人気ブログランキング |

NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019 バスオブジャパン 第5戦

ちょっと前(20日程前?)ですが、野尻湖に再訪しました。


b0177760_08484435.jpg

野尻湖行ったらこの写真は撮っとかないと・・・。




b0177760_08484989.jpg

バスオブジャパン第5戦はこの野尻湖が舞台です。


私はこの時点でコアングラー部門の4位という順位。

クラシック戦の出場権は確定していましたが、
野尻湖戦で上位とのポイント差をギュ〜っと詰めることができれば
七色ダムのクラシック戦で、もしかしたらの、まさかの、奇跡の大逆転が起こせるかもしれない。

芦ノ湖戦でノーフィッシュを喰らってしまったことで、
上位2名とのポイント差が結構離れてしまい、大逆転の可能性は限りなく低いですが
可能性がゼロでない限りはやれるだけのことをやってみようかなと。


そんな感じで挑んだ野尻湖戦の前日プラクティス。


b0177760_08485557.jpg

釣れました。



b0177760_08490094.jpg

プリプラクティスの時のようなビッグスモールは釣れませんでしたが、
とりあえず魚に口を使わせる方法だけは何となく掴めたかなという感じでした。




b0177760_08485298.jpg

使ったのは『WILD Goby』のダウンショット。


NOIKEの小さなワームって野尻湖のスモールマウスにはどれも有効なんですが、
ずいぶん前に野尻湖に詳しい人が『WILD Goby』と『Ring Curly 3"』は
特に野尻湖で効果的って言ってたのを思い出して使ったら釣れました。

ただ、この時の釣り方が水深10m程のフラットエリアのボトムで放置っていう釣り方。

ちょっとでもラインテンションを張ってしまうと食ってくれないのでひたすら放置。
マテリアルの存在感だけでバイトに持ち込む。そんな釣り方でした。


しかし前日のプラクティスでこの釣り方しか見つけられなかったことで
試合ではかなり苦戦することになりました・・・。




b0177760_08490483.jpg

そして迎えた試合当日。




b0177760_08490765.jpg

私とペアを組んだボーターの選手は、前日と同じ場所で1日やり通しました。


私は唯一見つけていた『WILD Goby』と『Ring Curly 3"』のボトム放置をやろうと思いましたが、
試合当日はこの釣りがかなりやりにくい状況になってしまい、
無念のノーフィッシュに終わりました・・・。




b0177760_08491109.jpg

一つの釣り方しか見つけられなかったことで、その釣り方に固執してしまう。

それしかないからその釣りができない状況になると自信を持って釣りができなくなる。

結果、自分の釣りが崩壊・・・。


ボーターの釣りに臨機応変に対応するのがコアングラーに不可欠な要素なのに
それができなかったのが今回の敗因でした。

ボーターの選手は3位に入賞してるので、ポイントの選択は正解だったにもかかわらず
私の引き出しの無さで自滅してしまいました・・・。


まだまだ修行が足りません・・・。



芦ノ湖・野尻湖と2戦ノーフィッシュを食らいましたが、
前半戦でポイントを稼いでいたので
クラシック戦は6位という順位で参加できることになりました。



b0177760_10052453.jpg

今年最後の公式戦。

悔いのないように頑張りたいと思います!


ではまた。



by waterlettuce | 2019-09-12 10:07 | 釣りの事