NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

久しぶりのウォーターメロン

先日『Smile worm Mammy』が工場から上がってきました。


b0177760_10471857.jpg

画像奥から
#01グリーンパンプキン
#08 ウォーターメロン
#09 グリパンブルー
#103 ダークレッド
#109 エビミソ

どれも言わずと知れた定番色ですね。


定番色の中でも『Smile worm Mammy』のこのカラーは久しぶりの生産になります。



b0177760_10592490.jpg


#08 ウォーターメロン

以前は一世を風靡した定番中の定番カラーですが、最近は定番人気カラーの座を
グリーンパンプキンに奪われつつあるのであまり作ってなかったんですが、
やっぱり定番カラーなので無いと困るという、お店とお客さんの要望に応えて今回生産しました。

実は密かにSmile wormシリーズの『#08 ウォーターメロン』は昨年辺りから作ってたんですけどね。


BITEGUTSシリーズの『#08 ウォーターメロン』は文字通りスイカのような緑が強いウォーターメロンではなく、
少し赤みがかった緑というか、グリーンパンプキンを透けるようにした感じのウォーターメロンです。



b0177760_11061939.jpg

上が『#01 グリーンパンプキン』、下が『#08 ウォーターメロン』。

光にかざすと透け方がこれくらい違います。


透けるということは水に馴染むということなので、
ナチュラル系カラーとしての喰わせ能力の高さはピカイチ。

一昔前は淀川でも「ウォーターメロン」と「スモーク」がナチュラル系鉄板カラーの二大巨頭だったんですが、
ウィードが少なくなったのと比例して使う人が少なくなってきた印象があります。


ナチュラル系カラーの私の使い分けは、ウィードがある場所では『#08 ウォーターメロン』、
ウィードが無い場所では『#105 オイリー』を使うことが多いです。

現在の淀川はウィードが少ないのでナチュラル系カラーを使う時は
ついつい『#105 オイリー』に手が伸びてしまいます。

「ウォーターメロン」って何となくウィードレイクの琵琶湖のイメージが強いんですよねぇ。



最近あまり使ってなかった『#08 ウォーターメロン』ですが、
透かした時のブラックシードの見え方はかなりそそるものがあるので
『#105 オイリー』とローテーションしながら『#08 ウォーターメロン』もまた使ってみようと思います。

釣れるカラーであることは間違いないので、
使う人が少なくなってきたということはある意味チャンスかもしれませんね。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-05-28 11:33 | NOIKEの仕事