人気ブログランキング |

NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:釣りの事( 445 )

初めての野尻湖

前回のブログからの続きです。

相模湖でPro's Factoryの大久保君と釣りをした後、
その足で野尻湖まで車を走らせました。


途中で温泉に浸かって疲れを取り除いてから野尻湖まで走る予定が
目星を付けていた温泉がまさかの臨時休業・・・。

結局車の中で少し仮眠をとったくらいで、疲れが蓄積したまま野尻湖までドライブ。


b0177760_12180422.jpg

何とか無事にたどり着きましたがこの時点でもうフラフラです・・・。



b0177760_12175153.jpg

野尻湖と言えばナウマンゾウ。ナウマンゾウと言えば野尻湖。

子供の頃、歴史の授業で習いましたね。


野尻湖近くのナウマンゾウのレプリカに、疲れを忘れてテンションが上がります。



b0177760_12180968.jpg

ちなみにこのナウマンゾウ、親子です・・・。



b0177760_12181434.jpg

近くにナウマンゾウ博物館もあるので、
今度時間のある時に立ち寄ってみようかなと。



b0177760_12181961.jpg

とういワケで、私にとっては人生初の野尻湖。

天気が良かったっていうのもありますが、
私が今まで釣りをしてきたフィールドの中で一二を争う景観の良さです!



b0177760_12182421.jpg

野尻湖にはボート屋さんも多いです。

まさにレジャーフィールドって感じの湖ですね。



b0177760_12182785.jpg

早速釣りをスタート!


ちなみに今回は月末に行われるバスオブジャパン第5戦のプリプラクティスです。

初めてのフィールドでいきなりぶっつけ本番っていうのも怖いので、
とりあえず魚が釣れても釣れなくても、何となくどんな感じのフィールドかっていうのを
理解しておくのが今回の目的。


私はバスオブジャパンにはコアングラーでエントリーしているので
試合当日のポイントチョイスはボーターに決定権があります。

だからプラクティスであまりポイントと釣り方を絞り込んでしまうのも危険。

コアングラーはボーターの選手の釣りに上手くアジャストしていく能力が求められるので
何となく全体像を掴んでおくぐらいにとどめておいて、あとは当日どれだけ合わせられるかが勝負です。



b0177760_12183172.jpg

今回は私と同じくコアングラーでエントリーしている
釣り仲間の駒井さんとのプラクティス。

駒井さんは過去に何度か野尻湖で釣りをしたことがあるそうなので、
実績ポイントを中心に湖をグルっとチェックしていきました。



b0177760_12183600.jpg

とりあえず初の野尻湖スモールマウスをGET!

いきなりのビッグスモールにテンションが上がります!!



b0177760_12184128.jpg

ちょっと気になるポイントがあったので、
もう一度チェックしに入ったら、二流し目で釣れました。


今回は全域をチェックするプラクティスなので流しながら釣ってますが、
野尻湖って流しながら釣るんじゃなくて、
魚の回遊ルートで待ち伏せして釣るっていうのが一般的みたいですね。

噂には聞いていましたが確かに皆さんボートポジション固定で釣ってますね。



b0177760_13084509.jpg

初めてのフィールドなので色んなリグを取っ替え引っ替え試しますが、
この日一番反応が良かったのは『Pintail Stick 3"』のネコリグミドスト。

いつも私がリザーバーとかで釣っている釣り方ですね。

天然湖だからとか、スモールマウスバスだからとか、アレコレ考えすぎるよりも
普段の釣りをやり切った方が私には良いのかもしれません。

まぁそれだけ『Pintail Stick 3"』がどこでも通用するワームだってことなんですが。



b0177760_13084857.jpg

いかにもスモールマウスバスって感じの魚体。

キレイです!!



b0177760_13085247.jpg

スモールマウスバスって引きが凄いって良く言いますが、
釣ってみた感想としては良く引くというよりも良く走る魚だなぁっていう印象です。

このサイズのスモールだとさすがに良く引きますが、
ボート際のツッコミはラージマウスの方がパワフルな印象がありますね。

ただ、この独特の魚体は凄くカッコ良くて私は大好きですが♪



b0177760_13085813.jpg

駒井さんはレアなブルーギルをGET!

野尻湖にもいるんですね。



b0177760_13333046.jpg

そんな感じで1日だけの野尻湖プリプラクティスは終了。

この日は『Pintail Stick 3"』に反応が良かったですが、
NOIKEワームがハマる状況は多いと感じました。



b0177760_13333410.jpg

まぁ、『Pintail Stick 3"』はしっかり1パック使い切ったんですけどね・・・。



b0177760_13333749.jpg

釣りができるのが16時迄なので、
明るいうちに大阪に向かって走れるのは良かったです。

深夜のロングドライブは景色を楽しめないのが勿体ないですからね。



b0177760_13334139.jpg

だけど相模湖からフラフラの状態で野尻湖で釣りしてたので、
疲れはピークに達してました・・・。

走ってる時間より寝てる時間の方が長いくらい何度も仮眠をとって
翌日の昼過ぎにようやく大阪まで辿り着きました。


もう若くはないので無理はできないとしみじみ思う今日この頃です・・・。



ではまた。




by waterlettuce | 2019-08-14 13:45 | 釣りの事

灼熱の相模湖

先日の1週間の関東出張で、最後の2日間は釣りをしました。


まずはいつも親しくしている
Pro's Factory大久保君との相模湖釣行。


b0177760_20343300.jpg

彼とは今まで何度か相模湖に来ましたが、こんな場所があるって知らなかった。


相模湖名物の『大注連縄』。

湖底には道祖神神社が沈んでいるそうです。



b0177760_20343910.jpg

スタート直後から大久保君はコンスタントに魚をヒットさせます。




b0177760_20344360.jpg

つい最近Pro's Factoryさんから発売された『プロズミニスピン』

朝イチは活性の高い浮き気味の魚を
この小さなスピナーベイトでサクサク釣ってました。



b0177760_20344818.jpg

これが『プロズミニスピン』。

試作段階のこのスピナーベイトを最初に見た時、
『Ring Curly 3"』がトレーラーにベストマッチなハズだと思いましたが、
大久保君もこの組み合わせで使ってくれてますね。

ヒュルヒュル動く『Ring Curly 3"』のリボンテールが
何とも言えずイイ感じです♪



b0177760_21123875.jpg

朝イチは『プロズミニスピン』の独壇場。

さすがは開発者、いとも簡単にバイトを引き出しますね!



b0177760_20345274.jpg

『プロズミニスピン』は白系のカラーが多いので
『Ring Curly 3"』なら『#27 レインボースモーク』とかがカラー的には合うと思いますが、
こんなに相性が良いのなら『#48 クリアーワカサギ』とかも欲しくなってしまいますね。




b0177760_20345793.jpg

また釣ってます!

