NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

タグ:Donkey BOO ( 6 ) タグの人気記事

久しぶりの野池釣行

馴染みのお客さんと野池でオカッパリしてきました。

最近は釣り禁止の野池も多いですが、
今回は釣りOKの遠方の野池まで日帰り遠征です。


b0177760_21541407.jpg

普段は淀川釣行が多い私ですが、
今回はお客さんが良く知っている野池を案内してもらいました。



b0177760_21542684.jpg

朝早くから出発したんですが、目的地に着く頃には太陽はかなり高い位置に。

この時期は一番釣るのが難しい時間帯です・・・。



b0177760_21543722.jpg

最初に入った池は全体的にウィードが多い池だったので
フラップを全て取ってオフセットフックを逆刺しにした
『Donkey BOO』のバックスライドセッティングで
ウィードのポケットや壁に付いているバスを狙ってみました。



b0177760_21544797.jpg

キッズサイズがメインですが、短時間でかなりの数が釣れました。

ウィードの上に乗っけて、ヒョイヒョイっとアクションを入れて、
ウィードを抜けたルアーがバックスライドしてウィードの根っこに
滑り込んでいくイメージで使ってやると面白いようにバイトが出ます。


お客さんも同じぐらいのサイズを『kemnpa』のネイルリグで沢山釣ってました。

とりあえず全員安打で数も沢山釣ったので
サイズアップを目指して他の池も回ってみることに。



b0177760_21545857.jpg

いくつかの池を回って、ほとんどの池で魚を釣ることが出来たんですが、
釣れるサイズはキッズサイズからジュニアサイズがほとんど。

お客さんの話では過去にデカイのも釣ってるそうなんですが・・・。



b0177760_21551275.jpg

10匹釣ったら1匹ぐらいはちょっといいサイズが交じるんですが、
ビッグサイズには程遠いです。

日中の真夏の野池でビッグサイズを釣るのが簡単ではないことは百も承知ですが、
これだけ数が釣れるんだったら1匹ぐらいはデカイのを釣っときたいというのが釣り人の心情。

まぁ、数釣りは数釣りで私としては結構楽しかったりもするんですが・・・。


というワケで、私が真夏の野池で昔良く使っていたこのリグを久しぶりに使ってみました。



b0177760_21552201.jpg

『Smile worm』のネコリグ。

「別に普通やん」っていう声が聞こえてきそうですが、
セッティングと使い方にちょっとアレンジを加えています。

説明すると長くなるので次回のブログで詳しく書いてみようと思います。



b0177760_21553210.jpg

案の定、ジュニアサイズを釣りつつもビッグサイズに口を使わせることに成功!

真夏の炎天下でこのサイズが釣れたら大満足です。



b0177760_21554395.jpg

ちなみにお客さんとのダブルヒットでした。

空気読めない魚を釣ってしまったかもしれません・・・



b0177760_21555481.jpg

移動した次の池でもビッグサイズを追加!!

やっぱりこの釣り方、この季節の野池にハマってると思うんですよねぇ。




b0177760_21560325.jpg

長さ的にはビッグサイズですが、体型はスリムでした。

悲しいかな、私と比べると魚のスリムさがさらに引立ちます・・・。




そんな感じで今回は真夏の炎天下の中、楽しい釣りができました。

案内してくれたお客さんに感謝です!


b0177760_21561331.jpg

しかしかなり遠方の釣り場だったので自宅に帰ったのは午前4時過ぎ・・・。

次の日は睡魔との戦いでした・・・。




ちなみに今回訪れた野池は地元では結構有名な野池で釣り人もそれなりに居るんですが、
どの野池も釣り人のゴミが全く落ちていなかったです。

ここで釣りをする人が近隣への配慮も含めてマナーを守って釣りをしてきたからこそ
釣り禁止にならずに今でも釣りが楽しめるんだと思います。

こういう釣り場が無くならないように
野池で釣りをする際はモラルのある行動を心掛けたいですね。


ではまた。



[PR]
by waterlettuce | 2017-08-14 01:25 | 釣りの事

Donkey BOOが好調です!

