人気ブログランキング |

NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:釣りの事( 439 )

日曜日に芦ノ湖で開催されたバスオブジャパン第3戦。

今回は東西の合同戦なので参加者も2倍です。


b0177760_09554763.jpg

「NATIONAL PARK HAKONE LAKE ASHI」

芦ノ湖って英語表記だと『LAKE ASHI』になるんですね・・・。



まずは大会前日のプラクティス。


b0177760_09555146.jpg

今回はNOIKEメンバーの黒田さんのバックシートに乗せてもらいました。

前回の旧吉野川戦の後、体調不良で入院2回、手術1回を経験した黒田さん。

今ここで釣りしてて大丈夫なんでしょうか・・・?


本来なら入念にプラクティスを行なって大会に臨む黒田さんですが、
そういった事情でプリプラクティスは全くできないどころか、
旧吉野川戦以降釣り自体ができなかったので、
前日プラクティスのみで絞り込んでいくしかありません。

黒田さんの体調のことを考えると無理せずに早めに上がって体調を整えて欲しいところですが、
魚の反応がイマイチだったら迷走してしまう可能性もあります。

とにかくサクサクっと釣って、パンパンパンっと絞り込んでいく必要があるので
プラクティスパートナーの私もちょっと頑張ってみました。



b0177760_09555420.jpg

開始3投目でいきなり2kgオーバーのビッグフィッシュ!!

やる時はやりますよ! まぐれですけど・・・。



b0177760_09555716.jpg

出会い頭のラッキーフィッシュですが、
ここからヒントを得て可能性を模索していくのがトーナメントのプラクティス。

この場所でこれが釣れたということは、あの場所はどうかなとか、
この釣り方だったらどうかなと模索しながら精度を高めていきます。



b0177760_09560184.jpg

黒田さんにもグッドサイズ!

その後もいく先々でバイトが取れるので
メインの釣り以外にもバックアップを3つぐらい見つけることができ、
黒田さんの大会当日のプランはほぼ固まりました。

大会当日も前日と同じような天候なので
黒田さんの釣り方で大きくハズすことはないかなと。


黒田さんの体調優先で早めに上がる予定ではありましたが、
あまりにも早く絞り込めてしまったので、別のパターンをちょっと確認することに。


そのパターンとは『放流バスのパターン』。


皆さんご存知のように芦ノ湖とか河口湖には放流バスが入るんですが、
放流バスってネイティブとはまた違った動きをします。

そんな放流バスを釣るために密かに温めていた秘密兵器がコレ。


b0177760_09561569.jpg

『マリモケムケム』

『ケムケムヘッド』『フレッシュラバー』をタイイングして自作で作ったものなんですが、
通常の『kemkem』よりもスカートの量を多くし、シルエットが球になるようにカットしています。

ちなみにトレーラーは不要です。



スカートの量が多いのでゆっくりフワァ〜っとフォールするんですが、
これを放流バスが居そうなスポットに落としてやると・・・


b0177760_11432080.jpg

こんなのが釣れます。

いかにも放流バスっていう感じの体型・・・


基本的にフォール主体の釣りですが、フォールで食わなかったら
ボトムで一点シェイクで誘ってやると・・・



b0177760_11253446.jpg

そういう釣り方でも釣れます。

サイズの割にはスゴイ体型ですね・・・



b0177760_09562492.jpg

トレーラーを付けないのでボトムに着いた時にジグが必ず直立するため
魚がついばんだだけでフッキングします。

ちなみに『マリモケムケム』は、別名『ペレットケムケム』とも言います。
これが放流バスに効く理由・・・分かりますよね?


この釣りは釣れることは釣れるんですが、
難点はかなりスローな釣りになるということ。

ボートを流しながらやるような釣りじゃないので
大会当日にこの釣りがハマるかと言われれば、ちょっと微妙かなぁと・・・。




b0177760_09562963.jpg

そして迎えた大会当日。



b0177760_11493447.jpg

やはり前日と同じような天候でした。

おそらく黒田さんはハズさないかなぁと・・・



というワケでNOIKEメンバーの結果です。


b0177760_11493895.jpg

やはり黒田さんはプラン通り順当に魚を釣ってリミットメイク!

トータルで5kgちょっとだったと思います。



b0177760_11494104.jpg

3位入賞でした!

初戦が5位、2戦目が優勝、そして今回の3戦目が3位なので、
おそらく東西含めて黒田さんがボーター部門の暫定首位になっているハズ。



b0177760_11494472.jpg

粕山さんは4kgちょっと釣って6位。

お立ち台まで後少しでしたね・・・。




b0177760_11494777.jpg

服部さんもしっかりグッドサイズをウェイインしています。



そして私の結果は・・・



絶対にやってはいけない
ノーフィッシュをやらかしてしまいました・・・


言い訳はしません・・・私の力不足です・・・

いつもワームのポテンシャルに頼っているので
ワームの使えないフィールドで力不足が露呈するんです・・・。


『マリモケムケム』に一縷の望みを見出しましたが、
残念ながら出番はほとんどなかったです。

また来年までに何か考えないといけませんね。



b0177760_11495117.jpg

私にとって鬼門の芦ノ湖。

霧が晴れるのはいつになるんでしょうか・・・?