目をつぶってても釣れますよ!ってくらいの勢いです。




b0177760_20350337.jpg

悔しいので私も一矢報いてみました。



b0177760_20350808.jpg

安定の『Smile worm Daddy』です。



b0177760_20351491.jpg

スピナーベイト対決だと今日はちょっと勝ち目が無さそうなので、
とりあえず『Smile worm Daddy』でカウントを伸ばします。

『プロズミニスピン』は密かに練習して必ず自分の持ち駒にしようと思います。



b0177760_20352172.jpg

それにしてもこの日の相模湖は暑かったです・・・。

日が昇ってからはスピナーベイトが連発しなくなったので、
大久保君もライトリグにチェンジ。



b0177760_21275465.jpg

またしても大久保君のバイトラッシュが始まります。



b0177760_21280717.jpg

悔しいのでちょっと逆光気味に撮ってみました・・・。




b0177760_21281033.jpg

サクサク釣るので完全に逆光で撮ることにしました・・・(笑)




b0177760_21275762.jpg

大久保君に何か対抗できるモノがないかなぁと考えた結果、
往年の定番アイテム『kemnpa』のジグヘッドリグを登場させました。

個人的に最近ちょっとこのリグにハマってます。

使うジグヘッドは『kemkem head』の#2がベストですね。



b0177760_21280218.jpg

小ぶりですが、サクっと釣れました。

真夏のドピーカンには『#44 チャートリュース』が良く効きます。




b0177760_21431993.jpg

それにしても暑い相模湖。

「大久保君、暑いからちょっとオーバーハングとかやろうよ!」



b0177760_21431325.jpg

半ば強引に大久保君をオーバーハングに誘い出します。


フッ、引っ掛かったな大久保君・・・。

相模湖のオーバーハングといえば
私には強力なファイナルウェポンがあることを忘れたか!!



b0177760_21432362.jpg

ここで登場! イモヤビー!!


このリグをオーバーハングにピピピッと滑り込ませてやると・・・



b0177760_21432885.jpg

やっぱり釣れた♪



b0177760_21433238.jpg

オバーハングでは反則並みに釣れてしまう『イモヤビー』。

くれぐれも用法・用量を守って適度にご使用ください。




b0177760_21433685.jpg

狙うのはこんなシチュエーション。

仮にキャストを失敗してもイモヤビーなら致命的なトラブルにはなりにくいので
臆せず果敢にオーバーハングの奥に入れ込んでやると・・・



b0177760_21434151.jpg

イージーに魚が反応してくれます。

サイズダウンしてますが・・・



b0177760_21434707.jpg

小さなバックスライドワーム『イモヤビー』。

ユラユラと揺れながらバックスライドしていく感じがとても艶かしいです。

ワームのサイズがサイズだけに釣れる魚のサイズは選べませんが・・・。



b0177760_21435428.jpg

その後もイモヤビーでカウントを伸ばして相模湖コラボ釣行は終了しました。


ビッグサイズは出なかったけど、
お互いたくさん釣れたので楽しい1日でした。

大久保君ありがとう!



b0177760_21440147.jpg

そして相模湖から大久保君を自宅に送り届けた後、
その足で野尻湖に向かいました。

この時点でかなり疲れが溜まってます・・・。



ではまた。




by waterlettuce | 2019-08-13 22:16 | 釣りの事
先日の九州出張の最終日。

NOIKE九州の吉原君と合流して大分まで走りました。


b0177760_02224558.jpg

釣り場の近くの宿で一泊。

ちなみにこの宿、釣り場からかなり近いです。

どのくらい近いかというと・・・



b0177760_02225500.jpg

部屋の窓からフルキャストしたら届くくらい・・・

最寄りの宿にも程があるくらい最寄りです。



b0177760_02225914.jpg

バーベキューなんかもできたりします。

さらにこの宿、驚きなのがその価格。



b0177760_02224835.jpg

大人1人1泊2,000円って安過ぎませんか!

ちなみに四畳半の部屋で2,000円、六畳の部屋で2,500円です。

この料金設定、果たして利益が出ているのか心配です・・・?



b0177760_02225262.jpg

この宿のオーナーの方から「フジワラさん、SNSで紹介してよ」ってお願いされたので
ちょっと紹介してみましたが、あんまりお客さんが増え過ぎると
それはそれで対応しきれないので困るみたいです。どっちやねん!


でもまぁ、釣行の際に泊まるには完璧な宿ですね。

NOIKEスタッフの合宿とかこの宿でやってみたいなぁ。




b0177760_02230396.jpg

というワケで、吉原君と釣りをスタート。


昨年からNOIKEメンバーに加わった吉原君。

九州エリアのNOIKEのFacebookファンページ『NOIKE九州』の管理人をやってもらってます。

NOIKEアイテムでの九州エリアの釣果情報など吉原君宛に送っていただければ
随時NOIKE九州でアップさせていただきますので、宜しくお願い致します。


今回はちょっと諸事情で、私はあまり魚を釣った写真をアップしたくないので
私のことは気にせずに吉原君は自由にジャンジャカ釣ってくださいと伝えておきました。



b0177760_02230736.jpg

と、言ってるそばから
いきなりビッグフィッシュ!



b0177760_02231101.jpg

カットマミーのデッドワーミングですね。



b0177760_02231427.jpg

いきなりビッグサイズを見せられたら私もやっぱり釣りたくなったので
『Smile worm Daddy』のネコリグで中層をフワフワやってたら・・・



b0177760_02231829.jpg

グッドサイズが釣れました♪

写真に若干の違和感があるかもしれませんが、
気にしないでください・・・。



b0177760_02590011.jpg

吉原君はカットマミーでサクっと追加。



b0177760_02590487.jpg

私も『Smile worm Daddy』で負けじと応戦。



b0177760_02591167.jpg

イヤ〜、『Smile worm Daddy』釣れるなぁ・・・



b0177760_02591499.jpg

『Mammy』もイイですけど『Daddy』もイイですよ。


『Smile worm』って『Mammy』が出る前は『Daddy』が一番大きなサイズだったんです。

後から『Mammy』が出たことによって、
お父ちゃんよりお母ちゃんの方がデカい蚤の夫婦になってしまいました・・・。



b0177760_02591889.jpg

吉原君はさらにビッグフィッシュを追加!!

