NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

初めての芹川ダム

先日の九州出張の最終日は
いつもの『走る日』ではなく『釣りの日』でした。

b0177760_15362690.jpg

場所は大分県の『芹川ダム』。


大阪在住の私は芹川ダムで釣りをするのは今回が初めて。

どんなフィールドかっていう情報も殆ど調べないまま来てしまいましたが、
地元アングラーによるとかなり良く釣れるフィールドみたいですね。



b0177760_15420278.jpg

一緒に釣りをするのは今年から新たにNOIKEスタッフとして
共に活動する事になった九州在住の吉原君

大阪からはるばるやってきた私にイイ魚を沢山釣ってもらおうという彼の心遣いが
芹川ダムというチョイスから伺い知ることができます。

私も釣り人なのでもちろん自分が良い釣りをしたいっていうのは山々ですが、
今回は彼の釣りを間近で見届けたいっていう思いもあったので
あまり私に気を使わずに普段通りに自由に釣りしてくださいと伝えて釣りをスタートしました。



b0177760_16270273.jpg

芹川ダムって常時結構マッディな水質なんですね・・・。

リザーバーと聞いてステインからクリアの水の色を勝手にイメージしていましたが、
もう少し濃いめのカラーのルアーを沢山持ってくるべきだったと少し後悔しました。



b0177760_16390944.jpg

芹川ダムの上流の岩盤はかなり特徴的なカタチをしてます。

これって自然のカタチではないですよね?

誰か知ってる人がいたら教えてください。



b0177760_16432876.jpg

芹川ダムのファーストフィッシュはブルーギル。

でも普段良く見るブルーギルとはちょっと違いました。



b0177760_16482311.jpg

かなり赤いです。ブルーギルなのに・・・

君は今日から『レッドギル』と名乗りたまえ!



b0177760_16500593.jpg

サイズアップしました。

やっぱり赤いですね・・・。



b0177760_16511501.jpg

一応バスも釣ってます。

サイズは大きくないですがプロポーションの良い、かなり良く引くバスでした。


b0177760_16514616.jpg

その後も同じくらいのサイズをポツポツと。

最近私が気に入ってリザーバーで多用している
『Pintail Stick 3"』のネコリグミドストが芹川ダムのバスにも好反応。

おそらくこの釣り方ってリザーバーならどこでも良く釣れると思います。



b0177760_17045635.jpg

オッ、吉原君も釣ってますね。



b0177760_17054144.jpg

彼は『wobble shad 3"』のジグヘッドリグですね。

余談ですが、彼が良く使う『wobble shad 3"』のスライドウォブルフォールっていうセッティングを
間近で見せてもらいましたが、なるほどキレイに横滑りしますね。

詳しくは彼の動画サイト『エイチャンネル』から、こちらの動画をご覧下さい。
彼のブログでも詳しく書いているので、こちらも合わせてご覧いただければと思います。



b0177760_17332526.jpg

その後もポツポツとは釣れますがサイズアップに苦しみました。

とりあえず『Pintail Stick 3"』のネコリグミドストは良く釣れるんですが・・・。



b0177760_17351134.jpg

MAXでこのサイズ。

プロポーションの良いヤングレディだと思われますが、
願わくばもう少しアダルトなバスを釣りたいです・・・。



b0177760_17373520.jpg

楽しい時間が過ぎるのはアッという間。
サイズアップに苦しんだ初めての芹川ダムでの釣りもそろそろ終了の時間です。

個人的には吉原君と色々話しながら竿を交えることができたので
それなりに楽しめたんですが、彼の表情からは落胆の色が隠せません。


私に良いサイズの魚を釣ってもらいたかった彼の気持ちは嬉しいですが、
思ったように事が進まないのが魚釣りというもの。

むしろ思惑通りにいかない事の方が圧倒的に多いです。

私も淀川でお客さんやお店のスタッフの方などを案内する事があるので
彼の気持ちは痛い程良く分かります。


「そんなに落ち込まんでも、また一緒に釣りしたらエエやん。」


私が声を掛けても生返事しか返ってきません。

心無しか釣りも雑になってるように私の目には映りました。



これは非常にマズイです!!

彼もトーナメンターの端くれなら『諦め』の2文字だけは絶対に許されません!


言葉であれこれいうよりも態度で示した方が早いので、
彼に喝を入れる意味でもここから120%の集中力で釣りにかかりました。



b0177760_19053899.jpg

まずは1本。

サイズの割にウエイトのあるこの1本をキッカケに
徐々に歯車が噛み合いだしました。

心なしか後光が射してきたようにも見えます・・・。



b0177760_19083558.jpg

続いて待望のグッドサイズ!

完全に歯車が噛み合ってきました!



b0177760_19101423.jpg

諦めたらそこで終わり。

最後まで諦めずに集中してやりきれば
ワンキャストで局面がガラっと変わるのがバスフィッシングの面白さです。



b0177760_19145451.jpg

トドメの一発!

実はこの日一番のビッグサイズをこれを釣る前にミスしてるんですが、
それでも最後の30分程で1,500〜1,600gぐらいの魚を連続キャッチすることに成功!

これが彼の出ている3本リミットのトーナメントだったら・・・

どういうことか分かりますよね?


トーナメントで夕方の時間に釣りをすることはないですが、
それでも集中力を上げて歯車を上手く噛み合わせることができれば
今日みたいに30分で4kg以上のウエイトアップをすることも
バスフィッシングでは非現実的ではないって事を彼に見せれて良かったです。

内心は最後に釣れてホッとしてたんですけど・・・



b0177760_19422475.jpg

ちなみにヒットルアーはリザーバーの釣りで私が一番自信を持って使える
『Pintail Stick 3"』のネコリグミドストと・・・



b0177760_19445213.jpg

今年に入って結構使っている『WILD Goby』のジグヘッドリグ。


でも、この際リグがどうのこうのって話はどうでもイイんです。

「絶対釣ってやる!」っていう強い気持ちが大切なんです。



『最後は気持ちで釣れ!』っていう言葉は、以前私が開発スタッフによく言われていた言葉です。

「釣るまで帰ってくるな!」ともよく言われましたが・・・。

TOP50に長年出ていた百戦錬磨のトップトーナメンターでさえ
ここ一番の状況では技術論じゃなくて精神論が大事だって言ってました。


まぁ、客観的に考えると最後のラッシュはフィーディングに入った魚に
上手くアジャストして帳尻を合わせたって感じなんですが、
諦めモードに入っていたら魚が動き出すそのチャンスも捉える事ができないワケです。

試合中、バイトが無くて諦めそうになった時に
この日の釣りを彼が思い出してくれると嬉しいです。




b0177760_20083436.jpg

そんな感じで最後に若手の前でイイ所を見せれたので、
意気揚々と大阪までの家路につきました。

この後、大きな試練の釣りが待っているとも知らずに・・・。



恥ずかしながら次回は
コテンパンに叩きのめされた試練の釣りについて書いてみたいと思います。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-04-24 20:19 | 釣りの事