NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

SEITEN C-75HH

SEITENのNEWロッド『C-75HH』。

b0177760_00303555.jpg

実は少し前にすでに発売されていて、
先日上がってきたのが3回目のロットになります。

1回目と2回目のロットは予約していただいていたお客さんにお届けしてすでに完売。
3回目のロットでようやく私も自分用を確保できました。

ロッドに関しては基本的にスタッフは後回しになるので
NEWロッドが出る度に自分用のものが確保できるのかヒヤヒヤします・・・。


というワケで、ようやく自分用のものを入手したので
『C-75HH』に関して少し紹介してみます。




b0177760_00304689.jpg


フォアグリップはガンメタルカラーのアルミフードタイプ。

前回リリースした『C-610M』と同じタイプですね。





b0177760_00305573.jpg


『C-75HH』はSEITENシリーズ初のグリップジョイントタイプとなります。

長さが長さだけに1ピースだと持ち運び等、何かと不便なこともあったりするので。





b0177760_00310888.jpg

グリップも『C-610M』と同様の硬質EVAですが、
『C-610M』よりもさらにハードな超硬質EVA仕様です。

例えば『wobble shad 7.5"』などのビッグルアーを一日中ブン投げるような使い方をした時に
普通のEVAだとスグに指の形が付いてしまいますが、『C-75HH』は超硬質EVAを採用しているので
ちょっとやそっとではグリップに指の形は付きません。

このグリップだけでもどれだけコストが掛かったことか・・・





b0177760_00312687.jpg

グリップエンドもSEITENシリーズ初となるハイブリットコルクを使用。

この手のロッドでロングキャストをする時は
グリップエンドを引きつけてスイングスピードを上げるので、
このタイプのグリップエンドはとても使い勝手が良いですね。





b0177760_00313987.jpg


外観はいつも通りの飾り気の無いシンプルなデザイン。

SEITENシリーズはブランクなどの魚を釣るために必要な本質の部分に関しては
これでもかってぐらいに贅沢にコストを掛けますが、装飾的な部分に関しては一切無駄を排除。

安くはないロッドなので、長年使い続けても飽きのこないものにしたいという思いがあります。



『C-75HH』は一言で言うと『ヘビーバーサタイルロッド』

『HH』(ダブルエイチ)という表記ですが、一般的には『XH』(エキストラヘビー)ぐらいを
イメージしてもらえれば良いかと思います。


ガチガチのヘビーロッドではなくブランクがしっかり曲がって仕事をするヘビーバーサタイルロッド。

新製品の『wobble shad 7.5"』を使った釣りにもベストマッチですが、
アラバマ系リグやビッグクランク、3/4oz以上のスピナーベイト等の巻きモノもこなせば
パンチショットやヘビーテキサス、ヘビキャロなどの釣りにもマッチします。



純国産にこだわった完全メイドインジャパンの『SEITEN C-75HH』。

熟練の職人さんが一本一本丹精込めて作っているので大量生産はできませんが、
違いの分かる大人のアングラーにぜひ使っていただきたいロッドです。

今回の3回目のロットで年内の生産は終了ですが、
今ならまだ若干数ストックがあるので
気になる方はお近くの釣具店でご予約いただければと思います。


ではまた。





[PR]
by waterlettuce | 2017-10-03 02:27 | お気に入り

ヘビーバーサタイル

昨日は問屋さんの売出しでした。

b0177760_13284350.jpg

沢山の小売店様からご注文をいただきました。
ありがとうございます!


メイン商材はBITEGUTSシリーズ各アイテムの追加新色だったんですが、
メイン商材の影に隠れて密かに受注していたのがこのアイテム。

b0177760_13342299.jpg

『SEITEN C-75HH』


2年ぶりのSEITENニューモデルです。

今回の『C-75HH』もいつものように
外見は至ってシンプルですが、中身はかなりの贅沢仕様。

ALL MADE IN JAPANでこだわり抜いて作ってます。


『C-75HH』はヘビーバーサタイルモデル。

1/2ozから2ozくらいまでが使いやすいですが、MAXで3ozまで対応可能。

wobble shad 7.5"やアラバマ系リグ、ヘビーテキサス、パンチショットなど
巻く釣りにも撃つ釣りにも使いやすいヘビーバーサタイルモデルです。


多くの方に使っていただきたいロッドというよりは
巷に溢れているロッドでは物足りない、
違いの分かるアングラーに使っていただきたいロッドなので
目立たないようにこっそりと受注してみました。

商品の詳細は『Y.B.Fテキスト』にも掲載しているので
気になる方はご覧になっていただければと思います。


ではまた。



今週土曜日はフィッシングエイト アネックスさんでY.B.Fミーティング!
b0177760_1446812.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2017-03-23 14:08 | NOIKEの仕事