吉原君、年功序列って言葉はご存知ですか?



b0177760_02592613.jpg

ちなみにリグは『Smokin' Swimmer 3"』のジグヘッドリグ。

ちょっと重めのジグヘッドを使って
リアクション気味に見せてやるのが良いらしいです。



b0177760_03201370.jpg

私も得意の『Pintail Stick 3"』のネコリグミドストで応戦しますが・・・



b0177760_03201892.jpg

サイズが上がりません・・・。



b0177760_03202623.jpg

斯くなる上は往年の定番リグ、『kemnpa』のジグヘッドリグ登場!



b0177760_03203138.jpg

良く釣れますが、ビッグサイズが出ない・・・。



あっ、私の目隠し
やっぱり気になりますか?


実はこの釣行の4日前、GBI桑野氏との釣行の時に
私の不注意で偏光サングラスを湖に落としてしまったんですよね・・・。

幸い別の偏光サングラスを車に積んでたので釣りをするのは問題ないんですが、
20年近く前のモノなのでデザイン的にちょっとイケてないです・・・。

この偏光サングラスをかけて釣った写真、
昭和のヤンキーみたいなのであんまりアップしたくない・・・。

というワケで、苦肉の策で今回は目隠し写真ということでご了承ください。



b0177760_03204034.jpg

そんなこと言ってる間に吉原君はまた釣ってます。



b0177760_03204323.jpg

キャッチしました。



b0177760_03204692.jpg

またまたビッグサイズです!!



b0177760_03205098.jpg

リグはやっぱり『Smokin' Swimmer 3"』のジグヘッドリグ。

フォールで見せて反応した魚をスイミングで釣るっていう釣り方。

この日はこの釣り方が完全にハマってました。



b0177760_03205783.jpg

またしてもグッドサイズ追加。

完全にパターン成立ですね。



b0177760_03410985.jpg

ダブルヒットも!!

遠近法で無理矢理私の魚を大きく見せます・・・



b0177760_03411562.jpg

その後も吉原君のバイトラッシュは止まりません!



b0177760_03411835.jpg

釣れ続きます!!!



b0177760_03412293.jpg

『Smokin' Swimmer 3"』で釣れている所を5インチにサイズアップして
ビッグフィッシュを狙いにいくという余裕な展開・・・



b0177760_03412716.jpg

また釣ってるし・・・。



b0177760_03413138.jpg

私の『kemnpa』のジグヘッドは魚の反応は悪くないもののサイズが選べません。

やっぱり今日は吉原君がハメているフォールで見せて反応した魚を
スイミングで食わせるって釣り方がデカイ魚の反応がすこぶる良いようです。



b0177760_03533102.jpg

というワケで、私もここにきてようやくシャッドテールワームのジグヘッドにチェンジ。

使うワームは『wobble shad 3"』。

バックシートの私は吉原君のように魚探を見ながら狙い撃ちできないので
波動の強い『wobble shad』で広範囲にアピールする作戦。



b0177760_03533769.jpg

ここで私にも待望のサイズが
やっと来ました!



b0177760_03534062.jpg

やっぱりこの日のビッグサイズはシャッドテールに反応がよろしいようで・・・。

分かってたけど意地で使わなかった天邪鬼な私・・・。

でも、使ってみたらサクっと釣れました。



b0177760_03534456.jpg

吉原君はコンスタントに良い魚を引き出します。

恐るべし『Smokin' Swimmer 3"』の食わせ能力。



b0177760_03534683.jpg

『Smokin' Swimmer 4"』にブレード付きウエイテッドフックの組み合わせも試してみました。

ブレードのフラッシングで広範囲にアピールできないかなぁと。



b0177760_03535304.jpg

ナイスなプローポーションの魚
いただきました♪

『Smokin' Swimmer 4"』はこういう使い方もオススメですよ。



b0177760_10352274.jpg

相変わらず『Smokin' Swimmer 3"』コンスタントに釣りまくる吉原君。

ちなみに今日の当たりカラーは『#55 ブラック』だったようです。



b0177760_10352700.jpg

コンスタントに魚を引き出し、
終わってみればグッドサイズとビッグサイズのみで余裕の二桁釣果。

5本リミットだったら7kg半ぐらい釣ってましたね。



b0177760_10353215.jpg

私は吉原君の釣り方以外のものでハメてやろうと
あの手この手で散々投げ散らかしてみましたが、
この日の状況では『Smokin' Swimmer 3"』のジグヘッドリグに
打ち勝つ釣りは見つけられなかったです。



b0177760_11264879.jpg

完全に釣り負けた私・・・
無念です・・・

今回吉原君がハメた沖回遊のビッグフィッシュ狙い撃ち。

バックシートの私は手も足も出ませんでした。



b0177760_11285708.jpg

見事だな!
しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ!
『Smokin' Swimmer 3"』の性能のおかげだということを忘れるな!!

元ネタはココをクリック。



b0177760_11290054.jpg
b0177760_11290232.jpg
b0177760_11290562.jpg
b0177760_11291076.jpg

この足で大阪まで帰りまーす!