ではまた。




by waterlettuce | 2019-06-26 12:46 | 釣りの事
前回のブログからの続きです。


サムライ魚釣り選手権大会の後は
ちょっと寄り道して野池で釣りをして帰ることに。

もちろん大会でペアを組んだ宮崎さんも一緒です。


実はちょっと試しておきたいリグがあったので
カバーがあるような野池を宮崎さんに案内してもらいました。



試したかったリグがコレ。


b0177760_18341845.jpg

リグはライトテキサスなんですが、何のワームか分かりますか?


実はコレ、カットマミーで残った頭側のパーツなんです。

カットマミーでカットした『Smile worm Mammy』の頭側のパーツ、
何か勿体無いなぁと思いつつもゴミ箱に捨ててませんか?

頭側のパーツはリグや使い方によってはスゴく釣れるルアーに化けるので、
捨てずにパッケージ保管でキープしておくことを私はオススメします。



この頭側のパーツ、私は『ヘッドマミー』と呼んでいますが、
低水温期は重めのジグヘッドでリアクション的に使って良い釣果を出しています。

その時の記事は下にリンクを貼っておくので宜しければご覧下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


他の使い方として、ちょっと強めのタックルでヘッドマミーを
ライトテキサスで使ったら絶対釣れるだろうなぁと思っていました。

カバーにスルスル入っていって、使いやすいだろうなぁと・・・。


試す前から私の脳内インプレッションで釣れることは分かってたんですが、
一応実釣で確認しておく必要はあるかなぁと。



b0177760_18342299.jpg

まぁ、普通に釣れるんですけどね♪

いつものように大人の釣り人宮崎さんがさりげなくポイントを空けておいてくれたので、
せっかくのご厚意を無駄にしないよう、僭越ながら私がしっかりと釣らせていただきました!




b0177760_18342406.jpg

やっぱり1等地のカバーにはクオリティフィッシュが居ますね。

ライトカバーだったので『Sinker Stopper』は着けていませんが、
『Sinker Stopper』を着けてやればさらにスルスルとスリ抜けてくれます。



b0177760_18342883.jpg

さらに連発!!

ちょっとづつサイズアップしています。


釣り方はカバーに入れて着底後、
ラインスラックを張らず緩めずでキープしてそのまま放置。

魚に気付いてもらうために軽くチョンチョンと動かしてもいいですが、
アクションするパーツが付いているワケではないので、
アクションよりもどちらかというとマテリアルの存在感で見せてやったほうがイイかなと。

ワームのサイズが小さいので、ブルーギルや元気なジュニアサイズが突っついてきますが、
フッキングしないでチョイチョイとロッドを揺すって外してやると、
それを見ていた大人のバスがスコンッと吸い込んでくれます。

そこで渾身のフッキング!!


b0177760_18343745.jpg

たまにキッズサイズにフルフッキングを決めてしまい、
カバーからスッ飛んできたりもしますが・・・。



b0177760_19520048.jpg

さらに追加!
確変モードに突入です!!

ワームは小さいけど釣れる魚は大きい。

私が大好きな「柔よく剛を制す」的な釣りのスタイルです。

ルアーのパワーでデカイ魚を引き寄せるんじゃなくて
狙うスポットと釣り方でビッグフィッシュをたぐり寄せるような釣りが
個人的には一番好きな釣りのスタイルですね。



b0177760_19520578.jpg

ミディアムヘビーの『SEITEN』をグイグイ絞り込む引きで楽しませてくれた
野池のクオリティフィッシュ。

この池の魚は「ホントにこれが野池の魚の引きか?」っていうくらい
よく引く元気な魚達でした。

良い場所を案内してくれた宮崎さんに感謝です!



b0177760_19521119.jpg

あっ、もちろん宮崎さんも釣ってますよ!

私とペアルックになってますが、
これはサムライ魚釣り選手権大会の参加賞のTシャツ。

嬉しがってスグに着てしまったオッサン2人は
期せずしてペアルック状態に・・・。

だから宮崎さん、私と離れて釣りしてたのかな・・・?



b0177760_19521420.jpg

日没間際まで釣りまくって大喜びのオッサン2人。

確か昨日は「父の日」だったハズですが、
2人はガッツリ「子供の日」状態で釣りを満喫した1日でした。



b0177760_19521889.jpg

宮崎さんのシメの1匹は
オーソドックスな『Smile worm Mammy』のネコリグ。

カットマミーもヘッドマミーもアリですが、
『Smile worm Mammy』の基本的なリグは何と言ってもこのネコリグですね♪


最後に、この日ヘッドマミーのライトテキサスで私が使ったタックルを記載しておくので
良かったら参考にしてください。

ロッド:NOIKE SEITEN MC-611MH
リール:SHIMANO Metanium HG(夢屋スプールに交換)
ライン:SUNLINE Shooter 12lb.
ルアー:NOIKE Smile worm Mammy(頭側1/3の通称ヘッドマミー)
シンカー:NOIKE タングステンバレットシンカー5g・7g


