NOIKEのデザイナーは何を考えているんだろう・・・。


by デザインフジワラ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2018年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

NEWアイテムの『Smokin' Swimmer』についてブログを書いてる途中ですが、
今週末は淀川でオカッパリしてきたので、今日はそっちを書いてみようかなと。


ここのところ色々と立込んでいてちょっと久しぶりの釣りでしたが、
土曜日はお客さんとご一緒させていただきました。


b0177760_21074925.jpg

NOIKEのロッド『SEITEN』の購入を検討中との事で、
私の持ってるものを使っていただいたんですが、気に入っていただけたようで何よりです。


デカイ魚を掛けるとさらにSEITENの良さが分かると思うので
この時期にデカイのが釣れそうな場所に移動してみましたが、残念ながら先行者がいました。

仕方ないのでとりあえず手堅く釣れそうな場所で粘ってみましたが、
2回程バイトらしきものがあっただけで魚は釣れず。

魚を掛けた時の良さを分かってもらいたかったんですが・・・。

ロッドご購入後またご一緒しましょうと約束して
土曜日はノーフィッシュで終わりました。



そして日曜日の今日。


b0177760_21274999.jpg

今日は最下流部からのスタート。

一カ所であまり粘らずに要所のみチェックしながら釣り上がり、
いよいよ昨日入れなかった本命ポイントに到着。

今日は先行者がいなかったのでラッキーです。


この時期の定番リグ、『TEXAS kemkem』+『Donkey BOO』を
カバーに絡めながら丁寧に誘ってやるとグッっと押さえ込むようなバイト!


やっぱり居ました!


今年のファーストフィッシュは淀川本流のブラックバス!


なかなかのクオリティフィッシュだったので
残念な自撮りはちょっと勿体ないなぁと思っていたら、
たまたまいいタイミングでNOIKEの若手スタッフがボートで通りかかったので、
呼び止めて写真を撮ってもらう事に。


ランディング時に少し砂が付いてしまったので
キレイに砂を洗い落としてあげてから写真を撮ってもらおうと水に入れた瞬間!

魚が暴れてそのまま川へお帰りになられました・・・。


茫然自失です・・・。

せっかくいいサイズだったのに魚の写真無いです・・・。


実は毎年何回かこういう事あります。

失敗する度にこれからは気をつけようと心に誓うんですが、
魚が釣れた嬉しさに舞い上がってしまい、暫くするとすぐ忘れてしまいます。

学習能力ゼロですね・・・。


バラしたとか逃げられたとかは魚の写真が無ければ単なる言い訳みたいなので
ブログでは絶対に書かないようにしてるんですが、
さすがに今日の魚は今年のファーストフィッシュという事もあってかなり凹みます・・・。

今日は夜寝られへんやろなぁ・・・。



メンタル崩壊寸前でしたが、今日は落胆よりも執念の方が勝ちました。



b0177760_22334778.jpg


根性でもう一匹釣りました!


さっき逃がした魚よりもちょっとだけいいサイズ!

やっぱり何事も諦めたらダメですね。


今度はたまたま通りかかったオジさんを呼び止めて写真を撮ってもらいました。

オジさんありがとう!!



b0177760_22393170.jpg

1本だけだと偶然釣れただけなのかもしれませんが、
同じようなサイズが2本立て続けに釣れたっていうことは
ボチボチ淀川本流の魚も春のポジションに移行しつつある状態なのかもしれませんね。

連発したのでもう少し釣り込みたかったんですが、
河川公園の駐車場が閉まる時間が迫っていたのでここで終了しました。



b0177760_22473161.jpg

今日釣ったのは2本とも『TEXAS kemkem』『Donkey BOO』

早春の淀川で毎年ビッグフィッシュを連れてきてくれる実績抜群の組み合わせです。


危うく寝れない夜を過ごす所でしたが、
根性でもう1本絞り出せたので気持ち良く寝れそうです。

ということで、今日はビール飲んで早めにサクっと寝ます!