ではまた。

by waterlettuce | 2019-08-03 12:03 | 釣りの事

『Smokin' Dad 3"』の試食会

先日の九州出張。

こなすべきミッションがいくつかあったんですが、
その中の一つが地元九州の方との釣り。

以前私にカットマミーの釣りを教えてくれたGBI桑野氏
リザーバーに行ってきました。


今回のお題目はコチラ。


b0177760_11533195.jpg

この夏、NOIKEから新しく発売される『Smokin' Dad 3"』。




b0177760_11533608.jpg

『Smokin' Swimmer』のテールをダブルで釣りつけたような『Smokin' Dad 3"』。

これを桑野氏に試していただこうと。

桑野氏流に言うと「試食会」ってやつですね!


だけど試食会に持ち込んだ最終プロトの試食品はわずか数個。

これでも頑張って用意した数量なんですが・・・。



というワケで、試食会スタート。

まずは状況確認の為にテンポの速い巻きの釣りでササァーーっと流していきます。


この日のフィールドコンディションは豪雨による影響で超増水、
さらにそこからの強制減水中といった状況。

水温も場所によって5度ぐらいのバラつきがあります。

要するに数日の間に状況が大きく変わり過ぎていて魚がついていけていない状態なので、
巻きの釣りにアタックしてくるヤル気のある個体に出会う確率はかなり低そうです。


小一時間ほどザックリと釣りをしたところで
桑野氏的にはこの日のパターンがかなり絞り込めたようです。

一時的に口を使いにくくなっている状況だけど、
可能性があるとしたらこういうエリアかなぁと。


案の定、一投目からバイトが出ました!


b0177760_11534032.jpg

まずはサクっと♪

内心、釣れてくれてかなりホッとしていますが・・・



b0177760_11534657.jpg

リグは『Smokin' Dad 3"』の7gテキサス。シンカー写ってませんが・・・

あえてシンカーストッパーを付けずにフリーの状態を作っています。

スリ抜けの良いフリーリグって感じのイメージで、
私は『Smokin' Dad 3"』を使う時はこのリグを多用します。



b0177760_11535094.jpg

さらに追加。

サイズはそれほどでもないですが、コンディションの良い個体なので良く引きます。




b0177760_11535440.jpg

ちょっとサイズアップ。

「桑野さんも試してくださいよ!」


NOIKE的には渾身の意欲作ですが、
これぐらいの釣果では桑野氏の触手は微動だにしません・・・



b0177760_11535808.jpg

この後、良型が連発!!

さすがに桑野氏もバックシートのこの連発には触手が動いたようで、
ようやく試食していただけました♪



b0177760_11540256.jpg

私が使ってもこれだけ釣れるんだから、
桑野氏が使うと手がつけられないくらい釣れますね♪

あまりにもサクサク釣っていくので、写真を撮らせてもらうヒマもなく・・・。



b0177760_11540813.jpg

ちなみに桑野氏はリーダーレスDSで釣ってました。シンカー写ってないけど・・・




b0177760_11541215.jpg

その後も2人で相当数釣りましたが、
用意したワームの本数が本数だけに、弾切れで試食会は強制終了・・・



b0177760_13082343.jpg

ちなみにこのワーム、完全シンメトリーの形状なので裏表で使えるんですが、
それでも釣れ過ぎてズレてきたやつはライターで炙って補修したりして使いました。

バスに喰われまくってボロボロになったワームの残骸。

わずか数時間程度の試食会でしたが、このバイト数の多さにはさすがの桑野氏も驚いたようで
かなり良い印象を持ってもらえたのではないかなぁと思っています。



b0177760_13081757.jpg

「フジワラ君、本気で釣り込むんだったら100本は持ってこないとダメだよ!」

冗談抜きでホントにそうかもしれません・・・。


残弾ゼロで昼過ぎには強制終了になってしまった『Smokin' Dad 3"』の試食会ですが、
日中の炎天下でこれだけの釣果が出たということは、
夕マズメまで本気で釣り込んだら、もしかしたらとんでもない釣果が出ていたかも知れませんね。

それだけがちょっと心残りですが、
桑野氏から「発売を楽しみにしている!」との言葉をいただけたので
とりあえずこの日の仕事としては任務を遂行できたのかなと。


『Smokin' Dad 3"』に関しては実際に使ってみた桑野氏の感想なども
今後SNSなどで発信していただけるとのことなので、
そちらも合わせて見ていただけると良いかと思います。


ちなみにこの日の釣り、私の方にだけカメラが回ってたんですよね・・・

私のへなちょこキャスト、へなちょこフッキング、へなちょこランディングが
動画配信されると考えただけで・・・


「皆さん、本当に申し訳ないです!!」先に謝っておきます・・・。


役不足感は否めないなぁ・・・

もうちょっと上手くならないとダメですね・・・



ではまた。



by waterlettuce | 2019-07-31 14:01 | 釣りの事
日曜日に奈良県の池原ダムにて開催された
バスオブジャパン ウエスタンディビジョンの第4戦。

b0177760_19124978.jpg

参加してきました。


大会の内容を書く前に、まずは前週のプリプラクティスから・・・



b0177760_19125524.jpg

池原ダムってここ数年全く釣りしたことがなくて、
最後に釣りをしたのはこの時なので、かれこれ6年ぶりになります。

マグナムサイズのロクマルで有名なフィールドですが、
私はどうも池原ダムには苦手意識があって、
今まであまり大きな魚を釣ったことがないんです。


そんなワケでプリプラクティスはフローター大会の仲間で
池原ダムに通い込んでいる三上君と一緒に浮かびました。


三上君の十八番はクローワームのテキサスリグ。

フローター大会でもいつもテキサスでイイのを釣ってきます。



そんな三上君に見つからないようにコッソリ使っていたのがコレ。


b0177760_19125918.jpg

NOIKEから新しく発売されるクローワーム『Smokin' Dad 3"』。

シンカーストッパーを付けずにフリーの状態にした7gテキサスで使ってました。



b0177760_19130599.jpg

朝イチから調子良く釣れます!

