかはY.B.F REPORTのバックナンバーを見てもらえれば
そこにヒントが書いてあります。



b0177760_531105.jpg

使うリグは『wobble shad Ninja 3"』のダウンショットリグ。
5g〜7gの『Drop Shot SLIM』がオススメです。

これから良くなっていくエリアでの釣り方なので
今のタイミングでは基本的にバイトが少ないですが、
早めに動き出したビッグサイズだけに照準を合わせるなら
この釣りをやり切るのが良いと考えました。



b0177760_547154.jpg

ノーバイト地獄に耐えながら、何とか絞り出したビッグサイズ。

イメージ通りの釣り方で釣れると嬉しさも倍増です。



b0177760_60147.jpg

まだまだ本調子ではないのでキワドい掛かり方をしてました。

他にも何度かチャンスがあったんですが、
ミスの連発で残念ながらキャッチには至らず・・・。

ビッグサイズを量産するには釣り人側のミスを無くさないとダメですね。


この釣り方は来週辺りから徐々に良くなってきそうな気配がするので
釣行の際はY.B.F REPORTのバックナンバーのチェックと
『wobble shad Ninja 3"』をお忘れなく。

春爆第2弾がそろそろ始まりそうですよ。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-04-04 06:14 | 釣りの事

復活の狼煙?

昨日はスタッフ古川君と淀川に。

彼のバックシートで淀川に浮かぶのは久しぶりです。


しばらく釣りから遠ざかっていた彼ですが、
ようやく現場に復帰です!

これからまたビシバシ釣果報告をしてくれると思います。



b0177760_374526.jpg

そんな彼の復帰を祝うように魚が答えてくれました。


毎年恒例の春の場所に魚が入って来だしたので、
そろそろビッグチャンスがやってきそうな予感が・・・。

私も早くミッションを終わらせて
ビッグチャンスに備えたいと思います。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-02-29 03:21 | 釣りの事

淀川の水中堤防

淀川下流域に多く見られる
オカッパリでも人気スポットの水中堤防。


例えばコレとか、
b0177760_0322843.jpg




コレとか、
b0177760_0341870.jpg




こんなヤツです。
b0177760_0351295.jpg

色が変わっている部分、分かりますか?


比較的水がクリアな時や水位が低い時は見つけやすいですが、
そうでない時も注意深く見ればそこだけ波立ち方が違ってたりするので
水中堤防を見つけること自体はそれほど難しくはありません。

だけど水中堤防の場所は分かっていても周りの地形や前後の繋がりまで
しっかり把握している人って結構少ないと思います。

それが分かれば今よりもっと魚が釣れる確率が上がるハズ!


というワケで、現在この人が徹底調査しています。



沢山ある水中堤防の中でも良く釣れる場所には理由があります。

下流版の淀川マップでも水中堤防については紹介していますが、
もっとマクロな視点でこのエリアだけをピックアップした
淀川マップを作ってみてもいいかなぁと・・・。



b0177760_143674.jpg

「まだ秘密!」といって見せてくれませんが、
マップの入稿データ作るのは私なんで、秘密って言われても・・・。



ちなみにこの水中堤防を『テロップ』っていう人が多いですが、
おそらく『ケレップ』の間違いなんじゃないかと思います。

『テロップ』ってテレビで出てくる字幕のことですよね?


昔から淀川で釣りをしている人はみんな『テロップ』って言うので
何の疑いもなく私も『テロップ』って言ってましたが、
もしも間違ってたらかなり恥ずかしいので
NOIKEでは『水中堤防』っていう言い方で統一しています。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-02-18 01:37

