NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Mammyの絨毯爆撃

今日は高山ダムでフローター大会の予定でしたが、
諸事情により中止となったので、予定を変更して淀川でオカッパリです。



b0177760_21272112.jpg

昨日はバンク沿いのカバーに固執してしまい、イマイチやりきれなかったテトラ撃ち。

濁りでテトラが見えなくても、シラミつぶしに撃っていけば何本かは釣れるだろうと思い
テトラ帯だけをやり切ってみることに。



b0177760_21305702.jpg

今日の淀川本流は昨日より濁りは多少マシでしたが、
それでもまだテトラは見えません・・・。

所々うっすらと見える所もありますが、一番狙いたい距離感の所は全く見えない状態です。



b0177760_21383133.jpg

タックルは前回と同じ『SEITEN MC-68L』『Smile worm Mammy』

見えないテトラを闇雲に撃つことになるので、
少しでも落ちやすくする為にラインは『SUNLINE Shooter』の10lb.をチョイス。

テトラが見えていたら12lb.でバシバシ撃つんですけどね。


ちなみにこのテトラ帯、結構沖までしっかりテトラが入っている
テトラのジャングルジムみたいな場所です。

その中でも深く落ちていくポケットのような場所があって、
ビッグサイズは大抵そういうスポットで釣れます。

せめてテトラの頭が見えていればそこからポケットの位置をイメージして撃っていけるんですが、
テトラが見えてない状態だと闇雲に絨毯爆撃を仕掛けていくしかありません。


下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる作戦でシラミつぶしに絨毯爆撃をかましますが、
確信のスポットに狙い撃ちしている訳じゃないのでほとんどのキャストがボトムまで落ちません。

しかもこのテトラ帯、ストレッチが結構長いんですよねぇ・・・。

効率悪過ぎです・・・。



b0177760_21590496.jpg

しっかりボトムまで落としきれてないので
テトラ周りをうろついている元気なヤングボーイが先に釣れてしまいます。

それでもひたすら絨毯爆撃を仕掛けていきますが、
確信のスポットに落ちきっていないのか、ビッグサイズのバイトは一向にありません。


ボトムに潜むビッグバスは多分こう思っているハズ・・・。


b0177760_22130137.jpg

確かにそうなんです・・・。

いくらキャスト数を増やしても確信のスポットに落としてやらないとただのムダ撃ちなんです。

それは分かってるんですが、見えないものはどうしようもないので
ひたすら撃ちまくって奇跡の落ちパクを狙います。



b0177760_22184005.jpg

ちょっとサイズアップしましたが、やっぱり元気なヤングボーイ。


ちなみにここのテトラ帯、ボートだと濁りが入るとみんなやらないんですよね。

オカッパリなら腰を据えてじっくり狙えるので
まだチャンスはあるかなぁと思ったんですが甘かったようです。



b0177760_22233008.jpg


結局ビッグサイズには出会えませんでした・・・。

なかなか思うようにはいきませんね。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-06-10 22:39 | 釣りの事