ピッチングでのアプローチを想定してミディアムヘビーのロッドをチョイスしましたが、
実際は少しキャストする必要があったので、5gのライトテキサスなら
ミディアムぐらいのロッドの方が使いやすいかもしれません。

まぁ、その辺りは個々に使いやすいタックルを組んでもらえれば良いかなと。



ではまた。




by waterlettuce | 2019-06-17 21:36 | 釣りの事
b0177760_11563408.jpg

昨日は『第8回 サムライ魚釣り選手権大会』が開催されました。




b0177760_11563873.jpg

場所は兵庫県の東条湖。

SNS等を見ていると、
昨日は強風で大会が中止になった所が多かったみたいですが、
東条湖はそれほど風も強くなく、大会スタート後には晴れ間も見えて
快適に釣りができました。




b0177760_11564108.jpg

今回は釣り仲間の宮崎さんと一緒に参加しました。

このブログにも過去に大人の釣り人MK氏として登場していた人です。


あっ、ちなみに宮崎さんは向かって右側の人ですよ。


宮崎さんのどういう所が大人の釣り人かって言うと
一言で言えば一緒に釣りをする人への配慮ができること。

釣り人って人よりたくさん釣りたい、人より大きな魚が釣りたいって思いが強くて
自分の釣果を優先して釣りをしがちですが、
宮崎さんはいつもさりげなくポイントを譲ってくれたりとか、
人の釣果を自分のことのように喜んでくれたりとか、
自分の釣果よりも一緒に釣りを楽しむことを優先して配慮してくれる所が
大人だなぁっていつも思います。

一緒に釣りをする時はいつも宮崎さんの好意に甘えつつも、
自分も誰かと一緒に釣りをする時は常にこうありたいなと思っています。




b0177760_11564480.jpg


そんな宮崎さんが・・・(向かって右側の人です)





b0177760_11564887.jpg

チャターベイトに『Smokin' Swimmer 4"』をトレーラーに付けて・・・





b0177760_11565167.jpg

キッカーフィッシュを釣り上げて・・・(向かって右側が宮崎さんです)





b0177760_11565463.jpg

優勝しました!!
(真ん中の人が宮崎さんです)





b0177760_11565785.jpg

宮崎さん、おめでとうございます!!

今日は私も自分のことのように嬉しいです!


宮崎さんが掛けた魚、いつもの感謝の気持ちを込めて
丁重にネットに収めさせていただきました。




b0177760_11570108.jpg

ちなみに私は宮崎さんがキッカーフィッシュに嬉々とする傍で
終始キッズサイズと戯れて終了致しました・・・。


別に宮崎さんばりにさりげなくポイントを譲ったワケではないですよ・・・

私も一生懸命ビッグフィッシュを狙ったんですが・・・

でも、釣れなかったんです・・・




b0177760_11570533.jpg

前回出場の時も彼にこのセリフを言われた気が・・・

返す言葉もございません・・・




b0177760_13070348.jpg

そうしたい所ですが、そう言うワケにもいきません・・・


と言うワケで、大会終了後にちょっと野池で釣りをして帰ることにしました。

そこでまた宮崎さんの大人ぶりが遺憾なく発揮されるんですが・・・



ではまた。




by waterlettuce | 2019-06-17 13:10 | 釣りの事
ちょっと話が前後してしまうんですが、
大阪に帰る前に1人で少しだけオカッパリしました。

フローターではお客様のリクエストでカットマミーメインで釣りをしましたが、
ちょっと試したいルアーがあったので、帰り道に通りかかった野池でちょっとオカッパリです。


使ったルアーはコレ。


b0177760_01475473.jpg

夏頃にNOIKEから新しくリリース予定のクローワーム。



組み合わせてるジグはPro's Factoryさんから今年発売予定の『プロズ ベイトフィネススイムジグ』。

フィネスアプローチができるコンパクトなスイムジグで
3.5gと4.5gがありますが、今回私が使ったのは4.5gの方。

このスイムジグ、プロトの段階から少し使わせていただいていますが、
NOIKEのワームで合わせるなら『wobble shad 3"』か『Smokin' Swimmer 4"』がオススメ。

3インチなら『wobble shad』、4インチなら『Smokin' Swimmer』っていうのが
個人的にはしっくりきた組み合わせでした。


シャッドテールワームと組み合わせた時は基本的に巻いて使う釣り方がメインになってくるんですが、
クローワーム、それもフォールで爪がアクションするこのワームと組み合わせれば
もっと使い方の用途が広がるような可能性を感じたのでちょっと試してみることに。