フォール時のツメの動きで魚に気付かせて
着底と同時にゴンッて感じです。



b0177760_19130948.jpg

さらに連発♪

池原ダムがホームグランドの三上君が良いスポットは空けといてくれるからっていうのもありますが、
明らかにこのワームのフォールアクションが効いてる感じがします。



b0177760_19131547.jpg

まぁ、釣れるのはデカイのばかりとは限らないんですが・・・


発売前のプロトなので釣れるからってコレばっかり使っているわけにもいかず、
他のルアーも色々ローテーションしていきながら色んなポイントで釣りをしました。



b0177760_20010840.jpg

『Pintail Stick 3"』『カットマミー』を使うといくらでも釣れました。



b0177760_20011119.jpg

だけどサイズアップがなかなか難しい・・・。



b0177760_20013443.jpg

ちょっとサイズアップ。

試合ではこれぐらいの魚を3本揃えてベースを作りたいところです。



b0177760_20011566.jpg

ちなみにルアーは『kemnpa』のネコリグ

ボトムで誘って喰わせるんじゃなくてフォール後の放置でバイトさせます。

『Smile worm Mammy』でもイイんですが、
『kemnpa』のネコリグはスパイラルフォールするので
ローテーションさせて使ってみようかなぁと。


テールを振りながら落ちて行く『Smile worm Mammy』
スパイラルフォールの『kemnpa』

岬絡みの場所で使うと比較的釣れるサイズが良かったので
この釣りはアリかなぁという印象でした。



b0177760_20013725.jpg

三上君ありがとう!

コッソリ使ってた『Smokin' Dad 3"』は
発売されたらこの日のお礼に送ります。

アッ、でも三上くんはADUSTAさんのサポートだから
送るのはマズイのでやっぱりやめときますね(笑)





b0177760_21044497.jpg

そして一週間後の試合前日プラクティス。

この一週間で一気に4m以上増水したりと
池原ダムのフィールドの状況は先週とは大きく変わっています。

先週のプリプラクティスは頭の片隅に置いといて
もう一度魚を探し直す必要がありますね。



b0177760_21044827.jpg

ちなみに今回の私のペアはNOIKEメンバーの黒田さん。

現在ボーター部門でポイントランキングトップを走っている選手です。


黒田さん的には前日プラクティスは状況確認程度に留めておく予定だったそうなんですが、
魚の反応があまりにも悪いので、そんなこと言ってる場合じゃない状態に・・・。


まぁ、魚も生きるために必死ですからねぇ・・・。

状況が急変したら生きるためにはそれに対応していくしかないワケで、
のんびりと先週と同じポジションにいる魚などいないですよね。



b0177760_21045196.jpg

あれだけ調子が良かった『Smokin' Dad 3"』も
先週と同じスポットではイマイチパワーダウン・・・。




b0177760_21045820.jpg

と、思ってたら粕山さんは『Smokin' Dad 3"』でロクマルをゲット!!

試合当日の魚じゃないのがちょっと残念ですが、
新作『Smokin' Dad 3"』のポテンシャル自体は高いので
ビッグフィッシュの居る場所さえ掴めれば勝負ができるハズ!

その居場所を掴むのが難しいんですけどね・・・。



b0177760_21045434.jpg

とりあえず私はいつもの『Pintail Stick 3"』や『カットマミー』を使えば
リミットメイクはすぐできるので、早い段階でリミット揃えて
勝負に出る時間帯を長く作りたいなぁと。

但し、どこで勝負するんだ?っていう根本的な問題が未解決のままなんですが・・・。



b0177760_21050138.jpg

まぁ、ここまできたらジタバタしてもしょうがないので
腹をくくって自分にできることをやるだけです。

但し、どこで腹をくくるんだ?っていう根本的な問題が相変わらず未解決のままですが・・・。


とりあえず名物の『池原ダムカレー』を食べて試合に備えます。





b0177760_23530765.jpg

そして迎えた試合当日。


夜の雨でまた水量が増えた池原ダム。

今年の春頃には大会の開催も危ぶまれるほど減衰していたフィールドが、
この短期間で一気にフル満水に近い状態。


もうアレコレ考えてもしょうがないので
昨日のプラン通りまずはサクっとリミットを揃えようとしたんですが、
思いの外リミットメイクに時間が掛かってしまい、
サイズアップを狙いにいく時間が短くなってしまいました。


その結果・・・



b0177760_23531158.jpg

ライブウェルの中を優雅に泳ぎ回る魚が3匹・・・。

君たち、広々とした部屋は快適だろ?



b0177760_23531432.jpg

みんな結構手こずるかな?とも思ったんですが、
やっぱり釣ってる人はちゃんと釣っていて、私の順位は8位でした。

リミットも揃ったし、入れ替えもしたし、自分にできることはやったので
この結果は甘んじて受け入れるしかないです。

まだまだ下手っぴですね・・・。




b0177760_23531767.jpg

黒田さんもボーター部門で私と同じく8位。

ポイントランキングは首位をキープしたままですが、結構詰められましたね。


全戦お立ち台の目標は達成できませんでしたが、
今回みたいに見えてない時でも悪ければ悪いなりに大ゴケしないようにまとめていくのも
年間優勝を狙うには大切なことですね。

黒田さんがメインで使っていた『Smokin' Swimmer 3"』のダウンショット、
エサ並みに釣れてたんですけどねぇ・・・。




b0177760_23532415.jpg

そんな感じで終了したバスオブジャパン池原ダム戦。

次回は8/25の野尻湖戦です。


野尻湖って今まで一度も釣りしたことが無いフィールドで、
さらに普段あまりやらないスモールマウスバスがターゲット。

野尻湖の話を人から聞けば聞くほど
私が苦手そうなフィールドかなぁと思ってしまうんですが、
レギュラー5戦の最終戦になるので、ここで何とか踏み止まって
最終のクラシック戦まで残りたいと思います。



ではまた。


by waterlettuce | 2019-07-16 00:53 | 釣りの事
先週は釣り三昧の週末を過ごしました。

まず土曜日は釣り仲間と池原ダムに行ってきたんですが、
その内容はまた改めて書くことにします。



b0177760_00552770.jpg

池原ダムから大阪の自宅に戻らず伊賀まで走って銭湯で汗を流した後は、
伊賀の仲間達と食事、そしてちょっと仮眠を取って・・・




b0177760_00553051.jpg

数時間後には高山ダムに浮いてました・・・


恒例のフローター大会です。

去年は春から秋まで毎月開催していたフローター大会ですが、
みんなイイ歳したオッサンばかりなので、
熱中症とかを考慮して今年は7月と8月はお休みにすることに。

だけどやっぱりみんな釣り好きなので
「一緒に集まって浮かびたいよね!」ってことで
番外編としての開催です!