こないだの土日はNOIKEスタッフからの
釣果報告がたくさん届いたのでサクっと紹介してみます。


まずはスタッフ内山君のスーパービッグ。

b0177760_1649032.jpg

リップラップをスローに攻めての釣果。

57cmだそうです。



b0177760_16511030.jpg

ちょっとイキってます・・・。

57cmなのでしかたないです。



b0177760_16515920.jpg

『強化新型kemkem』『Donkey BOO』の組み合わせ

リップラップ攻略だったら『Mighty Mama!!』もオススメです。




次は若手スタッフの浅田君。

b0177760_16582988.jpg

写真が逆光なのが残念・・・



b0177760_1701335.jpg

魚はデカイですが無表情なのが残念・・・

何故に無表情? 何故に棒立ち?

ジワジワ笑える写真ではありますが・・・



『Donkey BOO』のヘビーDSでリップラップを探って釣ったそうです。

クドいようですが、リップラップ攻略には『Mighty Mama!!』もオススメです。





そしてお馴染み「これから兄さん」

b0177760_1795841.jpg

この冬絶好調の「これから兄さん」もしっかり釣ってます!



b0177760_17124468.jpg

『Donkey BOO』のリーダーレスDSでの釣果。
場所はやっぱりリップラップです。

しつこいようですが、リップラップ攻略には『Mighty Mama!!』もオススメです!



b0177760_17144482.jpg

これから兄さんはさらにグッドサイズを追加。

またしても『Donkey BOO』でしょうか・・・?





b0177760_17161977.jpg


『Mighty Mama!!』でした!

さすが兄さん! 空気が読める!!


カバーに絡めて釣るなら『Donkey BOO』、
リップラップなどのハードボトムには『Mighty Mama!!』っていうのが
使い分けのセオリーですが、『Donkey BOO』がこれだけ爆発しているっていうことは
何かセオリーとは違った理由があるのかもしれませんね。




そんな感じでスタッフ釣果がたくさん届いた土日でしたが、
私は相変らず『Y.B.Fテキスト』の制作に追われています。


b0177760_17302061.jpg

描くべきイラストの数が多過ぎるんです・・・。


『全てはお客様の釣果のために』

ビール会社のキャッチフレーズみたいですが、
引き続き頑張って描きます!


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2017-03-13 17:35 | 釣りの事

シャイな・・・

暑い日が続いています。


日中は『暑い』を通り越して『熱い』です。


そんな熱い中、私は決死の覚悟で大阪市内を自転車で走り回っておりました。


焼け焦げるかと思いました・・・。




そんな灼熱の日中に
お客さんから釣果報告画像が送られてきました。

b0177760_0124167.jpg

とてもシャイな方なので、顔出しNGのようです。


ついでに魚もシャイなのか、尻尾出しNGのようです・・・。


まぁ、ビッグサイズであることは間違いないと思われます。



b0177760_019824.jpg

ちなみに『Donkey BOO』の7gリーダーレスDS(パンチショット)で釣ったとのこと。



実は密かにビッグフィッシュゲッターの『Donkey BOO』。

ビッグフィッシュが思わず反応してしまう要素を
コンパクトサイズの中にギュッと詰め込んでいます。



b0177760_03711100.jpg

その他、グッドサイズも追加して
灼熱の中でも良い釣りをされているようです。
(これも尻尾出しNGのシャイな魚ですね・・・)



次回釣行時には『Donkey BOO』をお忘れなく。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-05 00:50 | 釣りの事
土曜日のY.B.Fミーティングから一夜明けた昨日。

日曜日ですがガッツリ仕事してます!

とはいえ、日曜日なのでスタッフは灼熱の淀川へ。

熱中症だけは気をつけて頑張ってください。



灼熱の淀川で古川君が釣りました!

b0177760_23533267.jpg

『Smile worm Mammy』の2.6gネコリグ。

『#34 シナモンブルー』で快心の一撃!

やっぱり『Smile worm Mammy』のビッグフィッシュ率は高いです。



腹ペコボーイも負けじと釣ります!

b0177760_2359954.jpg


b0177760_00749.jpg

『Donkey BOO』の5.2gリーダーレスDS。

カラーは『#103 ダークレッド』ですね。


流れの当たるエリアをドリフトさせて釣ったビッグフィッシュ。

流れの強さによってシンカーウエイトを調整するのがキモだそうです。



b0177760_073177.jpg

灼熱のこの時期、コンディションのいい魚は
やっぱり流れの当たるエリアに居ますね。



さらにこれから兄さんも応戦!

b0177760_0172135.jpg

しかし残念ながらサイズダウン・・・。




と、思いきや終了間際のロスタイムで起死回生のビッグフィッシュ!!

b0177760_0192898.jpg

これから兄さん、吠えてます。

リグは腹ペコボーイと同じ『Donkey BOO』の5.2dリーダーレスDS。

やっぱり流れに乗せる『コロコロ大作戦』が良かったようです。


灼熱の淀川ですが、これだけビッグフィッシュを連発されると
さすがにちょっとソワソワしてきますね。

来週末釣りをするために今週の仕事を頑張ります!


