NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

誤解のないように改めてご説明

今日はNOIKEの秘密基地で秘密の仕事。


b0177760_00004802.jpg


秘密の仕事の内容は・・・ご想像にお任せします。



私がこの手の内容のブログをアップした時に
少し誤解されている方も多いようなので改めてご説明させていただくと、
ワームやシンカーなどのNOIKEアイテムをデザインしているのは私ではありません。

私のプロフィールが〝NOIKEデザイナー〟となっているため、
そのように誤解されるのだと思いますが・・・。


私は社会人になって20年近くグラフィックデザインの仕事をしていたので
NOIKEでもデザインに関わる仕事は基本的に私が担当していますが、
私がデザインするのはロゴデザインや商品パッケージ、販促ツールなどのデザイン。

以前はNOIKEのアパレル部門『WaterLettuce』のデザインなども私が担当していました。

今ははとんど『WaterLettuce』のアイテムは作っていませんが、
Tシャツやパーカーなど毎年新作を作っていた時期もあったんです。


このブログのタイトルである『WaterLettuceのブログ』っていうのは
当時のNOIKEで私のメインの仕事が『WaterLettuce』のデザインだったので
このタイトルでブログを始めたんですが、今はちょっとこのタイトルは相応しくないかもしれませんね。



ルアーの開発って単にデザインができるだけでは務まらないし、
釣りが上手いだけでもダメだと思います。

かといって釣りが下手だったら、釣れるルアーが何かも分からないかもしれませんが・・・。



NOIKEのルアー開発は私ではなく別に専門のスタッフがいます。

それが誰なのかは今さら説明するまでもないですよね。


NOIKE商品は彼が長年培ってきた経験と知識を元に作られています。

10年後、20年後でも色褪せない釣果という事を前提に開発しているので
流行りのアイテムには飛びつかず、釣れるルアーの本質を見極めたモノ作りをしています。

もちろんそれはルアーだけではなく、シンカーなどの小物類やロッドなども同様です。



前述したように元々私はグラフィックデザイナーとしてのキャリアが長かったので
彼が必要とする時だけ工場スタッフの方にイメージが伝わりやすいようにデザイン案を起こす事はあります。

でもそれは彼のイメージを忠実に落とし込んでいるだけなので、デザインしたっていうのとは違いますね。



私の仕事は彼が作ったモノの良さをを多くの人に伝え、販売する事。

グラフィックデザイナーとしてのキャリアが活かせているのかどうなのかは微妙なところですが、
この仕事にやりがいを感じているのも事実。

デザインでも販売でも、人に喜んでもらえる仕事をすることにやりがいを感じます。


開発と販売の両軸が噛み合う事でNOIKEが成り立っているので、
今日の秘密の仕事はそういう意味でとても有意義なモノでした。


秘密の仕事なのでそれが何なのかは秘密なんですが・・・。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-08-10 04:12 | NOIKEの仕事