b0177760_01475828.jpg

サイズは小ぶりですが、答えはすぐに返ってきました。

カーブフォールで着底後、ひったくるようなバイトが出ました。

プロトワームのフォールアクションが効きましたね。



b0177760_01480208.jpg

巻いて使っても良く釣れました。

クローワームって巻いて使うイメージってあまりないかもしれませんが、
良く動くワームなので小さなスイムジグと組み合わせて巻いて使うのもOKです。

ロッドアクションを加えながらジグスト的に使っても良く釣れました。



b0177760_01480695.jpg

例えばこんなシチュエーション。

フロッグしか投げる気がしなくなるような状況ですが、
ロッドを立ててウィードの上を引いてやると下からドンッと出てきます。



b0177760_01480918.jpg

このワームは幅広のボディ形状なのでウィードにスタックしにくく、
ジグが横倒れしにくいのでウィードの上をスルスル抜けていってくれます。

ウィードの上を通してバイトが無かったら、
ウィードのポケットにフォールさせてやるという釣り方でも良く釣れました。


釣り過ぎてワームがズレズレになってしまいましたが、
このワームは完全シンメトリーの形状なのでひっくり返して使うことも可能。



b0177760_01481347.jpg

それでも15匹ぐらい釣ったらさすがに爪を取られてしまいましたが・・・


この日はジグもワームも一つずつしか持ってきてなかったので
あまり釣り込むことができませんでしたが、
ジグとワームのマッチングはかなり良い印象でした。

どちらもプロトのアイテムなのでカラーのマッチングはちょっと微妙な感じですが、
発売されたらよりマッチしたカラーの組み合わせで使い込んでみたいですね。

ピンクのジグにグリパンのワーム・・・別に普通に釣れましたけどね。



b0177760_02483036.jpg

ちなみにこのスイムジグ、アイが大きいので
最近老眼が急速に進んでいる私にはとても嬉しい設計です。

老眼アングラーを想定した開発をしたワケじゃないとは思いますが・・・。



この時に使ったタックルセッティングを記載しておくので
良かったら参考にしてみてください。

ロッド:NOIKE SEITEN MC-64M
ライン:SUNLINE FCスナイパー 12lb.
ルアー:Pro's Factory プロズ ベイトフィネススイムジグ+NOIKE プロトクローワーム


リリースが楽しみなアイテムがまた増えました。

両方とも発売はもう少し先ですが、
この組み合わせは是非試していただきたいなと思います。


ではまた。

by waterlettuce | 2019-06-11 03:08 | 釣りの事
今日は高山ダムでフローター大会。

早朝からプカリと浮かんでみました♪


b0177760_22070459.jpg

久しぶりの高山ダム。




b0177760_22070867.jpg

右を見ても・・・




b0177760_22071184.jpg

左を見ても釣れそうな雰囲気ムンムンです♪




b0177760_22071436.jpg

実際釣れるんですが、サイズが・・・




b0177760_22071753.jpg

3匹釣って1匹ぐらいの確率でちょっとだけサイズアップします。

今日は延々その繰り返し・・・。




b0177760_22072114.jpg

カットマミーを使えばコンスタントに釣れ続きますが、
前回のフローター釣行の時のようにビッグフィッシュのタイミングに合わせられないまま
刻一刻と時間だけが過ぎていきます・・・。




b0177760_22072426.jpg

結局サイズアップできないまま終了。


無念です・・・。

そして背後に何か気配を感じます・・・。




b0177760_22074463.jpg


気のせいでしょうか・・・




b0177760_22072426.jpg

だ〜る〜ま〜さ〜ん〜が〜



b0177760_22074463.jpg

転んだ!!


やっぱり気のせいですかね・・・。




b0177760_22074926.jpg

そんな感じで終了した6月のフローター大会。

次回は9月に開催予定です。


次回こそはビッグフィッシュ釣らないとマズイなぁ・・・

密かに練習しといた方が良さそうです。



ではまた。




by waterlettuce | 2019-06-09 22:40 | 釣りの事

カットマミー炸裂!!

昨日は出張先でNOIKEヘビーユーザーのお客様とお忍び釣行。


b0177760_12093855.jpg

諸事情によりお客様の写真は割愛です。

大人の事情ってヤツです・・・。



b0177760_12094221.jpg

今回は久しぶりにフローターでの釣行。

ぼちぼちフローターの釣りが楽しい季節になってきたので
期待に胸が膨らみます。


ちなみに今回はお客様のリクエストで『カットマミー』の釣りを見せて欲しいとのことなので、
カットマミーをメインに釣りをしていくことにしました。

カットマミーについての詳しい解説は過去のブログのリンクを下に貼っておくので
知らない方は是非一度ご覧ください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