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-02-25 22:56 | 釣りの事
今日もNEWアイテムの『Smokin' Swimmer』について書いてみようと思います。

前回のブログではネーミングの由来について書きましたが、
何故わざわざネーミングの話から始めたかと言うと、
『Smokin'』の意味を分かってもらっておいた方が
使った時に「なるほどね!」と思ってもらいやすいと考えたからです。

おそらくいきなり使うと「アレ?」っと思うはず。

それくらい今までのシャッドテールワームとはタイプの違うワームです。



ところで、NOIKEのシャッドテールワームと言えば『wobble shad』シリーズ。

b0177760_20004211.jpg
画像上が『wobble shad 3"』。
画像下がNEWアイテムの『Smokin' Swimmer 3"』。

『wobble shad』と比較すると『Smokin' Swimmer』の特徴がより分かりやすいと思うので、
同じ3インチの『wobble shad』との比較で話を進めていくことにします。



まずはボディ形状。

b0177760_20275704.jpg


『wobble shad』のボディはリング形状。

単純なリングボディではなく、
水を掴む部分と逃がす部分とを考えて作られた複雑な形状のリングボディ。

リングボディの利点は水噛みが良くなることで水を動かす力が大きくなり、
それによってリトリーブの感覚も掴みやすくなります。

また、見る角度によってシルエットが変化するのもリングボディの特徴です。



b0177760_20461292.jpg


『wobble shad』に比べると『Smokin' Swimmer』のボディ形状は至ってシンプル。
一応リブはありますが、基本的にはフラット面にスジを入れた程度です。

水を掴むボディ形状ではなく、水を逃がすボディ形状といった感じでしょうか。

全体的なボディのシルエットもシャッドライクな形状にまとめています。




次はテール形状。ここが一番大きな違いですね。



b0177760_21004879.jpg

『wobble shad』のテール形状は比較的オーソドックスな団扇型のテール。

形状自体はオーソドックスですが、テールの厚みやボディとの繋がり部分の肉盛りの加減など、
ちょっとした事でアクションの質が変わってくるので、
この部分のバランスは開発スタッフが最も時間を掛けてテストを繰り返した部分。

『wobble shad』は最大限に水押しが強いウォブリングアクションが出るように作られています。




b0177760_21295060.jpg
『Smokin' Swimmer』のテール形状。

『wobble shad』と同じように撮れないので、横に寝かせて撮ってます。




b0177760_21334970.jpg

こうやって比較した方が違いが分かりやすいですね。

団扇型の『wobble shad』のテールはいかにも水を掴みそうですが、
『Smokin' Swimmer』のテールはあまり水を掴まなそう・・・。

しかし『Smokin' Swimmer』はここに大きな特徴を持たせています。





b0177760_21442186.jpg

『wobble shad』のテールを横から見るとこんな感じ。

団扇型のテールを斜めに角度を付けたカタチで装着しています。

『wobble shad』に限らず、一般的にシャッドテールワームってこういう感じに
少し角度を付けたテールになっている事が多いと思います。

こうする事によってテールがキレイに動きやすくなるので
このカタチを採用するシャッドテールワームが多いんだと思います。


b0177760_21562169.jpg

しかし、テールに角度が付いていることによって、動き出しの瞬間にどうしても水が逃げてしまいます。

水を掴んでからはしっかり動くんですが、動き出しの瞬間に若干のタイムラグがある。

ワームのサイズが大きくなればなるほどこのタイムラグは大きくなり、
小さいサイズ、例えば『wobble shad 2"』などはそれほどタイムラグは感じられませんが、
このテールの付け方には、わずかながらでもタイムラグが出るということを覚えておいてください。



b0177760_22165145.jpg

そしてこれが『Smokin' Swimmer』のテール形状。


もうお分かりですね。




b0177760_22185632.jpg

『Smokin' Swimmer』の湾曲したテール形状は
動き出しの瞬間に水をしっかり掴むので一般的なシャッドテールワームに比べて
テールアクションのレスポンスがかなり早いんです。

そして団扇型のテールではなく、細長く横幅を抑えたテール形状の為、
動き出しは速いですが、そのアクションは極めてナチュラル。

水押しはナチュラルなんですが、弱々しくヒョロヒョロ動くんじゃなくてシャカリキにパタパタと動く感じ。


そのアクションの感じがとても『Smokin' 』なんです!


