NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

経年変化が楽しめるオッカパリバック

いつも私がオカッパリで使ってるサムライジーンズのデニムミニバック。


b0177760_00412292.jpg

商品名は確か『デニムミニバック』となっていたハズですが、
バックというよりはベルトループに通して使う小型のウエストポーチですね。

過去のブログでも書いた事があるので覚えている方もいるかもしれません。


先日天気の良い日が続いたので、ちょっと洗濯してみました。



b0177760_00484900.jpg

使う洗剤はもちろんコレ。

サムライジーンズの『雷石鹸』です。


デニムメーカーがデニムのために作ったデニム専用石鹸。

サムライフリークならマストアイテムの洗剤ですね。



b0177760_00565708.jpg

このバックも使い始めて4年程経ちましたが、
徐々にアタリが付き出してイイ感じになってきています。

まぁ、釣りの時しか使ってないのでそれほどハードなアタリは付いてませんが。



オカッパリのスタイルって人それぞれですが、
私はできるだけ荷物を少なくしてフットワークを良くしたいので
その日に使いそうなものをこのバックに入る分だけ絞り込んで持って行きます。

色んな状況に対応するために何でもかんでも持って行くんじゃなくて、
今日はこれとこれでこういう釣りをしようっていうテーマを決めて
持って行ったルアーをフル活用して魚を探していきます。

あんまり沢山ルアーを持って行くとバッグが重くなるので無駄に疲れますしね。



b0177760_01135853.jpg

持って行くワームは5〜6パックぐらい。

メインで使うワームはカラーローテーションするために何色か持って行きますが、
それ以外は何となくその日の水の色を想像して決め打ちします。



b0177760_01155413.jpg

ワームに対応したフック、シンカー、ジグヘッドなどはこれくらい。

フックやシンカーを専用ボックスに入れてしまうと使わないものまで持ち運ぶ事になるので、
使いそうなものだけパッケージのまま持って行きます。



b0177760_01171670.jpg

フック、シンカーは手前のポケットに丁度イイ感じで収まります。

取り出しやすいのでとても便利です。



b0177760_01294211.jpg

ジグやスピナーベイトなんかは100均で売ってるチャック袋に入れとくと便利です。



b0177760_01341149.jpg

プラグはさすがにこのバックには入れにくいので、
小さなボックスに入れてジーパンのポケットに突っ込んでます。



b0177760_01365645.jpg

サイドポケットにはペンチとラインカッター。



b0177760_01375576.jpg

反対側のサイドポケットには万が一に備えてオエオエ棒。

あまり使う事はないですが・・・。


以上、淀川とかで私がオカッパリする時は大体これぐらいのルアーで釣りしてます。

これだけあれば一日オカッパリするくらいなら私にとっては充分な量です。


ちなみに『wobble shad 7.5"』とか、
このバックに入らないルアーを持って行く時はこのバックを使います。




そんな感じで今回は私がいつもオカッパリで使ってるバッグを紹介してみました。

釣り用のバックとして考えるとお値段は多少張りますが、
デニムメーカーのサムライジーンズが上質なデニム生地を使って作ったバックなので、
かなり長持ちするし、デニム特有の経年変化を楽しめます。



b0177760_01575661.jpg

革が使われている部分には定期的にミンクオイルを擦り込んでやると
さらにイイ風合いになりますね。


釣り用のバッグって色々ありますが、私は経年変化を楽しみながら長く使い続けられる
サムライジーンズのバッグを釣り用として愛用しています。


今日はそんなお話でした。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-05-24 02:07 | お気に入り