というワケで実釣スタートですが、
私は基本的にいきなりカットマミーから釣り始めるということはしません。

カットマミーってそこに居る魚に口を使わせる能力は高いですが、
どうしてもスローな釣りになるので、魚を探していく段階で使うと効率が悪すぎます。

魚が多いエリアだったりバイトを引き出しやすいレンジが大切になってくるので
まずはある程度それを絞り込んでいく必要があります。



b0177760_12094639.jpg

そういう時に私が良く使うのが『Pintail Stick 3"』のネコリグミドスト。

これをボトムから1mくらい浮かして引くイメージで
バンクの傾斜に沿ってミドストで落としていきます。



b0177760_12095098.jpg

釣れました。

サイズは大きくないですが、魚の反応があるということが大切です。



b0177760_12095450.jpg

また釣れました。

このサイズをその後も複数匹釣ったことで
何となくこの状況での魚の反応が良いレンジを絞り込んでいきます。



b0177760_12095806.jpg

『Yabby』のダウンショットリグも投入。

念のためにボトム付近の様子も探っておきます。



b0177760_12100242.jpg

微妙にサイズアップ。

その後も何匹か釣りましたが、ちょっと深めのレンジの方が
魚のサイズは良い印象でした。



b0177760_12100767.jpg

この段階でようやくカットマミーを投入です。

今回釣りをしたフィールドはそれほど水深が深くはない場所なので
使うジグヘッドは『kemkem head』の1.4gをチョイス。

10m前後のレンジを狙う場合は1.8gを使いますが、
ここでは1.4gぐらいでOKかなと。



b0177760_12101647.jpg

早速釣れました。

小ぶりのサイズですがワンキャストワンヒット状態で
魚がバイトしてきます。

カットマミーの喰わせの能力の高さにお客様もビックリです。


このまま数釣りを楽しむのもイイんですが、やっぱりデカイ魚を釣りたいので
ここからちょっとずつ釣り方を微調整していきます。


バイトを引き出しやすいレンジは掴めているので、
その水深で何か複合的な要素を探しながら釣りをしていくと・・・




b0177760_12102263.jpg

グッドサイズの反応がありました!

この時点で私の中ではかなり確信めいたものがあったので、
あとはそのキーになる条件を満たしたスポットを狙い撃ちしていきます。



b0177760_13080445.jpg

さらにサイズアップ!

案の定、条件が整った場所では良い魚が反応してきますね。

ここまでの展開は魚探があればもっと早い段階で絞り込めると思います。

魚探が無いフローターではアナログ方式の手探りの絞り込みになるため
時間が掛かってしまいますが、探し方の基本は同じです。



b0177760_13081094.jpg

カットマミーをガッツリ喰ってます。


ちなみにこの釣りは明快なバイトが出ることは少ないです。

ラインスラックを揺すってる感覚が少し重く感じたらそれがバイトのサイン。


ワームマテリアルのポテンシャルで喰わせる釣り方なので
違和感なく魚がルアーを口にするためこういうバイトの出方になるんだと思います。



b0177760_13292249.jpg

キーになる条件が絞り込めれば後は量産体制に入るのみ。

今までより一回り大きな個体がネットインです♪



b0177760_13292684.jpg

これはちょっとイイサイズですよ・・・。



b0177760_13293157.jpg

出ましたビッグサイズ!!

絵に描いたような展開に自分でもビックリです。

お客様の前でイイ所見せられて良かった・・・



b0177760_13293567.jpg

季節的にスリムボディの個体が多いかなぁと思っていたんですが、
条件が整った場所にいる個体はしっかりエサを喰ってますね。



b0177760_13293920.jpg

さらに追加。
本日の最大魚いただきました♪

ベイトをしっかり喰っているナイスプロポーションのビッグサイズ。


使うルアーが小さくても、条件が整ったスポットを狙い撃ちすることで
コンディションの良い個体を量産することができます。


ここまでの展開で私的にはもうお腹いっぱいですが、
お客様のもっと見たいというリクエストに答えてもうちょっと頑張ってみます!



b0177760_13294453.jpg

この個体も丸々と太ったナイスプロポーション!

このフィールドの魚は本当によく引く魚ばかりなので
ちょっと腕が疲れてきました・・・。



b0177760_13294917.jpg

目線の低いフローターでこのサイズが連発すると最高に楽しいです!

久しぶりにフローターが引っ張られるくらいの
魚の引きを堪能させていただきました♪



b0177760_13295416.jpg

今回使ったカットマミーのカラーは
『#08 ウォーターメロンシード』『#34 シナモンブルー』
『#103 ダークレッド』をローテーションしましたが、
どのカラーでも満遍なくバイトが取れましたね。


ちなみに最大魚を釣ったカラーが上の画像の『#08 ウォーターメロンシード』。

この日のキーになった条件が、バイトが多いレンジに絡んだウィードだったので、
ウィードエリアでナチュラルな存在感を醸し出すこのカラーが良かったのかなぁという印象です。



一応この日のメインタックルのデータを記載しておくので
良かったら参考にしてみてください。

ロッド:NOIKE SEITEN NSS-61ULMS(The kemkem)
リール:DAIWA EXIST 2004
ライン:SUNLINE Shooter 4lb.
ルアー:NOIKE Smile worm Mammy(頭側を1/3カットした通称カットマミー)
ジグヘッド:NOIKE kemkem head 1.4g




b0177760_14264315.jpg

親指が傷だらけになるまで釣りまくったお忍びフローター釣行。

お客様のご都合で夕まずめ前に切り上げましたが、
フィーディングタイムの夕まずめまで続けて釣りをしていたら
さらに釣果を上乗せできたと思います。


今回お客様のリクエストでカットマミーメインで釣りをしてみましたが、
正直釣れなかったらどうしようと、内心ドキドキでした・・・。

この日お客様が選んでくれたフィールドが
カットマミーが効きそうなフィールドだったので何とかなるだろうとは思いましたが、
ここまで上手くハメることができたのは自分でもちょっと驚きです・・・。

