人気ブログランキング |

NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2018年 10月 26日 ( 1 )

前回のブログで粕山さんのトーナメントシャツの事を書きながら
昔の事を色々思い返していました。

特にNOIKEのロゴについて。


b0177760_00590802.jpg

このNOIKEのロゴ、
作った時に日本はもとより海外の事も強く意識して作りました。

将来的にそうなればいいなぁという期待を込めて作っていたことを思い出します。


その辺りのことを過去のブログで書いています。

かなり昔の記事ですが、リンクを貼っておくので
宜しければ暇な時にでもご覧になってください。




「NOIKEのロゴ その3」が海外の事についても触れている回です。




バスフィッシングの本場アメリカの地で
サポート選手がNOIKEのトーナメントシャツを着て試合に出場するって
ロゴを作った時には考えられませんでした。

もちろん、いつかそんな日が来ればいいなぁとは思っていましたが、
本当にそんな日が来ることになるとは・・・。

NOIKEのような小さなルアーメーカーにこんなチャンスが巡ってくるのも
バスオブジャパンという団体の特権かもしれませんね。



だけどここ数年、コアングラーで出場した選手は
かなり厳しい戦いを強いられているそうです。

アメリカ各州や各国の代表というツワモノ相手に
バックシートで釣果を出すっていうのは相当ハードルが高いと思います。

まともに釣りをさせてもらえないかもしれません。

だけどバックシートにはバックシートの釣り方があるっていうのも事実。

粕山さんにはNOIKEワームを駆使して何とか爪痕を残して帰ってきてほしいと願っています。
粕山さんなら何かやってくれそうな気がしてるんですよねぇ。



そんな粕山さん、
渡米を来月に控えて荷物のパッキングに苦戦中。

持って行ける重量には制限があるんですが・・・


b0177760_02073170.jpg

NOIKEのワームって基本的に高比重なんですよね・・・。

まさかの高比重マテリアルがアダになるというオチ。


とりあえず、頑張れ粕山さん!



ではまた。




by waterlettuce | 2018-10-26 02:46 | オモイノタケ