NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:Smile worm Daddy ( 5 ) タグの人気記事

土曜日は所用で岡山に行ってました。

実は私、住んでる所は大阪なんですが、
両親が岡山出身なので本籍は岡山だったりします。

岡山弁が飛び交う家庭で育ったので
岡山に来ると何となく少しホッとする感覚がありますね。


b0177760_01504970.jpg


まずは朝イチから所用をチャチャッと終わらせて近くの野池へ。

台風の影響でザーザー降りの雨でしたが、
せっかく岡山まで来たので少しだけでも釣りして帰りたいなぁと。

普段は淀川でのオカッパリがメインの私ですが、
淀川ではあまり試せない釣りを試そうと思っていくつか持って来たものの、
何年か振りに訪れた野池で状況も分からないままに変化球的な釣りを試しても
上手くハメるのは難しかったです。



というワケで、釣果優先で手堅い釣りに変更。

b0177760_01111719.jpg

『Smile worm Daddy』のネコリグ。


色んな使い方ができるSmile wormシリーズですが、
オカッパリからだとこのネコリグのズル引きが
最も手堅くバスをキャッチできる釣り方だと思います。


案の定、魚のいる場所でコイツを使うとあっさり答えが出ました。


b0177760_01594109.jpg


ナイスプロポーションのグッドサイズ!

遠くまで来たのでそれなりのサイズを釣っとかないと帰れないです・・・。




b0177760_01421303.jpg


躊躇なくスコンっとワームを吸い込んだ感覚が
ロッドティップに明確に伝わってくるバイトでした。

こういうバイトが出るとやっぱりこのワームはエサやなぁと思ってしまいます。


淀川でも野池でも安定釣果の『Smile worm Daddy』。

確実に釣果を上げたい時はやっぱり頼りになるワームです。




b0177760_01454566.jpg


もう少し釣りをしてさらに釣果を上乗せしたかったんですが、
台風接近の影響でドンドン雨足が強くなってきたので
後ろ髪を引かれながらも大阪に帰りました。

天気のイイ時に来てもうちょっと釣り込んでみたいですね。


ではまた。





[PR]
by waterlettuce | 2017-10-23 02:01 | 釣りの事
昨日は『道楽箱×NOIKE』の淀川おかっぱり釣り大会

淀川中流域で開催されました。


前日とは打って変わってローライト、上流からの弱風、
濁りも少し収まったコンディションだったので期待できそうな雰囲気。


案の定、スタート直後から各エリアで釣果が続出です。

b0177760_7162762.jpg


b0177760_2441371.jpg


b0177760_2442560.jpg


b0177760_2444055.jpg


朝のうちはジュニアサイズが中心ですが、皆さんコンスタントに釣れていました。

ちょっと一安心です。




b0177760_2471894.jpg

私はサポート係として大会エリアを巡回。


b0177760_2481241.jpg

参加選手を見つけては、


b0177760_2491799.jpg

声を掛けて回りました。


b0177760_2501333.jpg

一日中大会エリアを行ったり来たり。

何往復したか分かりません。



大会も中盤に差し掛かった頃から徐々にサイズアップ。

b0177760_2525787.jpg


b0177760_25397.jpg


b0177760_2532430.jpg


他にも沢山釣れていました。 写真載せきれなくてスミマセン・・・


そして大会終了1時間前ぐらいに待望のグッドサイズ!


b0177760_257201.jpg

お見事です!!


結果、この魚を釣った方がそのまま優勝されました。

最終的には参加された方の3人に1人くらいがバスをキャッチ。
釣った人の中で多くの方が復数匹釣れており、多い人で5、6匹釣っていました。

今は減水していてあまり良くない状況ですが、
今後水位が増えてくるとこのエリアはもっと釣れるようになると思います。



b0177760_312747.jpg

そして表彰式。

ルアーの制限無しの大会なので皆さん色んなルアーを使っていましたが、
上位入賞の1位から4位までが全て『Smile worm Daddy』のネコリグという結果。


事前にこのブログでもオススメさせていただきましたが、
やはり他のルアーより群を抜いて『Smile worm』に釣果が集中。

やはりというか、釣り比べると必然的にこういう結果になってしまいます。



b0177760_3144589.jpg

安定釣果の『Smile worm』シリーズ。

マテリアルが圧倒的に違うんです。



b0177760_3342295.jpg

というワケで、大会は無事終了。

参加された皆様、ありがとうございました!


今後も皆さんが淀川での釣りをもっと楽しんでいただければと思います。



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2017-06-12 03:38 | 釣りの事
『道楽箱さん×NOIKE』で6月11日に開催される淀川おかっぱり釣り大会

初めての試みなので不備のないようにとの事で
今日は道楽箱スタッフの方と大会エリアを下見してきました。


b0177760_21293790.jpg

この大会は出来る限り気軽な釣り大会にしたいという事で、
釣った時点ですぐ検量・即リリースという
魚にとっても極力ダメージの少ない大会にしたいと考えています。

その為、大会エリアに何人くらいスタッフを配置すれば良いのか、
参加選手が多く入りそうなポイントはどこか、
徒歩の場合は移動にどれくらい時間が掛かるのか、など
全長約2kmのエリア全域を隈無く歩いて下見してきました。



b0177760_21592873.jpg

ポイント解説をしながら全域を見終わった後はちょっと釣りしてみました。

簡単に魚が釣れやすい場所を見つけておこうかなと。



b0177760_2241830.jpg

とりあえずサクっと釣ってみました。


もう少し季節が進めばこれぐらいのサイズが
コンスタントに釣れる様になると思います。

とはいえ、魚釣りなので当日の状況次第でどうなるか分かりませんけど・・・


b0177760_2275114.jpg

淀川のマストアイテム『Smile worm』

今日は4サイズあるSmile wormシリーズの
『Smile worm Daddy』に反応が良かったです。



b0177760_22191397.jpg

道楽箱スタッフさんもグッドサイズをキャッチ。

大会当日も皆さんにこんな魚を釣っていただきたいと切に願います。



b0177760_22212412.jpg

ワームはやっぱり『Smile worm Daddy』でした。

このワームは“喰わせの間”が掴めるようになると劇的に釣果アップできます。


大会当日は『Smile worm』をお忘れなく!



ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2017-05-30 22:48 | 釣りの事

中層フワフワ

今の淀川で数釣りに欠かせない『Smile worm Daddy』

b0177760_0521369.jpg

別に数釣り用のワームってワケではないんですが、
魚の多い場所でコレだけ投げとけば、とりあえずバスは釣れます。

スピニングタックルを使ったネコリグでボトムを舐めるようにズル引きして
ステイで喰わせるんですが、基本的にボトムを釣る釣り方なので、
何となくバスが浮いてるかなぁと感じた時は『kemkem』をフワフワさせて中層を釣ります。

ワンドや狭い範囲のスポットを釣る時は『kemkem』『WILD kemkem』等がいいですが、
本流エリアの例えばテトラ周りの魚を浮かして釣る時には私はコレを使います。


b0177760_1252631.jpg

『Sui-Sui kemkem』

キャタピララバーで水噛みが良いので中層スイミングに向いています。

トレーラーは『Redbee』が私のオススメ。

『kemkem』や『WILD kemkem』よりも
シルエットのボリューム感がある『Sui-Sui kemkem』には
『Redbee』がちょうど良く収まります。

『Sui-Sui kemkem』と『Redbee』のマッチ感は見ているだけで釣れそうです♪


b0177760_1524439.jpg

ボトムで喰わない時に中層をフワフワさせてやると
あっさり喰ってくることがあるのでぜひ試してみてください。


ではまた。



11月3日はフィッシングエイト3さんでY.B.Fミーティング
b0177760_920288.jpg

[PR]
by waterlettuce | 2016-10-30 01:56 | お気に入り

Daddyの新色

『Smile worm Daddy』に新色を2色追加しました。

b0177760_2310414.jpg

4サイズあるSmile wormの中で2番目に大きい
『Daddy』ということをより分かりやすくするために
シールも若干マイナーチェンジしてます。



b0177760_23251394.jpg

画像上の『#117 マッディグレープ』と
画像下の『#127 シェードブラウン』。

どちらもワンサイズ大きな『Smile worm Mammy』でリリースされているカラーで、
ある特定のシチュエーションを強く意識して作ったスペシャルカラーです。

まぁ、マテリアルが良いのでどんな状況で使っても普通に良く釣れますが・・・。



b0177760_2321442.jpg

『#117 マッディグレープ』はその名の通り
マッディな状況で効果的なグレープカラー。

パッと見ただけだと殆ど黒に見えるほどの濃い紫です。


濁りの入った状況ではナチュラルカラーよりも濃いカラーの方が
シルエットがハッキリするためバスに見つけてもらい易くなります。

シルエットが最もハッキリするカラーはブラックなんですが、
ブラックはシルエットが強調され過ぎて嫌がるバスもいます。

マッディグレープはシルエットをハッキリさせながらも程良く透けるので
魚に必要以上のプレッシャーを掛けず、喰わせ能力も持ち合わせています。

「濁った水にはマッディグレープ」

雨が降った後の数日は必ず持っていって欲しいカラーです。



b0177760_0265833.jpg

次は『#127 シェードブラウン』。

このカラーも名前の通りシェードに潜むバスに対して効果的なブラウンカラー。

マッディグループ同様、効果的なシチュエーションが分かりやすいカラー名です。


効果的なシチュエーションの一例として、
例えばテトラのシェードに潜むバスがいるとします。

シェードにいるバスは基本的に目線が上であることが多いので、
自分がいる水深よりも上を意識しています。

分かりやすく言うと上から落ちてくるモノや
自分の位置より上にいるベイトを狙ってるんです。


シェードブラウンは光にかざすと淡いナチュラルカラーになるので
警戒心を与えずにバスとの間合いを詰めるができます。

そしてストラクチャーのシェードに入った途端に
シルエットのハッキリする濃いカラーに変わります。

要するにフォール時は警戒心を与えずにナチュラルに忍び寄って、
バスの目の前で存在感のある濃いカラーに変化。

私がバスなら思わずリアクションバイトです・・・。

「忍びの名人シェードブラウン」

晴天時の日中など、バスがシェードを意識し出したら使ってみてください。



以上、『Smile worm Daddy』の新色2色を説明してみましたが、
この2色に共通するのは濃いカラーに見えて
実は透けるという要素を重視しているということ。

実際に光にかざすとこんな感じに透けます。

b0177760_1412158.jpg

濁った水の中で存在感を出しつつも水に馴染むように透けるマッディグレープと、
目線が上のバスに警戒心を与えないようにナチュラルに透けるシェードブラウン。

普通に使っても良く釣れるカラーですが、
特徴を理解して使うことで圧倒的な釣果が出せるカラーです。

効果的なシチュエーションに当てはめて使ってみてください。


ではまた。
[PR]
by waterlettuce | 2016-10-20 01:41 | NOIKEの仕事