カットマミーの威力の片鱗を少しはお伝えすることができたかなと。




b0177760_14264778.jpg

あっ、ちなみにお客様もカットマミーでちゃんと釣っていただいてますよ。

お忍び釣行なので顔出しNGですが・・・。



ではまた。





by waterlettuce | 2019-06-06 14:46 | 釣りの事

明日のために下見です

明日はイチバン・エイトグループさん主催の
『ブラックバス釣り体験会』が淀川で開催されます。

お子様やこれから釣りを始めたい人のためにキャストの仕方やリグ(仕掛け)の作り方、
どういう場所を狙うかというようなことを実釣を交えながらレクチャーするイベントなんですが、
僭越ながら私もお手伝いさせていただきます。


そして、せっかく実釣タイムがあるのであれば
できれば実際に魚を釣っていただきたいということで、
ちょっと下見に行ってきました


b0177760_21303039.jpg

今回の実釣エリアは普段私があまり釣りをしないエリアなので、
事前にちゃんと下見をしておかないと細かなレクチャーができないので。


体験会ではNOIKEから協賛品として『kemnpa』
スピニングタックルでの適合フックとして『Baby Hook』の#1を提供させていただきました。

というワケで、まずはそれで釣ってみようかなと。



b0177760_21303582.jpg

とりあえずサクっと釣ってみました。

ビギナーの方でこれから淀川で釣りをはじめてみたいっていう人には
私は『kemnpa』を強くオススメします。

スピニングタックルで良く飛び、ボトム放置やズル引き、
慣れてきたら川の流れに乗せるドリフトのテクニックをマスターすれば、
淀川本流のオカッパリでは高確率で魚が釣れるようになります。

そして何よりビッグフィッシュ率が高いのも『kemnpa』の魅力ですね。



今回の下見はいつもお世話になっている
お得意様のスタッフの方にも協力していただきました。


b0177760_21303957.jpg

久しぶりの淀川とのことですが、まずは一匹。



b0177760_21304403.jpg

岸寄りのハードボトムを『wobble shad 3"』のフリーリグで狙ってましたね。




b0177760_21304910.jpg

明日はビギナーの方が多いとのことなので
ベイトタックルを使用する『wobble shad 3"』のフリーリグはレクチャーしませんが、
体験会のエリアではこういう釣りも有効ですね。



b0177760_21305432.jpg

『Smokin' Swimmer 4"』のジグヘッドリグでも釣れました。



b0177760_21305811.jpg

ジグヘッドリグで使うとロッドティップまでブルブル感が伝わってくる
ボディバイブレーションが特徴の『Smokin' Swimmer 4"』。

リグの状態が掴みやすいのでこちらもオススメです。




b0177760_21310427.jpg

昼からは場所を変えてテトラ帯をやってみました。

明日の体験会の後はこの辺りで釣りしてみようかなと思ってるので
こちらもちょっと下見です。



b0177760_21310812.jpg

テトラ帯でも釣れますね。

風が強くて釣りにくかったですが、
沖目のテトラのブレイクを『Smile worm Mammy』のネコリグで
丁寧に狙っていると明快なバイトが出たそうです。



b0177760_21311442.jpg

だけど岸寄りのテトラの隙間にアプローチした方が
やっぱり良いサイズが釣れますね。



b0177760_22411899.jpg

この釣りで絶対に外せないのが『Smile worm Mammy』のネコリグ。

ボトムまでしっかりと落とすことが重要なので、
ネイルシンカーのウエイトはNOIKEの『TGネイルシンカー』なら2.6g以上がオススメです。



b0177760_22412211.jpg

明日の体験会はお昼の12時までなので、終了時間くらいに会場にお越しいただければ
体験会に参加されなかった方とも一緒に釣りができると思います。

その際は『Smile worm Mammy』をお忘れなく。



b0177760_22412711.jpg

ちなみに、ヌートリアは今日も元気でした。



ではまた。




by waterlettuce | 2019-05-18 23:05 | 釣りの事
今日は夕方ちょこっとだけ淀川でオカッパリ。


b0177760_21400369.jpg

久しぶりの淀川ですが、良い季節なのでまぁ釣れるんじゃないかなぁと・・・。


入ったのは最下流部のテトラ帯。

この時期超定番の『Smile worm Mammy』のテトラ撃ちで
サクッとビッグフッシュを釣ってしまおうという魂胆です。



b0177760_21400742.jpg

しかし、今日の淀川はかなりの水位でテトラのトップが見えません・・・。

水面の反射も相まってテトラの落とし所が全く見えない状態。

こういう状況だとオカッパリのテトラ撃ちは厳しいです。



b0177760_21401063.jpg

まぁ、釣れなくはないんですが、
確信のスポットに落とせないのでサイズが伸びません。




b0177760_21401301.jpg

釣れるのは季節感の無い個体ばかり。

バイトがあるのは楽しいですが、
やっぱりこの時期はビッグフィッシュを狙いたいですよね。




b0177760_21401656.jpg

Smile worm Mammyの『#03 テナガシュリンプ』。

ボチボチこのカラーが活躍する季節かなぁと思うんですけどね。


ちなみに去年はこのカラーが爆発しています。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



b0177760_21401956.jpg

沖目のテトラのボトムから引っ張り上げるとラインがズタズタ・・・。

そんなに大きくなかったので上げることができましたが、
ビッグフィッシュだったらまず上がらなかったでしょうね。


テトラ撃ちってアプローチの距離感とか、入れる角度とか、
どのコースで引っ張り上げてくるかとか考えてを狙っていくので、
今日のように落とし所が見えない状況だと厳しいですね。