イメージ的にはグラブとシャッドテールの間の子のようなアクションって感じですかね。



水噛みの良いリングボディに強くウォブリングするテールが装着された『wobble shad』は
水押しの強いアピール重視のシャッドテールワーム。

それに対し、水を逃がすシャッドライクなボディ形状に
レスポンスの良いテールが装着された『Smokin' Swimmer』は
ナチュラルなアクションが特徴の喰わせ重視のシャッドテールワーム。

プラグで例えるとクランクベイトとシャッドぐらいの違いがあります。

シャッドっていうか、バイブレーション的な要素もあるんですが・・・。



同じシャッドテールワームでも『wobble shad』とは真逆の特性を持った『Smokin' Swimmer』。

「アピール重視」と「喰わせ重視」で状況に応じて使い分けていただければと思います。




というワケで、今回もかなり長文になってきましたが、
ここまでの説明だったら単に形状の違いからくるアクションの性質を説明しただけ。

大事なのはこの先の話です。


『Smokin' Swimmer』のテールは今までにあまり無いタイプの新しい形状と言えますが、
ナチュラルなアクションを生み出すためだけにこの形状になったワケではありません。

ナチュラルなアクションのシャッドテールワームって他にも沢山ありますから。


動き出しが早くてナチュラルなアクションっていうのが『Smokin' Swimmer』の特徴。

ナチュラルなだけじゃなくて、動き出しが早いっていうのがキモです。

そのためにこういうテール形状になっています。



新形状・新機能だから良いというのではなく、
大事なのはそれをどう使って釣果に結びつけていくか。

この時期は各社から新製品が発表される時期なので、あえてその事を声を大にして言いたいです。

せっかくの新機能も意図を理解して使わなければ宝の持ち腐れなので・・・。


というワケで、次回はいよいよ『Smokin' Swimmer』の確信に迫ります。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-02-23 23:41 | NOIKEの仕事
今年何度かあった問屋さんの売出しで受注していたNEWアイテム。


b0177760_23174145.jpg

おかげさまでたくさん受注できました。

これ以上受注したら数が足りなくなるくらい・・・。


ありがとうございます!


だけどこのアイテム、正しく商品説明できなかったら
いくら新製品とはいえここまで受注の数が伸びなかったと思います。

どれだけこだわって良いモノを作っても、
それがキチンと伝わらないとお店の方は仕入れてくれません。

NEWアイテムはいつもNOIKEを贔屓にしてくれているお店はもちろんのこと、
今まであまりNOIKE商品が入ってなかったお店も
売出しでの私の商品説明を聞いて多くのお店が注文してくれました。

伝える事の大切さを改めて実感しました。



そんなワケで、今まで諸事情によりお見せできなかったNEWアイテムですが、
そろそろこのブログでもしっかり説明していこうかなと思います。

ただ、商品コンセプトをしっかり理解していただきたいので
かなりの長文になることが予想されます。

長くなり過ぎると読む方も疲れると思うので、何回かに分けて説明することにしますね。




今回のNEWアイテム、商品名は『Smokin' Swimmer』と言います。


b0177760_23291816.jpg

『Smokin' Swimmer』の『Smokin'』は煙って言う意味ではありません。

一般的には煙を上げるという意味で正しいんですが、
この場合の『Smokin'』はシャカリキに動く様を表すスラングです。

『Cool』を冷たいっていう意味じゃなくて、カッコイイっていう意味で使うような感じですね。



b0177760_00044075.jpg

蒸気機関車がさらにスピードを上げるために石炭を汲めてもくもくと煙突から煙を出して
シャカリキに車輪を回して走っている感じをイメージしてもらうと分かりやすいかと思います。


NEWアイテムはそういう「Smokin'」なアクションが特徴のワームです。




ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、ワームの形状はこんな感じ。

b0177760_00225783.jpg

『wobble shad』とは全く違ったコンセプトの新しいシャッドテールワームです。


このワームがどんな感じで『Smokin'』に動くのか?
なぜ『wobble shad』と違うタイプのシャッドテールワームを作ったのか?

