NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年 01月 28日 ( 1 )

毎年恒例の・・・

今週は何かとバタバタしていてブログの更新が滞ってました。

いつも見に来てくれている方、スミマセン・・・。


来週、再来週とまた問屋さんの売出しが続くので
その為の準備やら何やらで少しの間釣りはおあずけになりそうです。

ディープクランク投げまくりたいんですが・・・。



b0177760_00312583.jpg

日本バスプロ協会から書類が届きました。




b0177760_00321083.jpg

中身は本年度のサポート選手の報告書。

これを提出しておかないとサポート選手がJB/NBCの大会で
NOIKEのトーナメントシャツが着れなかったり、ロゴの露出などが出来なくなります。

それなりに費用が掛かる事なので、NOIKEのような小さなルアーメーカーにとっては痛い出費でもあるんですが、
基本的にほとんどのアイテムでFeco認定を通しているNOIKEにとっては、
大会に出ている選手をサポートすることも、ある意味避けては通れない部分かなぁと思っています。


とはいえ、大会の成績だけで商品の売れ行きが大きく変わるような時代ではないので
普段の釣りや情報発信等、前年度の活動をトータルで見て次の年のサポートを決めています。

これが毎年頭の痛い仕事なんです・・・。


基本的に一度サポートした選手にはずっと続けて欲しいとは思うんですが、
登録枠には限りがあるので、アピールの少ない選手を登録し続けるくらいなら
若い選手にもチャンスをあげたいと思います。

特にJBの選手に関しては『プロ』という肩書きがある以上、
それなりに自覚を持って活動してもらわなければ、JB選手として登録する意味がありません。

アピールの少ない人には何もしてあげられない。それが現実です。


先にも述べたように、大会の成績だけで商品が売れる時代ではありません。

かなりインパクトのある勝ち方をするとか、常に上位に食い込むとかじゃないと、
たまにお立ち台に上がるぐらいでは、残念ながら商品の売れ行きには変化が起こりません。

JB/NBCの大会はあくまで一つの手段であって、
根底にはNOIKE商品の良さを多くの人に広める活動をサポート選手に担って欲しいという思いがあるので
そこに注力して活動してくれる人は、大会の成績が多少悪くても構わないと思っています。

釣りの試合で常に勝ち続けるなんていう事は、ほとんど不可能なので。



今期から少し体制も変わったので、新メンバーを2人加入しました。

新しいNOIKEスタッフに関してはまた改めて紹介したいと思います。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-01-28 02:09 | NOIKEの仕事