だったら『wobble shad 3"』のフリーリグで
テトラと舐めるように丁寧に釣っていったらどうかなぁと思ったんですが・・・



b0177760_21402228.jpg

キッズサイズが先に口を使ってしまいますね・・・。

やっぱりテトラ撃ちは闇雲にやっても効率が悪いだけです。




b0177760_21402627.jpg

ちなみにヌートリアは今日も元気でした。




ではまた。




by waterlettuce | 2019-05-12 22:28 | 釣りの事
先週のフィッシングエイトアネックスさんでのイベントにお越し頂いた皆様、
ありがとうございました!

イベント終了後、私はそのまま西へと移動。


向かった先は・・・



b0177760_13200591.jpg

徳島県の旧吉野川。

バスオブジャパンの第2戦が行われるフィールドです。


日曜の試合本番に向けての前日プラクティス。

2週間前のプリプラクティスではかなり良い釣果を叩き出すことができましたが、
この時期2週間も経過すると魚の動きは全く変わってしまうので
プリプラクティスの事は完全にリセットして一から魚を探していくことにしました。



b0177760_13200852.jpg

前日プラクティスでメインに使ったルアーは『Donkey BOO』

半日程のプラクティスでフィールド全域をチェックしたかったので
『Donkey BOO』のテキサスリグやリーダレスDSでスピーディーな展開を心掛けました。


ちなみに、リグにはチューブを付けて魚にフックが掛からないようにしています。

試合当日にメインになる釣りは、
私としては前日プラクティスで釣ってしまう事が厳禁の釣りなので、
バイトだけ取って魚が居るか居ないかをチェックしていきます。

とはいえ、NOIKEワームのマテリアルって一度魚がバイトするとなかなか離してくれないので
魚にプレッシャーを掛けずに吐き出させるのって結構難しかったりするんですが・・・


前日プラクティスは試合当日パートナーを組む
ウエスタン所属の岡田氏の船に同船しましたが、
二人で手分けしてチェックした事で沢山バイトを取れたので、
何となく今の旧吉野川で釣れそうな場所が分かりました。



b0177760_13201152.jpg

というワケで、徳島ラーメンでお腹を満たして明日の本番に備えます。





b0177760_13201557.jpg

そして向かえた試合当日。

前日プラクティスはまともに釣りができないくらいの爆風でしたが、
この日は比較的穏やかで釣り自体はしやすそうです。



b0177760_13201939.jpg

試合当日の私のタックルボックス。

バックシートの釣りなので持ち込むタックルは最小限に。

イベント限定で販売しているFULLCLIPさんとのコラボワームバックがとても便利です。



b0177760_13202298.jpg

スタート直前の一コマ。

期待と不安が入り混じるこの独特の雰囲気は
トーナメントに出ないと味わえない感覚です。



b0177760_13202801.jpg

いよいよ試合本番がスタート!

2番フライトなので目当てのポイントに入れそうです。


とりあえずファーストポイントには入れましたが、
その後はバッティングなどもあって、思い通りに釣りができたかというと微妙なところです。

そういった駆け引きも含めたものが、トーナメントの醍醐味でもあります。



b0177760_13203225.jpg

試合終了。



私の結果は・・・





b0177760_13203798.jpg

4位入賞でした!


前日プラクティスで見つけた場所でとりあえず釣る事はできましたが、
前回の七色ダム戦や旧吉野川のプリプラクティスの時のように
“ハメる展開”にまで持っていけなかったのでこの順位でした。



b0177760_13204072.jpg

ちなみにヒットルアーは旧吉野川といえばコレ!
というぐらい絶大な信頼をおいている『Smile worm Mammy』

リグはオーソドックスなネコリグですね。



b0177760_14435998.jpg

今回パートナーを組んだ岡田氏もボーター部門で4位入賞。

2人揃ってお立ち台には上がれたけど、3位以上で貰える盾には手が届きませんでした。




b0177760_14440253.jpg

ちなみにボーター部門の優勝はNOIKEメンバーの黒田さん

ミスが多かったという事でかなり悔しがってましたが、
それでも堂々の優勝という結果。

試合中近いエリアで釣りした場面が2回ほどあったので、私も黒田さんの釣りを見ていましたが
ミスした魚が全部取れてたら驚愕のハイウエイトが出ていたと思います。

トーナメントにタラレバは厳禁ですが、結果優勝したので言ってもいいかなと・・・



b0177760_14440585.jpg

今年からNOIKEメンバーに加わった黒田さん。

「最低でも今年1勝は必ずします!」と宣言していましたが、
2戦目で早くも公約を達成しましたね。


ちなみに黒田さんが使っていたのは『Smile worm Daddy』

リグに関しては黒田さんからまた改めてSNS等で発信してくれると思います。



b0177760_14440851.jpg

そんな感じで終了したバスオブジャパンの旧吉野川戦。

次は6月の芦ノ湖戦、7月の池原ダム戦、8月の野尻湖戦と続きます。


現時点での私の順位はコアングラー部門の2位という好位置に付けていますが、
今後は私にとって経験値の少ないフィールドが続くので苦戦を強いられそうです・・・。



b0177760_14441111.jpg

そんなワケで、またまた安定の徳島ラーメンを食べて大阪に帰りました。

ここに来たら徳島ラーメン以外何も食べていない気がします・・・



ではまた。




by waterlettuce | 2019-04-29 15:11 | 釣りの事
育ち盛りのタケノコがグングン伸びている今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?