仲間とワイワイ楽しみながら釣りをする。

これがイイんです!



b0177760_00553441.jpg

スタートしてすぐに釣れた可愛いキッズサイズ。

癒されます・・・。


その後も順調に釣れ続きますが、
前日の釣りの疲れとフローター特有の心地良い浮遊感が相まって・・・


Z Z Z・・・


Z Z Z・・・


Z Z Z・・・

爆睡してました・・・




b0177760_01432766.jpg

何となく夢の中で魚を釣ったような気がしないでもない・・・


それも、結構たくさん釣ったような気が・・・





b0177760_00554054.jpg

目が覚めたらスカリ(フローター用のライブウェル)に魚が入ってました。

どうやらあの夢は正夢だったようです。




b0177760_00554464.jpg

ちなみにヒットルアーは安定の『カットマミー』

使い方を覚えると寝ながらでも魚が釣れます。そんなワケない!




b0177760_00554871.jpg

そんな感じでひたすら釣りを楽しんだ
週末の池原・高山ダブルヘッダー釣行。

来週もまた池原ダムで釣りをします。



ではまた。




by waterlettuce | 2019-07-08 02:05 | 釣りの事
日曜日に芦ノ湖で開催されたバスオブジャパン第3戦。

今回は東西の合同戦なので参加者も2倍です。


b0177760_09554763.jpg

「NATIONAL PARK HAKONE LAKE ASHI」

芦ノ湖って英語表記だと『LAKE ASHI』になるんですね・・・。



まずは大会前日のプラクティス。


b0177760_09555146.jpg

今回はNOIKEメンバーの黒田さんのバックシートに乗せてもらいました。

前回の旧吉野川戦の後、体調不良で入院2回、手術1回を経験した黒田さん。

今ここで釣りしてて大丈夫なんでしょうか・・・?


本来なら入念にプラクティスを行なって大会に臨む黒田さんですが、
そういった事情でプリプラクティスは全くできないどころか、
旧吉野川戦以降釣り自体ができなかったので、
前日プラクティスのみで絞り込んでいくしかありません。

体調のことを考えると無理せずに早めに上がって明日に備えて欲しいところですが、
魚の反応がイマイチだったら迷走してしまう可能性もあります。

とにかくサクサクっと釣って、パンパンパンっと絞り込んでいく必要があるので
プラクティスパートナーの私もちょっと頑張ってみました。



b0177760_09555420.jpg

開始3投目でいきなり2kgオーバーのビッグフィッシュ!!

やる時はやりますよ! まぐれですけど・・・。



b0177760_09555716.jpg

出会い頭のラッキーフィッシュですが、
ここからヒントを得て可能性を模索していくのがトーナメントのプラクティス。

この場所でこれが釣れたということは、あの場所はどうかな?とか、
この釣り方だったらどうかな?と模索しながら魚の居場所を絞り込んでいきます。



b0177760_09560184.jpg

黒田さんにもグッドサイズ!

その後もいく先々でバイトが取れるので
メインの釣り以外にもバックアップを3つぐらい見つけることができ、
黒田さんの大会当日のプランはほぼ固まりました。

大会当日も前日と同じような天候なので
黒田さんの釣り方で大きくハズすことはないかなと。


体調優先で早めに上がる予定ではありましたが、
あまりにも早く絞り込めてしまったので、別のパターンをちょっと確認することに。


そのパターンとは『放流バスのパターン』。


皆さんご存知のように芦ノ湖とか河口湖には放流バスが入るんですが、
放流バスってネイティブとはまた違った動きをします。

そんな放流バスを釣るために密かに温めていた秘密兵器がコレ。


b0177760_09561569.jpg

『マリモケムケム』

『ケムケムヘッド』『フレッシュラバー』をタイイングして自作で作ったものなんですが、
通常の『kemkem』よりもスカートの量を多くし、シルエットが球になるようにカットしています。

ちなみにトレーラーは不要。



スカートの量が多いのでゆっくりフワァ〜っとフォールするんですが、
これを放流バスが居そうなスポットに落としてやると・・・


b0177760_11432080.jpg

こんなのが釣れます。

いかにも放流バスっていう感じの体型・・・


基本的にフォール主体の釣りですが、フォールで食わなかったら
ボトムで一点シェイクで誘ってやると・・・



b0177760_11253446.jpg

そういう釣り方でも釣れます。

サイズの割にはスゴイ体型ですね・・・



b0177760_09562492.jpg

トレーラーを付けないのでボトムに着いた時にジグが必ず直立するため
魚がついばんだだけでフッキングします。

ちなみに『マリモケムケム』は、別名『ペレットケムケム』とも言います。
これが放流バスに効く理由・・・分かりますよね?


この釣りは釣れることは釣れるんですが、難点はかなりスローな釣りになるということ。

ボートを流しながらやるような釣りじゃないので
大会当日にこの釣りがハマるかと言われれば、ちょっと微妙かなぁと・・・。




b0177760_09562963.jpg

そして迎えた大会当日。



b0177760_11493447.jpg

やはり前日と同じような天候でした。

おそらく黒田さんはハズさないかなぁと・・・



というワケでNOIKEメンバーの結果です。


b0177760_11493895.jpg

やはり黒田さんはプラン通り順当に魚を釣ってリミットメイク!

トータルで5kgちょっとだったと思います。



b0177760_11494104.jpg

3位入賞でした!

初戦が5位、2戦目が優勝、そして今回の3戦目が3位と毎戦お立ち台なので、
おそらく東西含めて黒田さんがボーター部門の暫定首位になっているハズ。



b0177760_11494472.jpg

粕山さんは4kgちょっと釣って6位。

お立ち台まで後少しでしたね・・・。




b0177760_11494777.jpg

服部さんもしっかりグッドサイズをウェイインしています。



そして私の結果は・・・



絶対にやってはいけない
ノーフィッシュをやらかしてしまいました・・・


言い訳はしません・・・私の力不足です・・・

いつもワームのポテンシャルに頼っているので
ワームの使えないフィールドだと力不足が露呈するんです・・・。


『マリモケムケム』に一縷の望みを見出しましたが、
残念ながら出番はほとんどなかったです。

また来年までに何か考えないといけませんね。



b0177760_11495117.jpg

私にとって鬼門の芦ノ湖。

霧が晴れるのはいつになるんでしょうか・・・?