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-08-01 00:37 | 釣りの事
毎年この時期になると淀川で爆発するリグ。

b0177760_0424086.jpg

『TEXAS kemkem』『Donkey BOO』のコンビ。

『TUNGSTEN Bullet Sinker』の1.8gを増設して使うっていうのがミソです。


どういった状態のバスをどのような場所で狙うかっていうのは
こちらのブログを参考にしていただくとして、
このリグの作り方について詳しく説明してみようと思います。
詳しく説明っていってもスゴく簡単なんですが・・・



用意するのはこの4点。

b0177760_116950.jpg

左から、『Trap Hook』の#1、『Sinker Stopper』のMサイズ、
『TEXAS kemkem』の3.5g、『TUNGSTEN Bullet Sinker』の1.8g。



b0177760_1203960.jpg
これらをこんな順番でラインに通していきます。




b0177760_1214311.jpg
そして合体。 以上です。



何故このリグがこの時期の淀川で効果を発揮するかというと、
シャローに上がった早春のバスは暖かくなったとはいえ
動きはまだまだスローであることが多いです。

そのためバイトに持ち込むまでの“間”が重要になってくるんですが、
カバーに絡めて誘うことができてスリ抜けの良い『TEXAS kemkem』が
カバーの中で“間”を作り出すために効果的。

普通のテキサスリグではなく、
スカート付きの『TEXAS kemkem』ってところに意味があります。

カバーの中で『TEXAS kemkem』のスカートが
ファ〜っとフレアしているところをイメージしてみてください・・・。

もう釣れましたね!


b0177760_1534991.jpg

比較的水深のあるバンクのカバーを狙うので
『TUNGSTEN Bullet Sinker』の1.8gを増設します。
流れが強い時は2.7gにすることも。

ただでさえスリ抜けの良い『TEXAS kemkem』のアタマに
ワンサイズ小さいバレットシンカーを付けることで先細り形状になり
カバーに対してのスリ抜けの良さにさらに磨きがかかります。



使うワームはスリ抜けが良く、アピール度の高い『Donkey BOO』。

b0177760_2214673.jpg

淀川のカバー攻略には欠かせないワームです。

パーツをたたんでカバーにスルリと侵入しつつ、
フラップとヒゲのナチュラルなアクションでアピールします。


この釣りにはSEITEN『C-611MH』がベストマッチ。

カバーから引っ張り出すのでフロロカーボンラインの14lbか16lbを使います。

b0177760_19444727.jpg

淀川のカバーといったら勿論このラインです。


早春の淀川で毎年好釣果を叩き出すこのリグ。

淀川以外の釣り場でも条件が揃えば
効果を発揮するので是非お試しください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-11 02:34 | お気に入り
BITEGUTSのニューカラー『シェードブラウン』。

b0177760_0362080.jpg

取り急ぎ『Smile worm Mammy』と『Bonkey BOO』をリリースですが、
先行して『Donkey BOO』が工場より上がってきたので本日出荷しました。

ご注文をいただいているお店には来週中には店頭に並ぶと思います。




b0177760_23581767.jpg

何度も微調整を繰り返したブルーラメとグリーンラメの配合比率。

ブルーラメとグリーンラメが入り交じった独特の見え方がグッドです♪

見る角度によって若干ブルーが多く見えたり、
グリーンが多く見えたりする絶妙な配合比率に仕上がってます。


b0177760_084461.jpg

ベースカラーは一見濃いブラウンに見えますが、
光りにかざすと程よく透けるように調色しています。


テトラの隙間やブッシュの陰などの
ストラクチャーのシェードに潜むバスに効果的なこのカラー、
シェードに潜むバスは目線が上にあることが多いので
フォール時と着底時の見え方のコントラストでバイトに持込みます。


『シェードブラウン』の詳しい説明はココとかココをご覧ください。


テトラの隙間やブッシュの陰には『シェードブラウン』です!



ではまた。




b0177760_0263221.jpg

b0177760_0265262.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2014-10-02 23:53 | NOIKEの仕事