そのあたりの話を次回のブログで書いていこうと思います。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-02-22 00:37 | NOIKEの仕事
昨晩は仕事終わりでスタッフと電話ミーティング。

ヒートアップしたトークは明け方まで続きました・・・。

そのまま朝まで残りの業務を済ませ、
少し仮眠をとって昼からでも釣りに行こうと思っていたら、
目が覚めたら夕方でした・・・。


明日は所用で釣りに行けない事が確定しているので、
今週もまた釣りに行けない週末になってしまいました・・・。


無念です・・・。





そんな釣りに行けないストレスを物欲で紛らわせます。


b0177760_17464893.jpg


ライトゲーム用に導入してみました。


主に『wobble shad 2"』で楽しんでいるソルトのライトゲームですが、
今まで使ってたのはお古でいただいた15年以上前のバス用のスピニングリールだったので、
さすがに巻き心地にかなりゴリ感が出ていました。

それでも問題なく魚は釣れていたので別にイイかって思ってたんですが、
使っているうちに何となく『wobble shad 2"』のポテンシャルを
まだまだ引き出せていないような気がしてきました。

もっと繊細にリトリーブしてやれば今まで以上に魚が釣れそうな気がするんです。

そんなワケで次回のライトゲームで使ってみたいと思います。



実は私、今年のファーストフィッシュをまだ釣ってません・・・。

最近は夜しか釣りに行く時間がとれないスケジュールになっているので
サクっとライトゲームでメバルやガシラを釣ってもいいんですが、
ファーストフィッシュはやっぱりバスで!という思いもあり、
なんだかんだでファーストフィッシュをこじらせたまま現在に至ります。

まぁ、毎年こんな感じなんですけどね・・・。


暖かくなって普通に釣れだしてからよりも、
やっぱり冬の貴重な1本で今年のスタートを決めたいんです!

でも、新しいリールも早く使いたいし・・・


まずは釣りに行く時間を確保する事が先決ですね。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-02-17 18:12 | 日常の事
『Yaby』『WILD Goby』に新色が加わりました。


b0177760_01363327.jpg

『#109 エビミソ』


このカラー自体は特に新しいカラーというワケではないです。
『Redbee』とか『machobee』には以前からあったカラーです。

最近では『Smile worm』シリーズや『kemkem shad』でもこのカラーを作りました。


『Yaby』と『WILD Goby』にはこれと良く似たカラーで
『#07 ザリミソ』っていうカラーがあったんですが、今後はエビミソの方でいこうかなと。

『#07 ザリミソ』は絶滅危惧種的カラーになる可能性が高いので、
ザリミソ好きな方は今のうちに買い占めといてください。

探せばまだ少しだけあると思います。


ちなみに『#07 ザリミソ』と『#109 エビミソ』の違いはコチラで説明しています。




とりあえずいつものようにwebshopの方が使いやすいように
『Yaby』と『WILD Goby』それぞれの画像を上げときますね。



b0177760_01492513.jpg

これが『Yabby』の『#109エビミソ』。



b0177760_01502821.jpg

こっちが『WILD Goby』の『#109 エビミソ』です。




というワケで、カラーの紹介はこれぐらいにして、
今日は『Yabby』と『WILD Goby』の使い分けについて簡単に書いてみたいと思います。

この2つのアイテムの使い分け、イマイチ理解されていない気がするので・・・。



まず『Yabby』の特徴は手と足のパーツ。


b0177760_02001554.jpg

小さなボディに多くのパーツが付いています。

パーツが多いという事はそれだけ抵抗感があるということなので、
丁寧なスローに誘う釣りに向いています。

ボトムでイゴイゴっと動かすようなイメージで使ってやるとよろしいかと思います。



それに対して『WILD Goby』はリングボディにパドルっぽいテールのみのシンプルな構造。


b0177760_02053131.jpg

このボディ、小さいですが水噛みが良いです。



b0177760_02082974.jpg

テーツには小さなブツブツ付けてます。

意外に芸の細かい作りをしてるんです。



b0177760_02100691.jpg

テールの裏側はV字の断面。

ここも凹凸を付けてしっかり水を噛むように作られています。

このテールにハサミを入れるチューニングは『WILD Goby』の定番チューニングですね。



スローに誘える『Yabby』に対して『WILD Goby』はクイックに誘ってやるような使い方がオススメです。


b0177760_02355325.jpg

パッケージのシールにも『クイックモーションベイト』って書いてあります。



クイックに動かした時に水を逃がしてスルっと動くんじゃなくて
リブやテールの凹凸がしっかり水を噛むので、ボディの周りの水を撹拌しながら動きます。

『WILD Goby』は緩急を付けたアクションで誘ってやると本領を発揮します。


水を掴んでピピッと動かして、止めた時は完全に「静」の状態。
これがバスの興味をそそるんです。

ハゼやゴリの動きをイメージしてもらうと分かりやすいでしょうか?