べイトフィネスな2本

今日も日中はすごく暖かい大阪。

釣りに行きたくてウズウズしてますが、私はガッツリ仕事です・・・。

今日は良い釣果が出てるんでしょうね。



最近使う頻度が少なくなりましたが、時々無性に使いたくなる2本のロッド。

b0177760_16411912.jpg

SEITEN『MC-64L』『MC-63UL』


今では一般的になったマイクロガイドシステムをいち早く搭載した2機種。

いわゆるベイトフィネスロッドです。


べイトフィネスの定義って今でも何となく曖昧な印象があるんですが、
個人的にはSEITENシリーズの中ではこの2機種がベイトフィネスロッドだと思っています。


『MC-64L』は5g〜7gのスモールプラグを使った釣りで良く使います。

『MC-63UL』は『Smile worm Daddy』のネコリグや
『WILD kemkem』などのスモラバの釣りがメイン。

オリジナルの『kemkem』はスピニングタックルでの使用を前提としたジグフックなので
ベイトタックルでの使用には不向き。『WILD kemkem』もスピニングでの使用がメインですが、
一番手太い線径のジグフックを使用しているのでULクラスのベイトフィネスロッドであれば
上手くやり取りすれば何とか使えなくもないですね。


基本的に淀川本流での釣りが多いのでこの2本の出番は最近少ないですが、
淀川の各ワンドや野池での釣りがメインの方には応用範囲の広い便利なロッドです。

この2本は魚を掛けてからのやり取りがメチャクチャ楽しいんですよねぇ。


気が向いた時にいつでも使えるように
メンテナンスだけはいつもしっかりやってます。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-03-05 17:29 | お気に入り

ALPHAS AIR

横浜でのジャパンフィッシングショー、
大阪でのフィッシングショーOSAKA、
そして名古屋でのキープキャスト。

日本のフィッシングショー三大祭りが終わりましたが、
まだまだ祭りは終わりません。

来月には福岡で西日本釣り博が開催されます。

こちらにはNOIKEも参加させていただきますので
皆様お誘い合わせの上、是非NOIKEブースにお越しください。



ところで、フィッシングショーや雑誌などで
各社の新製品がたくさん発表されていますが、
今年はリールの当たり年かなぁと個人的には感じています。

例えばこのリールとか。


b0177760_0484739.jpg

ALPHAS AIR


フラッグシップモデルじゃないですが、
かなり良さそうな感じがします。

やり過ぎ感のないデザインも個人的には好みです。



b0177760_027684.jpg

スタードラグやハンドル周りのデザインが
私は特に好きですね。




b0177760_0474596.jpg

落ち着いた感じのデザインなのでSEITENにも良くマッチします。


今年各社からリリースされるリールの傾向として、
数年前までの派手な色使いのものが少なくなって
比較的落ち着いた色合いのものが多くなってきた印象があります。

個人的にはそういうリールの方が好みなのでこの流れは大歓迎。

やっぱり飽きずにずっと使い続けられるモノって
こういう配色だったりデザインだったりすると思うんですね。


今のご時世、多くのユーザーは新機種が出る度に買い替えるワケではないので
長く愛用できるモノが求められている気がします。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-02-23 01:14 | お気に入り

C-610Mの最終ロット

SEITEN『C-610M』の最終ロットが上がってきました。

b0177760_23383354.jpg

おかげさまでセカンドロットまでは既に完売。

最終ロットでご予約いただいているお客さんの分を差し引くと
残りはあまり多くはないです。 スミマセン・・・。



見た目は至ってシンプルですが、
完全オリジナル設計のブランクに贅を尽くしたSEITENシリーズ。

職人さんが手作業で一本一本作ってくれています。


次回生産の予定は無いので、気になる方はお早めにどうぞ。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2015-07-23 23:10 | NOIKEの仕事

SEITEN C-610M

いよいよリリースになるSEITENのNEWモデル『C-610M』。



ようやく完成です!
b0177760_23462740.jpg


『C-610M』の特徴を一言で言うと『超高感度オールラウンダー』。

ボトムを感じるジグやワームの釣りからハードベイトの巻きの釣りまで
幅広い使い方ができるロッドですが、その全てにおいて高感度な釣りが展開できます。

ボトム系の釣りでは今まで以上に僅かな変化も感じ取れ、
巻きの釣りではルアーの振動が良く伝わるので状態を把握しやすいのが特徴。

詳しくはココとかココをご覧ください。




『C-610M』はこれまでのSEITENの流れを汲むモデルなので
モデルチェンジという訳ではないですが、外観上はいくつか変更点があります。


まずは以前のブログでもご紹介したフォアグリップのメタルパーツ。

b0177760_022955.jpg

フォアグリップというか、リールフードですね。

足掛け三年半、ようやく正式採用になったこのパーツ。
縦にスリットが入っているので締め込みやすくて外しやすくなりました。




グリップは今までのコルクグリップから硬質EVAに変更。
b0177760_0313862.jpg

コルクからEVAに変更した理由はいくつかありますが、
一番の理由は釣るための本質のみを追求した、
飾り気のない真っ黒なロッドにしたかったという点。

無駄を一切排除することで本質がより浮き彫りになります。

最も重視しているのは『魚を釣るための本質の部分』という意思表示です。



b0177760_1314291.jpg

そしてガイド部分はお馴染みの小口径ガイドですが、
トップガイド以外は全てチタンフレームのトルザイトリングを採用。

より軽く、高感度で、ラインにやさしいセッティングです。




b0177760_1415926.jpg

ブランク表面はアンサンドフィニュッシュ。

小口径ガイドはガイドの高さが低く、ラインがブランクに近づくため
ラインスラックを出した釣りをする時に
濡れたラインがブランクに張り付いて煩わしく感じることがありますが、
アンサンドフィニッシュにすることでブランク表面に凹凸を作り
ブランクにラインが張り付きにくくしてます。



