人気ブログランキング |

NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

頭を使ったライトテキサス

前回のブログからの続きです。


サムライ魚釣り選手権大会の後は
ちょっと寄り道して野池で釣りをして帰ることに。

もちろん大会でペアを組んだ宮崎さんも一緒です。


実はちょっと試しておきたいリグがあったので
カバーがあるような野池を宮崎さんに案内してもらいました。



試したかったリグがコレ。


b0177760_18341845.jpg

リグはライトテキサスなんですが、何のワームか分かりますか?


実はコレ、カットマミーで残った頭側のパーツなんです。

カットマミーでカットした『Smile worm Mammy』の頭側のパーツ、
何か勿体無いなぁと思いつつもゴミ箱に捨ててませんか?

頭側のパーツはリグや使い方によってはスゴく釣れるルアーに化けるので、
捨てずにパッケージ保管でキープしておくことを私はオススメします。



この頭側のパーツ、私は『ヘッドマミー』と呼んでいますが、
低水温期は重めのジグヘッドでリアクション的に使って良い釣果を出しています。

その時の記事は下にリンクを貼っておくので宜しければご覧下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


他の使い方として、ちょっと強めのタックルでヘッドマミーを
ライトテキサスで使ったら絶対釣れるだろうなぁと思っていました。

カバーにスルスル入っていって、使いやすいだろうなぁと・・・。


試す前から私の脳内インプレッションで釣れることは分かってたんですが、
一応実釣で確認しておく必要はあるかなぁと。



b0177760_18342299.jpg

まぁ、普通に釣れるんですけどね♪

いつものように大人の釣り人宮崎さんがさりげなくポイントを空けておいてくれたので、
せっかくのご厚意を無駄にしないよう、僭越ながら私がしっかりと釣らせていただきました!




b0177760_18342406.jpg

やっぱり1等地のカバーにはクオリティフィッシュが居ますね。

ライトカバーだったので『Sinker Stopper』は着けていませんが、
『Sinker Stopper』を着けてやればさらにスルスルとスリ抜けてくれます。



b0177760_18342883.jpg

さらに連発!!

ちょっとづつサイズアップしています。


釣り方はカバーに入れて着底後、
ラインスラックを張らず緩めずでキープしてそのまま放置。

魚に気付いてもらうために軽くチョンチョンと動かしてもいいですが、
アクションするパーツが付いているワケではないので、
アクションよりもどちらかというとマテリアルの存在感で見せてやったほうがイイかなと。

ワームのサイズが小さいので、ブルーギルや元気なジュニアサイズが突っついてきますが、
フッキングしないでチョイチョイとロッドを揺すって外してやると、
それを見ていた大人のバスがスコンッと吸い込んでくれます。

そこで渾身のフッキング!!


b0177760_18343745.jpg

たまにキッズサイズにフルフッキングを決めてしまい、
カバーからスッ飛んできたりもしますが・・・。



b0177760_19520048.jpg

さらに追加!
確変モードに突入です!!

ワームは小さいけど釣れる魚は大きい。

私が大好きな「柔よく剛を制す」的な釣りのスタイルです。

ルアーのパワーでデカイ魚を引き寄せるんじゃなくて
狙うスポットと釣り方でビッグフィッシュをたぐり寄せるような釣りが
個人的には一番好きな釣りのスタイルですね。



b0177760_19520578.jpg

ミディアムヘビーの『SEITEN』をグイグイ絞り込む引きで楽しませてくれた
野池のクオリティフィッシュ。

この池の魚は「ホントにこれが野池の魚の引きか?」っていうくらい
よく引く元気な魚達でした。

良い場所を案内してくれた宮崎さんに感謝です!



b0177760_19521119.jpg

あっ、もちろん宮崎さんも釣ってますよ!

私とペアルックになってますが、
これはサムライ魚釣り選手権大会の参加賞のTシャツ。

嬉しがってスグに着てしまったオッサン2人は
期せずしてペアルック状態に・・・。

だから宮崎さん、私と離れて釣りしてたのかな・・・?



b0177760_19521420.jpg

日没間際まで釣りまくって大喜びのオッサン2人。

確か昨日は「父の日」だったハズですが、
2人はガッツリ「子供の日」状態で釣りを満喫した1日でした。



b0177760_19521889.jpg

宮崎さんのシメの1匹は
オーソドックスな『Smile worm Mammy』のネコリグ。

カットマミーもヘッドマミーもアリですが、
『Smile worm Mammy』の基本的なリグは何と言ってもこのネコリグですね♪


最後に、この日ヘッドマミーのライトテキサスで私が使ったタックルを記載しておくので
良かったら参考にしてください。

ロッド:NOIKE SEITEN MC-611MH
リール:SHIMANO Metanium HG(夢屋スプールに交換)
ライン:SUNLINE Shooter 12lb.
ルアー:NOIKE Smile worm Mammy(頭側1/3の通称ヘッドマミー)
シンカー:NOIKE タングステンバレットシンカー5g・7g


ピッチングでのアプローチを想定してミディアムヘビーのロッドをチョイスしましたが、
実際は少しキャストする必要があったので、5gのライトテキサスなら
ミディアムぐらいのロッドの方が使いやすいかもしれません。

まぁ、その辺りは個々に使いやすいタックルを組んでもらえれば良いかなと。



ではまた。




by waterlettuce | 2019-06-17 21:36 | 釣りの事