「Goby」って日本語で「ハゼ」っていう意味ですからね。



スローに誘う『Yabby』とクイックに誘う『WILD Goby』。

小さなスモールベイトですが、その日の状況に合わせて使い分ける事で
釣れる魚の数が大きく変わってきます。

スモラバのトレーラーとしてはもちろんの事、
ダウンショットやライトテキサスなど、色んなリグで使ってみてください。


ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-02-15 02:44 | お気に入り

釣りに行きたい!

海の向こうではBassmaster Elite Seriesが盛り上がってますね!

そして冬季オリンピックも開幕しています。

そんな3連休ですが・・・


b0177760_02500406.jpg

出荷業務に追われています・・・

『Yabby』『WILD Goby』のNEWカラーとレギュラーカラー、
『Donkey BOO』の在庫が少なくなってたカラーなども上がってきました。


他にはこのアイテム。


b0177760_02585736.jpg



このジグを開発したスタッフ本人が手巻きで巻いている為、あまり沢山の数を量産できませんが、
冬の間にコツコツ巻いたものが順次上がってきています。

特に関東エリアではかなりの人気アイテムで、
作ったら作った分だけすぐに売れてしまって在庫が持てないのが少しネックでもあります。

ピッチングでストラクチャーを丁寧に撃つスタイルのアングラーには
このジグの良さが分かってもらいやすいと思います。



と、そんな感じで出荷業務やその他の業務に追われているわけなんですが・・・


ここ数週間、全く釣りに行けていない!


そろそろ禁断症状が出始めています・・・



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-02-12 03:31 | NOIKEの仕事

除雪剤まみれ・・・

先週は問屋さんの売出しで少し遠方まで行ってきました。

雪道を走った事の無い私は道中が不安で、
今まで履いたことのないスタッドレスタイヤに交換したりと、
かなり慎重になってました。


b0177760_02064088.jpg

途中のSAで。

ノーマルタイヤの車なんて一台もいなかった・・・。



b0177760_02080159.jpg

結構雪が降った形跡があるし・・・。




b0177760_02084952.jpg

大阪ではほとんど必要ないですが、
やっぱりスタッドレスにしといて正解でした。




ただ、路面凍結注意って事は当然除雪剤を巻いているワケで・・・




b0177760_02095874.jpg

売出しを終えて大阪に戻ってきたら車は除雪剤だらけになってました・・・



b0177760_02121587.jpg

色の濃い車なのでかなり目立ちます。



b0177760_02125520.jpg

そのままにしとくと錆の原因になるのですぐさま洗車です!!




b0177760_02135741.jpg

これでもかってくらい洗車機3回通してやりました!!

もちろん下回りも入念に洗いました。



b0177760_02152780.jpg

頑張って洗車したのでピカピカです。

気に入っている車なので少しでも長く乗り続けたいです。



しかしこの後、小雨がパラついてきました・・・。


せっかく洗車したのに・・・。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-02-10 02:22 | 日常の事

新しいNOIKEスタッフ

フィッシングショーOSAKAが終わりましたね。

私は会場には行けませんでしたが、
SNS等で見ていると今年もかなりの来場客で賑わってたみたいです。


釣具業界では年明け早々の売出しからスタートし、
横浜・大阪のフィッシングショー、さらにまた売出しが続き、
それが終わってすぐ各地方でのフィッシングショー等が続きます。

この時期は各メーカーのスタッフはかなりの多忙を極めます。

別名『死のロード』とすら言われています・・・。


私も本日早朝から、次の売出しの場所へと向かいます。

その前にちょっと今期から新しくNOIKEに加わるスタッフ2名を紹介しておきますね。



まずはJB九州に参戦している彼。


b0177760_23534114.jpg

野村 友博

実は野村君とは結構前からの付き合いになります。

彼はHMKLさんのサポート選手なのですが、ソフトベイトに関しては
NOIKEのアイテムを良く使ってくれているのは知っていました。

確かロッドもほぼ全てSEITENで揃えてくれていたと思います。


昨年のトーナメントシーズン終了後、
NOIKEスタッフとして活動したいと彼から熱心なアプローチがありました。

正直、HMKLさんのサポートの事もあるので最初は遠慮していたのですが、
HMKLさんから了承を得たとの事なので、今期からNOIKEスタッフとして加わることになりました。