爆風の中でのミッション

全国各地で春一番が観測された昨日。

爆風の淀川に浮かびました。

b0177760_229579.jpg

ミッション3日目です。


釣りをするにはかなり厳しい爆風ですが、
ミッションを遂行するためにはむしろこの爆風は好都合。

比較的風裏になるエリアで厳かにミッションを遂行していました。



b0177760_2462420.jpg

すると上流からドンブラコ、ドンブラコと何か流れてきました。


もしかして桃・・・。



b0177760_2464452.jpg

ボートでした。


係留していたボート部のボートが爆風で流されてしまったようです。


かなり困っているようなので助けてあげたい所なんですが、
前日の雨の影響で流芯部分は流れが強く、
さらに風がまともに当たっているので結構うねっています。

しかもエンジンではなくエレキ2機掛けのこの船で
ボートを引っ張って戻ってこれるのか・・・。

ちょっと厳しそうです。




b0177760_2561539.jpg

とはいえ、このままボートが流されていくのもマズイので
何とか救出を試みてみました。




b0177760_3121736.jpg

思ったよりもボートが軽かったので何とか引っ張れそうですが、
強い流れと爆風で船が進みません・・・。




b0177760_3173235.jpg

ちょっと時間が掛かりましたが無事にボートを救出できました。

先生に怒られずに済んで良かったですね。



b0177760_3231473.jpg

それにしても昨日の爆風は酷かったです。

こんな日はボートよりもオカッパリの方が足場が安定してるので
釣りがしやすいと思います。


今の私の操船技術ではこの爆風の中で
常に一定のボートボジションをキープして
丁寧に釣りをするのは至難の業。

自由自在にボートで釣りをするにはまだまだ練習が必要です。


そんな感じのミッション3日目でした。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-02-15 03:33 | 釣りの事

異文化交流

日曜日はロシアから来た友人と淀川に行きました。

b0177760_0303562.jpg

釣りがメインというワケではなかったんですが、
そこはみんなやっぱり釣り人なので・・・




b0177760_0325338.jpg

隙を見つけては釣りをしてしまいます。




b0177760_121633.jpg

そんなこんなでみんなで記念撮影。


違う国の人と一緒に釣りをすると
日本にはない発想や考え方に触れることができるので面白いですね。

異文化に触れることで魚釣りの本質みたいな部分を
再発見できることもあります。


まぁ、ロシア語は『ハラショー(хорошо)』ぐらいしか
分からないんですけどね・・・。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-02-09 01:23 | NOIKEの仕事

極寒の淀川

極寒の淀川に行ってきました。

b0177760_2084926.jpg

午後から爆風という予報だったので
ボートを出すのは諦めて今日はオカッパリです。



b0177760_20124037.jpg

寒過ぎてガイドが凍ります。

 

まともに釣りができません。



撃沈しました・・・。




ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-01-24 20:16 | 釣りの事
昨日は淀川に浮かびました。

b0177760_15572012.jpg

暖冬に伴って年末年始はビッグサイズが多数釣れた淀川ですが、
昨日は釣りはソコソコに魚探掛けのお手伝い。


b0177760_15583880.jpg

今年は真剣に淀川を釣り込むためにアルミボートを購入した若者。

まだ淀川のポイントを詳しく知らないようなので
私の知っている範囲でいくつかのポイントをレクチャーしました。

例えば同じように見えるテトラ帯でも
場所によってテトラの入っている範囲や組み方が違うので
しっかり魚探掛けして把握することが大切。


淀川マップで大まかなポイント解説はしていますが、
精度の高い釣りをするなら自分で魚探掛けして
ポイントを詳しく調べるしかないです。

釣りと平行して魚探掛けをすると
どっちつかずになってしまい効率も悪いので
一定の期間は釣りをしたい気持ちをグッと抑えて
魚探掛けに時間を費やした方がいいと思います。


春からの本格的なシーズンに釣果を上げるためには
冬の魚探掛けは必須作業です。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-01-18 16:18 | 釣りの事

Y.B.F REPORT vol.029&30

Y.B.F REPORTのvol.29と30が完成しました。

昨年は12月も良く釣れていた淀川。

年末ギリギリの大晦日の日までスタッフがビッグサイズを釣ってきたので
年をまたいでようやく完成しました。



b0177760_15484896.jpg

表面のトップはあと一歩でマグナムサイズだった59cmのスーパービッグ

長さこそロクマルに届きませんでしたがブリンブリンのナイスプロポーション。


河川でこのような個体が釣れるのが淀川のポテンシャル。

ここ数年で淀川はとても夢のあるフィールドになりましたね。




b0177760_15582596.jpg

そしてvol.30は2015年のビッグサイズをまとめた内容。

昨年はNOIKEスタッフ数名の釣果でロクマル5本を含め50upが94本出ました。

年間で平均すると4日に1本ぐらいの割合で
スタッフの誰かが50upを釣ってることになります。

まぁ、毎日フィールドに出ているわけではないので
確率的にはもっと高いんですが・・・。


河川でこれだけコンスタントにビッグサイズが出るフィールドは
全国的に見てもなかなか無いと思います。

今年も年始早々63cmのマグナムサイズが釣れているので
早速次のY.B.F REPORTに取り掛からないと!

Y.B.F REPORT vol.31もご期待下さい。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-01-11 17:02 | NOIKEの仕事