b0177760_11410088.jpg

私は所用で2日間のプチ出張に行っておりました。

今回の出張先の近くには釣りができる野池がたくさんあるので、
現地に早く着いて仕事が始まる時間までチョイ釣りです。



b0177760_11410587.jpg

最近ちょっと話題の『カットマミー』

野池でも釣れるかどうか試してみました。



b0177760_11411252.jpg

釣れます。

普通に釣れます。


でもカットマミーのポテンシャルを最大限に発揮するには
もっと水深のある場所で使った方がいいのかなぁという印象。

やっぱりリザーバーとかで使うのがベストなんでしょうか。



b0177760_11410905.jpg

この池はボトムがトロロ状のウィード満載で、
ルアーにトロロが引っ掛かって釣りしにくかったので
致し方なく禁断の『イモヤビー』を使いました。



b0177760_11411685.jpg

良心が苛まれるほどこのサイズが釣れてしまうので
イモヤビーはやっぱり封印・・・。

このリグは用法・容量を守って適度にご使用ください。




b0177760_12040021.jpg

というワケで、チビっ子バスとたくさん遊んだので
うどんを食べて仕事に向かいます。

ここに来たらこの「揚げ餅ぶっかけ」を必ず食べます♪




b0177760_11412116.jpg

そして2日目、
またまた早朝からのチョイ釣りです。

昨日はチビっ子バスにたくさん遊んでもらったので
2日目はビッグなお父さん、お母さんにお会いしたいなと・・・。



そこでコイツの出番です!


b0177760_12135134.jpg


リグはカットマミーじゃなく、オーソドックスなネコリグです。


オーソドックスなネコリグなんだけど、ちょっとだけオーソドックスじゃない。

私は『ふんわりマミー』と呼んでます。


何がふんわりなのか? なぜゆえにふんわりなのか?

この時期の魚の状態を理解している人であればある程度察しがつくと思いますが、
説明すると長くなりそうなので、また改めてブログで書きますね。




b0177760_12135626.jpg

いきなりビッグサイズ出ました!!


釣り開始から5投目での釣果。

ただのラッキーパンチかもしれませんが・・・。



b0177760_12140061.jpg

傷ひとつない綺麗な魚体にウットリです♪

早起きは三文の徳ですね!



b0177760_12140602.jpg

『Smile worm Mammy』をバックリ食ってます。

ふんわりマミーのふんわり効果炸裂です。



b0177760_12393272.jpg

朝イチからビッグフィッシュを釣って気を良くした私は
早めに釣りを切り上げて朝食のうどんを食べて仕事に向かいました。

ビッグフィッシュを釣った後の仕事はいつも以上にはかどります!

釣り人って単純ですね・・・



b0177760_12450091.jpg

2日目は思いのほか仕事がはかどったので、
大阪に帰る前にまたまたチョイ釣り。

短時間ですが『ふんわりマミー』で釣れるだけ釣って帰ります。




b0177760_12453246.jpg

やっぱり釣れます『ふんわりマミー』。

朝イチのあのビッグフィッシュはラッキーパンチではないのです。



b0177760_12454822.jpg

さらにグッドサイズを追加。

時間が無いのでドンドン釣っていきますよ!



b0177760_12513565.jpg
b0177760_12513883.jpg
b0177760_12514414.jpg
b0177760_12514935.jpg

そこから先はふんわりマミーの無双状態!!

大小問わず魚がガンガン食ってきます!



そしてトドメの・・・



b0177760_13025165.jpg

ファイナルグッドサイズ!

朝イチのビッグサイズには及びませんが、
今回の出張の旅を締めくくるグッドサイズで気持ち良く納竿です。



今回ふんわりマミーで使った『Smile worm Mammy』のカラー。


b0177760_13074534.jpg

『#03 テナガシュリンプ』『#09 グリパンブルー』『#34 シナモンブルー』『#109 エビミソ』

水の色に合わせて微調整しながら釣っていきましたが、
どのカラーでもコンスタントにバイトが取れましたね。

カラーよりもこのリグのふんわり感が釣果に直結していたんだと思います。




b0177760_13075329.jpg

最後にシメの讃岐うどん。

今まで食べた中でダントツNo.1のかき揚げぶっかけでした!


というワケで、一泊二日のプチ出張は
お腹も心も満たされて大阪までの家路に着きました。


ではまた。



by waterlettuce | 2019-04-25 13:25 | 釣りの事