NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『kemnpa』の揺れるテール

先日のブログで新色をご紹介した『kemnpa』


b0177760_00142894.jpg

ノーシンカー、ジグヘッド、ダウンショット、ライトテキサス、
キャロライナリグ、ジグのトレーラ等、あらゆるリグに対応するバーサタイルワームです。


BITEGUTSシリーズの中でも最も高比重なアイテムの一つである『kemnpa』。

高比重なので良く飛ぶというのもありますが、
その独特のマテリアルバランスからくるサイズ以上の存在感も魅力です。



派手なアクションで魚にアピールするというタイプのワームではないんですが、
独特のテール形状は地味ながら結構イイ仕事をします。



b0177760_00142834.jpg

『kemkem shad』と同じタイプのこのテール形状。

申し訳程度にちょこんと付いているこのテールですが、
このテールが起こすナチュラルなアクションがニュートラルなバスにも思わず口を使わせます。




b0177760_00142932.jpg
横からテールを見るとこんな感じ。


シャッドテールのように立ったテールではなくかなり寝ているテールなので
巻いて動かすようなテール形状ではありません。



一言で言うと〝揺れるテール〟

フォール時はこのテールが水を受けてユラユラと艶かしく揺れます。

イレギュラーな揺れ方をするので魚に記憶されにくいというのも『kemnpa』の特徴の一つです。



よく飛んで、ナチュラルにアクションして、しかも魚にスレにくい。

オカッパリ派のアングラーにはまさにうってつけのワームだと思います。


次回はオカッパリで是非使っていただきたい『kemnpa』のリグについてお話しします。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-09-26 02:02 | お気に入り