実際、HMKLさんのプラグはNOIKEスタッフの中にも愛用者が多いので、
HMKLさんとのダブルサポートならOKかなと。




そしてもう一人。


b0177760_00203157.jpg

吉原 瑛二

彼も昨年からJB九州に参戦しているトーナメンター。

私のブログにちょくちょく登場する九州のNOIKEフリークが彼です。

ちなみに昨日のブログに出てきた、熱心にメモを取っていたのも彼です。


彼とはひょんな出逢いがきっかけで2、3年前から親しくしているのですが、
YouTubeにこんな動画をアップしたり、普段の釣りをアップしたりと
以前から積極的にNOIKEをアピールしてくれていました。

ずっとNOIKEのアイテムを気に入って使い込んでくれているようで、
そんなにNOIKEのことが好きなら一緒に活動してみますかと、私が誘いました。

今後も定期的に動画をアップしていってくれると思うので、ぜひ観てあげてくださいね。




奇しくも2人ともJB九州の選手ですが、2人に共通しているのは
かなり前からずっとNOIKEのアイテムを使い込んでくれているという事。

長い時間使い込んでくれている人なら
NOIKEアイテムの良い部分をしっかり理解してくれていると思います。

スタッフの最も重要な役割はNOIKEアイテムの良さを多くのお客さんに伝える事なので、
どんなに釣りが上手でも使い込んで理解してくれている人じゃないとその役割は託せません。

彼らの活躍でNOIKEを愛用してくれるユーザーがさらに増える事を期待しています。


応援よろしくお願いします!!



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-02-05 01:10 | NOIKEの仕事

熱心なのは良い事です

大阪ではフィッシングショーOSAKAが開催されています。

皆さん行かれましたか?

今日が最終日なので、是非会場に足を運んでみてくださいね。

ちなみにNOIKEは出展していませんが・・・


私もちょっと行ってみようかなぁと思ってたんですが、
来週の売出しの準備やら何やらで時間が作れそうにありません。

まずは来週の売出しに全力投球で挑みたいと思います。



フィッシングショーには行けませんでしたが、
はるばる九州からショーを見に来たNOIKEフリークの方と会って話をしました。


b0177760_02291956.jpg

何度かお会いして親睦を深めるようになった間柄なんですが、
今日は私の話をメモに取って熱心に聞いてくれています。

メモを取る程の深い話ができたかどうか、あんまり自信が無いんですが・・・


とはいえ、熱意のある若者には協力したくなるのがオッサン世代の心情でもあります。

「とりあえず頑張れ!」と、激励しておきました!


真面目な彼は「とりあえず頑張る!」とメモしたと思います・・・



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-02-04 02:39 | 密かな仕事

スタッドレス

今日は車屋さんでタイヤ交換。


b0177760_21211180.jpg

普段仕事で走り回ってる私の車ですが、
基本的に大阪近辺を走ることが多いのでタイヤはノーマルタイヤです。

大阪では危険な程の雪道になることは殆ど無いし、危なそうな日は車に乗らないので
ノーマルタイヤのままでも今まで特に不便は感じませんでした。


だけど来週は少し遠方の問屋さんの売出しに出展させていただくので
万が一の事態に備えてスタッドレスタイヤに交換しておきました。



b0177760_21310465.jpg

ノーマルタイヤも先月交換したばかりなのに痛い出費です・・・。

とはいえ何かあってからでは遅いので、転ばぬ先の杖という事で交換しておきます。




b0177760_21374932.jpg

交換完了。

前に乗ってた先代VAMOSのホイールを取っておいて良かったです。




b0177760_21424903.jpg

スタッドレスタイヤって初めてですが、
実際雪道でどれくらいグリップしてくれるんやろ・・・。


試してみたいけど、不慣れな雪道はやっぱりちょっと怖いです。

できればスタッドレスタイヤが不必要な天候である事を祈ります。



ではまた。




[PR]
by waterlettuce | 2018-02-02 21:53 | 日常の事