ではまた。




by waterlettuce | 2019-06-26 12:46 | 釣りの事
前回のブログからの続きです。


サムライ魚釣り選手権大会の後は
ちょっと寄り道して野池で釣りをして帰ることに。

もちろん大会でペアを組んだ宮崎さんも一緒です。


実はちょっと試しておきたいリグがあったので
カバーがあるような野池を宮崎さんに案内してもらいました。



試したかったリグがコレ。


b0177760_18341845.jpg

リグはライトテキサスなんですが、何のワームか分かりますか?


実はコレ、カットマミーで残った頭側のパーツなんです。

カットマミーでカットした『Smile worm Mammy』の頭側のパーツ、
何か勿体無いなぁと思いつつもゴミ箱に捨ててませんか?

頭側のパーツはリグや使い方によってはスゴく釣れるルアーに化けるので、
捨てずにパッケージ保管でキープしておくことを私はオススメします。



この頭側のパーツ、私は『ヘッドマミー』と呼んでいますが、
低水温期は重めのジグヘッドでリアクション的に使って良い釣果を出しています。

その時の記事は下にリンクを貼っておくので宜しければご覧下さい。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


他の使い方として、ちょっと強めのタックルでヘッドマミーを
ライトテキサスで使ったら絶対釣れるだろうなぁと思っていました。

カバーにスルスル入っていって、使いやすいだろうなぁと・・・。


試す前から私の脳内インプレッションで釣れることは分かってたんですが、
一応実釣で確認しておく必要はあるかなぁと。



b0177760_18342299.jpg

まぁ、普通に釣れるんですけどね♪

いつものように大人の釣り人宮崎さんがさりげなくポイントを空けておいてくれたので、
せっかくのご厚意を無駄にしないよう、僭越ながら私がしっかりと釣らせていただきました!




b0177760_18342406.jpg

やっぱり1等地のカバーにはクオリティフィッシュが居ますね。

ライトカバーだったので『Sinker Stopper』は着けていませんが、
『Sinker Stopper』を着けてやればさらにスルスルとスリ抜けてくれます。



b0177760_18342883.jpg

さらに連発!!

ちょっとづつサイズアップしています。


釣り方はカバーに入れて着底後、
ラインスラックを張らず緩めずでキープしてそのまま放置。

魚に気付いてもらうために軽くチョンチョンと動かしてもいいですが、
アクションするパーツが付いているワケではないので、
アクションよりもどちらかというとマテリアルの存在感で見せてやったほうがイイかなと。

ワームのサイズが小さいので、ブルーギルや元気なジュニアサイズが突っついてきますが、
フッキングしないでチョイチョイとロッドを揺すって外してやると、
それを見ていた大人のバスがスコンッと吸い込んでくれます。

そこで渾身のフッキング!!


b0177760_18343745.jpg

たまにキッズサイズにフルフッキングを決めてしまい、
カバーからスッ飛んできたりもしますが・・・。



b0177760_19520048.jpg

さらに追加!
確変モードに突入です!!

ワームは小さいけど釣れる魚は大きい。

私が大好きな「柔よく剛を制す」的な釣りのスタイルです。

ルアーのパワーでデカイ魚を引き寄せるんじゃなくて
狙うスポットと釣り方でビッグフィッシュをたぐり寄せるような釣りが
個人的には一番好きな釣りのスタイルですね。



b0177760_19520578.jpg

ミディアムヘビーの『SEITEN』をグイグイ絞り込む引きで楽しませてくれた
野池のクオリティフィッシュ。

この池の魚は「ホントにこれが野池の魚の引きか?」っていうくらい
よく引く元気な魚達でした。

良い場所を案内してくれた宮崎さんに感謝です!



b0177760_19521119.jpg

あっ、もちろん宮崎さんも釣ってますよ!

私とペアルックになってますが、
これはサムライ魚釣り選手権大会の参加賞のTシャツ。

嬉しがってスグに着てしまったオッサン2人は
期せずしてペアルック状態に・・・。

だから宮崎さん、私と離れて釣りしてたのかな・・・?



b0177760_19521420.jpg

日没間際まで釣りまくって大喜びのオッサン2人。

確か昨日は「父の日」だったハズですが、
2人はガッツリ「子供の日」状態で釣りを満喫した1日でした。



b0177760_19521889.jpg

宮崎さんのシメの1匹は
オーソドックスな『Smile worm Mammy』のネコリグ。

カットマミーもヘッドマミーもアリですが、
『Smile worm Mammy』の基本的なリグは何と言ってもこのネコリグですね♪


最後に、この日ヘッドマミーのライトテキサスで私が使ったタックルを記載しておくので
良かったら参考にしてください。

ロッド:NOIKE SEITEN MC-611MH
リール:SHIMANO Metanium HG(夢屋スプールに交換)
ライン:SUNLINE Shooter 12lb.
ルアー:NOIKE Smile worm Mammy(頭側1/3の通称ヘッドマミー)
シンカー:NOIKE タングステンバレットシンカー5g・7g


ピッチングでのアプローチを想定してミディアムヘビーのロッドをチョイスしましたが、
実際は少しキャストする必要があったので、5gのライトテキサスなら
ミディアムぐらいのロッドの方が使いやすいかもしれません。