b0177760_153026.jpg

リールシートは深く握り込めるECSリールシート。

最近のSEITENでは定番のリールシートです。






b0177760_1583259.jpg
スペックはこんな感じです。


ロッドパワーは「ミディアム」ですが、
同じくミディアムパワーの『MC-64M』と比較すると硬く感じると思います。

硬いというよりも張りがある「ミディアム」という感じですが、
高弾性カーボンながら極限まで曲がり切る粘り強いブランクは独特のものです。




ようやくリリースになる『C-610M』。

ご注文をいただいているお店には出荷が始まっていますが、
生産数が少なく、基本的にあまりお店に並ばないロッドなので
手に入れたいお客様は最寄りの釣具店でお早めにご注文いただければと思います。

次回のブンブン高井田店さんでのY.B.Fミーティングに
数本だけ持っていけそうなので、気になる方は是非お買い求めください。


ではまた。



b0177760_2153697.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2015-06-02 23:17 | NOIKEの仕事

ブンブン高槻店さんへ

b0177760_1233158.jpg

淀川中流域に架かる枚方大橋。

枚方側から高槻側に渡って数百メートルにあるお店。




b0177760_127491.jpg

ブンブン高槻店さんへ行ってきました!

今週土曜日のY.B.Fミーティングの打ち合わせです。


ブンブン高槻店さんは淀川中流域から程近いお店なので
中流域で釣りをしていて急に必要なものができた時にサッと立ち寄れる
釣り人にとっては非常に便利な釣具屋さんです。




b0177760_135259.jpg

NOIKEコーナーも今まで以上にパワーアップしていました!!

欲しいアイテムがきっと見つかるはずです。




b0177760_141960.jpg

あまり店頭に並ぶことがないSEITENもブンブン高槻店さんにはあります!

SEITENは一部のコアな釣り人のために
採算度外視で少量のみ生産しているロッドなので
店頭で見かけることは少ないと思いますが、
現時点で『MC-64M』『MC-64L ver.2』『MC-68L』『MC-S61UL』があるので
気になる方はお店で一度触ってみてください。

さらに今週末のY.B.Fミーティングでは
5月末〜6月上旬発売予定の『C-610M』も展示予定。


4月18日(土)はのブンブン高槻店さんでお待ちしています!


ではまた。




4月18日(土)はつり具のブンブン高槻店さんへ!
b0177760_261723.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2015-04-14 02:08 | NOIKEの仕事
この春発売予定の『SEITEN C-610M』。

b0177760_0114518.jpg
グリップ周りの最終確認でサンプルが届きました。


このフォアグリップのメタルパーツ、
実は以前のブログにも少し登場しています。

2011年11月のブログなのでかれこれ3年以上
採用を検討していたことになります。


このメタルパーツはいつか採用したいと常々思っていたんですが
スタッフ間で色々考えた結果、採用するならこのタイミングでということで
今回ようやく正式採用になりました。


ハッタリのデザインを一切排除した
本物志向の大人のロッドになる予定です。

生産本数はごくわずかですが、
違いの分かるアングラーに使っていただきたいロッドです。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2015-03-01 23:37 | NOIKEの仕事

イメチェンする?

NEWモデルの『SEITEN』のテストサンプルが上がってきました。

b0177760_16305416.jpg

今回はグリップ部分をコルクからEVAに変更。

フォアグリップも新しいパーツを試してみました。


モデルチェンジではないので基本的なカタチに変更はありませんが、
ちょっとした部材変更で結構印象が変わってきます。

真っ黒のロッドで引き締まった印象に見えるので
コレはコレでアリだと思いますが、
採用するかどうかはまだ検討中です。


無駄なデザインを排除した
大人のロッドにしたいんですよねぇ。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2014-08-11 17:23 | NOIKEの仕事
少量ながら『C-611MH』のセカンドロットが上がってきました。

b0177760_22594076.jpg

一本一本丁寧に検品作業をしています。


個人的にどストライクなこのロッド、
早く自分用のが欲しいんですが
いつものことながらスタッフは後回し・・・。

次の最終ロットまでおあずけです。


製品版が上がってから自分用のが手に入るまでのこの期間は、
いつもお客さんにかなりジェラシーを感じます・・・。

次の最終ロットでようやく入手できると思いますが、
生産数の少ないロッドなので毎回ハラハラします。

売れて欲しいのは山々ですが、
自分用のが入手できない程には売れて欲しくない・・・。

複雑な心境です・・・。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2014-05-25 23:19 | NOIKEの仕事