まぁ、その辺りは個々に使いやすいタックルを組んでもらえれば良いかなと。



ではまた。




by waterlettuce | 2019-06-17 21:36 | 釣りの事
b0177760_11563408.jpg

昨日は『第8回 サムライ魚釣り選手権大会』が開催されました。




b0177760_11563873.jpg

場所は兵庫県の東条湖。

SNS等を見ていると、
昨日は強風で大会が中止になった所が多かったみたいですが、
東条湖はそれほど風も強くなく、大会スタート後には晴れ間も見えて
快適に釣りができました。




b0177760_11564108.jpg

今回は釣り仲間の宮崎さんと一緒に参加しました。

このブログにも過去に大人の釣り人MK氏として登場していた人です。


あっ、ちなみに宮崎さんは向かって右側の人ですよ。


宮崎さんのどういう所が大人の釣り人かって言うと
一言で言えば一緒に釣りをする人への配慮ができること。

釣り人って人よりたくさん釣りたい、人より大きな魚が釣りたいって思いが強くて
自分の釣果を優先して釣りをしがちですが、
宮崎さんはいつもさりげなくポイントを譲ってくれたりとか、
人の釣果を自分のことのように喜んでくれたりとか、
自分の釣果よりも一緒に釣りを楽しむことを優先して配慮してくれる所が
大人だなぁっていつも思います。

一緒に釣りをする時はいつも宮崎さんの好意に甘えつつも、
自分も誰かと一緒に釣りをする時は常にこうありたいなと思っています。




b0177760_11564480.jpg


そんな宮崎さんが・・・(向かって右側の人です)





b0177760_11564887.jpg

チャターベイトに『Smokin' Swimmer 4"』をトレーラーに付けて・・・





b0177760_11565167.jpg

キッカーフィッシュを釣り上げて・・・(向かって右側が宮崎さんです)





b0177760_11565463.jpg

優勝しました!!
(真ん中の人が宮崎さんです)





b0177760_11565785.jpg

宮崎さん、おめでとうございます!!

今日は私も自分のことのように嬉しいです!


宮崎さんが掛けた魚、いつもの感謝の気持ちを込めて
丁重にネットに収めさせていただきました。




b0177760_11570108.jpg

ちなみに私は宮崎さんがキッカーフィッシュに嬉々とする傍で
終始キッズサイズと戯れて終了致しました・・・。


別に宮崎さんばりにさりげなくポイントを譲ったワケではないですよ・・・

私も一生懸命ビッグフィッシュを狙ったんですが・・・

でも、釣れなかったんです・・・




b0177760_11570533.jpg

前回出場の時も彼にこのセリフを言われた気が・・・

返す言葉もございません・・・




b0177760_13070348.jpg

そうしたい所ですが、そう言うワケにもいきません・・・


と言うワケで、大会終了後にちょっと野池で釣りをして帰ることにしました。

そこでまた宮崎さんの大人ぶりが遺憾なく発揮されるんですが・・・



ではまた。




by waterlettuce | 2019-06-17 13:10 | 釣りの事
ちょっと話が前後してしまうんですが、
大阪に帰る前に1人で少しだけオカッパリしました。

フローターではお客様のリクエストでカットマミーメインで釣りをしましたが、
ちょっと試したいルアーがあったので、帰り道に通りかかった野池でちょっとオカッパリです。


使ったルアーはコレ。


b0177760_01475473.jpg

夏頃にNOIKEから新しくリリース予定のクローワーム。



組み合わせてるジグはPro's Factoryさんから今年発売予定の『プロズ ベイトフィネススイムジグ』。

フィネスアプローチができるコンパクトなスイムジグで
3.5gと4.5gがありますが、今回私が使ったのは4.5gの方。

このスイムジグ、プロトの段階から少し使わせていただいていますが、
NOIKEのワームで合わせるなら『wobble shad 3"』か『Smokin' Swimmer 4"』がオススメ。

3インチなら『wobble shad』、4インチなら『Smokin' Swimmer』っていうのが
個人的にはしっくりきた組み合わせでした。


シャッドテールワームと組み合わせた時は基本的に巻いて使う釣り方がメインになってくるんですが、
クローワーム、それもフォールで爪がアクションするこのワームと組み合わせれば
もっと使い方の用途が広がるような可能性を感じたのでちょっと試してみることに。



b0177760_01475828.jpg

サイズは小ぶりですが、答えはすぐに返ってきました。

カーブフォールで着底後、ひったくるようなバイトが出ました。

プロトワームのフォールアクションが効きましたね。



b0177760_01480208.jpg

巻いて使っても良く釣れました。

クローワームって巻いて使うイメージってあまりないかもしれませんが、
良く動くワームなので小さなスイムジグと組み合わせて巻いて使うのもOKです。

ロッドアクションを加えながらジグスト的に使っても良く釣れました。



b0177760_01480695.jpg

例えばこんなシチュエーション。

フロッグしか投げる気がしなくなるような状況ですが、
ロッドを立ててウィードの上を引いてやると下からドンッと出てきます。



b0177760_01480918.jpg

このワームは幅広のボディ形状なのでウィードにスタックしにくく、
ジグが横倒れしにくいのでウィードの上をスルスル抜けていってくれます。

ウィードの上を通してバイトが無かったら、
ウィードのポケットにフォールさせてやるという釣り方でも良く釣れました。


釣り過ぎてワームがズレズレになってしまいましたが、
このワームは完全シンメトリーの形状なのでひっくり返して使うことも可能。



b0177760_01481347.jpg

それでも15匹ぐらい釣ったらさすがに爪を取られてしまいましたが・・・


この日はジグもワームも一つずつしか持ってきてなかったので
あまり釣り込むことができませんでしたが、
ジグとワームのマッチングはかなり良い印象でした。

どちらもプロトのアイテムなのでカラーのマッチングはちょっと微妙な感じですが、
発売されたらよりマッチしたカラーの組み合わせで使い込んでみたいですね。

ピンクのジグにグリパンのワーム・・・別に普通に釣れましたけどね。



b0177760_02483036.jpg

ちなみにこのスイムジグ、アイが大きいので
最近老眼が急速に進んでいる私にはとても嬉しい設計です。

老眼アングラーを想定した開発をしたワケじゃないとは思いますが・・・。



この時に使ったタックルセッティングを記載しておくので
良かったら参考にしてみてください。

ロッド:NOIKE SEITEN MC-64M
ライン:SUNLINE FCスナイパー 12lb.
ルアー:Pro's Factory プロズ ベイトフィネススイムジグ+NOIKE プロトクローワーム


リリースが楽しみなアイテムがまた増えました。

両方とも発売はもう少し先ですが、
この組み合わせは是非試していただきたいなと思います。


ではまた。

by waterlettuce | 2019-06-11 03:08 | 釣りの事